zanamivir

出典: meddic

ザナミビル

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/02 23:39:54」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Online solid phase extraction liquid chromatography using bonded zwitterionic stationary phases and tandem mass spectrometry for rapid environmental trace analysis of highly polar hydrophilic compounds - Application for the antiviral drug Zanamivir.
  • Lindberg RH1, Fedorova G2, Blum KM1, Pulit-Prociak J3, Gillman A4, Järhult J4, Appelblad P5, Söderström H6.
  • Talanta.Talanta.2015 Aug 15;141:164-9. doi: 10.1016/j.talanta.2015.03.066. Epub 2015 Apr 8.
  • Zanamivir (Za) is a highly polar and hydrophilic antiviral drug used for the treatment of influenza A viruses. Za has been detected in rivers of Japan and it's environmental occurrence has the risk of inducing antiviral resistant avian influenza viruses. In this study, a rapid automated online solid
  • PMID 25966397
  • Evaluation of a dry powder delivery system for laninamivir in a ferret model of influenza infection.
  • Panozzo J1, Oh DY2, Margo K3, Morton DA4, Piedrafita D5, Mosse J6, Hurt AC7.
  • Antiviral research.Antiviral Res.2015 Aug;120:66-71. doi: 10.1016/j.antiviral.2015.05.007. Epub 2015 May 26.
  • Laninamivir is a long-acting antiviral requiring only a single dose for the treatment of influenza infection, making it an attractive alternative to existing neuraminidase inhibitors that require multiple doses over many days. Like zanamivir, laninamivir is administered to patients by inhalation of
  • PMID 26022199
  • Peramivir : an intravenous neuraminidase inhibitor.
  • McLaughlin MM1, Skoglund EW, Ison MG.
  • Expert opinion on pharmacotherapy.Expert Opin Pharmacother.2015 Aug;16(12):1889-900. doi: 10.1517/14656566.2015.1066336. Epub 2015 Jul 8.
  • INTRODUCTION: Peramivir (BCX-1812, RWJ-270201) is a highly selective inhibitor of influenza A and B neuraminidase that has recently been approved in the USA by the FDA to treat acute, uncomplicated influenza in adults.AREAS COVERED: This review examines the discovery and development of peramavir as
  • PMID 26153242

和文文献

  • 金修飾ダイヤモンド電極でのノイラミニダーゼ検出に向けたザナミビルの電気化学的挙動
  • , , [他], , ,
  • Electrochemistry 83(5), 357-362, 2015
  • … This study emphasizes the electrochemical detection of Neuraminidase (NA) based on NA inhibition by Zanamivir. … The detection method was developed based on the difference of electrochemical responses of Zanamivir in the presence and the absence of NA in phosphate buffer solution (pH 5.5). … A linear calibration curve of Zanamivir was observed in the concentration range of 5 × 10−6–1 × 10−4 mol/L (R2 = 0.991), with the estimated limit of detection (LOD) of 1.49 × 10−6 mol/L. …
  • NAID 130005067104
  • インフルエンザ感染症に合併した急性虫垂炎の2小児例
  • 加藤 正也,今高 城治,岡本 健太郎,谷 有希子,山口 岳史,荻野 恵,土岡 丘,加藤 広行,有阪 治
  • Dokkyo journal of medical sciences 41(2), 173-176, 2014-07-25
  • 症例1は6歳女児.インフルエンザ感染症初日に発熱しオセルタミビルを開始.第3病日,右下腹部に限局した圧痛が出現.腹部造影CTで糞石を認め急性虫垂炎と診断.保存的に加療し炎症反応と腹痛は改善した.症例2は5歳女児.第1病日に発熱と腹痛を認め,第3病日に鼻咽腔迅速検査でインフルエンザB型と診断しザナミビル吸入を開始.触診で右下腹部に反跳痛を認め,腹部単純CTで虫垂壁の肥厚と糞石を確認.急性虫垂炎の併発 …
  • NAID 110009815884
  • 口腔細菌がインフルエンザウイルス感染および重症化へ及ぼす影響 (第47回 日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会)
  • 神尾 宜昌,今井 健一,田村 宗明 [他]
  • 無菌生物 44(2), 131-134, 2014
  • NAID 40020308109

関連リンク

Zanamivirとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 Zanamivirとは - goo Wikipedia (ウィキペディア) gooトップ サイトマップ スタートページに設定 RSS ヘルプ メニューへスキップ 本文へ ...
Before using zanamivir, tell your doctor and pharmacist if you are allergic to zanamivir, any other medications, any food products, or lactose (milk proteins). tell your doctor and pharmacist what prescription and ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元インフルエンザ」「ザナミビル」「Relenza
拡張検索zanamivir hydrate

インフルエンザ」

  [★]

influenza, Flu, flu
流行性感冒epidemic catarrh
インフルエンザウイルス


概念

病原体

潜伏期間

  • 1-5日

感染経路

疫学

  • 冬期に流行

症状

合併症

  • 細菌性肺炎
気道粘膜の抵抗性低下、貪食細胞の機能低下による。
起炎菌:黄色ブドウ球菌、肺炎連鎖菌、インフルエンザ桿菌。
  • ライ症侯群
中枢神経合併症で小児に見られる。インフルエンザ及び水痘感染に際してみられる重篤な合併症。新形態射精疾患(急性非炎症性脳炎、脂肪肝から肝機能障害も起こす)。解熱剤として使われたアスピリンとの因果関係がある、らしい。このため、インフルエンザの解熱、とりわけ小児についてはアセトアミノフェンを使うこととなっている。
  • 中枢神経症状
A型インフルエンザウイルスによる上気道炎回復後2-3週間に発症。脳炎タイプは一過性で予後はよい。脳症タイプは予後が悪い。

経過

  • 全身症状(発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛)→局所症状(咳、咽頭痛)→鼻汁、結膜充血、流涙→局所症状の始まりから2-3日で回復

治療

治療薬

検査

  • ウイルス分離:MDCK細胞に接種しCPEの観察。発育鶏卵を利用した羊膜amniotic cavity内接種。尿膜allantoic cavity内培養
  • ウイルス粒子検出:PCR
  • 血清診断:ペア血清を用いて、赤血球凝集抑制試験補体結合反応中和試験で診断

予防

香港A型、ソ連A型、およびB型のウイルスが含まれる
精製ウイルスからエーテル処理により脂質を除去したもの
→表面抗原に対する抗体は誘導されない→感染時に症状を軽減する効果

法令



ザナミビル」

  [★]

zanamivir
ザナミビル水和物 zanamivir hydrate
リレンザ Relenza
抗ウイルス薬ウイルスインフルエンザウイルスオセルタミビル

作用機序

薬理作用

適応

処方

  • インフルエンザ感染症の症状が出現したのち24-36時間以内に投与で、インフルエンザ感染症の症状を軽減できる。

注意

禁忌

副作用

Relenza」

  [★]

リレンザ

zanamivir


zanamivir hydrate」

  [★] ザナミビル ザナミビル水和物 zanamivir




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡