101A006

  • 生後3か月の乳児。昨日から左肩に紅斑が出現し、本日、全身に拡大傾向を認めたため来院した。顔面と胸部との写真を以下に示す。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。




[正答]


※国試ナビ4※ 101A005]←[国試_101]→[101A007



★リンクテーブル★
国試過去問101A005」「101A007
リンク元ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群

101A005」

  [★]

  • 18歳の男子。1年前から昼夜逆転の生活となり、心配した母親に伴われ来院した。高校2年生までは友人も多く、クラブ活動にも積極的に参加していた。1年前から徐々に口数が減り、最近はほとんど話をしなくなった。隣人が見張っていると言いだし、部屋のカーテンを一日中閉めたままにしていたり、隣人の悪口を言ったりするようになった。意識は清明。身長175cm、体重56kg。表情は硬く、質問に対してもほとんど返答しない。
  • 適切な治療薬はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101A004]←[国試_101]→[101A006

101A007」

  [★]

  • 2歳の女児。右頬の腫れを主訴に来院した。生下時から頬部の腫れに気付いていた。最近になって右耳前部から頬部にかけて腫れが目立つようになってきた。皮下に境界不鮮明なびまん性の軟らかい腫瘤を触れる。この部位を穿刺すると淡黄色調の透明な液体を認めた。女児の顔の写真を以下に示す。
  • 最も考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 101A006]←[国試_101]→[101A008

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」

  [★]

scald
staphylococcal scalded-skin syndrome, staphylococcal scalded skin syndrome, SSSS(4S)
リッター病 Ritter disease Ritter's diseaseブドウ球菌性皮膚剥脱症候群新生児剥脱性皮膚炎 dermatitis exfoliativa neonatorum DEN
黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus


病原体

疫学

  • 6歳までの乳幼児に多い。

病因

症状

  • 皮膚病変は紅斑、弛緩性水疱、落屑の順に出現する。

身体所見

国試