psoriatic arthritis

出典: meddic

乾癬性関節炎

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/24 20:35:09」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Response to: 'The influence of inflammation in the development of subclinical atherosclerosis in psoriatic arthritis' by Gonzalez-Gay et al.
  • Nurmohamed MT1, Jamnitski A, Symmons D, Peters MJ, Sattar N, McInnes I.Author information 1Department of Rheumatology and Internal Medicine, VUMC, , Amsterdam, The Netherlands.KEYWORDS: Adult Onset Still's Disease, Amyloidosis, Analgesics
  • Annals of the rheumatic diseases.Ann Rheum Dis.2014 May 1;73(5):e28. doi: 10.1136/annrheumdis-2014-205174. Epub 2014 Feb 27.
  • PMID 24577335
  • The influence of inflammation in the development of subclinical atherosclerosis in psoriatic arthritis: comment on 'Cardiovascular comorbidities in patients with psoriatic arthritis: a systematic review' by Jamnistki et al.
  • González-Gay MA1, González-Juanatey C, Llorca J, Castañeda S.Author information 1Epidemiology, Genetics and Atherosclerosis Research Group on Systemic Inflammatory Diseases, Rheumatology Division, Hospital Universitario Marqués de Valdecilla, IFIMAV, , Santander, Cantabria, Spain.KEYWORDS: Atherosclerosis, Inflammation, Psoriatic Arthritis
  • Annals of the rheumatic diseases.Ann Rheum Dis.2014 May 1;73(5):e27. doi: 10.1136/annrheumdis-2013-205154. Epub 2014 Jan 17.
  • PMID 24442882
  • Patient involvement in outcome measures for psoriatic arthritis.
  • Tillett W1, Adebajo A, Brooke M, Campbell W, Coates LC, Fitzgerald O, Gossec L, Helliwell P, Hewlett S, James J, Minnock P, Reast A, O'Sullivan D, de Wit M, McHugh N.Author information 1Royal National Hospital for Rheumatic Diseases, Upper Borough Walls, Bath, BA11RL, UK, w.tillett@nhs.net.AbstractPsoriatic arthritis (PsA) is a heterogeneous inflammatory arthritis with a varied clinical phenotype. There has been considerable international collaboration over recent years to develop and prioritise appropriate disease domains and outcome measures to capture all aspects of this complex disease. It has been recognised that patient-reported measures and physician assessments are complementary and, when used together, allow an improved reflection of disease burden. Taking this concept one step further, the experience in rheumatoid arthritis has demonstrated benefits of incorporating the patient perspective in the development of outcome measures. We report a systematic review demonstrating (1) that there has been little incorporation of the patient perspective in the development of outcome measures and domains in PsA, (2) the proceedings from the preliminary patient involvement in outcome measures for PsA (PIOMPSA) meetings, and (3) a proposed roadmap for improving patient involvement.
  • Current rheumatology reports.Curr Rheumatol Rep.2014 May;16(5):418. doi: 10.1007/s11926-014-0418-7.
  • Psoriatic arthritis (PsA) is a heterogeneous inflammatory arthritis with a varied clinical phenotype. There has been considerable international collaboration over recent years to develop and prioritise appropriate disease domains and outcome measures to capture all aspects of this complex disease. I
  • PMID 24623563

和文文献

  • 症例報告 乾癬性関節炎の母指MP関節亜脱臼に対する治療経験
  • 仲西 知憲,財津 泰久,小島 哲夫 [他]
  • 臨床整形外科 50(10), 1025-1028, 2015-10
  • NAID 40020601679
  • 生物学的製剤を用いた乾癬性関節炎治療における関節超音波検査の有用性について
  • 橋本 由起,高木 賢治,窪田 綾子 [他]
  • 臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology 69(10), 789-795, 2015-09
  • NAID 40020566243
  • 症例報告 インフリキシマブにより全身に膿疱を生じた関節症性乾癬の1例
  • 戸田 和美,山本 文平
  • 臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology 69(9), 654-660, 2015-08
  • NAID 40020546057

関連リンク

Magnetic resonance images of the fingers in psoriatic arthritis. Shown are T1-weighted (a) pre-contrast and (b) post-contrast coronal images. Enhancement of the synovial membrane at the third and fourth proximal interphalangeal (PIP) and ...
Download Our Brochure DID YOU KNOW? Psoriatic arthritis (sore-ee-AA-tic) is a type of inflammatory arthritis that usually appears in people with a skin disease called psoriasis (sore-EYE-ah-sis). Between 10 – 30 per cent of ...

関連画像

Psoriatic arthritis photosPsoriatic Arthritis on X-RayScaly skin - Psoriatic Arthritis Symptoms Psoriatic ArthritisPsoriatic Arthritis|Types|Causes|Symptoms Psoriatic arthritis « Rheumatoid


★リンクテーブル★
リンク元乾癬」「乾癬性関節炎」「psoriasis arthropathica
関連記事arthritis」「psoriatic

乾癬」

  [★]

psoriasis
角化症

概念

  • 慢性再発性難治性の炎症性角化症
  • 代表的炎症性疾患のひとつで原因は不明:遺伝因子+環境因子(生活習慣、気候、薬物) → HLA-B27と関連していることからautoimmune diseaseとも考えられている。
  • 青年から中年に好発。厚い銀白色の麟屑を伴った紅斑・丘疹が出没、表皮の炎症と表皮細胞のターンオーバーの亢進を認める。

乾癬の階層

病型

  • 四肢で著名で厚い麟屑を付着した紅斑
  • 背部に散在する軽度の麟屑を伴う紅斑、丘疹 Gibertばら色粃糠疹との区別が重要
  • 先行感染(溶連菌)や慢性経過の乾癬が存在していることが多い。
  • 広範囲の皮膚の潮紅 紅潮皮膚の上に環状に配列する無菌性膿疱
  • 通常尋常性乾癬を伴う  長期間のコントロールが必要
  • 難病指定
  • 膜様の麟屑を伴う 全身皮膚潮紅
  • 関節炎を伴う
  • 爪の租造化
  • 爪の租造化は水虫でも見られる
  • 手指の関節の著名な変形
  • 尋常性乾癬を伴うことがある

病因

  • 遺伝的+誘発因子, 悪化因子
  • 誘発因子、悪化因子(外傷、感染症、日光、薬剤、低Ca血症、肥満、妊娠、アルコール摂取、ストレス)

遺伝的背景

  • 家族内発症率→多因子遺伝が発症に関与
  • 両親が乾癬:50%、片親:16.4%、家族歴:4倍
  • HLA-Cw6と相関
HLA-A1, HLA-B13, HLA-BW16, HLA-B17, HLA-B37, HLA-CW6, HLA-DR7も関連
HLA-B27

疫学

  • 初発年齢:20歳前後に大きなピーク。60歳代に小さなピーク。
  • 白人1-2%(5%に達する国もある), 日本人0.1% ←人種者あり

病変形成&病理

  • keratinocyteとlymphocyteの相互作用
  • 乾癬患者と正常者の角化細胞を比べると、乾癬患者の方がT細胞の増殖への影響が大きい
  • 乾癬患者のT細胞は正常者の表皮に乾癬を生じさせた
  • 表皮細胞の遊走能などをTNF-α、IL-8などによって促進
  • 炎症部位に好中球や樹上細胞などを呼び寄せるようなケモカインが出される
  • 血管増殖因子を出す
  • transglutaminaseが感染患者では表皮全てで発現?
  • keratinocyteの分化に関わる
  • 通常は顆粒層のみで発現
  • 樹状細胞の関与?
  • 表皮細胞がケモカインを放出→樹状細胞がT細胞を刺激(IL-12/IL-23で抑制される)→T細胞がケラチノサイトの増殖させる。

病理組織像

  • 表皮肥厚 acanthosis:規則的に波打っている
  • 顆粒層消失 → ケラトヒアリン顆粒を作らないうちに角層に移行するため。
  • 錯核化 parakeratosis:角質層に核が残る
  • ムンロ微小膿瘍(好中球による無菌性膿瘍)
  • 真皮上層までリンパ球浸潤。好中球、樹状細胞の浸潤が認められる。
  • 病変部、非病変部移行部のkeratin16発現
  • keratinocyteの最終分化に関与
  • ケラチン16は炎症がひどいときに発現する


症状

  • 角化性丘疹が癒合した大小さまざまな紅色の局面を特徴とし、表面には典型的な鱗屑が付着

診断

検査

  • 蝋片現象陽性:皮疹の爪を爪などでこすった際に白色鱗屑が見られる
  • Auspitz現象陽性:鱗屑を剥がすと点状出血を認める(顆粒層減少と毛細血管拡張による)
  • Kobner現象陽性:しヒンのない部位に外傷などの刺激が加わるとそこに乾癬の皮疹ができる。

治療

  • 完全に治癒することはなく慢性に経過し、悪化・軽快の反復。日常生活に支障がなくなる程度まで直す。

軽症

  • 外用療法(つまり、局所療法)
  • 効果が不十分な場合はステロイド外用も考慮
  • ただし、very strong以上のステロイドを漫然と投与することは避けるべき
  • 少量のステロイドとビタミンD3の併用療法がトレンドらしい?
ビタミンD3による高カルシウム血症に注意
  • 全身療法
  • 紫外線照射、ビタミンA酸誘導体内服、免疫抑制薬内服

中等症

  • 紫外線治療(PUVA、narrow band UVB)
作用メカニズム;表皮角化細胞の増殖抑制、免疫抑制作用
副作用;火傷、発癌作用(ほかの免疫抑制剤との併用禁忌)、色素沈着(UVAの場合、まだら模様になりうる→narrow band UVBなら防ぐことができる)
  • PUVA:オキソラレン+UVA
  • narrow band UVB:311nm。発癌↓

重症

  • 全身療法
  • 作用メカニズム:T cellの活性化抑制
  • 副作用:腎機能障害(血清クレアチニンが30%以上上昇した場合、投与量を少なくするか、投与を中止することが必要)。紫外線療法との併用は禁忌(発癌リスク↑)
  • 作用メカニズム:分化誘導作用
  • 副作用;催奇形性(女性2年、男性6ヶ月の避妊が必要)、骨形成阻害(小児への長期投与は慎重に)、肝機能障害、高脂血症。(高頻度)口唇炎、手指の落屑。
  • 副作用が強いので最後の手段として使用する。
  • 作用メカニズム:表皮角化細胞の増殖抑制
  • 副作用:肝機能障害

日常生活治療、指導、補助

  • 痒みに対する処置~抗ヒスタミン剤、入浴、食べ物(刺激の強い食べ物)
  • 肥満、糖尿病、高脂血症の予防
  • アルコールの抑制、肝機能障害
  • スキンケア
  • 角化傾向が強い場合はサリチル酸

参考

  • 1. [charged] Epidemiology, pathophysiology, clinical manifestations, and diagnosis of psoriasis - uptodate [1]
  • 2.
http://sweetmemory.sakura.ne.jp/kansen/kansen03_1.html

USMLE

  • Q book p.289 9
  • A 30-year-old woman has chronic, silver-white, scaly patches with an erythematous border on the skin of her knees and elbows.


乾癬性関節炎」

  [★]

psoriatic arthritis, PsA
関節症性乾癬、(同義と思われる)乾癬性関節症 psoriatic arthropathy
血清反応陰性脊椎関節症HLA-B27関連脊椎関節炎乾癬
SOR.228 YN.F-75

概念

  • 乾癬を伴う関節炎。

疫学

  • HLA-B27陽性が多い。
  • 性差なく30-50歳に好発。

病態

  • 非対称性の少関節炎・単関節炎を呈し、手指ではDIP関節をおかす。  ← 小関節
  • 脊椎炎(20-40%)、仙腸関節炎が中心となる例がある。
  • 皮膚症状と関節症状は相関して増悪寛解を繰り返す


検査

鑑別診断

治療

国試



psoriasis arthropathica」

  [★]

関節症性乾癬

psoriatic arthritis


arthritis」

  [★] 関節炎

WordNet   license wordnet

「inflammation of a joint or joints」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「関節炎」

psoriatic」

  [★]

  • adj.
  • 乾癬性の、乾癬の
psoriasis




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡