propofol

出典: meddic

プロポフォール

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/24 05:06:24」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/23 10:22:15」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Neonatal exposure to propofol affects BDNF but not CaMKII, GAP-43, synaptophysin and tau in the neonatal brain and causes an altered behavioural response to diazepam in the adult mouse brain.
  • Ponten E, Fredriksson A, Gordh T, Eriksson P, Viberg H.SourceDepartment of Surgical Sciences, Anaesthesiology and Intensive Care, Uppsala University, Sweden.
  • Behavioural brain research.Behav Brain Res.2011 Sep 30;223(1):75-80. Epub 2011 Apr 21.
  • Animal studies have shown that neonatal anaesthesia is associated with acute signs of neurodegeneration and later behavioural changes in adult animals. The anaesthetic effect of propofol is thought to be mediated by γ-amino butyric acid (GABA)(A) receptors. The present study investigated the effect
  • PMID 21540061
  • [Safety and efficacy of continuous infusion propofol for diagnostic upper gastrointestinal endscopy in spontaneous breathing].
  • Alados-Arboledas FJ, Millan-Bueno P, Exposito-Montes JF, de la Cruz-Moreno J, Perez-Parras A, Arevalo-Garrido A.SourceUnidad de Cuidados Intensivos Pediatricos, UGC Pediatria, Hospital Materno-Infantil de Jaen, Jaen, Espana.
  • Anales de pediatria (Barcelona, Spain : 2003).An Pediatr (Barc).2011 Aug;75(2):124-8. Epub 2011 Mar 22.
  • INTRODUCTION: Invasive procedures (IP) are an important reason for admision to PICU. Paediatric patients need a special anaesthetic approach and deep sedation is frequently required. The objective was to evaluate the safety and efficacy of continuous infusion propofol to achieve sedation for diagnos
  • PMID 21429829

和文文献

  • 臨床経験 プロポフォールとケタミンによる全静脈麻酔の腎機能に与える影響 : フェンタニルまたはレミフェンタニルを併用した場合の比較
  • 吉田 仁,工藤 倫之,澤田 匡宏 [他]
  • 麻酔 61(8), 794-799, 2012-08
  • NAID 40019402835
  • Dexmedetomidine dose dependently decreases oral tissue blood flow during sevoflurane and propofol anesthesia in rabbits
  • Sazuka S,Matsuura N,Ichinohe T
  • Journal of oral and maxillofacial surgery 70(8), 1808-1814, 2012-08
  • NAID 120004725196

関連リンク

Propofol was originally developed in the UK by Imperial Chemical Industries as ICI 35868. Clinical trials followed in 1977, using a form solubilised in cremophor EL. However, due to anaphylactic reactions to cremophor, this formulation ...
Propofol official prescribing information for healthcare professionals. Includes: indications, dosage, adverse reactions, pharmacology and more. ... Neuroanesthesia Propofol injectable emulsion was studied in patients undergoing ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元プロポフォール」「麻酔
拡張検索propofol infusion syndrome

プロポフォール」

  [★]

propofol
ディプリバンDiprivan
麻酔麻酔薬静脈麻酔静脈麻酔薬


特徴

構造

作用機序

薬理作用

  • 鎮痛:× → 麻酔性鎮痛薬などと組み合わせて用いる。
  • 意識消失:○
  • 筋弛緩:△
  • 反射抑制:○

効能又は効果

1%ディプリバン注
  • 全身麻酔の導入及び維持
  • 集中治療における人工呼吸中の鎮静

動態

1%ディプリバン注
  • 1. 半減期は
  • 日本人健康成人男子6例に1.0、2.0及び2.5mg/kgを単回静脈内ボーラス投与したとき、プロポフォールの体内動態は3-コンパートメントモデルに適合し、全血中濃度は3相性に減衰した。各相の半減期は2.6分(t1/2α)、51.0分(t1/2β)及び365分(t1/2γ)であった。中央コンパートメントにおける分布容積及び定常状態時の分布容積はそれぞれ26L及び317Lであった。全身クリアランス(CLTB)値は1.62L/分であった。1~2.5mg/kgの用量範囲で、血漿中薬物濃度-時間曲線下面積(AUC0-∞)が用量に比例して増加することが示された。また、薬物動態パラメータに明らかな性差はみられなかった(外国人の成績)。
  • 2. 代謝及び排泄
  • 成人患者8例に平均2.6mg/kgを単回静脈内ボーラス投与した場合、投与後24時間までにプロポフォール及び1,4キノール体のグルクロン酸抱合体ならびに1,4キノール体の硫酸抱合体として投与量の68.3%が尿中に排泄された。
  • 3. 蛋白結合率6)
  • 外国人患者にプロポフォールを2.5mg/kg用量で単回静脈内ボーラス投与したとき、投与後10及び120分後の蛋白結合率は約97~99%であった。

適応

注意

  • 妊婦、授乳婦 → 母乳に移行する。ただし、その量は微々たるものらしい。しかし、できるだけ回避。

禁忌

1%ディプリバン注
  • 1. 本剤又は本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 2. 妊産婦(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 3. 小児(集中治療における人工呼吸中の鎮静)

副作用

  • 注射時の痛み、呼吸抑制、無呼吸、低血圧(麻酔導入時に起こる低血圧はバルビツレートに比べて高頻度に起こる)
  • 徐脈-アシドーシス(プロポフォール注入症候群):稀であるが致命的。

参考

  • 1%ディプリバン注
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1119402A1022_1_15/1119402A1022_1_15?view=body



麻酔」

  [★]

anesthesia
麻酔機、術前準備


全身麻酔

1. Semi-rapid induction (成人の場合の基本)

  • (a) モニター装着,静脈確保.
  • (b) propofol( 2 mg/kg )remifentanil( 0.5 μg/kg/min )で入眠.
  • (c) rocuronium( 0.6 mg/kg )で筋弛緩.
  • (d) 100%酸素でBag & Mask
  • (e) 麻酔が深くなったら気管挿管.

目的別の麻酔方法

  • 心臓手術:on-pump CAB, off-pump CAB
  • 肺手術:一側肺換気
  • 産科麻酔:筋弛緩薬以外は胎盤を通過すると考えて良いと思われる。硬膜外麻酔でオピオイドを投与するのは分娩後。
  • 帝王切開術:脊髄くも膜下麻酔 

参考

  • 1. 研修医用のマニュアル - 神戸大学大学院医学系研究科 外科系講座 麻酔科学分野
http://www.med.kobe-u.ac.jp/anes/manual.html
  • 2. 麻酔科レジデントマニュアル 麻酔応用編 筑波大学附属病院麻酔科 2011 年ver.1.4
[display]http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/anesthesiology/tsukuba_new_anesthesiology/pdf/manual3advanced110325.pdf



propofol infusion syndrome」

  [★] プロポフォール症候群




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡