urinastatin

English Journal

  • Ulinastatin and/or thymosin α1 for severe sepsis: A systematic review and meta-analysis.
  • Feng Z1, Shi Q, Fan Y, Wang Q, Yin W.
  • The journal of trauma and acute care surgery.J Trauma Acute Care Surg.2016 Feb;80(2):335-40. doi: 10.1097/TA.0000000000000909.
  • OBJECTIVE: Ulinastatin (UTI) and thymosin α1 (Tα1) have been investigated for their immunoregulatory properties in patients with severe sepsis. However, it is unclear whether immunomodulatory therapy using UTI combined with Tα1 (UCT), UTI alone (UA), or Tα1 alone (TA) improves the disease outcom
  • PMID 26517783
  • [Protective effect of ulinastatin on cerebral tissue in rats with lethal scald injury].
  • Liu R1, Wang S, Cao W, Li Z, Zhao Z, Sheng Z, Hu S2.
  • Zhonghua yi xue za zhi.Zhonghua Yi Xue Za Zhi.2015 Sep 22;95(36):2952-4.
  • OBJECTIVE: To explore the protective effects of ulinastatin on cerebral tissue in rats following lethal burn injury and its relationship with the expression of protective protein.METHODS: A total of 40 male Sprague-Dawley rats were randomly divided into scald and ulinastatin groups (n = 20 each). Bo
  • PMID 26814073
  • Enzymatic synthesis of hyaluronan hybrid urinary trypsin inhibitor.
  • Kakizaki I1, Takahashi R2, Yanagisawa M3, Yoshida F3, Takagaki K4.
  • Carbohydrate research.Carbohydr Res.2015 Sep 2;413:129-34. doi: 10.1016/j.carres.2015.05.009. Epub 2015 Jun 3.
  • Human urinary trypsin inhibitor is a proteoglycan that has a single low-sulfated chondroitin 4-sulfate chain at the seryl residue in position 10 of the core protein as a glycosaminoglycan moiety, and is used as an anti-inflammatory medicine based on the protease inhibitory activity of the core prote
  • PMID 26142361

Japanese Journal

  • ウリナスタチンによる術中アナフィラキシーの1例
  • 鶴田 紀子,桑代 麻希,永瀬 浩太郎,井上 卓也,成澤 寛,與田 幸恵,能城 浩和,中村 公秀,坂口 嘉郎
  • 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌 11(2), 165-168, 2017
  • <p> 21歳男性。外科手術の麻酔導入時にアナフィラキシーショックを発症し, 手術が中止された。ロクロニウムの皮内テストが陽性であったため, 筋弛緩薬を用いずに再手術を行ったが, 再びアナフィラキシーショックをきたし中止となった。原因薬を同定するために, ICUでモニタリング下に1剤ずつ投与テストを実施したところ, ウリナスタチンで膨疹, 咳嗽等のアナフィラキシー症状が誘発された。ウリ …
  • NAID 130006899994
  • 症例報告 胎胞膨隆を伴う妊娠中期切迫早産例に対して経口ニフェジピンとウリナスタチン腟内投与で管理した1例
  • 首里 英治,安達 知子,佐々木 真智子 [他]
  • 東京産科婦人科学会会誌 63(4), 654-657, 2014-10
  • NAID 40020303063
  • 小腸穿孔をきたしたサイトメガロウイルス陽性小児 Henoch-Schonlein 紫斑病の1例
  • 菅野 伸洋,湯川 寛夫,嶋田 裕子,大城 久,利野 靖,益田 宗孝
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 72(2), 379-383, 2011-02-25
  • 症例は6歳,男児.Henoch-Schönlein紫斑病(HSP)に対し,前医にてステロイドや第XIII因子,ウリナスタチンの投与,ステロイドパルス療法などの対処療法を行ったが,紫斑,腹痛,下血は徐々に増悪した.腎機能障害も出現し,第16病日当院小児科紹介入院となった.再度ステロイドパルス療法,ステロイド投与を行い,症状・検査データーともに一時改善に向かったが,第24病日腹痛再燃,翌日腹 …
  • NAID 10028121060

Related Links

総称名 ミラクリッド 一般名 ウリナスタチン 欧文一般名 Ulinastatin 製剤名 ウリナスタチン・水性注射液、注射用凍結乾燥製剤 ... この情報は KEGG データベースにより提供されています。 日米の医薬品添付文書はこちらから検索すること ...
IF利用の手引きの概要 −日本病院薬剤師会− 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 当該医薬品について製薬企業の医薬情報担当者(以下、MRと略す)等にインタビューし、当該 医薬品の評価を行うのに必要な医薬品情報源として ...
ミラクリッド注[ウリナスタチン]:膵炎治療薬 ミラクリッド注[ウリナスタチン]は、膵炎の急性症状を改善する薬です。 膵炎とは? 膵炎とは、膵臓の組織が障害されることで急激な腹痛を伴う疾患です。 膵臓の働きは、大きく2つに ...


Related Pictures