100C015

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。発熱、咳および痰を主訴に家族に連れられて来院した。
  • 現病歴 : 3日前から38℃台の発熱と咳とが出現した。昨日から黄色の痰を多量に喀出するようになった。
  • 既往歴 : 60歳から高血圧症で降圧薬を服用している。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 生活状況 : 夫とは死別し、息子夫婦と同居している。降圧薬を服用するようになったころからつまずきやすくなり、杖を使うようになって、近くの公園にも出かけなくなった。朝は自分で起きて、洗面後、家族と朝食をとる。息子夫婦が出かけたあとは家でテレビを見たり、盆栽に水をやったりして暮らしている。息子の休日には、一緒に公園まで出かける。買い物は息子夫婦に任せて、郵便物だけは郵便受けに取りに行く。かかってきた電話に受け答えはできる。排尿・排便は自力でできる。
  • 現症 : 意識は清明。身長154cm、体重54㎏。体温37.2℃。呼吸数16/分。脈拍64/分、整。血圧120/80mmHg。貧血と黄疸とはない。皮膚はやや乾燥している。心雑音はない。右胸部下肺野にcoarse cracklesを聴取する。腹部には異常を認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:異常を認めない.。血液所見:赤血球420万、Hb13.0g/dl、Ht40%、白血球11,200。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.4g/dl、AST36単位、ALT30単位、LDH342単位(基準176~353)。CRP15.6mg/dl。
  • 経過 : 治療のため個室に入院した。痰の喀出が不十分で、常時ではないが、のどの奥の痰の吸引が必要である。喀痰のグラム染色の結果ではグラム陽性球菌が優勢である。細菌培養の結果はまだ判明していない。


  • 検査所見を以下に示す。



  • この患者に合致しないのはどれか。


  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤


[正答]


※国試ナビ4※ 100C014]←[国試_100]→[100C016



★リンクテーブル★
国試過去問100C014」「100C016

100C014」

  [★]

  • 次の文を読み、13~15の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。発熱、咳および痰を主訴に家族に連れられて来院した。
  • 現病歴 : 3日前から38℃台の発熱と咳とが出現した。昨日から黄色の痰を多量に喀出するようになった。
  • 既往歴 : 60歳から高血圧症で降圧薬を服用している。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 生活状況 : 夫とは死別し、息子夫婦と同居している。降圧薬を服用するようになったころからつまずきやすくなり、杖を使うようになって、近くの公園にも出かけなくなった。朝は自分で起きて、洗面後、家族と朝食をとる。息子夫婦が出かけたあとは家でテレビを見たり、盆栽に水をやったりして暮らしている。息子の休日には、一緒に公園まで出かける。買い物は息子夫婦に任せて、郵便物だけは郵便受けに取りに行く。かかってきた電話に受け答えはできる。排尿・排便は自力でできる。
  • 現症 : 意識は清明。身長154cm、体重54㎏。体温37.2℃。呼吸数16/分。脈拍64/分、整。血圧120/80mmHg。貧血と黄疸とはない。皮膚はやや乾燥している。心雑音はない。右胸部下肺野にcoarse cracklesを聴取する。腹部には異常を認めない。
  • 検査所見 : 尿所見:異常を認めない.。血液所見:赤血球420万、Hb13.0g/dl、Ht40%、白血球11,200。血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.4g/dl、AST36単位、ALT30単位、LDH342単位(基準176~353)。CRP15.6mg/dl。
  • 経過 : 治療のため個室に入院した。痰の喀出が不十分で、常時ではないが、のどの奥の痰の吸引が必要である。喀痰のグラム染色の結果ではグラム陽性球菌が優勢である。細菌培養の結果はまだ判明していない。
  • 医療従事者が身につける物品を以下に示す。
  • 痰の吸引のために入室する際に必要でないのはどれか。


  • a. ①
  • b. ②
  • c. ③
  • d. ④
  • e. ⑤

[正答]


※国試ナビ4※ 100C013]←[国試_100]→[100C015

100C016」

  [★]

  • 次の文を読み、16~18の問いに答えよ。
  • 1歳6か月の男児。発熱と顔色不良とを主訴に来院した。
  • 現病歴 : 昨夕、不機嫌、38℃台の発熱および顔色不良に気付いた。夜は眠ったが今朝も不機嫌で元気がなかった。
  • 出生歴 : 在胎40週、自然分娩で出生した。出生時の身長51cm、体重3,240g、頭囲33.5cm、胸囲33.0cm。Apgarスコア10点(1分)。
  • 発育歴・既往歴 : 精神運動発達は正常である。予防接種はBCG、ポリオワクチン2回、DPT Ⅰ期および麻疹ワクチン完了。9か月時に突発性発疹に罹患した。
  • 現症 : 身長82cm、体重10.2㎏。体温37.8℃。呼吸数48/分。脈拍160/分、整。血圧96/64mmHg。意識はやや傾眠状態。顔色不良で顔貌は無欲状である。大泉門は閉鎖している。咽頭は軽度に発赤し、粘膜疹はない。リンパ節は触知しない。鼓膜の発赤はない。胸部に異常所見はない。仰臥位で、頸部を前屈すると股関節と膝関節とで下肢が屈曲し、両下肢を伸展位で掌上すると膝が屈曲する。足底をさすると母趾は底屈する。
  • 検査所見:尿所見:異常なし。血液所見:赤血球394万、Hb10.7g/dl、白血球 15,900(後骨髄球2%、桿状核好中球10%、分葉核好中球54%、単球12%、リンパ球22%)、血小板12万。CRP11.2mg/dl。
  • この患児が1歳時にできたと考えられるのはどれか。2つ選べ。
  • a. つかまって歩く。
  • b. 両手を使っておもちゃで遊ぶ。
  • c. 積み木を2つ重ねる。
  • d. 上着を脱ぐ。
  • e. 二語文を言う。

[正答]


※国試ナビ4※ 100C015]←[国試_100]→[100C017