trazodone

出典: meddic

トラゾドン

WordNet   license wordnet

「oral antidepressant (trade name Desyrel) that is a nontricyclic drug used as a sedative」
trazodone hydrochloride, Desyrel

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/31 07:26:33」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Occurrence of antidepressant residues in the sewage-impacted Vistula and Utrata rivers and in tap water in Warsaw (Poland).
  • Giebułtowicz J1, Nałęcz-Jawecki G2.
  • Ecotoxicology and environmental safety.Ecotoxicol Environ Saf.2014 Jun;104:103-9. doi: 10.1016/j.ecoenv.2014.02.020. Epub 2014 Mar 15.
  • Antidepressants, even at low concentrations, can reveal some adverse effects on aquatic life due to disturbing homeostasis throughout the central and peripheral nervous system both in vertebrates and invertebrates. To date there have not been any reports regarding the presence of these pharmaceutica
  • PMID 24636953
  • Impact of the whole-cell patch-clamp configuration on the pharmacological assessment of the hERG channel: trazodone as a case example.
  • Rodriguez-Menchaca AA1, Ferrer T2, Navarro-Polanco RA2, Sanchez-Chapula JA2, Moreno-Galindo EG3.
  • Journal of pharmacological and toxicological methods.J Pharmacol Toxicol Methods.2014 May-Jun;69(3):237-44. doi: 10.1016/j.vascn.2013.12.007. Epub 2014 Jan 9.
  • INTRODUCTION: Voltage- and state-dependent blocks are important mechanisms by which drugs affect voltage-gated ionic channels. However, spontaneous (i.e. drug-free) time-dependent changes in the activation and inactivation of hERG and Na(+) channels have been reported when using conventional whole-c
  • PMID 24412489
  • The role of pain modulators in esophageal disorders - no pain no gain.
  • Dickman R1, Maradey-Romero C, Fass R.
  • Neurogastroenterology and motility : the official journal of the European Gastrointestinal Motility Society.Neurogastroenterol Motil.2014 May;26(5):603-10. doi: 10.1111/nmo.12339.
  • Pain modulators have been primarily used for the management of functional esophageal disorders. Recently, these drugs have also been used for the management of other esophageal disorders, such as non-erosive reflux disease, the hypersensitive esophagus, and heartburn that is not responsive to proton
  • PMID 24750261

和文文献

  • 症例報告 両側縮瞳と意識障害を来たした薬物中毒の一例
  • 柳川 洋一,高須 朗,西 紘一郎
  • 防衛衛生 55(6), 75-78, 2008-06
  • NAID 40016143409
  • 症例報告 自殺目的で塩酸セルトラリン,スルピリド,塩酸ドスレピン,フマル酸クエチアピン,塩酸トラゾドンを含む多剤大量服用後,悪性症候群もしくはセロトニン症候群を併発した1例
  • 柳川 洋一,西 紘一郎,宮崎 誠樹
  • 防衛衛生 55(4), 71-74, 2008-04
  • NAID 40015997038

関連リンク

Trazodone is used for treating depression. It may also be used for relief of an anxiety disorder, problems sleeping, anxiety, and panic attacks, chronic pain. ... Worldwide shipping Shipping options: Courier Service ($30, 5-9 days ...
570 円で安心の個人輸入!!セロトニン5-HT2受容体拮抗作用による抗うつ薬!不安感を伴ううつ症状に優れた効果を発揮!さらに強力な睡眠誘発作用があるため、睡眠障害に悩む人にも最適!

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元抗うつ薬」「トラゾドン
拡張検索trazodone hydrochloride

抗うつ薬」

  [★]

antidepressant, antidepressants
薬理学、そううつ病、精神疾患

作用機序

三環系抗うつ薬 tricyclic antidepressant

  • 2つの説がある。
  • 1. (急性作用)シナプス前膜におけるノルアドレナリン、セロトニンの再取り込み↓→シナプス間隙における薬剤濃度↑
  • 2. (慢性作用)(2週間後)シナプス後膜における受容体の数↓
  • 慢性作用はシナプス間隙のノルアドレナリン、セロトニン濃度が上昇した結果、シナプス後膜の受容体が減少したために出現すると考えられる。

抗うつ薬

  • 三環系
  • 四環系
ミルナシプラン milnacipran
  • 非定型抗うつ薬 atypical agent




トラゾドン」

  [★]

trazodone
塩酸トラゾドン trazodone hydrochloride
アンデプレデジレルレスリンDesyrel
抗うつ薬薬理学SSRI


  • トリアゾピリジン骨格を有する抗うつ薬。
  • 鎮静作用の強い非定型抗うつ薬
  • 日本初のSSRI
  • 抗コリン作用が弱く、心機能抑制は低い。
  • セロトニン再取り込み阻害作用はノルアドレナリンの26倍という高い選択性
  • 長期投与により、うつ病患者で亢進しているノルアドレナリン受容体やセロトニン受容体の感受性を低下させる。
KPS.1209
  • 1-2時間で血中濃度が最高濃度となる
  • 半減期は6-11時間
  • 活性代謝物はm-クロロフェニルピペラジン
  • 肝臓代謝。代謝産物の75%は尿から排泄される。
  • 選択的セロトニン歳取り込み阻害作用、多少のシナプス後セトロニン活性、α1アドレナリン拮抗作用、抗ヒスタミン作用を有する。
  • トラゾドンの長期投与によりシナプス後セトロニン受容体2A型(5-HT2A)とβアドレナリン受容体数を減少させる。
  • 副作用:起立性低血圧(α1アドレナリン拮抗作用)、胃炎、持続勃起症(α1アドレナリン拮抗作用)、弱い骨格筋弛緩作用


trazodone hydrochloride」

  [★]

trazodone




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡