speech and language disorders

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/11 08:38:37」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • ERPs show that classroom-instructed late second language learners rely on the same prosodic cues in syntactic parsing as native speakers.
  • Nickels S, Opitz B, Steinhauer K.SourceSchool of Communication Sciences and Disorders, McGill University, 1266 Pine Avenue West, Montreal, Quebec H3G 1A8, Canada. Electronic address: Stefanie.Nickels@mail.mcgill.ca.
  • Neuroscience letters.Neurosci Lett.2013 Dec 17;557 Pt B:107-11. doi: 10.1016/j.neulet.2013.10.019. Epub 2013 Oct 18.
  • The loss of brain plasticity after a 'critical period' in childhood has often been argued to prevent late language learners from using the same neurocognitive mechanisms as native speakers and, therefore, from attaining a high level of second language (L2) proficiency [7,11]. However, more recent be
  • PMID 24141083
  • Predicting Individual Variation in Language From Infant Speech Perception Measures.
  • Cristia A, Seidl A, Junge C, Soderstrom M, Hagoort P.SourceLaboratoire de Sciences Cognitives et Psycholinguistique; Max Planck Institute for Psycholinguistics.
  • Child development.Child Dev.2013 Dec 9. doi: 10.1111/cdev.12193. [Epub ahead of print]
  • There are increasing reports that individual variation in behavioral and neurophysiological measures of infant speech processing predicts later language outcomes, and specifically concurrent or subsequent vocabulary size. If such findings are held up under scrutiny, they could both illuminate theore
  • PMID 24320112

和文文献

  • 韓国の痙直型脳性麻痺児における咀嚼機能と発話明瞭度の関運
  • CHANG Su Jeong,SIM Hyun Sub,KWON Miseon
  • 音声言語医学 53(1), 20-26, 2012-01-20
  • NAID 10030214495
  • 高機能広汎性発達障害児の言語能力 : ITPAの分析から
  • 山田 有紀,笠井 新一郎
  • 音声言語医学 52(4), 366-371, 2011-10-20
  • 高機能広汎性発達障害児は知能検査レベルでは言語性知能指数は正常範囲となるが,実際場面ではそれに見合ったコミュニケーション・言語行動をとることが難しいといった検査数値と実際場面の乖離が見られる.そこで高機能広汎性発達障害児のITPA言語学習能力診断検査の傾向分析から,コミュニケーション・言語的な問題を明らかにすることを目的とし,5,6歳代高機能広汎性発達障害児101名にITPA言語学習能力診断検査を …
  • NAID 10029682010

関連リンク

Discover resources to help individuals understand speech and language disorders, including teaching tips, on LDS.org. ... Helps Teaching Understanding Speech and Language Disorders Speech and language disorders are varied and ...
Speech and Language Disorders and Diseases When a person is unable to produce speech sounds correctly or fluently, or has problems with his or her voice, then he or she has a speech disorder. Difficulties pronouncing sounds, or ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元言語障害
関連記事and」「disorder」「language」「speech」「an

言語障害」

  [★]

speech disturbance, language disorder, speech and language disorders
言語



and」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《語・句・節を対等に結んで》…『と』…,…や…,および / 《数詞を結合して》…『足す』…,…に加えて / …『しかも』…,…して,同時に… / 《時間的に》『そして』,それから,すると(and then) / 《当然の帰結として》…『ので』,…だから(and so) / 《おもに話》《命令文などの後で》『そうすれば』,そうしたら / 《追加・強調して》それに,しかも / 《対照的な内容を導いて》ところが,しかし(but) / 《譲歩的に》それなのに,それでいながら / 《A and Bで一体の関係を表して》《単数扱い》 / 《同一語を反復して多数・継続などを表して》 / 《同一の複数名詞を結合して変化・種類などを表して》 / 《話》《「形容詞+and+形容詞」の形で前の形容詞が後に副詞的に働く》 / 《話》《「動詞come, goなど+and+動詞」の形でandとその後の動詞が不定詞の働きをして》 / 《「動詞+and+動詞」の形で後の動詞が現在分詞の意を表して》 / 《話》《文頭において前の質問・意見などに同意を示して》そうとも,そして(Yes!and) / 《話》《文頭に置いて驚き・疑念・非難などを表して》ほんとうに;…なのに」


disorder」

  [★]

  • 障害:個人的苦痛や機能の障害があるので「疾病」とは言えるものの、その背景にある臓器障害がもう一つはっきりしない場合に用いられる。(PSY.9)
  • n.
  • an untidy state; a lack of order or organization (⇔order)
  • violent behaviour of large groups of people
  • an illness that cause a part of the body to stop functioning correctly
  • 注意
disease <> illness <> disorder
  • vt.
  • 乱す、乱雑にする。(人)の(心身の)調子を狂わせる。
  • vi.

WordNet   license wordnet

「bring disorder to」
disarray

WordNet   license wordnet

「a physical condition in which there is a disturbance of normal functioning; "the doctor prescribed some medicine for the disorder"; "everyone gets stomach upsets from time to time"」
upset

WordNet   license wordnet

「a disturbance of the peace or of public order」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion) / 《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動 / 〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害 / …‘の'秩序を乱す / 〈心身〉‘に'異常を起こさせる」


language」

  [★] 言語

WordNet   license wordnet

「a systematic means of communicating by the use of sounds or conventional symbols; "he taught foreign languages"; "the language introduced is standard throughout the text"; "the speed with which a program can be executed depends on the language in which it」
linguistic communication

WordNet   license wordnet

「the mental faculty or power of vocal communication; "language sets homo sapiens apart from all other animals"」
speech

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『言語』,言葉 / 〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語 / 〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど) / 〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語 / 〈U〉語学,言語学(linguistics)」


speech」

  [★]

WordNet   license wordnet

「(language) communication by word of mouth; "his speech was garbled"; "he uttered harsh language"; "he recorded the spoken language of the streets"」
speech communication, spoken communication, spoken language, language, voice communication, oral communication

WordNet   license wordnet

「something spoken; "he could hear them uttering merry speeches"」

WordNet   license wordnet

「the exchange of spoken words; "they were perfectly comfortable together without speech"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉『話す力』,話す能力・〈U〉話すこと,言隆・〈C〉『演説』,話,スピーチ・〈U〉(人の)『話し方』・〈C〉〈U〉(特定の)言語,方言,なまり・〈C〉(役者の)のせりふ・〈U〉話法」


an」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(次にくる語の発音が母音で始まるときに用いる) / (子音[h]で始まり第1音節に強勢のない語の場合はanを用いることがある.ただし,この場合は[h]を発音しない)」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3