riboflavin

出典: meddic

ビタミンB2 vitamin B2

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「=vitamin B」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/04/13 13:37:11」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Influence of contact lens wear on the results of ultraviolet A/riboflavin cross-linking for progressive keratoconus.
  • Koppen C, Gobin L, Mathysen D, Wouters K, Tassignon MJ.SourceDepartment of Ophthalmology, Antwerp University Hospital, Wilrijkstraat 10, B-2650 Edegem, Belgium; University of Antwerp, Universiteitsplein 1, 2610 Wilrijk, Belgium; carina.koppen@skynet.be.
  • The British journal of ophthalmology.Br J Ophthalmol.2011 Oct;95(10):1402-5. Epub 2011 Jul 27.
  • Aims To report on the influence of rigid gas permeable contact lens (CL) wear on the results of ultraviolet A/riboflavin cross-linking (CXL) for stabilisation of progressive keratoconus. Methods Prospective non-comparative study of 15 eyes without CL and 12 eyes fitted with CL from 1 to 10 weeks pos
  • PMID 21795286
  • Photochemical cross-linking of plastically compressed collagen gel produces an optimal scaffold for corneal tissue engineering.
  • Mi S, Khutoryanskiy VV, Jones RR, Zhu X, Hamley IW, Connon CJ.SourceStem Cells and Nanomaterials Laboratory, Reading School of Pharmacy, School of Chemistry, Food and Pharmacy, University of Reading, Reading, RG6 6UB, United Kingdom.
  • Journal of biomedical materials research. Part A.J Biomed Mater Res A.2011 Oct;99(1):1-8. doi: 10.1002/jbm.a.33152. Epub 2011 Jul 5.
  • The experiments were designed to use photochemically cross-linked plastically compressed collagen (PCPCC) gel to support corneal epithelial cells. A plastically compressed collagen (PCC) scaffold was photo cross-linked by UVA in the presence of riboflavin to form a biomaterial with optimal mechanica
  • PMID 21732526

和文文献

  • The improvement of riboflavin production in Ashbya gossypii via disparity mutagenesis and DNA microarray analysis
  • Park Enoch Y,Ito Yoko,Nariyama Masashi,Sugimoto Takashi,Lies Dwiarti,Kato Tatsuya
  • Applied microbiology and biotechnology 91(5), 1315-1326, 2011-09
  • … We generated a high riboflavin-producing mutant strain of Ashbya gossypii by disparity mutagenesis using mutation of DNA polymerase δ in the lagging strand, resulting in loss of DNA repair function by the polymerase. … Among 1,353 colonies generated in the first screen, 26 mutants produced more than 3 g/L of riboflavin. …
  • NAID 120003256124
  • P-053 リボフラビン結合蛋白質の構造と苦味抑制活性の関連(ポスターセッション,2010年度日本味と匂学会第44回大会)
  • 前橋 健二,朴 徽涓,杉本 久実,児玉 あゆ美,股野 麻未,柏木 豊
  • 日本味と匂学会誌 17(3), 321-322, 2010-12
  • NAID 110008451347

関連リンク

リボフラビン (Riboflavin) は、ビタミンB2 (Vitamin B2) とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶 性ビタミンに分類される生理活性物質で、ヘテロ環状イソアロキサジン環に糖アルコール のリビトールが結合したものである。かつては成長因子 (growth factor) として知られ ...

関連画像

Vitamin B2 – Riboflavin – What Is It?Foods that have riboflavin:RiboflavinDescription Riboflavin.svgThe molecular structure of Riboflavin.HappyHOrseHealthyPlanet_B2_Riboflavin


★リンクテーブル★
リンク元リボフラビン」「ナイアシン」「ピルビン酸デヒドロゲナーゼ」「ビタミンB2」「vitamin B2
拡張検索riboflavin synthase」「riboflavin deficiency」「riboflavin sodium phosphate」「riboflavin butyrate

リボフラビン」

  [★]

riboflavin
リボフラビン酪酸エステルリボフラビンリン酸エステルナトリウム
K.C.L.KCLKCL補正液M.V.I.M.V.I.-12キットアスパラギン酸カリウムアミノレバンEN配合エルネオパ1号輸液エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンシュア・リキッドオーツカMVカオルトーンカルスロットカルバジンサブビタンシーパラシナール配合セファクロルダイメジン・マルチタココンブタコシールツインラインNF配合ツインライン配合ネオM.V.I.-9ネオパレン1号輸液ネオラミン・マルチVノイロビタン配合ハイボンバイラブパンビタン末ビスラーゼビタジェクトビタダン配合ビタマル配合ビタミンB2、ビタミンB2、ビフロキシン配合フェニルアラニン除去ミルク配合、フルカリック1号輸液、プレビタSヘパンED配合ホスフランマニカロットマニジップマニジピン塩酸塩マルタミンミノマイシンラコールNF配合ラコール配合リボビスロイシン・イソロイシン・バリン除去ミルク配合ワッサーV配合ワルファリンカリウム強力ビスラーゼ末
ビタミンB2
ビタミンB剤


ナイアシン」

  [★]

niacin
ビタミンB3
nicotinamide, ニコチン酸 nicotinic acid nicotinic acidビタミン
Nicobid?
  • ビタミンB複合体の一つ。ニコチン酸ニコチン酸アミドがある。
  • ナイアシンニコチン酸、ニコチンアミド、および生体内で活性を持つこれらの誘導体を総称していう(HIM.442)
⇔FB.196では ナイアシン = ニコチン酸、ナイアシンアミド = ニコチン酸アミドとしている。
  • 厳密に言えば、生体内でトロプトファンから合成できる(その際にビタミンB6riboflavinが必要)ので、ビタミンではない。トリプトファン60mgでナイアシン1mgに換算できる。ナイアシンはNADとなって、生体内で、酸化還元酵素の補酵素として機能するが、その他に、蛋白のADPリボシル化におけるADPリボースの供給源として、またDNA修復機構に関与するnucleoproteinのポリADPリボシル化にも関与している。(HBC.498)

臨床関連

  • ペラグラ:ナイアシン欠乏症
  • 過剰摂取:(1-6g/dayのナイアシン服用は高脂血症治療のために用いられる)血管拡張・紅潮、皮膚の刺激感。(500mg/day以上の摂取)肝障害。(HBC.498)



ピルビン酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

pyruvate dehydrogenase
ピルビン酸脱水素酵素ピルビン酸ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体


概要

  • ピルビン酸からアセチルCoAを生成し、クエン酸回路に投入するための酵素
  • 逆反応を触媒する酵素はない

反応

ピルビン酸+NAD++SH-CoA → アセチルCoA+NADH+CO2 

補酵素

臨床関連

不足

アルコール中毒によるビタミンB1不足によっても生じる



ビタミンB2」

  [★]

vitamin B2
リボフラビンriboflavin
ビタミン




vitamin B2」

  [★]

riboflavin
riboflavin


riboflavin synthase」

  [★]

riboflavin deficiency」

  [★]

リボフラビン欠乏症リボフラビン欠乏


riboflavin sodium phosphate」

  [★] リボフラビンリン酸エステルナトリウム

riboflavin butyrate」

  [★]

riboflavin




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡