urea

出典: meddic

尿素

WordNet   license wordnet

「the chief solid component of mammalian urine; synthesized from ammonia and carbon dioxide and used as fertilizer and in animal feed and in plastics」
carbamide

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「尿素(にょうそ)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/10 01:38:42」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/28 22:09:20」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • High-specificity quantification method for almond-by-products, based on differential proteomic analysis.
  • Zhang S1, Wang S1, Huang J1, Lai X1, Du Y1, Liu X1, Li B1, Feng R1, Yang G2.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Mar 1;194:522-8. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.08.056. Epub 2015 Aug 18.
  • A highly specific competitive enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) protocol has been developed to identify and classify almond products based on differential proteomic analysis. We applied two-dimensional electrophoresis to compare the differences between almond and apricot kernels to search fo
  • PMID 26471588
  • Metabolomics and microbiological profile of Italian mozzarella cheese produced with buffalo and cow milk.
  • Pisano MB1, Scano P2, Murgia A3, Cosentino S1, Caboni P4.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Feb 1;192:618-24. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.07.061. Epub 2015 Jul 16.
  • Italian buffalo mozzarella (BM) cheese metabolite profile and microbial communities were characterised and compared to cow mozzarella (CM). Polar metabolite profiles were studied by gas-chromatography mass-spectrometry (GC-MS) and results elaborated by multivariate analysis (MVA). BM produced using
  • PMID 26304391
  • Concomitant versus sequential therapy for the treatment of Helicobacter pylori infection: a Greek randomized prospective study.
  • Apostolopoulos P1, Koumoutsos I1, Ekmektzoglou K1, Dogantzis P1, Vlachou E1, Kalantzis C1, Tsibouris P1, Alexandrakis G1.
  • Scandinavian journal of gastroenterology.Scand J Gastroenterol.2016 Feb;51(2):145-51. doi: 10.3109/00365521.2015.1079646. Epub 2015 Oct 5.
  • OBJECTIVE: The objective of this study is to compare, in Greece, a region with >20% local resistance to clarithromycin, the efficacy rates of the concomitant versus the sequential H. pylori eradication therapy.MATERIALS AND METHODS: Our prospective randomized study included 364 patients with newl
  • PMID 26435055
  • The Evolution of the Clinical Use of Osmotic Therapy in the Treatment of Cerebral Edema.
  • Diringer MN1.
  • Acta neurochirurgica. Supplement.Acta Neurochir Suppl.2016;121:3-6. doi: 10.1007/978-3-319-18497-5_1.
  • For almost a century, it has been known that hypertonic solutions shrink cerebral tissue. Early attempts used hypertonic solutions of ions (sodium, magnesium) and sugars (glucose, dextrose, sucrose), concentrated albumin, and, later, urea. These early attempts were largely abandoned because the effe
  • PMID 26463914

和文文献

  • Helicobacter pylori除菌治療後完全寛解に至った直腸MALTリンパ腫の1例
  • 丁 曄/吉永 健太郎/丸山 正隆/今井 陽一/志関 正幸/森 直樹/増田 昭博/寺村 正尚/泉二 登志子
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E2), E628-E632, 2013-03-31
  • 直腸原発の粘膜関連濾胞辺縁帯(MALT)リンパ腫は稀であり、胃原発と異なりいまだ治療法も定まっていない。今回、我々はHelicobacter pylori (H.pylori)除菌治療のみによって完全寛解に至った症例を経験したので報告する。症例は62歳男性、下血、便秘にて受診し、下部内視鏡(CF)検査にて直腸Rbに浅いびらんを伴う粘膜下腫瘍を認めた。生検病理にて中型リンパ球の増殖が粘膜固有層に認め …
  • NAID 110009575077
  • Radiationless Higher-Order Embedded Solitons
  • Fujioka Jorge,Espinosa Áurea
  • J Phys Soc Jpn 82(3), 034007-034007-10, 2013-03-15
  • The soliton solutions of a higher-order nonlinear Schrödinger equation including nonlinearities of orders 2b+1 and 4b+1, as well as second- and fouth-order dispersive terms, are obtained. It is …
  • NAID 150000106984
  • Urinary chemokine (C-C motif) ligand 2 (monocyte chemotactic protein-1) as a tubular injury marker for early detection of cisplatin-induced nephrotoxicity.
  • Nishihara Kumiko,Masuda Satohiro,Shinke Haruka,Ozawa Aiko,Ichimura Takaharu,Yonezawa Atsushi,Nakagawa Shunsaku,Inui Ken-Ichi,Bonventre Joseph V,Matsubara Kazuo
  • Biochemical pharmacology 85(4), 570-582, 2013-02-15
  • … Urinary CCL2 excretion significantly increased approximately 3-fold compared with controls the day after cisplatin administration (5mg/kg), when no changes were observed plasma creatinine and blood urea nitrogen levels. …
  • NAID 120005241351
  • Structure of Concentrated Aqueous Urea Solutions Involving Alkali Metal Salts Studied by Neutron Diffraction with ??N/??N, ?Li/?Li, and ??Cl/??Cl Isotopic Substitution Methods
  • Miyazaki Takuya,Kameda Yasuo,Amo Yuko [他]
  • Bulletin of the Chemical Society of Japan 86(1), 104-111, 2013-01-00
  • NAID 40019545282

関連リンク

The latest Tweets from うれあ (@urea). エオルゼア@Tiamat アイカツおじさん ・中村繪里子・アイマス・モモノキ・ごぶごぶちゃん・アイマスタジオ ・ももクロ・たこやきレインボー. 大阪 堺市 ... 【このゲームはファイナルファンタジーか ...
化粧品のクチコミサイト@cosmeのUREA / 尿素10%クリームの商品情報です!UREA ハンドクリーム・ケアの口コミ(484件)や、QAなどの情報をアットコスメでチェックできます。
The water in the frog's cells freezes and is replaced with glucose and urea to keep cells from collapsing. Surprisingly, no mention of urea, the major nitrogen- containing component of urine. They secrete the ...

関連画像

has suspended urea supplyCHART OF UREA CYCLEUrea 3D spacefill.pngUrea, chloride free ice melterUrea fertilizer | fermera.euUrea price increased to Rs 1600 per 50kg Description Urea-3D-balls.pngDescription Urea-nitrate-3D-balls.png


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 34」「オルニチン回路」「尿素」「carbamide
拡張検索poet laureate」「sulfonylurea hypoglycemic agent」「ethylnitrosourea」「sulfonylurea receptor

100Cases 34」

  [★]

☆case34 てんかん発作
症例
23歳 アフリカ-カリブ系 女性 銀行の店員
主訴てんかん発作
現病歴強直間代発作を2回起こしたところを母親が目撃していた。娘の行動次第におかしくなり、また娘は自分のことを話している声が聞こえていた(幻聴)。最近頭痛を訴えていた。体重が減少し、脱毛があった。盗汗と主に足と手の小関節に及ぶflitting 関節痛を訴えていた。服用薬なし。タバコ1日5-10本、アルコール10 unit/week(缶ビール(350ml)6本弱)
既往歴:特記なし(medical or psychiatric history)
家族歴
生活歴
・身体診断
意識:眠そうだが痛みに反応頚部硬直:なし。頭髪:薄く斑状体温38.5℃。リンパ節:たくさんの部位で触知。
心拍:104/分、整。血圧:164/102 mmHg心血管系呼吸器系腹部:異常なし。
神経所見focal anormalityなし(局所性異常)。乳頭浮腫:認めず。
検査
(血液生化学)
上昇erythrocyte sedimentation rateureacreatinine
低下:hemoglobinwhite cell countplatelet
正常mean corpuscular volumesodiumpotassiumglucose
(腰椎穿刺)
上昇leukocytesCSF protein
正常CSF glucose
(尿検査)
蛋白:+++。血尿:+++。赤血球:++。赤血球円柱:あり。
(その他)
胸部X線:異常なし。ECG洞性頻脈頭部CT正常CSFグラム染色陰性(光顕レベル細菌なし)
glossary
fall out (毛髪などが)抜ける
night sweat 盗汗寝汗
tonic-clonic generalized seizure 全般性強直間代発作
flit vi (鳥・蝶など)すいすい/ひらひら飛ぶ、飛び回る、飛翔する。(人が)軽やかに通る、行き交う。(時が)(飛ぶように)すぎる。(幻想など)去来する、よぎる、(表情が)かすめる
drowsy adj. 眠い。眠そうな。眠気を誘う。ものうい。眠ったような
stiffness n. 堅いこと、堅ぐるしさ、がんこさ
delirium tremens 振戦譫妄
hypertensive encephalopathy血圧性脳症
alopecia 脱毛
African-Caribbean アフリカ-カリブ系
fit n. (病気の)発作。引きつけ、痙攣。(感情の)激発、一時的興奮、気まぐれ
chorea n. 舞踏病
recreational drug 耽溺性があり乱用される脱法薬物
urgent adj. (物・事が)急を要する、緊急の、背拍質(pressing)。(~を)緊急に必要とする(in)。(S is ~ (with O1) for [in] O2)(人が)(O1(人)に)O2(物・事)をしつこく求める。(人に/~するように)催促する(for/to do)。(要求などが)執拗な。
てんかん発作
・新規発生したてんかん発作原因(ICU.805-806)
薬物中毒(テオフィリンなど)
薬物からの離脱(アルコールなど)
感染症(髄膜炎膿瘍など)
頭部外傷
虚血障害(虚血あるいはびまん性)
占拠性病変(腫瘍あるいは血腫)
代謝性障害(肝性脳症尿毒症性脳症敗血症低血糖、低ナトリウム血症、低カルシウム血症など)
合併症(ICU.805-806)
全身性てんかん発作場合:高血圧乳酸アシドーシス、高体温呼吸障害誤嚥肺水腫横紋筋融解自傷不可逆性神経学的障害(30分間以上てんかん発作持続した場合)
可能性の高い診断
 全身性エリテマトーデス systemic lupus erythematosus(SLE)
■鑑別診断ポイント
 自己免疫疾患多彩症状を示す。そのため、個々の症状着目して鑑別診断をあげるのではなく、症状検査値の異常を総合的に見て判断する必要がある。
解答
 (第1パラグラフ)SLE病態
精神症状:(SLEは脳で血管炎を呈することで生じる)うつ(depression)、統合失調症様の精神病痙攣(fits)、舞踏病(chorea)、脳梗塞/脊髄梗塞
脳脊髄液:白血球増多(leukopenia)、蛋白増加
血液:自己免疫性溶血貧血(Coombs'-positive hemolytic anemia)がありうる。白血球減少血小板減少症普通にみられる。
症状ループス腎炎普通に見られ、顕微鏡的血尿タンパク尿、ネフローゼ、あるいは腎不全が現れるかもしれない。
関節症状変形を伴わない関節痛(PIP関節(近位指節間関節)、MP関節(中手指節関節)、手関節)
 (第2パラグラフ)SLEの確定診断のための検査治療
 ・すぐにすべきことは降圧薬、抗痙攣薬の投与
 ・確定診断のために次の検査を行っていく(もっとも症例提示された所見で(日本の?)SLE診断基準を満たすけど)
  ・検疫血清検査:抗DNA抗体C3C4
  ・腎生検ループス腎炎程度把握
 ・治療活動性感染がないことを確認 ← 薬物療法ではステロイド免疫抑制薬を使うため
  ・ステロイド静脈内投与、あるいはシクロホスファミドなどの細胞毒性薬(cytotoxic agents)の投与
  ・重症治療抵抗性だったら血漿交換を行う。
■鑑別診断 頭痛/精神病的様態(psychiatric features)/痙攣
髄膜炎脳炎
レクリエーショナルドラッグ中毒(例えばコカイン)
・脳腫瘍
急性アルコール禁断症状振戦譫妄
・高血圧脳症
■KEYPOINT
SLEは特に若いアフリカ系-カリブ系に普通一般的
SLEでは主に神経症状と精神症状をを伴って現れることがある
・白血球低下と血小板の低下はしばしばSLE示唆する
tonic-clonic seizure 強直間代発作
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
細胞毒性薬
 免疫抑制薬や抗腫瘍薬として用いられる。
antimetabolites
アザチオプリン azathioprine
メトトレキセート methotrexate
ミコフェノール酸 mycophenolic acid, ミコフェノール酸モフェチル mycophenolate mofetil
レフルノミド leflunomide
alkylating agents
シクロホスファミド cyclophosphamide

オルニチン回路」

  [★]

ornithine cycle
尿素サイクル 尿素回路 urea cycleクレブス-ヘンゼライト回路 Krebs-Henseleit cycleオルニチンサイクル
オルニチン尿素



ミトコンドリア内の反応

1) アンモニア + 炭酸 + 2ATPADP + Pi + カルバモイルリン酸 
            5)から
            ↓
2) カルバモイルリン酸 + オルニチンシトルリン + Pi 
                   ↓
                   3)へ

サイトソルの反応

  2)から
  ↓
3) シトルリン + アスパラギン酸 + ATPAMP + ピロリン酸 + アルギニノコハク酸 
4) アルギニノコハク酸フマル酸 + アルギニン 
5) アルギニン + 水 → 尿素 + オルニチン 
               ↓
               2)へ
|
ornithine
|
----------mitochondria
|
ornithine
|
|<-carbamoyl phosphate {ornithine transcarbamoylase}
|
citrulline
|
----------mitochondria
|
citrulline
|
|<-aspartate {argininosuccinate synthase}
|
argininosuccinate
| 
|->fumarate {argininosuccinase}
|
arginine
|
|<-H2O
|           {arginase}
|->urea
|
ornithine
|

臨床関連


尿素」

  [★]

urea
カルバミド carbamideウレア
アセチロールイソジンシュガーパスタウリモックスウレアウレパールカフコデN配合ケラチナミンケラベンスコンベルビーノルニチカミンパスタロンパステルハップ ビタルファピロニックプラチアミンブロバリンブロムワレリル尿素 ベギンユービットワイドコール
尿素クリアランスウレアーゼ
  • 溶解度 700g/L

O=C(NH2)2

腎臓

  • 多くの組織では浸透圧物質として無効であるが、腎臓のネフロンの多くの部位では有効な浸透圧物質である (文献名不明 p.373)
  • 再吸収:近位尿細管、集合管(ADH作用時)
  • 分泌 :ヘンレプールの細い部分
  • GFRが低下すると血中尿素濃度と血中クレアチン濃度は上昇し、GFRが正常の1/3-1/4になると顕著となる。

腎髄質での尿濃縮機構

  • 腎臓における尿の濃縮は(1)腎髄質の浸透圧勾配(NaCl尿素が形成)と(2)集合管による水透過性に支配されている。
  • 尿素が腎髄質の浸透圧勾配に重要な役割を果たしている。
  • シスプラチンは尿素サイクルを抑制し、尿濃縮機構を障害する。


臨床関連

  • GFRが低下して血中に窒素化合物が蓄積している状態




carbamide」

  [★]

カルバミド尿素

urea

poet laureate」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a poet who is unofficially regarded as holding an honorary position in a particular group or region; "she is the poet laureate of all lyricists"; "he is the poet laureate of Arkansas"」


sulfonylurea hypoglycemic agent」

  [★] スルホニル尿素系抗糖尿病薬

ethylnitrosourea」

  [★]

エチルニトロソウレア


sulfonylurea receptor」

  [★]

SUR
SUR


"http://meddic.jp/urea" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡