radiolesion

出典: meddic

英文文献

  • [Bevacizumab for the treatment of cerebral radionecrosis].
  • Gronier S, Bourg V, Frenay M, Cohen M, Mondot L, Thomas P, Lebrun C.SourceService de neurologie, hôpital Pasteur, 30, voie Romaine, 06002 Nice cedex, France.
  • Revue neurologique.Rev Neurol (Paris).2011 Apr;167(4):331-6. Epub 2011 Mar 21.
  • Bevacizumab is a monoclonal antibody, which neutralizes the effect of vascular endothelium growth factor (VEGF) allowing regression of tumour vessels and a decrease in the permeability of the blood-brain barrier. Already used in oncology as adjuvant treatment for certain metastatic cancers and in se
  • PMID 21420137

和文文献

  • History of the Surgical Radiolesion in the Human Brain as Produced by High-Energy Protons

関連リンク

Radiolesion definition at Dictionary.com, a free online dictionary with pronunciation, synonyms and translation. Look it up now! Added to Favorites Dictionary Thesaurus Word Dynamo Quotes Reference Translator Spanish Log In ...
Definition of radiolesion in the Medical Dictionary. radiolesion explanation. Information about radiolesion in Free online English dictionary. What is radiolesion? Meaning of radiolesion medical term. What does radiolesion mean? ...

関連画像

44 Conclusion Guérison possible? tableau 43 Essai EORTC 22952-26001 phase III OMS 0 RADIOSENSIBILIDAD. * Radiolesión del ADN 41 Leuco encéphalopathie radique 4,5 ans


★リンクテーブル★
リンク元放射線障害

放射線障害」

  [★]

radiation damage, radiation injury, radiation hazard
放射能症、電離放射線障害 radiolesion ionizing radiation injury放射線の危険性 radiation risk
放射線放射能放射性核種


全身被爆の症状と予後 RNT.322

全身被爆線量 前駆症状(%) 潜伏時間 死因 症状 死亡率(%)
~2 0~50 >3 hr   無症状~軽度の血球現象 0~10
2~10 100 0.5-3 hr 骨髄死 血球現象→感染、出血 0~90
10~20 100 0.5 hr 消化管死 嘔吐・下痢・吐血・下血・脱水 90~100
50 100 several min. 中枢神経死 脳浮腫→けいれん、意識障害 100
*前駆症状:悪心、嘔吐、めまい、全身倦怠感、発熱
  • 末梢の血球への影響はリンパ球>その他の白血球>血小板>赤血球


SUB 449

身体的影響 早期障害 骨髄抑制嘔吐下痢下血放射線宿酔 確定的影響(閾値有り)
皮膚紅斑潰瘍脱毛
不妊、脳浮腫
晩期影響 白内障胎児奇形
遺伝的影響 白血病、癌 確率低影響(閾値無し)
染色体異常など

メモ

111018
  • 放射線による慢性的な障害は、ふくしまの件では微々たるものなのでは?
  • 大気汚染、喫煙、飲酒による健康への障害の方が遙かに大きい。
  • 問題は、放射線への知識が貧弱すぎること(いわゆる文系馬鹿のマスコミが煽る)と、放射線を積極的に回避しづらいことである。
  • 例えば、大気汚染は外出を控えることで避けられるし、喫煙は吸わないこと、副流煙を吸わないことで回避できる。飲酒は飲まなければよい。
  • しかし、放射線からは距離を置く、放射性同位体を含む物を摂取しないことしか回避できない。
  • しかも、どれだけ体内被曝することで、どれだけ生命予後に影響を及ぼすかは不明である。
  • 政府が基準値を定めているが、その値は次々と変更され、疑心暗鬼を生じる原因となってしまった。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡