095C004

  • 27歳の1回経産婦。妊娠20週で軽度下腹部痛と少量の性器出血とのため来院した。前回妊娠は10週で流産し、今回が3回目の妊娠である。超音波検査を行ったところ、児の心拍動は認められない。児は2日後に娩出された。この患者で正しいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095C003]←[国試_095]→[095C005



★リンクテーブル★
国試過去問095C003」「095C005

095C003」

  [★]

  • 68歳の男性。午前2時ころ救急隊によって搬送された。当直医が診察したところすでに死亡していた。この患者は前日午後4時ころ、他院の内科外来を受診しており、不安定狭心症と診断されている。入院治療を勧められたが患者はこれを拒否し、投薬を受けて帰宅したとのことである。死体の後頭部に擦過傷を認める。
  • 当直医の対応として最も適切なのはどれか。
  • a. 死因を狭心症として死体検案書を交付する。
  • b. 他院の内科外来担当医に受診時診断名を確認し自ら死亡診断書を交付する。
  • c. 他院の内科外来担当医に死亡診断書を交付してもらう。
  • d. 病院長に死亡診断書を交付してもらう。
  • e. 所轄警察署の警察医死体検案を依頼する。

[正答]


※国試ナビ4※ 095C002]←[国試_095]→[095C004

095C005」

  [★]

  • 50歳の男性。2週前から公園で寝泊まりしていることが目撃されている。2日前からせん妄状態に陥っており、意味不明の言動が認められる。脱水状態で衰弱しており、他人に危害を加える様子はない,所持品から遠隔地にある精神病院の診察券が発見され身元が判明した。配偶者がいるようであるが、連絡がつかない。この男性を精神保健福祉法に基づいて入院させる形態として正しいのはどれか。]]

[正答]


※国試ナビ4※ 095C004]←[国試_095]→[095C006