101A040

  • 30歳の女性。未経妊。月経不順過多月経とを主訴に来院した。内診では子宮は正常大で、付属器には腫瘤を触知しない。経膣超音波検査では、子宮内膜の厚さは24mmで、卵巣の被膜下には多数の小嚢胞を認め、軽度に腫大している。
  • 検査として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 101A039]←[国試_101]→[101A041



★リンクテーブル★
国試過去問101A041」「101A039

101A041」

  [★]

  • 23歳の女性。無月経乳汁漏出とを主訴に来院した。1年前から胃潰瘍に対しスルピリドを投与されている。6か月前から無月経となり、そのころから乳汁漏出もみられるようになった。身長163cm、体重48kg。身体所見と内診所見とに異常を認めない。血清生化学所見:LH4.0mIU/nl(基準1.8~7.6)、FSH 10.5mIU/ml(基準5.2~14.4)、プロラクチン85.5ng/ml(基準15以下)。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101A040]←[国試_101]→[101A042

101A039」

  [★]

  • 32歳の男性。右陰嚢の腫脹を主訴に来院した。3か月前から痛みを伴わずに右陰嚢が徐々に大きくなってきた。左陰嚢、陰茎および前立腺には異常を認めない。右陰嚢は鶏卵大で一塊として触知する。圧痛、透光性は無い。AFP160ng/ml(基準20以下)。超音波検査で右精巣の腫大を認める。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101A038]←[国試_101]→[101A040