valine

出典: meddic

バリン

L-valineVVal

WordNet   license wordnet

「an essential amino acid found in proteins; important for growth in children and nitrogen balance in adults」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/01 02:54:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • RP-HPLC method using 6-aminoquinolyl-N-hydroxysuccinimidyl carbamate incorporated with normalization technique in principal component analysis to differentiate the bovine, porcine and fish gelatins.
  • Azilawati MI1, Hashim DM1, Jamilah B1, Amin I2.
  • Food chemistry.Food Chem.2015 Apr 1;172:368-76. doi: 10.1016/j.foodchem.2014.09.093. Epub 2014 Sep 28.
  • The amino acid compositions of bovine, porcine and fish gelatin were determined by amino acid analysis using 6-aminoquinolyl-N-hydroxysuccinimidyl carbamate as derivatization reagent. Sixteen amino acids were identified with similar spectral chromatograms. Data pre-treatment via centering and transf
  • PMID 25442566
  • The Src homology 3 binding domain is required for lysophosphatidic acid 3 receptor-mediated cellular viability in melanoma cells.
  • Jia W1, Tran SK1, Ruddick CA1, Murph MM2.
  • Cancer letters.Cancer Lett.2015 Jan 28;356(2 Pt B):589-96. doi: 10.1016/j.canlet.2014.10.001. Epub 2014 Oct 7.
  • The LPA3 receptor is a G protein-coupled receptor that binds extracellular lysophosphatidic acid and mediates intracellular signaling cascades. Although we previously reported that receptor inhibition using siRNA or chemical inhibition obliterates the viability of melanoma cells, the mechanism was u
  • PMID 25304369
  • l-Valine derived chiral N-sulfinamides as effective organocatalysts for the asymmetric hydrosilylation of N-alkyl and N-aryl protected ketimines.
  • Wang C1, Wu X, Zhou L, Sun J.
  • Organic & biomolecular chemistry.Org Biomol Chem.2015 Jan 14;13(2):577-82. doi: 10.1039/c4ob01257g. Epub 2014 Nov 7.
  • l-Valine derived N-sulfinamides have been developed as efficient enantioselective Lewis basic organocatalysts for the asymmetric reduction of N-aryl and N-alkyl ketimines with trichlorosilane. Catalyst 3c afforded up to 99% yield and 96% ee in the reduction of N-alkyl ketimines and up to 98% yield a
  • PMID 25380100

和文文献

  • Construction of an Artificial Pathway for Isobutanol Biosynthesis in the Cytosol of Saccharomyces cerevisiae
  • MATSUDA Fumio,KONDO Takashi,IDA Kengo [他]
  • Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 76(11), 2139-2141, 2012-11-00
  • NAID 40019498989
  • EFFECT OF GERMINATED SOY FLOUR ON THE SENSORY ACCEPTABILITY OF SOY-WHEAT COMPOSITE BREAD
  • Malomo Olu,Ogunmoyela O. A. B.,Oluwajoba S. O. [他]
  • Asian journal of natural and applied sciences 1(3), 91-106, 2012-09-00
  • NAID 40019544034
  • 酢酸菌Gluconacetobacter europaeusによる分岐鎖アミノ酸の生産
  • 赤坂 直紀,佐古田 久雄,藤原 伸介
  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 90(7), 374-380, 2012-07-25
  • 比較ゲノム解析からGluconacetobacter europaeusには分岐鎖アミノ酸(BCAA,バリン,イソロイシンおよびロイシン)の生合成経路が存在し,過剰生産を抑制するフィードバック制御機構の存在が推測された.本研究ではバリンのアナログであるα-アミノ酪酸(ABA)の耐性株を作出することで,本菌のBCAA蓄積の可能性を検証した.食酢発酵液より単離されたGa. europaeus M011 …
  • NAID 110009480331

関連リンク

関連画像

File:L-valine-2D-skeletal.pngImage - Valine.jpg - ResScientiae Wiki VALINE (02194769) - MP BiomedicalsVALINEimage valine for term side of cardValine.png


★リンクテーブル★
リンク元アミノ酸」「V」「バリン
拡張検索valine dehydrogenase」「valine-tRNA ligase」「L-valine

アミノ酸」

  [★]

amino acid
ケト原性アミノ酸糖原性アミノ酸

定義

  • L-アミノ酸、D-アミノ酸がある。一般的に生合成されるポリペプチドはL-アミノ酸を材料としている。D-アミノ酸は細菌が産生し、ごく短いペプチドとして特に、細胞壁に存在する。これはペプチダーゼによる分解を免れるためと言われている。D-アミノ酸を含むポリペプチドは、通常の翻訳経路で生合成されない。(FB.58)
  • ケト原性:Leu, Lys
  • 糖原性/ケト原性:Ile, Phe, Trp
  • 糖原性:Met, Thr, Val, Arg, His
ArgとHisは成長期に必要
PriVaTe TIM HALL

一覧

分類 極性 電荷 名前 1 3 糖原性 ケトン原性 必須アミノ酸 分枝アミノ酸   pK1
α-COOH
pK2
α-NH2
pKR
側鎖
側鎖
疎水性アミノ酸 グリシン G Gly           2.35 9.78   ―H
アラニン A Ala           2.35 9.87   ―CH3
バリン V Val       2.29 9.74   ―CH(CH3)2
フェニルアラニン F Phe ○3     2.2 9.31   ―○C6H5
プロリン P Pro           1.95 10.64   αCとNH2の間に
―CH2CH2CH2-
メチオニン M Met     ○2     2.13 9.28   ―CH2CH2-S-CH3
イソロイシン I Ile   2.32 9.76   ―CH(CH3)CH2CH3
ロイシン L Leu     2.33 9.74   ―CH2CH(CH3)2
荷電アミノ酸 酸性 アスパラギン酸 D Asp           1.99 9.9 3.9
β-COOH
―CH2COOH
酸性 グルタミン酸 E Glu           2.1 9.47 4.07
γ-COOH
―CH2CH2COOH
塩基性 リシン K Lys       2.16 9.06 10.54
ε-NH2
側鎖のCH2は4つ
―-CH2CH2CH2CH2NH2
塩基性 アルギニン R Arg     ○1     1.82 8.99 12.48
グアニジウム基
側鎖のCH2は3つ
―CH2CH2CH2-NH-C-(NH2)NH
極性アミノ酸 セリン S Ser           2.19 9.21   ―CH2OH
スレオニン T Thr     2.09 9.1   ―CH(CH3)OH
チロシン Y Tyh       2.2 9.21 10.46
フェノール
―CH2-φ
塩基性 ヒスチジン H His         1.8 9.33 6.04
イミダゾール基
―CH2-C3H3N2
システイン C Cys           1.92 10.7 8.37
-SH基
―CH2-SH
アスパラギン N Asn           2.14 8.72   ―CH2-CO-NH2
グルタミン Q Gln           2.17 9.13   ―CH2-CH2-CO-NH2
トリプトファン W Trp     2.46 9.41   ―Indol ring
1 人体で合成できるが、不十分。
2 Cysが足らなければ、Metから合成することになる。
  名称 基となるアミノ酸  
修飾されたアミノ酸 シスチン システイン システイン2分子が酸化されて生成する。
ヒドロキシプロリン プロリン ゼラチン、コラーゲンに含まれる。
ヒドロキシリジン リジン
チロキシン チロシン 甲状腺タンパク質に含まれる。
O-ホスホセリン   カゼインなど、多くのリンタンパク質に含まれる。
デスモシン    
蛋白質の構成要素ではない オルニチン アルギニン ミトコンドリア中でカルバモイルリン酸と反応
シトルリン オルニチンカルバモイルリン酸  
クレアチン アルギニングリシン  
γアミノ酪酸 アルギニン  

必須アミノ酸

準必須 アルギニン
必須 メチオニン
フェニルアラニン
リジン
valine
スレオニン
トリプトファン
ロイシン
イソロイシン
準必須 ヒスチジン

参考

  • Wikipedia - アミノ酸




V」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 22nd letter of the Roman alphabet」
v

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「vanadium の化学記号」

バリン」

  [★]

valine, Val, V
[[]]


  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:
  CH3
  |
-CH
  |
  CH3
  • CH3がV字型に広がっている?


valine dehydrogenase」

  [★]

バリン脱水素酵素バリンデヒドロゲナーゼ

valine-tRNA ligase」

  [★]

バリンtRNAリガーゼ

valyl-tRNA synthetase

L-valine」

  [★]

L-バリン

valine


"http://meddic.jp/valine" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡