rifampicin

出典: meddic

リファンピシン RIF

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/03/07 02:17:01」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Phagostimulatory effect of uptake of PLGA microspheres loaded with rifampicin on alveolar macrophages.
  • Hirota K, Hasegawa T, Nakajima T, Makino K, Terada H.SourceFaculty of Pharmaceutical Sciences, Tokyo University of Science, 2641 Yamazaki, Noda, Chiba 278-8510, Japan; Center for Drug Delivery Research, Tokyo University of Science, 2641 Yamazaki, Noda, Chiba 278-8510, Japan.
  • Colloids and surfaces. B, Biointerfaces.Colloids Surf B Biointerfaces.2011 Oct 15;87(2):293-8. Epub 2011 May 26.
  • Our previous results on the phagocytic activity of alveolar macrophages (M?s) toward poly(lactic-co-glycolic) acid microspheres (PLGA MS) loaded with the anti-tuberculosis agent rifampicin (R-PLGA MS) suggest that the phagocytosis of R-PLGA MS enhances the phagocytic activity of M? cells [17]. To
  • PMID 21700434
  • Polymeric emulsion and crosslink-mediated synthesis of super-stable nanoparticles as sustained-release anti-tuberculosis drug carriers.
  • Choonara YE, Pillay V, Ndesendo VM, du Toit LC, Kumar P, Khan RA, Murphy CS, Jarvis DL.SourceUniversity of the Witwatersrand, Department of Pharmacy and Pharmacology, 7 York Road, Parktown, 2193, Johannesburg, South Africa.
  • Colloids and surfaces. B, Biointerfaces.Colloids Surf B Biointerfaces.2011 Oct 15;87(2):243-54. Epub 2011 May 20.
  • This study focused on evaluating four emulsion-based processing strategies for polymeric nanoparticle synthesis to explicate the mechanisms of nanoparticle formation and the influence on achieving sustained-release of two anti-tuberculosis drugs, isoniazid and rifampicin. Poly(lactic-co-glycolic aci
  • PMID 21664111

和文文献

  • 肺胞マクロファージを標的とした結核治療のための経肺投与ナノDDS
  • 抗菌薬による高血糖
  • 石渡 泰芳
  • 内分泌・糖尿病・代謝内科 33(1), 73-76, 2011-07
  • NAID 40018961565

関連リンク

リファンピシン ( rifampicin ) は抗生物質の一種。 ... また、リファンピシンは薬物代謝 酵素であるCYP3A4の誘導を行うため、薬物相互作用に対して注意を要する。(この 酵素によって代謝される ... リファンピシンは他の抗生物質に比べ自然耐性をもたれ やすい。 ...

関連画像

ريفامبسين rifampicinRifampicin (USP/BP/EP)RifampicinPictures Photo Gallery added by Rifampicin Tabletrifampicin capsuleRifampicin


★リンクテーブル★
リンク元リファンピシン

リファンピシン」

  [★]

rifampicin, RFP, RIF
Rifampinリファジンリマクタンアプテシン
抗結核薬結核抗菌薬


分類

  • 抗結核薬

特徴

  • 濃度依存性  ← アミノグリコシドlike
  • 血漿濃度より組織内の方が高濃度に分布し、マクロファージに潜伏する結核菌に有効に作用。

薬理作用

作用機序

  • 結核菌のDNA依存RNAポリメラーゼに作用し、RNA合成初期段階を阻害(参考2)

注意

副作用

他の抗結核菌薬と比べて特異的なものはない。
  • 白血球減少、血小板減少、発疹、肝障害
参考1
  • 胃腸症状(悪心、嘔吐、下痢)、中枢神経系(頭痛、発熱)、皮膚(皮疹、掻痒、発赤)、血液系の異常(血小板減少症、急性溶血性貧血)
  • イソニアジドなどの肝毒性を有する薬剤との同時投与により肝炎を来しやすい。
  • 掻痒症も来すことがある。観血的に高用量を用いた患者にインフルエンザ様症状出現の報告がある。
  • 体液(汗、唾液、涙)がオレンジ~橙赤色になる。

参考

  • 1. [charged] Rifampin and other rifamycins - uptodate
  • 2. リファジンカプセル150mg - 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/6164001M1216_1_03/6164001M1216_1_03





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5CATTLE BLEEDING PAN mail9
6SHEEP BLEEDING PAN mail9
7OVINE LEG B IN mail5
8Norpseudoephedrine mail4
9右室梗塞4
10クモ膜嚢胞4
11ソーセージ様手指とは4
12右PICA後閉塞 s/o4
13裂脳症close4
14Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
15BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
16MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
17グリコフォームとは4
18CATTLE BLEEDING HOOK mail3
19OVINE 6 WAYS CUT mail3
20パリスターキリアン3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1OVINE LEG B IN mail4
2Norpseudoephedrine mail4
3グリコフォームとは3
4SI 血清鉄 3
5+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
6メサコリン2
7ガラクトキナーゼ欠損2
8膜性骨化2
9プラスミノーゲンアクチベーター2
10尿細管性アシドーシス+嚢胞2
11atbi2
12兎眼+原因2
13Al Said and Superyacht A manufacturers-and-suppliers companies contacts us in Libya mail2
14BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail2
15大伏在静脈2
16蕁麻疹用血管炎2
17www.balkhair.com mail2
18局在関連性てんかん2
19医療電子教科書+アシドーシス2
20オノアクト+作用機序1