renal cell carcinoma

出典: meddic

腎細胞癌, RCC

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/25 19:29:16」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/28 09:51:16」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/14 22:58:55」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/25 14:31:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/02/23 15:49:10」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Acetylation of histone H3 prevents resistance development caused by chronic mTOR inhibition in renal cell carcinoma cells.
  • Juengel E, Dauselt A, Makarević J, Wiesner C, Tsaur I, Bartsch G, Haferkamp A, Blaheta RA.SourceDepartment of Urology, Johann Wolfgang Goethe-University, Frankfurt am Main, Germany.
  • Cancer letters.Cancer Lett.2012 Nov 1;324(1):83-90. Epub 2012 May 8.
  • Chronic mTOR inhibition may induce resistance development in renal cell carcinoma (RCC). We analyzed whether long-term exposure of RCC cells to the mTOR-inhibitor RAD001 evokes resistance and whether additional targeting histone deacetylases (HDAC) by valproic acid (VPA) overcomes RAD001 resistance.
  • PMID 22579787
  • Interleukin-6 signaling pathway in targeted therapy for cancer.
  • Guo Y, Xu F, Lu T, Duan Z, Zhang Z.SourceThe Third Affiliated Hospital of Zhengzhou University, Zhengzhou, PR China; Sarcoma Biology Laboratory, Center for Sarcoma and Connective Tissue Oncology, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA.
  • Cancer treatment reviews.Cancer Treat Rev.2012 Nov;38(7):904-10. Epub 2012 May 29.
  • Interleukin-6 (IL-6) is a multifunctional cytokine which plays an important role in a wide range of biologic activities in different types of cell including tumor cells. IL-6 is involved in the host immune defense mechanism as well as the modulation of growth and differentiation in various malignanc
  • PMID 22651903

和文文献

  • 多層オミックス解析に基づく腎細胞がんの発がん分子機構解明と治療標的分子探索・コンパニオン診断法開発 (第1土曜特集 クリニカルエピゲノミクス) -- (がん診断への応用)
  • 症例報告 PET-CTが診断に有用であった透析腎癌の1例
  • 第66回西日本泌尿器科学会総会 学術奨励賞 転移性腎細胞癌に対する分子標的治療薬の使用経験
  • 西日本泌尿器科 = The Nishinihon journal of urology 77(10), 359-364, 2015-10
  • NAID 40020623607

関連リンク

Renal cell carcinoma (RCC, also known as hypernephroma) is a kidney cancer that originates in the lining of the proximal convoluted tubule, the very small tubes in the kidney that transport GF (glomerular filtrate) from the glomerulus ...
Welcome to the Renal Cell Carcinoma Resource Centre, hosted by the European Journal of Cancer (EJC). The Resource Centre, edited by Manuela Schmidinger, Medical University of Vienna, will provide you with the latest research ...
Renal cell carcinoma is a type of kidney cancer that starts in the lining of very small tubes (tubules) in the kidney. ... Causes, incidence, and risk factors Renal cell carcinoma is the most common type of kidney cancer in ...

関連画像

Clear cell papillary renal cell carcinoma Cell Renal Cell Carcinoma clinical trialsrenal-cell-carcinoma.jpgHereditary Papillary Renal Cell Carcinoma.Hereditary Papillary Renal Cell CarcinomaGender: Males are more likely than females


★リンクテーブル★
リンク元腎細胞癌」「clear cell renal carcinoma」「clear cell renal cell carcinoma」「RCC」「renal cell cancer
拡張検索papillary renal cell carcinoma」「cystic renal cell carcinoma
関連記事cell」「carcinoma」「renal」「renal cell

腎細胞癌」

  [★]

renal cell carcinoma RCC
Grawiz腫瘍 グラヴィッツ腫瘍 Grawitz tumor
腎癌腎臓腫瘍

疫学

  • 発生率:人口10万人あたり9.7人(1998)
  • 腎腫瘍の85%を占める (EPT.221)
  • 転移のある人が3割
  • 40-70歳代に多発 50-60歳(SURO.237)
  • 男女比=2-3:1 (YN.E-84)

病因

  • 遺伝子異常:VHL遺伝子の変異
  • 癌原物質:タバコ、砒素、石綿、カドミウム、殺虫剤、真菌毒素

リスクファクターと相対危険度

  • VHL病:100  ← VHL病の40%の症例で腎細胞癌を見る
  • 透析患者:32  ←  長期透析患者では後天性嚢胞性腎疾患が見られ、これに合併しやすい
  • 肥満:3.6
  • 喫煙:2.3
  • 高血圧:1.4
  • ドライクリーニング:1.4
  • 利尿薬常用者:1.3
  • フェナセチン中毒:1.1

由来

分類

悪性-腎細胞癌 renal cell carcinoma
  • 1. 淡明細胞癌 clear cell carcinoma  ← RCCの3/4を占める(APT.260)
  • 2. 顆粒細胞癌 granular cell carcinoma
  • 3. 嫌色素細胞癌 chromophobe cell carcinoma
  • 4. 紡錘細胞癌 spindle cell carcinoma  ← 予後不良
  • 5. 嚢胞随伴性腎細胞癌 cyst-associated renal cell carcinoma
  • 6. 乳頭状腎細胞癌 papillary renal cell carcinoma  ← 予後は比較的良好

病理

  • 組織由来は近位尿細管上皮であり、一部に髄質集合管由来の物がある(YN.E-84)
  • 異型性は軽度。
  • 肉眼的所見は黄色、分葉、出血、偽膜、血管に富む、脂肪分に富む
  • 血管性間質に被胞される→血行性転移しやすい
  • 腫瘍細胞の細胞質は明るくぬける→脂肪と糖原が多いから
  • 腎静脈内を発育し、下大静脈、右心房まで伸展する腫瘍塞栓を見ることがある。

症状

3主徴がそろうのは5%以下。実質に腫瘍ができるため、初期には症状がほとんど無い
無症状で健康診断・人間ドックで見つかることが3割弱、他疾患治療中に見つかるのが5割弱。 → ほとんど気づかれない
  • 血尿:40-50% (無症候性肉眼的血尿)
  • 疼痛:10-40%
  • 腹部腫瘤:20-40%
  • 精索静脈瘤、発熱(10-20%)、全身倦怠感、体重減少、貧血(15-40%)、高血圧(15-40%)、転移症状

検査

診断

画像診断

最初にエコー、次にCT
  • 腎の変形、腫瘍輪郭の不整、中心部エコー像の変形、可動性の制限、静脈腫瘍血栓像
  • 2. 静脈性腎盂造影
  • 腎内占拠病変、輪郭の変化、腎盂腎杯の圧排偏位
  • 3. CTスキャン
  • 診断上最も重要
  • 造影CTでは腫瘍は造影早期に造影され、内部が不均一に造影される。  ←  腎臓より弱く造影される
  • 腫瘍の有無と病気診断(静脈内腫瘍塞栓の有無、後腹膜リンパ節、隣接臓器への浸潤、多臓器への転移の有無)
[show details]



  • 4. MRI
  • 腫瘍血栓の進展の高さを診断するのに有用
  • 腎細胞癌は下大静脈、腎静脈に腫瘍血栓を作る
  • 5. 血管造影


臨床病気分類

  • Robson分類 ←簡単
  • TMN分類
(腎癌取扱い規約 第3版 日本泌尿器科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会/編 1999年金原出版(株) 東京)
  • T 原発腫瘍
  • TX 原発腫瘍の評価が不可能
  • T0 原発腫瘍を認めない
  • T1 最大径が7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
  • T1a 最大径が4.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
  • T1b 最大径が4.0cmを越えるが7.0cm以下で、腎に限局する腫瘍
  • T2 最大径が7.0cmを越え、腎に限局する腫瘍
  • T3 腫瘍は主静脈内に進展、または副腎に浸潤、または腎周囲脂肪組織に浸潤するが、Gerota筋膜を越えない
  • T3a 腫瘍は副腎または腎周囲脂肪組織または腎洞脂肪組織に浸潤するが、Gerota筋膜を越えない
  • T3b 腫瘍は腎静脈または横隔膜下までの下大静脈内に進展する
  • T3c 腫瘍は横隔膜を越える下大静脈内に進展する
  • T4 腫瘍はGerota筋膜を越えて浸潤する
  • N 所属リンパ節
  • NX 所属リンパ節の評価が不可能
  • N0 所属リンパ節転移なし
  • N1 1個の所属リンパ節転移
  • N2 2個以上の所属リンパ節転移
  • M 遠隔転移
  • MX 遠隔転移があるかどうか評価不能
  • M0 遠隔転移なし
  • M1 遠隔転移あり

転移臓器

腎癌の剖検時の転移臓器と頻度
  • :50-60%
  • :30-40%
  • リンパ節:30-55%
  • 肝臓:20-40%
  • 脳:5-8%
  • 副腎:20-25%
  • 対側腎:10-20%

治療

診断は画像診断のみ
組織診をしない→禁忌:転移したら有効な治療方法がないから(薬物療法はほとんど効かない)
既存の悪性腫瘍薬や放射線に抵抗性!!
  • 1.手術療法、2.動脈塞栓術、3.免疫療法、4.分子標的薬

1.手術療法、

  • 開放手術、体腔鏡(腹腔鏡、後腹膜鏡)、体腔鏡補助
  • 到達法:経腹的が今のところ一般的:「経腰的」-腰部斜切開で後腹膜に入る、「経腹的」-腹腔を開く、「経胸腹的」-胸腔、腹腔共に開く

術式

  • 根治的腎摘出術
  • 腎動脈を処置、Georta筋膜ごと腎、周囲脂肪識、副腎をまとめて摘出 ← 経腰的だと腎門までの距離が長く適さない
  • 単純腎摘出術
  • 遠隔転移のある例。
  • 腎部分切除術
  • 核出術
  • 追加の術式:リンパ節郭清(リンパ節転移が疑われる例に関しては推奨される(参考1))、腫瘍血栓摘除術(下大静脈腫瘍血栓を有する患者で、所属リンパ転移、遠隔転移を認めない例に対して推奨される(参考1))

進行期、病期別

参考1
  • I期:T1a(腫瘍径4cm以下)であれば腎部分切除術が推奨される。
  • I,II期:腹腔鏡下での腎摘除術が推奨される。
  • M1:転移巣があっても、PSが良好でインターフェロンが可能な例では腎摘除術が推奨される。また、転移巣を有する患者で、PSが良好かつ転移巣が切除可能であれば、転移巣に対する外科治療が推奨される。

2.動脈塞栓術

  • 保存療法

3.免疫療法

  • マクロファージの貪食作用増強、MHC class I分子発現増強
  • 奏効率は10-15%程度
  • 副作用:食欲不振、全身倦怠感、発熱、うつ症状
  • T細胞の増殖、サイトカイン(IL-1, IL-6, INF-γ)の分泌誘導
  • 奏効率は10-15%程度

4.化学療法(分子標的薬)

いずれも完全寛解には至らない
  • スニチニブ:部分寛解が5割弱。
  • ソラフェニブ:部分寛解が1割。病状安定率が7割
  • 副作用:手足症候群(疱疹など)、脱毛、骨髄抑制、下痢、高血圧、心血管系障害、甲状腺機能障害など

予後

  • Robson分類による5年生存率
  • Stage1:70-90%
  • Stage2:60-70%
  • Stage3:30-60%
  • Stage4:10-30%

腎への転移 (1983-1985年日本病理解剖統計)

  • 総数上位
  • 原発部位:肺、骨髄、リンパ系
  • 転移率上位
  • 原発部位:リンパ系(30.0%)、精巣(28.6%)、骨髄(27.4%)、副腎(25.7%)、後腹膜(22.5%)、皮膚(20.5%)、対側腎(19.3%)、肝臓(19.0%)

参考

  • 1. 腎癌ガイドライン
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0057/1/0057_G0000158_GL.html
  • 2. 腎細胞がん - がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/renal_cell.html
  • 3. wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%8E%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%99%8C
  • 4. 財団法人国際医学情報センター:がん Info / 腎細胞がん
http://www.imic.or.jp/cancer/c2027.html

国試




clear cell renal carcinoma」

  [★]

腎明細胞癌腎明細胞がん

clear cell carcinoma of the kidneyclear cell renal cell carcinomahypernephromapapillary renal cell carcinomarenal cell carcinomarenal clear cell carcinoma

clear cell renal cell carcinoma」

  [★]

腎明細胞癌腎明細胞がん

clear cell carcinoma of the kidneyclear cell renal carcinomahypernephromapapillary renal cell carcinomarenal cell carcinomarenal clear cell carcinoma


RCC」

  [★]


renal cell cancer」

  [★]

腎細胞癌

RCCrenal cell carcinoma

papillary renal cell carcinoma」

  [★] 乳頭状腎細胞癌 乳頭状腎細胞がん

clear cell renal carcinomaclear cell renal cell carcinomahypernephromarenal cell carcinoma

cystic renal cell carcinoma」

  [★]

嚢胞状腎細胞癌


cell」

  [★] 細胞

WordNet   license wordnet

「small room in which a monk or nun lives」
cubicle

WordNet   license wordnet

「a device that delivers an electric current as the result of a chemical reaction」
electric cell

WordNet   license wordnet

「a room where a prisoner is kept」
jail cell, prison cell

WordNet   license wordnet

「(biology) the basic structural and functional unit of all organisms; they may exist as independent units of life (as in monads) or may form colonies or tissues as in higher plants and animals」

WordNet   license wordnet

「any small compartment; "the cells of a honeycomb"」

WordNet   license wordnet

「a small unit serving as part of or as the nucleus of a larger political movement」
cadre

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室 / (ミツバチの)みつ房,巣穴 / 小さい部屋 / 『細胞』 / 電池 / 花粉室 / (共産党などの)細胞」


carcinoma」

  [★]

WordNet   license wordnet

「any malignant tumor derived from epithelial tissue; one of the four major types of cancer」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「がん,がん腫」


renal」

  [★]

  • adj.
  • 腎臓の、腎性の、腎の
kidneyrenally

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「腎臓の」

renal cell」

  [★]

kidney cell



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp