warfarin

出典: meddic

ワルファリン

WordNet   license wordnet

「an anticoagulant (trade name Coumadin) use to prevent and treat a thrombus or embolus」
Coumadin

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ワルファリン(無色の有毒な粉末でねずみ取りの薬剤)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/09 21:39:09」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Interaction of chlorogenic acids and quinides from coffee with human serum albumin.
  • Sinisi V1, Forzato C2, Cefarin N2, Navarini L3, Berti F4.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Feb 1;168:332-40. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.07.080. Epub 2014 Jul 24.
  • Chlorogenic acids and their derivatives are abundant in coffee and their composition changes between coffee species. Human serum albumin (HSA) interacts with this family of compounds with high affinity. We have studied by fluorescence spectroscopy the specific binding of HSA with eight compounds tha
  • PMID 25172718
  • Human pharmaceutical products in the environment - The "problem" in perspective.
  • Taylor D1, Senac T2.
  • Chemosphere.Chemosphere.2014 Nov;115:95-9. doi: 10.1016/j.chemosphere.2014.01.011. Epub 2014 Feb 10.
  • Concerns about the potential for significant environmental impact from residues of human pharmaceuticals emerged at the beginning of the 21st century. Since then there has been an exponential rise in the number of publications and conferences on this "problem". However, this intense focus on human p
  • PMID 24525259
  • Role of novel anticoagulants for patients with mechanical heart valves.
  • Forsberg P1, DeSancho MT.
  • Current atherosclerosis reports.Curr Atheroscler Rep.2014 Nov;16(11):448. doi: 10.1007/s11883-014-0448-7.
  • The introduction of the target-specific oral anticoagulants (TSOACs) has led to a major shift in the management of patients at risk for thrombosis. The landscape continues to evolve as the evidence regarding their efficacy and safety in various clinical situations emerges. Antithrombotic therapy for
  • PMID 25172513

和文文献

  • 症例 Warfarin内服中にtegafur・uracil投与で出血傾向をきたした胆嚢癌の1例
  • Efficacy and Safety of Rivaroxaban and Warfarin in the Perioperative Period of Catheter Ablation for Atrial Fibrillation : Outcome Analysis From a Prospective Multicenter Registry Study in Japan
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society 80(11), 2295-2301, 2016-11
  • NAID 40020970623
  • ワルファリン療法中の脳内出血 : 第Ⅸ因子複合体 (MAIN CONTENTS 抗凝固療法中の大出血への新しいアプローチ)
  • Cardio-coagulation = カーディオコアギュレーション : 循環器における抗凝固療法 3(3), 169-175, 2016-09
  • NAID 40020976555

関連リンク

ワルファリン(英: warfarin)は、抗凝固剤の1つ。殺鼠剤としても用いる。ワルファリン カリウムが医薬品として使われ、商品名はワーファリン、ワーリン、アレファリン、 ワルファリンKなど。投与方法は経口(内服)のみである。

関連画像

 Vitamin K cycle and warfarin metabolismWarfarinCould Genetics Improve Warfarin Dosing Warfarin CoumadinWarfarin StrategiesWARFARIN


★リンクテーブル★
リンク元ワルファリン

ワルファリン」

  [★]

warfarin
warfarinum kalium
アレファリンワーファリンワーリンワルファリンKワルファリンカリウム
ワルファリンカリウム warfarin potassium
ビタミンK血液凝固因子
血液凝固阻止剤

構造

  • クマリン誘導体

作用機序

ワーファリン錠0.5mg/ワーファリン錠1mg/ワーファリン錠5mg
  • 本薬は、ビタミンK作用に拮抗し肝臓におけるビタミンK依存性血液凝固因子(プロトロンビン、第VII、第IX、及び第X因子)の生合成を抑制して抗凝血効果及び抗血栓効果を発揮する。
  • また、本薬によって血中に遊離するPIVKA(Protein induced by Vitamin K absence or antagonist:プロトロンビン前駆体)が増加することにより抗凝血作用及び血栓形成抑制作用を持つ。23)

薬理作用

動態

適応

ワーファリン錠0.5mg/ワーファリン錠1mg/ワーファリン錠5mg
  • 血栓塞栓症(静脈血栓症、心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、緩徐に進行する脳血栓症等)の治療及び予防

注意

禁忌

  • 出血時、出血の可能性、術後、肝障害、腎障害、過敏症及びその既往歴、妊婦又は妊娠の可能性(催奇形性)

副作用

重大な副作用

ワーファリン錠0.5mg/ワーファリン錠1mg/ワーファリン錠5mg
  • 1. 出 血
  • (頻度不明)脳出血等の臓器内出血、粘膜出血、皮下出血等を生じることがある。このような場合には、本剤の減量又は休薬、あるいはビタミンK製剤投与、新鮮凍結血漿の輸注等の適切な処置を行うこと。また、同時に血液凝固能検査(トロンボテスト等)を行うことが望ましい。
  • 2. 皮膚壊死
  • (頻度不明)本剤投与開始による早期にプロテインC活性の急速な低下が原因で、一過性の過凝固状態となることがある。その結果、微小血栓を生じ皮膚壊死に至る可能性がある。投与前にプロテインC活性を確認することが望ましい。
  • 3. 肝機能障害、黄疸
  • (頻度不明)AST(GOT)、ALT(GPT)、Al‐Pの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、本剤を減量又は休薬するなど、適切な処置を行うこと。

その他の副作用

ワーファリン錠0.5mg/ワーファリン錠1mg/ワーファリン錠5mg
  • 1. 過敏症
  • (頻度不明)

発疹、紅斑、蕁麻疹、皮膚炎、発熱

  • 2. 肝 臓
  • (頻度不明)AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇等
  • 3. 消化器
  • (頻度不明)悪心・嘔吐、下痢
  • 4. 皮 膚
  • (頻度不明)脱毛
  • 5. その他
  • (頻度不明)抗甲状腺作用

相互作用

  • クマリン誘導体は血漿蛋白質と結合しうるので、薬効が増強されるおそれあり。
  • バルビツール酸系薬で、作用減弱
  • アスピリン+ワルファリンは使用しない(相互作用がありのため?) ⇔ アスピリン+ヘパリンならよい。

添付文書

  • ワーファリン錠0.5mg/ワーファリン錠1mg/ワーファリン錠5mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3332001F1024_1_19/3332001F1024_1_19?view=body

ヘパリンとワルファリンの比較

[display]http://kusuri-jouhou.com/pharmacology/myocardial-infarction.html
より
also see YN.G-96
  ワルファリン ヘパリン
投与方法 経口可能 注射のみ
in vitro 有効 有効
in vivo 有効 無効
その他 遅行性(12~36時間有する) ヘパリナーゼ(肝臓)で分解
持続性(2~5日有効)  






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9Frequency of Manual Blowdown mail8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12下壁梗塞8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15セリンプロテイナーゼ6
16プロステーシス+整形外科6
17体幹ギプス固定 画像6
18+白衣を着る理由 看護師 原著6
19brom+tech+心臓6
20自律性増殖5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1+30 copper sulphate .gr mail4
2Prawns and Crabs mail4
3しんきんしたい3
4コードウェルルック3
5断綴性言語2
6トリロスタン2
7小児++血液量++体重あたり量2
8デスドメイン2
9ペ二シラミン++空腹2
10狭窄音とは2
11Pubic+hair+成長2
12Soya Lecithin Animal Feed mail2
13Tibia+-+Free+Massively+Multiplayer+Online+Role-Playing+Game+-+MMORPG2
14Fischer mail2
15赤血球吸着試験2
16脛骨神経損傷2