shock

出典: meddic

ショック

WordNet   license wordnet

「strike with horror or terror; "The news of the bombing shocked her"」

WordNet   license wordnet

「(pathology) bodily collapse or near collapse caused by inadequate oxygen delivery to the cells; characterized by reduced cardiac output and rapid heartbeat and circulatory insufficiency and pallor; "loss of blood is an important cause of shock"」

WordNet   license wordnet

「subject to electrical shocks」

WordNet   license wordnet

「an unpleasant or disappointing surprise; "it came as a shock to learn that he was injured"」
blow

WordNet   license wordnet

「an instance of agitation of the earth''s crust; "the first shock of the earthquake came shortly after noon while workers were at lunch"」
seismic disturbance

WordNet   license wordnet

「a bushy thick mass (especially hair); "he had an unruly shock of black hair"」

WordNet   license wordnet

「a pile of sheaves of grain set on end in a field to dry; stalks of Indian corn set up in a field; "corn is bound in small sheaves and several sheaves are set up together in shocks"; "whole fields of wheat in shock"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉(衝突・爆発などの)『衝撃』,(地震の)震動,電撃 / 〈C〉〈U〉(精神的)『打撃』,ショック / 〈U〉ショック症 / 《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『ぎょっとさせる』,ひどく驚かせる / (治療のため)〈人・動物〉‘に'電気ショクを与える」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(乾燥させるために立てかけた)穀類の刈り束 / 〈穀類〉‘を'刈り束にする」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(髪の毛の)もじゃもじゃの固まり《+『of』+『名』》」

WordNet   license wordnet

「the violent interaction of individuals or groups entering into combat; "the armies met in the shock of battle"」
impact

WordNet   license wordnet

「surprise greatly; knock someone''s socks off; "I was floored when I heard that I was promoted"」
floor, ball over, blow out of the water, take aback

WordNet   license wordnet

「strike with disgust or revulsion; "The scandalous behavior of this married woman shocked her friends"」
offend, scandalize, scandalise, appal, appall, outrage

WordNet   license wordnet

「collect or gather into shocks; "shock grain"」

WordNet   license wordnet

「collide violently」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/24 09:37:25」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Erratum to: Design and conduct of the activated protein C and corticosteroids for human septic shock (APROCCHSS) trial.
  • Annane D1, Brun-Buisson C2, Cariou A3, Martin C4, Misset B5, Renault A6, Lehmann B7, Millul V8, Maxime V9, Bellissant E6; APROCCHSS Investigators for the TRIGGERSEP Network.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2016 Dec;6(1):79. doi: 10.1186/s13613-016-0165-1. Epub 2016 Aug 19.
  • PMID 27541603
  • Polymyxin-B hemoperfusion in septic patients: analysis of a multicenter registry.
  • Cutuli SL1, Artigas A2, Fumagalli R3, Monti G3, Ranieri VM4, Ronco C5, Antonelli M6; EUPHAS 2 Collaborative Group.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2016 Dec;6(1):77. doi: 10.1186/s13613-016-0178-9. Epub 2016 Aug 8.
  • BACKGROUND: In 2010, the EUPHAS 2 collaborative group created a registry with the purpose of recording data from critically ill patients suffering from severe sepsis and septic shock treated with polymyxin-B hemoperfusion (PMX-HP) for endotoxin removal. The aim of the registry was to verify the appl
  • PMID 27502196
  • Toe-to-room temperature gradient correlates with tissue perfusion and predicts outcome in selected critically ill patients with severe infections.
  • Bourcier S1,2, Pichereau C1,2, Boelle PY3, Nemlaghi S1,4, Dubée V1,2, Lejour G1, Baudel JL1, Galbois A1,4, Lavillegrand JR1, Bigé N1, Tahiri J1, Leblanc G1,5, Maury E1,2,6, Guidet B1,2,6, Ait-Oufella H7,8,9.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2016 Dec;6(1):63. doi: 10.1186/s13613-016-0164-2. Epub 2016 Jul 11.
  • BACKGROUND: Microcirculatory disorders leading to tissue hypoperfusion play a central role in the pathophysiology of organ failure in severe sepsis and septic shock. As microcirculatory disorders have been identified as strong predictive factors of unfavourable outcome, there is a need to develop ac
  • PMID 27401441
  • Outcome and features of acute kidney injury complicating hypoxic hepatitis at the medical intensive care unit.
  • Drolz A1,2, Horvatits T3,4, Roedl K3,4, Rutter K3,4, Staufer K3,5, Haider DG6,7, Zauner C3, Heinz G8, Schellongowski P9, Kluge S4, Trauner M3, Fuhrmann V3,4.
  • Annals of intensive care.Ann Intensive Care.2016 Dec;6(1):61. doi: 10.1186/s13613-016-0162-4. Epub 2016 Jul 8.
  • BACKGROUND: Hypoxic hepatitis (HH) is a frequent and potentially life-threatening event typically occurring in critically ill patients as a consequence of hemodynamic impairment. While acute kidney injury (AKI) has been well described in patients with acute liver failure, incidence and outcome of AK
  • PMID 27392655

和文文献

  • Effect of Confinement Layer on Laser Ablation and Cavitation Bubble during Laser Shock Peening
  • β溶血性レンサ球菌による壊死性筋膜炎 2011年から2015年における自験例9例と本邦報告例のまとめ
  • 日本皮膚科学会雑誌 = The Japanese journal of dermatology 126(10), 1929-1938, 2016-10
  • NAID 40020939391
  • 症例 化膿性レンサ球菌肺炎の6例 : レンサ球菌毒素性ショック症候群の1例を中心に
  • 日本呼吸器学会誌 = Annals of the Japanese Respiratory Society 5(5), 240-244, 2016-09-10
  • NAID 40020952684
  • 惑星への高速着地を可能にする衝撃吸収構造の応答解析

関連リンク

堂本光一SHOCKのページ(堂本光一ファンサイトほねぬき地蔵)堂本光一Endless SHOCK・その他SHOCKのレポ、データ、写真を網羅しています。 2000年11月 2001年12月・2002年1月 2002年6月 2003年1・2月 2004年2月 2006年2・3 ...
お友達のおかげで始めて千穐楽を観劇することができました。始めてで最後の経験だと思い、目に焼き付けようと思ったのですが、今は記憶がおぼろげに成ってしまいました。私が観劇したSHOCKの中で昨日のSHOCKが1番でした。
G-SHOCK PERFECT SEARCH 懐かしい初代モデルから最新モデルまで 2000を超える豊富なラインアップを一挙公開! PICK UP 注目の ... PRODUCTS G-SHOCKのラインアップを一挙公開! IDENTITY コンセプト、テクノロジー、歴史のご ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 76」「意識障害」「ショック」「病理学」「circulatory collapse
拡張検索shock troops」「heat shock protein 60 family」「streptococcal toxic shock syndrome」「Hsp72 heat-shock protein」「extracorporeal shock wave lithotriptor
関連記事shocking

100Cases 76」

  [★]

☆case76 頭痛
glossary
傾眠 drowsiness 正常病的の区別なく眠り込む場合に用いられる
意識不鮮明 confusion 周囲に対する認識や理解は低下し、思考清明さや記憶正確さが失われる
錯乱 confusion 夢幻様状態より見当識障害思考滅裂が見られる状態(PSY.40)
MA = Master of Arts 文学修士
 The Master of Arts (BrE: MA, UsE: M.A.) is awarded in Arts, Humanities, Theology and Social Sciences (Wikipedia)
graduate student 大学院生
rousable adj. 覚醒できる、目を覚ますことができる
rouse vt. ~の目を覚まさせる、呼び起こす。喚起する、鼓舞する、奮起させる。(感情を)起こさせる、かき立てる
lateralize vt. (生理)(大脳が)(左右半球に心的機能差がある、左右差がある。(器官機能活動などが)大脳の(左右いずれかの)片側優位下にある。(医学)(障害などが)大脳の片半球にあると診断される
乳頭浮腫 papilledema 原因を問わず視神経乳頭腫脹している状態
うっ血乳頭 choked disc 脳圧亢進による乳頭浮腫
症例
24歳、男性 精神学の修士過程を専攻している大学院生
主訴:激しい頭痛
現病歴頭部全体に痛みがある。2回嘔吐傾眠錯乱が認められるようになった。明るい光を嫌う()he finds bright lights uncomfortable
既往歴病気既往はない。アレルギーはない。タバコ1日10本。アルコール24 unit/week(缶ビール(350ml)13.7本/週)。薬は服用してない。
家族歴:彼女と同居。3歳と4歳の子供がいる。
診察 examination
 見た感じ紅潮しており、調子が悪そう。体温:39.2℃。項部硬直あり(he has stiffness on passice flexion of his neck)。皮疹なし。副鼻腔圧痛なし。鼓膜所見は正常脈拍:120/分。血圧:98/74 mmHg心血管系胸部腹部に異常所見なし(normal)。意識レベル低下。命令に応じて覚醒する(JCS10?)。局所神経症状認めない。眼底所見正常
検査 investigation
 血液検査
  白血球上昇血清Na:低下。血清尿素:上昇血清クレアチニン上昇血液培養検査
 画像検査
  胸部X線:異常所見なし。頭部CT正常
 心電図洞性頻脈
 腰椎穿刺
  髄液所見:混濁白血球:増多。蛋白:増多。糖:低下(普通の人の血糖100mg/dLと考える。→ 1g/L → 1/180 mol/L → 5.56 mmol/L。グラム染色結果待ち
■Q
 診断鑑別診断管理
■A
 細菌性髄膜炎髄膜炎クモ膜下出血、経験的抗菌薬投与
解説
(第1パラグラフ)細菌性髄膜炎
・(症状)突然発症。激しい頭痛嘔吐錯乱羞明項部硬直
・低血圧白血球増多、腎機能低下 → ウイルス性よりむしろ細菌性感染示唆する。 ← 重症敗血症敗血症ショックかな?(私見)
・(髄膜炎菌の種類)
テーブル挿入 髄膜炎
・(疫学)HIM. 2621 (多分、全患者中(←私見))
 Streptococcus pneumoniae ~50%
 Neisseria meningitidis ~25%、
 group B streptococci ~15%
 Listeria monocytogenes ~10%
 Haemophilus influenzae type B <10%
Neisseria meningitidis全身性脈管皮疹(点状出血紫斑)が特徴的(generalized vasculitic rash)
(第2パラグラフ)鑑別診断
・激しい頭痛
 ・the most severe headaches are experienced in meningitis, subarachnoid hemorrhage and classic migraine.
  ・meningitis単回発作(single episode)。症状は時間単位で出現
  ・subarachnoid hemorrhage単回発作(single episode)。突然発症(突発完成?)。硝子体出血を認めることがある。
  ・classic migraine:繰り返す(数回/年~1回/週。平均月2回。発作は4-72時間継続)
髄膜刺激急性発熱をきたした多くの病態でみられる(acute febrile conditions)。特に子供。 ← そうなの?
頚部硬直頚部脊椎の局所感染症でも起こる。 ← パーキンソン病などによる筋トーヌスの異常亢進も除外しよう
・他の髄膜炎:脳脊髄液所見で鑑別する
(第3パラグラフ)経験的治療
・(細菌性)髄膜炎が疑われたら、確定診断する前に適切抗菌薬投与(empirical treatment)。 → 数時間の経過死亡することがある。
・ペニシリンアレルギーがなければ、ceftriaxoneかceftaximeの静脈内投与一般的治療法
(第4パラグラフ)腰椎穿刺
乳頭浮腫がない、あるいは占拠性病変を示唆する片側性の神経徴候(lateralized neurological signs)がある患者では(CT結果を待たずに)腰椎穿刺をすぐにやるべき(CASES) ← どういう事?
局在性の神経徴候(localized neurological sign)がある場合はまずCTを撮るべき(CASES)。 → the dangers of coning ← 鉤ヘルニアの事?
(第5パラグラフ)細菌性髄膜炎管理
診断CSF検査(グラム染色、髄液培養(確定診断感受性試験)
管理
 ・意識が低下しているのでそれなりの看護(must be nursed)。アヘン剤による鎮痛生理食塩水による低ナトリウム血症の補正。低血圧補正するためにinotrope(a drug with positive inotropic effects, e.g. dobutamine, digitalis, milrinone )も必要かもしれない。(100CASES)
 ・感受性のある抗菌薬投与(大量静注、髄液移行性の高いもの)、髄液所見の正常化・CRP 陰転後、1週間抗菌薬投与して治療終了対症療法として脳圧亢進には高張脳圧降下薬(マンニトールなど)を投与。(IMD.1042)
(第6パラグラフ)家族構成を考えた治療
・(意訳)誰が3-4歳の世話をしていたのか分からないけど、子供検査すべき。髄膜炎菌か原因菌が不明だったら、リファンピシンによる予防的治療髄膜炎球菌に対する予防接種をすべき。 ← 日本ではどうなんでしょうか。
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
莢膜を有し、髄膜炎を起こす細菌 → 莢膜を有することで血液中補体などを介した貪食を免れ、血行性クモ膜下腔まで到達しうる。
Streptococcus pneumoniae
Haemophilus influenzae type b
Neisseria meningitidis
敗血症
定義
 感染症による全身性炎症反応症候群(SIRS)をセプシス(sepsis, 広義の敗血症?)とする
 感染症の病原体は、一般細菌(グラム陽性菌・陰性菌)、真菌寄生虫ウイルスなど
 皮膚粘膜の傷とか、種々の臓器にある感染巣から、細菌リンパ流から血中に入り、全身播種されて、新たに転移性感染巣をつくり、重篤全身症状を引き起こす。
全身性炎症反応症候群の診断基準
 下記項目のうち2項目以上が当てはまる
  1. 体温>38℃ or 体温<36℃
  2. 心拍数>90bpm
  3. 呼吸数>20回/min or PaCO2<32mmHg
  4. (白血球数>12,000/ul or 白血球数<4,000/ul) or ( 幼若好中球>10% ) ← ここでいう幼若好中球とは桿状好中球のことである。
敗血症の周辺疾患概念
 1. 全身性炎症反応症候群 systemic inflammatory response syndrome SIRS
  発熱白血球増加などの全身炎症徴候によって特徴づけられる病態(SIRS診断基準に合致する病態)
 2. 敗血症 sepsis
  SIRS感染結果である場合
 3. 重症敗血症 severe sepsis
  主要臓器障害を伴う敗血症
 4. 敗血症ショック septic shock
  輸液投与不応性の低血圧を伴う重症敗血症
 5. 多臓器機能障害症候群 multiorgan dysfunction syndrome MODS
  2つ以上の主要臓器機能異常
 6. 多臓器不全 multiorgan failure MOF
  2つ以上の主要臓器の不全状態
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
PSY = 標準精神医学 第3版
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


意識障害」

  [★]

consciousness disturbance, disturbance of consciousness
意識


分類

時間による分類

急性/慢性, 持続性/一過性

PSY.38

  • 単純な意識障害
明識困難状態 < 昏蒙 < 傾眠 < 昏眠 < 昏睡
  • 複雑な意識障害
  • せん妄     意識混濁 + (高度)精神運動興奮
  • 夜間せん妄
  • 意識障害に関連した特殊な病態

意識レベルの分類 覚醒度

Mayo Clinicの分類

救急 意識障害をみたら

  • AIUEOTIPS (also see DIF.96)
  症候学プリント DIF.95
A alcohol アルコール関連 accidents, arterial occlusions, arteriosclerosis, aneurysms, autoimmune disorders
I insulin インスリン関連(低血糖、糖尿病性ケトアシドーシス非ケトン性高浸透圧性昏睡) inflammatory, intoxication (encephalitis, cerebral abcess, meningitis, alcoholism, opiates, barbiturates)
U uremia 尿毒症電解質異常、内分泌異常、肝性脳症 undefined disorders (narcolepsy, conversion hysteria)
E encephalopathy, endocrinopathy, electrolyte 脳症(脳炎、脳血管障害)、てんかん後 endocrine disorders(myxedema coma, hyperparathyroidism, diabetic coma, insulin shock), epileptic coma
O opiate, other overdose of O2 & CO2 薬物中毒 organ failure(hepatic coma, respiratory failure, uremia)
T trauma, tumor, temparature 頭部外傷、脳挫傷、硬膜外血腫、硬膜下血腫  
I infection 感染症、髄膜炎
P psychogenic 精神疾患
S syncope, seizure, stroke, shock, senile 失神クモ膜下出血

意識障害を来した患者が来た場合:どのような疾患を鑑別に挙げるべきか(IMD.237)

  • 1. 脳原発の疾患(一次性)
  • a. テント上病変(脳幹の圧迫性病変ないし脳ヘルニアをきたす疾患)
  • 1) 脳血管障害:脳出血、脳梗塞
  • 2) 硬膜下血腫
  • 3) 脳腫瘍:原発性、転移性
  • 4) 脳膿瘍
  • b. テント下病変(脳幹網様体の障害)
  • 1) 脳幹出血、脳幹梗塞、小脳出血、小脳梗塞、脳腫痛、多発性硬化症など
  • c. びまん性病変
  • 1) くも膜下出血、中枢神経感染症:髄膜炎、脳炎、 播種性血管内凝固症候群など
  • 2. 全身疾患に伴う病態(二次性)
  • a. 代謝性またはびまん性病変
  • 1) ショック:心筋梗塞、大出血など
  • 2) 薬物、毒物
  • 3) 無酸素ないし低酸素血症
  • 4) DIC、全身性感染症:敗血症など
  • 5) 肝不全、腎不全、糖尿病性高血糖、重症肝炎、内分泌疾患など
  • 6) 低血糖、ビタミンB1欠乏: Wernicke脳症
  • 7) 脳振盪、てんかん大発作後
  • 8) 酸塩基平衡および電解質異常
  • 9) 栄養障害
  • b. 心因性無反応
  • 1) ヒステリー、統合失調症


意識障害をきたす電解質異常

QB.D-345
カリウムは静止膜電位にかかわるが、ニューロンの活動にはそれほど関わらないから、意識障害はきたしにくいのかもしれない。
pHの異常も局所的に干渉されるため意識障害をきたしにくいのかもしれない。

意識障害の評価法

evaluation of consciousness disturbance



ショック」

  [★]

shock
虚脱状態
産科ショック

メジャー

心筋梗塞、致死的不整脈、心不全
心タンポナーデ収縮性心膜炎肺血栓塞栓症緊張性気胸
出血性ショック、体液喪失(熱傷)・脱水

マイナー

ショックの5P

ショックの判断

簡便

  • 収縮期血圧 90 mmHg以下

循環モニターのためのデバイス・検査項目

  • 血圧・脈拍
  • 心電図
  • 心エコー
  • 呼吸・血ガス
  • 血液検査・尿検査
  • バルーンカテーテル:残尿を排泄し、30分ごとに尿量、血圧、脈拍を測定する
  • 中心静脈圧
  • スワン・ガンツカテーテル
  • PiCCO
  • 胃トノメトリー

治療

心原性ショック 原疾患の治療
低容量性ショック 輸液、輸血、止血、昇圧剤は原則使用しない
敗血症性ショック 抗菌薬、昇圧薬、エンドトキシン吸着カラム、輸血、血糖コントロール、低容量ステロイド
神経原性ショック 輸液、昇圧薬
アナフィラキシーショック エピネフリン、輸液、抗ヒスタミン剤、ステロイド、昇圧薬、H2ブロッカー
閉塞性ショック 緊張性気胸 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
心タンポナーデ 心嚢穿刺、心膜開窓
肺塞栓 塞栓除去術、血栓溶解術



病理学」

  [★]

pathology
  • 画像はまだありません

細胞障害

炎症

創傷治癒

循環障害

免疫異常

遺伝性疾患

腫瘍

代謝障害

  • 蛋白質および核酸代謝障害
  • 脂質代謝障害
  • 糖代謝障害
  • 無機質代謝障害
  • カルシウム代謝障害
  • 結石 calculi
  • 色素代謝障害

環境と疾患

参考


circulatory collapse」

  [★]

cardiovascular collapsehypovolemic shockshock


shock troops」

  [★]

WordNet   license wordnet

「soldiers who are specially trained and armed to lead an assault」


heat shock protein 60 family」

  [★] HSP60ファミリー。熱ショック蛋白質60ファミリー


streptococcal toxic shock syndrome」

  [★] レンサ球菌性トキシックショック症候群


Hsp72 heat-shock protein」

  [★]

Hsp72熱ショックタンパク質


extracorporeal shock wave lithotriptor」

  [★] 体外衝撃波結石破砕装置


shocking」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「びっくりさせる,ぞっとする / 全くひどい(very bad),不愉快な(offensive)」


"http://meddic.jp/shock" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡