sulpiride

出典: meddic

スルピリド

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/18 19:30:42」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Development and application of a novel, dual-mode gradient, stability-indicating HPLC-DAD method for the simultaneous determination and purity assessment of mebeverine hydrochloride, diloxanide furoate and their corresponding major degradation products in combination with some gastrointestinal drugs in the form of oral doses.
  • Mabrouk M, El-Fatatry H, Hewala I, Emam E.SourceDepartment of Pharmaceutical Analytical Chemistry, Faculty of Pharmacy, University of Tanta, Tanta, Egypt.
  • Journal of pharmaceutical and biomedical analysis.J Pharm Biomed Anal.2013 Sep;83:249-59. doi: 10.1016/j.jpba.2013.04.013. Epub 2013 Apr 19.
  • A simple, precise, rapid, stability-indicating reversed phase high performance liquid chromatographic method with photodiode array detection was developed and validated for the determination of mebeverine hydrochloride in combination with sulpiride or with diloxanide furoate and metronidazole in the
  • PMID 23770637
  • Involvement of dopamine D2 receptor signal transduction in the discriminative stimulus effects of the κ-opioid receptor agonist U-50,488H in rats.
  • Mori T, Yoshizawa K, Ueno T, Nishiwaki M, Shimizu N, Shibasaki M, Narita M, Suzuki T.SourceDepartments of aToxicology bPharmacology, Hoshi University School of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, Tokyo cDepartment of Pharmacology and Therapeutics, Tokyo University of Science, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Chiba, Japan.
  • Behavioural pharmacology.Behav Pharmacol.2013 Aug;24(4):275-81. doi: 10.1097/FBP.0b013e3283635f6b.
  • We have reported previously that the inhibition of both dopaminergic and psychotomimetic/hallucinogenic components plays a role in the discriminative stimulus effects of U-50,488H. However, the mechanisms that underlie the discriminative stimulus effects of U-50,488H, and especially the component th
  • PMID 23838963
  • Dopamine D2 receptors modulate the expression of contextual conditioned fear: role of the ventral tegmental area and the basolateral amygdala.
  • de Souza Caetano KA, de Oliveira AR, Brandão ML.SourceaLaboratory of Psychobiology, Faculty of Philosophy, Sciences and Letters of Ribeirão Preto, University of São Paulo bInstitute of Neuroscience and Behavior (INeC), Ribeirão Preto, São Paulo, Brazil.
  • Behavioural pharmacology.Behav Pharmacol.2013 Aug;24(4):264-74. doi: 10.1097/FBP.0b013e32836356c4.
  • Although dopaminergic systems are more commonly associated with the reinforcing effects of various stimuli, numerous reports have demonstrated a relationship between changes in dopaminergic transmission and aversive situations. In the present study, we examined the involvement of D1-like and D2-like
  • PMID 23751519

和文文献

  • スルピリドを使いこなす (特集 古くて安い薬を上手に活かすコツ)
  • 心因性疼痛に対して処方したスルピリドが奏功した慢性舌潰瘍の2例
  • 寺井 陽彦,植野 高章
  • 歯科薬物療法 33(3), 123-126, 2014
  • … It is well known that sulpiride is a selective dopamine D-2 antagonist with antipsychotic and antidepressant activity, and its therapeutic uses include the treatment of schizophrenia, neurosis, depression, duodenal ulcers and inadequate lactation. … We have been reported two patients with chronic tongue ulceration who were treated successfully ulceration itself using sulpiride which expected relief of chronic tongue pain.In this paper, clinical diagnosis of Candida-associated tongue ulcer was made in both patients. …
  • NAID 130004890371
  • New recreational drug 1-phenyl-2-(1-pyrrolidinyl)-1-pentanone (alpha-PVP) activates central nervous system via dopaminergic neuron
  • Kaizaki Asuka,Tanaka Sachiko,Numazawa Satoshi
  • The Journal of Toxicological Sciences 39(1), 1-6, 2014
  • … This increase was inhibited by the D1 receptor antagonist SCH23990 (50 µg/kg, i.p.) and the D2 receptor antagonist sulpiride (50 mg/kg, i.m.). …
  • NAID 130004447102

関連リンク

詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません。
共和薬品工業株式会社のスルピリド錠100mg「アメル」(中枢神経用薬)、一般名スルピリド(Sulpiride) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ドパミン」「スルピリド」「ベンズアミド
拡張検索sulpiride test

ドパミン」

  [★]

dopamine DA DOA 3,4-dihydroxyphenethylamine
ドーパミン
塩酸ドパミン, dopamine hydrochloride, ドパミン塩酸塩
イノバンイブタントカコージンDカコージンカタボンガバンスクリトパンツルドパミドパラルミンドミニントロンジンプレドパマートバーンヤエリスタ
ドパミン受容体カテコラミン強心剤


概念

生合成

視床下部-下垂体系

  • 視床下部弓状核や脳室周辺の隆起漏斗系ドパミンニューロンで産生される。
  • 下垂体のD2受容体を介してホルモン分泌の調節を受けている。 → e.g. プロラクチン放出抑制ホルモン(PIF)

ドパミン受容体

低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる (GOO.249)
中枢神経系に存在

神経伝達物質の薬理 (GOO.324)

神経伝達物質 トランスポーター阻害薬 受容体のサブタイプ 選択的作動薬 選択的阻害薬 受容体と共役する分子
ドパミン cocaine
mazindol
nomifensine
D1     Gs
D2 bromocriptine sulpiride
domperidone
Gi
D3 7-OH-DPAT  
D4    
D5     Gs

薬理学

  • 低濃度
D1受容体に作用して血管拡張→腎血流量↑→GFP↑→Na排出↑→利尿
  • やや高濃度
β1受容体に作用→心拍出量↑・心収縮力↑(頻脈はない)・収縮期圧↑・拡張期圧不変
アドレナリン低用量投与と同じ?
  • 高濃度
α1受容体に作用→血管平滑筋収縮(→収縮期圧↑、拡張期圧↑???)
アドレナリン高用量投与と同じ?

ran]]

(PT.218)

  • 中脳に細胞体を持つものが多く、黒質から線条体に至る黒質線条体系と黒質や腹側被蓋野から報酬系の神経核、辺縁系、前頭葉に至る中脳皮質系がある。視床下部やその周辺にもドーパミン作動性線維の細胞体とその終末があり、隆起漏斗系、隆起下垂体系、不確帯視床下部系、脳室周囲系を形成する。黒質線条体系の変性はパーキンソン病をもたらす。ドーパミン誘導体には幻覚剤となるものがある。ドーパミンの分泌増大や脳のD2受容体の増加は精神分裂病(統合失調症)の発病に関与している可能性がある。モルヒネはドーパミンの分泌を促進する。コカインは輸送体によるドーパミンの取り込みを阻害し作用の持続時間を延長する。一部の覚醒剤中毒はドーパミン輸送体の抑制による。

ホルモンの調節

  • プロラクチンは視床下部でドパミンの産生を促進 ← プロラクチン抑制因子として作用
  • ドパミンは視床下部でGnRHの分泌を抑制 → 卵巣機能の抑制
  • ドパミンは下垂体前葉?でD受容体に作用してプロラクチンを抑制 ← 抗精神病薬(D2受容体をブロックする)を使うと高プロラクチン血症となる。

循環不全治療薬として

イノバン
  • 下記のような急性循環不全(心原性ショック、出血性ショック)
  • (1) 無尿、乏尿や利尿剤で利尿が得られない状態   ←  低濃度で用いれば、腎血流を増加させ尿量の増加が期待できる → ドパミン#薬理学
  • (2) 脈拍数の増加した状態  ←  高濃度でなければ、頻脈を起こさず心拍出量を増やす。 → ドパミン#薬理学
  • (3) 他の強心・昇圧剤により副作用が認められたり、好ましい反応が得られない状態




スルピリド」

  [★]

sulpiride
アビリットクールスパンドグマチールピリカップルベタマックマーゲノールミラドール
抗精神病薬


  • 抗ドパミン薬
  • 消化性潰瘍治療薬

特徴

構造

作用機序

消化性潰瘍治療薬

  • 視床下部の交感神経中枢の興奮を抑制することで腸管の血流を改善する

副作用

抗精神病薬の副作用 参照



ベンズアミド」

  [★]

benzamide

構造

  • ベンズアミド骨格を有する

作用

ベンズアミド系代表薬物



sulpiride test」

  [★] スルピリド負荷テスト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9Frequency of Manual Blowdown mail8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12下壁梗塞8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15セリンプロテイナーゼ6
16プロステーシス+整形外科6
17体幹ギプス固定 画像6
18+白衣を着る理由 看護師 原著6
19brom+tech+心臓6
20自律性増殖5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1+30 copper sulphate .gr mail4
2Prawns and Crabs mail4
3しんきんしたい3
4コードウェルルック3
5断綴性言語2
6トリロスタン2
7小児++血液量++体重あたり量2
8デスドメイン2
9ペ二シラミン++空腹2
10狭窄音とは2
11Pubic+hair+成長2
12Soya Lecithin Animal Feed mail2
13Tibia+-+Free+Massively+Multiplayer+Online+Role-Playing+Game+-+MMORPG2
14Fischer mail2
15赤血球吸着試験2
16脛骨神経損傷2