verapamil

出典: meddic

ベラパミル


Calan, Isoptin

WordNet   license wordnet

「a drug (trade names Calan and Isoptin) used as an oral or parenteral calcium blocker in cases of hypertension or congestive heart failure or angina or migraine」
Calan, Isoptin

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/10 02:59:12」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Regulation of endocytosis into human brain-microvascular endothelial cells by inhibition of efflux proteins.
  • Kuo YC, Lu CH.SourceDepartment of Chemical Engineering, National Chung Cheng University, Chia-Yi, 62102, Taiwan, ROC.
  • Colloids and surfaces. B, Biointerfaces.Colloids Surf B Biointerfaces.2011 Oct 1;87(1):139-45. Epub 2011 May 12.
  • The expressions of P-glycoprotein (P-gp) and multidrug resistance-associated proteins (MRPs) in the blood-brain barrier (BBB) were regulated by verapamil and probenecid. The two protein interveners inhibited the efflux-pumping capability for permeating calcein-AM in the monolayer of human brain-micr
  • PMID 21636258
  • Comparison of drug permeabilities across the blood-retinal barrier, blood-aqueous humor barrier, and blood-brain barrier.
  • Toda R, Kawazu K, Oyabu M, Miyazaki T, Kiuchi Y.SourceDepartment of Ophthalmology and Visual Sciences, Graduate School of Biomedical Sciences, Hiroshima University, Hiroshima, Japan.
  • Journal of pharmaceutical sciences.J Pharm Sci.2011 Sep;100(9):3904-11. doi: 10.1002/jps.22610. Epub 2011 Jun 2.
  • Drugs vary in their ability to permeate the blood-retinal barrier (BRB), blood-aqueous humor barrier (BAB), and blood-brain barrier (BBB) and the factors affecting the drug permeation remain unclear. In this study, the permeability of various substances across BRB, BAB, and BBB in rats was determine
  • PMID 21638281

和文文献

  • How Does the Ca2+-paradox Injury Induce Contracture in the Heart?—A Combined Study of the Intracellular Ca2+ Dynamics and Cell Structures in Perfused Rat Hearts—
  • , , , , , ,
  • ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA advpub(0), 2015
  • … Under rapid-scanning confocal microscopy, repletion of Ca2+ following its depletion produced high-frequency Ca2+ waves in individual myocytes with asynchronous localized contractions, resulting in contracture within 10 min. Such alterations of myocytes were attenuated by 5-mM NiCl2, but not by verapamil, SEA0400, or combination of ryanodine and thapsigargin, indicating a contribution of non-specific transmembrane Ca2+ influx in the injury. …
  • NAID 130004902936
  • How Does the Ca2+-paradox Injury Induce Contracture in the Heart?—A Combined Study of the Intracellular Ca2+ Dynamics and Cell Structures in Perfused Rat Hearts—
  • , , , , , ,
  • ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA 48(1), 1-8, 2015
  • … Under rapid-scanning confocal microscopy, repletion of Ca2+ following its depletion produced high-frequency Ca2+ waves in individual myocytes with asynchronous localized contractions, resulting in contracture within 10 min. Such alterations of myocytes were attenuated by 5-mM NiCl2, but not by verapamil, SEA0400, or combination of ryanodine and thapsigargin, indicating a contribution of non-specific transmembrane Ca2+ influx in the injury. …
  • NAID 130004902931
  • 帝王切開後に可逆性脳血管攣縮症候群により脳底動脈先端症候群を来した1例
  • 渡辺 淳志,濱田 真輝,田鹿 安彦,宮崎 一秀,川畠 弘子
  • 脳卒中 37(1), 21-25, 2015
  • 要旨:症例は31 歳女性.予定帝王切開術後にメチルエルゴメトリン内服開始.分娩後5 日目に雷鳴様頭痛の後,全身痙攣が出現した.MRI,MRA にて多発性脳梗塞と脳血管狭窄を認め,可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)による脳底動脈先端症候群を疑いシロスタゾール,エダラボン,ベラパミルにて加療を行った.第40 病日のMRI にて脳血管狭窄は改善し,RCVS と確定診断となった.後遺症として四肢不全麻痺, …
  • NAID 130004873643

関連リンク

ベラパミル(英: verapamil)は、抗不整脈薬のひとつ。Vaughan-Williamsによる頻脈性 不整脈薬治療薬の分類では第Ⅳ群に分類される。Ca2+チャネルの開口を抑制すること により、活動電位の不応期や伝導速度を変化させ不整なリズムを正常に戻す。上室性 ...
Verapamil (brand names: Isoptin, Verelan, Verelan PM, Calan, Bosoptin, Covera- HS) is an L-type calcium channel blocker of the phenylalkylamine class. It has been used in the treatment of hypertension, angina pectoris, cardiac arrhythmia, ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元抗狭心症薬」「カルシウム拮抗薬」「ベラパミル
拡張検索verapamil hydrochloride

抗狭心症薬」

  [★]

antianginal agents, antianginal drug
狭心症

種類

硝酸薬

  • 冠血管スパズム緩解→酸素供給↑
  • 末梢血管拡張→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

特徴

  • 小動脈より静脈を拡張させる → 前負荷の減少
  • 冠血管では、細い動脈より太い動脈を弛緩させる

β遮断薬

  • 心筋抑制→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

Ca拮抗薬

  • 冠血管スパズム緩解→酸素供給↑ (SPC.226)
  • 心筋抑制→心筋仕事量↓→心筋酸素需要↓

作用機序

  • 電位依存性型Ca2+チャネルのαサブユニットに作用

その他の冠血管拡張薬

抗狭心症薬の使い分け

  労作時狭心症 安静時狭心症 不安定狭心症
硝酸薬
β遮断薬    
Ca拮抗薬    



カルシウム拮抗薬」

  [★]

calcium antagonist
カルシウムチャネル遮断薬 calcium channel blocker CCB calcium channel blockers CCBs, Ca2+ channel blockerカルシウムチャネル拮抗薬カルシウムチャネル阻害薬カルシウムチャネルブロッカー
カルシウムブロッカー, calcium blocker, Ca blockerカルシウム拮抗薬カルシウム阻害薬Ca拮抗薬
薬理学カルシウムチャネル

概念

  • 細胞膜の膜電位依存性Caチャネルに特異的に結合し、細胞内へのカルシウムの流入を減少させる作用を有する薬物の総称。

適応

分類

  • 第1世代
ベラパミル  verapamil  心臓
ジルチアゼム diltiazem  心臓 血管
ニフェジピン nifedipine    血管
  • 第2世代
  • 徐放化的製剤 ・・・剤形が変わる
  • 組織特異性・長時間作用
  • 第3世代 ↓
  • 生物学的利用能↑。血中半減期が長い
アムロジピン amlodipine

副作用

YN.C-64他
  • 1. 末梢血管拡張作用による頭痛、顔面紅潮、めまい
  • 2. 不整脈
  • ジルチアゼム、ベラパミル → 洞性徐脈、房室伝導障害
  • ニフェジピン → 反射性頻脈
  • 3. 下腿浮腫  ←  細静脈拡張せずに細動脈が拡張するため
  • 4. 歯肉肥厚

禁忌

  • 動物実験にて催奇形性がある→妊婦への使用は禁忌→胎児の形成が終わればO.K.




ベラパミル」

  [★]

verapamil
カルシウム拮抗薬
塩酸ベラパミル verapamil hydrochloride ベラパミル塩酸塩
ホルミトールマゴチロンワソラン

禁忌

ワソラン錠40mg
  • 1. 重篤なうっ血性心不全のある患者〔本剤は陰性変力作用を有し、心不全症状を更に悪化させることがある。〕
  • 2. 第II度以上の房室ブロック、洞房ブロックのある患者〔本剤は房室結節、洞結節を抑制する作用を有し、刺激伝導を更に悪化させることがある。〕
  • 3. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照〕
  • 4. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
不整脈#ガイドライン
  • 禁忌:新生児、乳児期。Caチャネル遮断薬の感受性が高く、徐脈、心停止となりやすい。

効能又は効果

ワソラン錠40mg
  • 頻脈性不整脈(心房細動・粗動、発作性上室性頻拍)
  • 狭心症、心筋梗塞(急性期を除く)、その他の虚血性心疾患

添付文書

  • ワソラン錠40mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2171008F1070_1_02/2171008F1070_1_02?view=body




verapamil hydrochloride」

  [★]

verapamil




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3