pneumonitis

出典: meddic

肺炎

WordNet   license wordnet

「inflammation of the lungs; caused by a virus or an allergic reaction」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/20 02:24:24」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Lung infiltrates in cancer patients: differentiating metastases from bronchiolitis obliterans organizing pneumonia.
  • La Verde N, Piva S, Colombo F, Borgonovo K, Gramegna G, Girelli S, Dimaiuta M, Galfrascoli E, Battaglia E, Farina G.SourceDepartment of Oncology, A.O. Fatebenefratelli e Oftalmico , Milan , Italy.
  • Immunopharmacology and immunotoxicology.Immunopharmacol Immunotoxicol.2013 Feb;35(1):195-7. doi: 10.3109/08923973.2012.733706. Epub 2012 Oct 26.
  • Bronchiolitis obliterans organizing pneumonia (BOOP) is a rare condition that affects oncological patients, often during or after chemotherapy, and can easily be mistaken for lung metastases. BOOP should be taken into consideration in cases when patchy nodular infiltrates with uncertain behavior app
  • PMID 23098222
  • Influence of sera from interstitial lung disease patients on angiogenic activity of mononuclear cells.
  • Zielonka TM, Zycinska K, Radzikowska E, Filewska M, Bialas B, Obrowski MH, Skopinska-Rozewska E, Demkow U.SourceDepartment of Family Medicine, Medical University of Warsaw, Warsaw, Poland. tmzielonka@wp.pl
  • Advances in experimental medicine and biology.Adv Exp Med Biol.2013;756:139-45.
  • Chronic inflammation stimulates of neovascularization. The aim of this study was to evaluate the effect of sera from interstitial lung diseases (ILD) patients on angiogenic capabilities of different subsets of mononuclear cells. Serum samples were obtained from 22 patients with sarcoidosis, 20 with
  • PMID 22836629

和文文献

  • 診療 肺腫瘍に対する定位照射後の放射線肺蔵炎 : 照射後の画像変化と有害事象の検討 (胸部の最新画像情報 2013)
  • 林 真也,田中 秀和,大宝 和博 [他]
  • 臨床放射線 58(1), 215-221, 2013-01
  • NAID 40019562574
  • 今月の症例 エベロリムス溶出性冠動脈ステントによる薬剤性間質性肺炎が疑われた1例
  • 千葉 哲矢,石塚 豪,尾形 剛 [他]
  • 日本内科学会雑誌 101(12), 3522-3524, 2012-12-10
  • NAID 40019553376

関連リンク

関連画像

 :Hypersensitivity pneumonitis low mag.jpgNonspecific Interstitial Pneumonitis or Hypersensitivity pneumonitis chest x rayto learn about Interstitial Pneumonitis about Lymphoid Interstitial Pneumonitis Clinical trials for Pneumonitis are being


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 33」「過敏性肺臓炎」「肺炎」「間質性肺炎」「lung inflammation
拡張検索herpes simplex virus pneumonitis」「non-specific interstitial pneumonitis

100Cases 33」

  [★]

☆case33 頭痛と混乱
glossary
accompany
vt.
(人)と同行する、(人)に随行する。(もの)に付随する。~と同時に起こる。~に加える(添える、同封する)(with)
slurred n. 不明瞭
強直間代痙攣 tonic-clonic convulsion
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
症例
28歳、女性 黒人 南アフリカ 手術室看護師 ロンドン住在
主訴頭痛と混乱
現病歴過去3週間で頭痛が続いており、ひどくなってきた。現在頭痛持続しており、頭全体が痛い。友人曰く「過去六ヶ月で体重が10kg減っていて、最近、混乱してきたようだ」。発話は不明瞭救急室にいる間に強直間代痙攣を起こした。
診察 examination
やせている。55kg。38.5℃。口腔カンジダ症(oral candidiasis)。リンパ節腫脹無し。心血管呼吸器系、消化器系正常。痙攣前における神経検査では時間場所、人の見当識無し。神経局所症状無し(no focal neurological sign)。眼底両側に乳頭浮腫有り。
検査 investigation
血算:白血球増多
血液生化学ナトリウム低下
CT供覧
キーワード着目するポイント
口腔カンジダ症(oral candidiasis)
頭痛精神症状強直間代痙攣
・眼底両側に乳頭浮腫
CT所見
・低ナトリウム血症は二次的なもの
アプローチ
口腔カンジダ症(oral candidiasis) → 細胞免疫低下状態(DM免疫抑制AIDSなど) or 常在細菌叢の攪乱(長期抗菌薬の使用)
 ・The occurrence of thrush in a young, otherwise healthy-appearing person should prompt an investigation for underlying HIV infection.(HIM.1254)
 ・More commonly, thrush is seen as a nonspecific manifestation of severe debilitating illness.(HIM.1254)
精神症状強直間代痙攣 → 一次的、あるいは二次的な脳の疾患がありそう
頭痛 → 漠然としていて絞れないが、他の症状からして機能性頭痛ではなく症候性頭痛っぽい。
・眼底両側に乳頭浮腫 → 脳圧亢進徴候 → 原因は・・・脳腫瘍、ことにテント下腫瘍側頭葉腫瘍クモ膜下出血、脳水腫など、そのほか、眼窩内病変、低眼圧などの局所的要因、悪性高血圧、血液疾患大量出血肺気腫などの全身的要因 (vindicate本のp342も参考になる)
 ・頭痛脳圧亢進 → 頭蓋内圧占拠性病変脳炎(IMD.274)
CT所見 → ringform病変脳浮腫脳圧亢進
・低ナトリウム血症 → 脳ヘルニア続発して起こることがあるらしい。実際には下垂体トキソプラズマによる病変形成されることにより起こりうる。
・そのほか出身地、体重減少もHIVを疑わせる点
パターン認識HIV + 精神症状 + てんかん発作(強直間代痙攣) + 脳圧亢進 + CT所見 = 一番ありそうなのはToxoplasma gondiiによるトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis (トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitis)
Toxoplasma gondii
 原虫 胞子原虫
(感染予防学 080521のプリント、CASES p,92、HIM p.1305-)
疫学:西洋では30-80%の成人トキソプラズマ感染既往がある・・・うぇ(CASES)。日本では10%前後(Wikipedia)。
生活環
 ・終宿主ネコネコ小腸上皮細胞で有性・無性生殖 糞便オーシスト排泄
 ・中間宿主ヒト.ブタを含むほ乳類と鳥類無性生殖増殖シスト形成
   急性期増殖盛んな急増虫体tachyzoiteシスト内の緩増虫体bradyzoite
病原病因 phathogenesis
 ・緩増虫体(bradyzoite)、接合子嚢(oocyst)
感染経路
 1. オーシスト経口摂取
 2. 中間宿主の生肉中のシスト経口摂取
 3. 初感染妊婦からの経胎盤感染。既感染なら胎盤感染しないらしい(HIM.1306)
 (4)移植臓器、輸血確率は低い(at low rate)(HIM.1306)
病態
 1. 先天性トキソプラズマ症 congenital toxoplasmosis
   ①網脈絡膜炎、 ②水頭症、 ③脳内石灰化、 ④精神運動障害
 2. 後天性トキソプラズマ症 acquired toxoplasmosis
  (1) 健常者
   ・多くは不顕性感染発熱リンパ節腫脹、皮疹(rash)
   ・(少数例)筋肉痛、暈疼痛、腹痛、斑状丘疹状皮疹(maculopapular rash)、脳脊髄炎、混乱(HIM.1308)
   ・(まれ)肺炎心筋炎脳症心膜炎多発筋炎
   ・網膜脈絡叢瘢痕や、脳に小さい炎症性病変を残すことあり(CASES)。
   ・急性感染症状は数週間で消失 筋肉中枢神経系緩増虫体残存
  (2)HIV感染者、臓器移植例、がん化学療法例
   シスト緩増虫体急増虫体播種性の多臓器感染
   AIDSでは、トキソプラズマ脳炎が指標疾患 AIDS-defineing illness(CASES)
治療
 (日本)アセチルスピラマイシンファンシダール(感染予防学 080521)
トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitisトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis
症状
 発熱頭痛、混乱m、痙攣認知障害、局所神経徴候(不全片麻痺歯垢脳神経損傷視野欠損、感覚喪失)(CASES)
・画像検査
 (CT,MRI)多発性両側性ring-enhancing lesion、特に灰白質-白質境界、大脳基底核脳幹小脳が冒されやすい(CASES)
鑑別診断(臨床症状画像診断所見で)
 リンパ腫、結核、転移性脳腫瘍(CASES)
病歴と画像所見からの鑑別診断
 リンパ腫、結核、転移性腫瘍
このCTcerebral toxoplasmosis特徴的かは不明
最後に残る疑問
 AIDSWBC(leukocyte)の数はどうなるんだろう???AIDSの初診患者ではWBCが低い人が多いらしいし()、HIVCD4+ T cellmacrophage感染して殺すから、これによってB cellは減るだろうし、CD8+ T cellも若干減少するだろうからWBCは減るんじゃないか?!好中球AIDSとは関係ない?好中球は他の感染症に反応性増加している?ちなみに、好酸球寄生虫(原虫)の感染のために増える傾向にあるらしい(HIMのどこか)。
スルファジアジン
sulfadiazine
ピリメタミン
pyrimethamine
葉酸拮抗剤である。
サルファ剤と併用され、抗トキソプラズマ薬、抗ニューモシチス・カリニ薬として相乗的に働く。
ST合剤
SMX-TMP
スルファメトキサゾールトリメトプリム合剤 sulfamethoxazole and trimethoprim mixture
AIDS定義(http://en.wikipedia.org/wiki/CDC_Classification_System_for_HIV_Infection_in_Adults_and_Adolescents)
A CD4+ T-cell count below 200 cells/μl (or a CD4+ T-cell percentage of total lymphocytes of less than 14%).
or he/she has one of the following defining illnesses:
People who are not infected with HIV may also develop these conditions; this does not mean they have AIDS. However, when an individual presents laboratory evidence against HIV infection, a diagnosis of AIDS is ruled out unless the patient has not:
AND
AIDSのステージング
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


過敏性肺臓炎」

  [★]

pneumonitis
hypersensitivity pneumonitis, HP
過敏性肺炎外因性アレルギー性肺胞炎 extrinsic allergic alveolitis
セコイア症夏型過敏性肺炎
[show details]

概念

  • 種々の有機性粉塵を感受性のあるヒトが反復吸入した結果、粉塵中の抗原成分によって惹起される呼吸困難、発熱などをきたす疾患群。
  • 非乾酪性の類上皮細胞性肉芽腫の形成を伴う間質性肺炎である。
  • 肺の炎症性疾患であり、肺胞壁や終末の気道も侵される。
  • 本態はIII型アレルギーおよびIV型アレルギー(慢性期。Th1サイトカインによる肉芽腫形成)である。
  • 外因性アレルギー性胞隔炎extrinsic allergic alveolitisとも呼ばれる。

病型

  • 急性
  • 亜急性
  • 慢性

病因

  • 抗原に感作された人に対する抗原の再暴露により生じる
  • 抗原は種々ある。

病因による分類

  • 夏型過敏性肺臓炎
  • 加湿器肺
  • 空調病
  • 農夫肺
  • 砂糖キビ肺症
  • 鳥飼病
  • ハト飼病
  • 木屑病
  • 草屋病
  • キノコ栽培者肺病
  • 毛皮商人肺
  • コーヒー労働者肺症
  • チーズ洗い病
  • 楓皮病
  • コルク肺
  • 麦芽労働者肺
  • 痘苗病
  • 養蚕従事者肺
  • たたみ職人肺
  • 空洞病
  • 加湿器肺

疫学

IMD
  • 夏型過敏性肺炎:80%。屋内のカビ。日本では8-9月に多い。
  • 農夫肺:8.1%。干草中の真菌。
  • 換気装置肺炎:4.3%
  • 鳥飼病:4.1%

病態

IMD

III型アレルギーの関与

  • 抗原曝露後約4-6時間で発症。抗原除去により6-8時間後に自然消退。
  • 皮内反応:アルサス型
  • BALF・血清中に抗原特異的IgG・IgAの出現
  • 急性期のBALFには好中球が増加

IV型アレルギーの関与

  • 肺生検において、肉芽腫形成。間質性肺炎(マクロファージ・リンパ球の浸潤)。
  • BALFにおいて、リンパ球の増加がみられる

病理

  • 病理組織学的には、肺胞壁のリンパ球を主体とした細胞浸潤、肺胞壁とそれに隣接した細気管支領域にみられる類上皮細胞肉芽腫病変が主要所見である。 → 肉芽腫性間質性肺炎

身体所見

  • 両側の下肺野?に捻髪音。
  • 慢性型:ばち指

症状

HIM.1607
  • 急性型:(抗原暴露後6-8時間より)咳、発熱、悪寒、全身倦怠感、呼吸困難
  • 亜急性型:(数週間かけて潜行性に発症)咳、呼吸困難-(次第に悪化)→チアノーゼ、重度の呼吸困難。急性型の病型で、抗原が除去されない場合に亜急性に移行することがある。急性・亜急性型はいずれも抗原除去により数日~数週間~数ヶ月の経過で症状が消失。
  • 慢性型:臨床的に肺線維症と区別できない。不可逆的。

検査

IMD. YN.I-111
原因抗原を確定するために血清中の沈降抗体の証明や、気管支肺胞洗浄液リンパ球の抗原刺激試験が必要
  • 血液検査:(総じて炎症所見)白血球増加、ESR上昇、CRP上昇、リウマチ因子陽性、アンジオテンシン転換酵素(ACE)上昇(類上皮肉芽腫のせい)、γグロブリン上昇、(間質の障害を伴うので)KL-6上昇
好酸球は不変、補体不変
  • 動脈血液ガス検査:PaO2低下
  • 胸部単純X線:
  • 急性・亜急性型:(間質性肺炎の像)両側中下肺野を中心にびまん性にすりガラス様陰影や小粒状陰影
  • 慢性型:(肺線維症の像)肺の萎縮、線状影や輪状影。20-30%の症例で上肺野優位。
  • 胸部CT:
  • 急性・亜急性型:肺野濃度の上昇、2-4mm大の境界不鮮明な小円形の粒状影が小葉中心性にびまん性に認められる。
  • 慢性型:辺縁不整な線状影、輪状影
  • BALF:抗原曝露後24時間以内には多核白血球、以降はリンパ球の増加が認められる。
  • 経気管支肺生検(TBLB):
  • 急性型:非乾酪性類上皮性肉芽腫、胞隔炎(リンパ球・マクロファージ)。肺胞内のMasson体
  • 慢性型:肉芽腫病変は稀。
  • 吸入誘発試験:抗原の吸入により咳・呼吸困難を認め、検査上、炎症所見、低酸素血症が認められる。急性・亜急性型で有用。

診断基準

急性過敏性肺炎

(参考1)
  • a. 臨床像
臨床症状・所見1) ~4) のうちいずれか2つ以上と、検査所見1) ~4) のうち1) を含む2つ以上の項目を同時に満足するもの
  • 1. 臨床症状・所見
  • 1) せき、2) 息切れ 3) 発熱、4) 捻髪音ないし小水疱性ラ音
  • 2. 検査所見
  • 1) 胸部X線像にてびまん性散布性粒状陰影(またはスリガラス状)
  • 2) 拘束性換気能障害
  • 3) 血沈値亢進、好中球増多、CRP陽性のいずれか一つ)
  • 4) 低酸素血症(安静時あるいは運動後)
  • b. 発症環境
1) ~6) のうちいずれか1つを満足するもの
  • 1) 夏型過敏性肺炎は夏期(5~10月) に、高温多湿の住宅で起こる
  • 2) 鳥飼病は鳥の飼育や羽毛と関連して起こる
  • 3) 農夫肺は黴びた枯れ草の取り扱いと関連して起こる
  • 4) 空調肺、加湿器肺はこれらの機器の使用と関連して起こる
  • 5) 有機塵挨抗原に曝露される環境での生活歴
  • 6) 特定の化学物質と関連して起こる
注:症状は抗原暴露4~8時間して起こることが多く、環境から離れると自然に軽快する。
  • c. 免疫学的所見
1) ~3) のうち1つ以上を満足するもの
  • 1) 抗原に対する特異抗体陽性(血清あるもいはBAL*1液中)
  • 2) 特異抗原によるリンパ球増殖反応陽性(末梢瓜あるいはBALリンパ球)
  • 3) BAL所見(リンパ球↑、Tリンパ球↑) *2
  • d. 吸入誘発
1) ~2) のうち1つ以上を満足するもの
  • 1) 特異抗原吸入にまる臨床像の再現
  • 2) 環境暴露による臨床像の再現
  • e. 病理学的所見
1) ~3) のうちいずれか2つ以上を満足するもの
  • 1) 肉芽腫形成、2) 胞隔炎、3) Masson体

診断

  • 確実:a、b、dまたはa、b、c、eを満たすもの
  • 強い疑い:aを含む3項目を満たすもの
  • 疑い:aを含む2項目を満たすもの
(*1)bronchoalveolar lavage(気管支肺胞洗浄)
(*2)一般的にリンパ球比率は35%を超える。抗原回避2日以内では好中球増多を示す。

慢性過敏性肺炎

(参考2)
  • 1. 環境誘発あるいは抗原誘発試験で陽性
  • 2. 組織学的の線維化が観察される
  • 3. HRCTで線維化所見とhoneycombが観察される
  • 4. 肺機能の拘束性障害が1年以上にわたって進行性である
  • 5. 過敏性肺炎と関連した症状が6ヶ月以上続く
  • 6. 当該抗原に対する抗体か、あるいはリンパ球増殖試験が陽性か、両者が陽性
以上1か6、および2か3、および4か5の3項目以上を満足させれば慢性過敏性肺炎と診断する
付記
1. 環境誘発試験は陰性のこともあるが、抗原誘発試験は陽性となる。この場合、症状の発現は弱くても白血球数、CRP、PaO2、DLCOなどの検査所見だけでも陽性と判定する。
2. 病理学的所見では肉芽腫はほとんどみられず、限局性のhoneycomb、リンパ球主体の肺隔炎とリンパ球の集族がみられる
3. 症状は抗原吸入を持続しても軽くなることが多い。労作時呼吸困難が主な症状である。
4. 抗体が陰性で抗原添加リンパ球増殖試験だけが陽性例もみられる
5. KL-6、SP-Dは高値
6. 慢性過敏性肺炎の発症環境として、カビの多い住宅や仕事場、羽毛布団使用、隣人の鳩飼育、公園・神社・駅の野鳩、野鳥の集団棲息などがある

治療

  • 抗原の隔離
  • 薬物療法:ステロイド(呼吸困難例)、ステロイドパスル療法(呼吸困難の重症例、急性増悪例)
  • 支持療法:在宅酸素療法

予後

  • 抗原から隔離されれば予後良好

予防

  • 抗原からの隔離

参考

  • まとめ
[display]http://www.naoru.com/kabinseihaien.htm
  • 慢性過敏性肺炎
[display]http://www.geocities.jp/kokyukika/document/ChronicHP.html
  • 急性過敏性肺臓炎
[display]http://www.ibaraisikai.or.jp/treasure/chisivew/chisi-03.html

国試




肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン





間質性肺炎」

  [★]

interstitial pneumonitis, interstitial lung disease, pneumonitis, interstitial pneumonia
びまん性間質性肺炎 diffuse interstitial pneumoniaびまん性線維性肺胞炎 diffuse fibrosisalveolitis、肺臓炎 pneumonitis
肺炎間質性肺疾患

間質性肺炎と実質性肺炎

  • 実質性肺炎・・・いわゆる肺炎。実質(肺胞上皮細胞および肺胞腔)の炎症。区域性の分布
  • 間質性肺炎・・・実質の間を埋める間質が炎症の場。胞隔炎。びまん性の分布

定義

  • 間質(肺胞壁や細気管支、細動静脈周囲など)を病変の主座とする炎症性疾患に対する病理組織学的総称。大葉性・小葉性肺炎(肺胞、肺胞道などの気腔内への滲出性病変)に対比して用いられる。

検査

  • 拘束性換気障害(%VC、%肺活量が80%以下)としてとらえられる。

病因による分類

  • 特発性間質性肺炎
  • 続発性間質性肺炎
間質性肺炎を来す疾患として、塵肺(無機塵・有機塵、エアロゾル?)、膠原病(PSS, SLE, RAなど)、感染症(ウイルス感染、細菌感染)、薬物誘起性肺炎、放射線肺炎など
  • 膠原病に続発




lung inflammation」

  [★]

肺炎症

pneumoniapneumonitispulmonary inflammation


herpes simplex virus pneumonitis」

  [★] 単純ヘルペスウイルス肺炎


non-specific interstitial pneumonitis」

  [★] 非特異型間質性肺炎




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡