pneumonia

出典: meddic

肺炎


WordNet   license wordnet

「respiratory disease characterized by inflammation of the lung parenchyma (excluding the bronchi) with congestion caused by viruses or bacteria or irritants」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「肺炎」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/05 14:46:57」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/09/15 08:37:03」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Evaluation of humoral immune response to nosocomial pathogen and functional status in elderly patients with sepsis.
  • Jeong SJ, Yoon SS, Han SH, Yong DE, Kim CO, Kim JM.SourceDepartment of Internal Medicine and AIDS Research Institute, Yonsei University College of Medicine, Seoul, Republic of Korea.
  • Archives of gerontology and geriatrics.Arch Gerontol Geriatr.2014 Jan-Feb;58(1):10-4. doi: 10.1016/j.archger.2013.07.001. Epub 2013 Aug 30.
  • The clinical significance of humoral immune response to nosocomial pathogens and functional status in elderly patients with sepsis is not clear. We evaluated the humoral immune to nosocomial pathogens and the effect of functional dependencies on clinical outcomes among elderly patients with sepsis.
  • PMID 23998496
  • Treatment of Infections Due to Resistant Staphylococcus aureus.
  • Anstead GM, Cadena J, Javeri H.SourceMedicine Service, South Texas Veterans Health Care System, San Antonio, TX, USA.
  • Methods in molecular biology (Clifton, N.J.).Methods Mol Biol.2014;1085:259-309. doi: 10.1007/978-1-62703-664-1_16.
  • This chapter reviews data on the treatment of infections caused by drug-resistant Staphylococcus aureus, particularly methicillin-resistant S. aureus (MRSA). This review covers findings reported in the English language medical literature up to January of 2013. Despite the emergence of resistant and
  • PMID 24085702
  • Molecular analysis of staphylococcal superantigens.
  • Salgado-Pabón W, Case-Cook LC, Schlievert PM.SourceDepartment of Microbiology, University of Iowa Carver College of Medicine, Iowa City, IA, USA.
  • Methods in molecular biology (Clifton, N.J.).Methods Mol Biol.2014;1085:169-85. doi: 10.1007/978-1-62703-664-1_10.
  • Staphylococcal superantigens (SAgs) comprise a large family of exotoxins produced by Staphylococcus aureus strains. These exotoxins are important in a variety of serious human diseases, including menstrual and nonmenstrual toxic shock syndrome (TSS), staphylococcal pneumonia and infective endocardit
  • PMID 24085696
  • [Czech eponyms in pathology].
  • Steiner I.AbstractThe 24th European Congress of Pathology taking place in Prague is an opportunity to remind our society of the Czech names appearing as eponyms in pathological terminology: Karel Rokitanský - R. protuberance in dermoid cyst; R. thrombogenic theory of atherosclerosis; Mayer - R. - Küster - Hauser - Winckel syndrome (congenital malformation of the vagina and uterus); Václav Treitz - T. duodenal ligament; T. retroperitoneal hernia; T. uremic colitis; Vilém Dušan Lambl - L. excrescences of heart valves; Lamblia (Giardia) intestinalis, and also the foundation of urological cytology; Stanislav Provázek - Prowazek - Halberstädter bodies (trachoma), Rickettsia Prowazeki (typhus fever); Josef Vaněk - V. tumor (gastric inflammatory fibroid polyp), and also discovery of the etiology of pneumocystic pneumonia; Otto Jírovec - Pneumocystis Jiroveci; Blahoslav Bednář - B. tumor (pigmented dermatofibrosarcoma protuberans). Keywords: Rokitansky - Treitz - Lambl - Prowazek - Vaněk - Jírovec - Bednář - history of pathology.
  • Ceskoslovenská patologie.Cesk Patol.2013 Dec;49(1):51-4.
  • The 24th European Congress of Pathology taking place in Prague is an opportunity to remind our society of the Czech names appearing as eponyms in pathological terminology: Karel Rokitanský - R. protuberance in dermoid cyst; R. thrombogenic theory of atherosclerosis; Mayer - R. - Küster - Hauser -
  • PMID 23432077

和文文献

  • 誤嚥性肺炎を予防する口腔ケアで、医療費削減 (特集 地域連携における歯科の役割)
  • 8020 : はち・まる・にい・まる : 財団法人8020推進財団会誌 (15), 92-95, 2016-16
  • NAID 40020754569
  • 間質性肺炎診療と新ガイドライン (特集 間質性肺炎Update) -- (ガイドライン・診療指針)
  • 間質性肺炎における治療の考え方Update (特集 間質性肺炎Update) -- (臨床)
  • IPAFと特発性間質性肺炎 (特集 間質性肺炎Update) -- (臨床)

関連リンク

Lower your risk of pneumonia with vaccines. ... What Is Pneumonia? Pneumonia is an infection of the lungs that can cause mild to severe illness in people of all ages. Common signs of pneumonia can include cough, fever, and ...
Pneumonia is a condition anyone can get but can be prevented, according to the American Lung Association. ... Staff Photo by Stephanie Turner Patrick Almeter, physician assistant, left, and Frederica Whiteside ...
Pneumonia is an infection in one or both of the lungs. Many germs, such as bacteria, viruses, and fungi, can cause pneumonia. You can also get pneumonia by inhaling a liquid or chemical. People most at risk are older than 65 or ...

関連画像

Pneumonia é a doença que mais mata Chest Radiology > Pathology > PneumoniaView full size version of Round pneumoniaViral pneumonia pneumonia also note a small right sidedPneumoniaparte branca no RX indica pneumoniaSoubor:XR chest - pneumonia with abscess


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 33」「肺炎」「Streptococcus pneumoniae」「Haemophilus influenzae」「pneumonic
拡張検索staphylococcal pneumonia」「M. hyopneumoniae」「Diplococcus pneumoniae

100Cases 33」

  [★]

☆case33 頭痛と混乱
glossary
accompany
vt.
(人)と同行する、(人)に随行する。(もの)に付随する。~と同時に起こる。~に加える(添える、同封する)(with)
slurred n. 不明瞭
強直間代痙攣 tonic-clonic convulsion
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
症例
28歳、女性 黒人 南アフリカ 手術室看護師 ロンドン住在
主訴頭痛と混乱
現病歴過去3週間で頭痛が続いており、ひどくなってきた。現在頭痛持続しており、頭全体が痛い。友人曰く「過去六ヶ月で体重が10kg減っていて、最近、混乱してきたようだ」。発話は不明瞭救急室にいる間に強直間代痙攣を起こした。
診察 examination
やせている。55kg。38.5℃。口腔カンジダ症(oral candidiasis)。リンパ節腫脹無し。心血管呼吸器系、消化器系正常。痙攣前における神経検査では時間場所、人の見当識無し。神経局所症状無し(no focal neurological sign)。眼底両側に乳頭浮腫有り。
検査 investigation
血算:白血球増多
血液生化学ナトリウム低下
CT供覧
キーワード着目するポイント
口腔カンジダ症(oral candidiasis)
頭痛精神症状強直間代痙攣
・眼底両側に乳頭浮腫
CT所見
・低ナトリウム血症は二次的なもの
アプローチ
口腔カンジダ症(oral candidiasis) → 細胞免疫低下状態(DM免疫抑制AIDSなど) or 常在細菌叢の攪乱(長期抗菌薬の使用)
 ・The occurrence of thrush in a young, otherwise healthy-appearing person should prompt an investigation for underlying HIV infection.(HIM.1254)
 ・More commonly, thrush is seen as a nonspecific manifestation of severe debilitating illness.(HIM.1254)
精神症状強直間代痙攣 → 一次的、あるいは二次的な脳の疾患がありそう
頭痛 → 漠然としていて絞れないが、他の症状からして機能性頭痛ではなく症候性頭痛っぽい。
・眼底両側に乳頭浮腫 → 脳圧亢進徴候 → 原因は・・・脳腫瘍、ことにテント下腫瘍側頭葉腫瘍クモ膜下出血、脳水腫など、そのほか、眼窩内病変、低眼圧などの局所的要因、悪性高血圧、血液疾患大量出血肺気腫などの全身的要因 (vindicate本のp342も参考になる)
 ・頭痛脳圧亢進 → 頭蓋内圧占拠性病変脳炎(IMD.274)
CT所見 → ringform病変脳浮腫脳圧亢進
・低ナトリウム血症 → 脳ヘルニア続発して起こることがあるらしい。実際には下垂体トキソプラズマによる病変形成されることにより起こりうる。
・そのほか出身地、体重減少もHIVを疑わせる点
パターン認識HIV + 精神症状 + てんかん発作(強直間代痙攣) + 脳圧亢進 + CT所見 = 一番ありそうなのはToxoplasma gondiiによるトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis (トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitis)
Toxoplasma gondii
 原虫 胞子原虫
(感染予防学 080521のプリント、CASES p,92、HIM p.1305-)
疫学:西洋では30-80%の成人トキソプラズマ感染既往がある・・・うぇ(CASES)。日本では10%前後(Wikipedia)。
生活環
 ・終宿主ネコネコ小腸上皮細胞で有性・無性生殖 糞便オーシスト排泄
 ・中間宿主ヒト.ブタを含むほ乳類と鳥類無性生殖増殖シスト形成
   急性期増殖盛んな急増虫体tachyzoiteシスト内の緩増虫体bradyzoite
病原病因 phathogenesis
 ・緩増虫体(bradyzoite)、接合子嚢(oocyst)
感染経路
 1. オーシスト経口摂取
 2. 中間宿主の生肉中のシスト経口摂取
 3. 初感染妊婦からの経胎盤感染。既感染なら胎盤感染しないらしい(HIM.1306)
 (4)移植臓器、輸血確率は低い(at low rate)(HIM.1306)
病態
 1. 先天性トキソプラズマ症 congenital toxoplasmosis
   ①網脈絡膜炎、 ②水頭症、 ③脳内石灰化、 ④精神運動障害
 2. 後天性トキソプラズマ症 acquired toxoplasmosis
  (1) 健常者
   ・多くは不顕性感染発熱リンパ節腫脹、皮疹(rash)
   ・(少数例)筋肉痛、暈疼痛、腹痛、斑状丘疹状皮疹(maculopapular rash)、脳脊髄炎、混乱(HIM.1308)
   ・(まれ)肺炎心筋炎脳症心膜炎多発筋炎
   ・網膜脈絡叢瘢痕や、脳に小さい炎症性病変を残すことあり(CASES)。
   ・急性感染症状は数週間で消失 筋肉中枢神経系緩増虫体残存
  (2)HIV感染者、臓器移植例、がん化学療法例
   シスト緩増虫体急増虫体播種性の多臓器感染
   AIDSでは、トキソプラズマ脳炎が指標疾患 AIDS-defineing illness(CASES)
治療
 (日本)アセチルスピラマイシンファンシダール(感染予防学 080521)
トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitisトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis
症状
 発熱頭痛、混乱m、痙攣認知障害、局所神経徴候(不全片麻痺歯垢脳神経損傷視野欠損、感覚喪失)(CASES)
・画像検査
 (CT,MRI)多発性両側性ring-enhancing lesion、特に灰白質-白質境界、大脳基底核脳幹小脳が冒されやすい(CASES)
鑑別診断(臨床症状画像診断所見で)
 リンパ腫、結核、転移性脳腫瘍(CASES)
病歴と画像所見からの鑑別診断
 リンパ腫、結核、転移性腫瘍
このCTcerebral toxoplasmosis特徴的かは不明
最後に残る疑問
 AIDSWBC(leukocyte)の数はどうなるんだろう???AIDSの初診患者ではWBCが低い人が多いらしいし()、HIVCD4+ T cellmacrophage感染して殺すから、これによってB cellは減るだろうし、CD8+ T cellも若干減少するだろうからWBCは減るんじゃないか?!好中球AIDSとは関係ない?好中球は他の感染症に反応性増加している?ちなみに、好酸球寄生虫(原虫)の感染のために増える傾向にあるらしい(HIMのどこか)。
スルファジアジン
sulfadiazine
ピリメタミン
pyrimethamine
葉酸拮抗剤である。
サルファ剤と併用され、抗トキソプラズマ薬、抗ニューモシチス・カリニ薬として相乗的に働く。
ST合剤
SMX-TMP
スルファメトキサゾールトリメトプリム合剤 sulfamethoxazole and trimethoprim mixture
AIDS定義(http://en.wikipedia.org/wiki/CDC_Classification_System_for_HIV_Infection_in_Adults_and_Adolescents)
A CD4+ T-cell count below 200 cells/μl (or a CD4+ T-cell percentage of total lymphocytes of less than 14%).
or he/she has one of the following defining illnesses:
People who are not infected with HIV may also develop these conditions; this does not mean they have AIDS. However, when an individual presents laboratory evidence against HIV infection, a diagnosis of AIDS is ruled out unless the patient has not:
AND
AIDSのステージング
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン





Streptococcus pneumoniae」

  [★]

Streptococcus pneumoniae
肺炎球菌肺炎レンサ球菌肺炎連鎖球菌肺炎双球菌、ストレプトコッカス・ニューモニエ
連鎖球菌
  • first aid step1 2006 p.134,138


細菌学

  • グラム陽性球菌
  • 西洋槍(ランセット)型の双球菌
  • α溶血性。ランスフィールド分類には分類されない
  • オプトヒン感受性
  • 自己融解 autolysis ← 培養しすぎに注意
  • 中心部の陥凹した集落
  • 莢膜多糖体を有する ← 抗食菌作用(C3bの付着に抵抗する)
  • IgA proteaseを分泌
  • 健常人の5-250%の気道に存在するが莢膜がない弱毒の株

感染症

  • 慢性気道感染症の急性増悪

易感染性宿主

  • 2歳以下の乳幼児や老人で重症化しやすい
  • 脾臓を受けた患者、急性骨髄性白血病、骨髄移植、HIV感染症で発症しやすい

most common cause of:

MOPS are Most OPtochin Sensitive


診断

  • 臨床像から疑い、胸部X線、喀痰のグラム染色、尿中抗原を行う。グラム染色と尿中抗原が陽性であれば特異的な治療を開始する。 (IRE.1010)
  • (経験的治療の前に?)診断及び感受性検査のために喀痰培養、血液培養検査を行う。

参考

  • 光顕像

USMLE

  • Q book p.192 29




Haemophilus influenzae」

  [★]

Haemophilus influenzae
インフルエンザ菌
細菌髄膜炎Haemophilus influenzae type b

生物的特徴

  • グラム陰性桿菌
  • パスツレラ科ヘモフィルス属
  • 莢膜を有し、血清型はb型である。
  • 発育因子として、X因子(プロトポルフィリンIX or プロトヘム) and/or V因子(NAD or NADP)が必要
  • 病原因子は莢膜(抗貪食作用)とIgAプロテアーゼ(IgAを分解)が特徴的である。
  • PBPの変異による耐性菌(BLNAR, β-lactamase negative ampicillin-resistant Haemophilus)が出現している

感染症

続いて敗血症や閉塞性喉頭炎も引き起こす。

血清型と疾患(SMB.191)

  • 莢膜型を有するS型菌(b型)
  • 髄膜炎菌、結膜炎、喉頭炎、関節炎
  • 非莢膜型を有しないR型菌
  • 中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎

疫学

潜伏期間

感染経路

  • 飛沫感染

症状

合併症

経過

治療

検査

培養

予防



pneumonic」

  [★]

pneumonia

WordNet   license wordnet

「pertaining to or characterized by or affected by pneumonia; "pneumonic plague"」

WordNet   license wordnet

「relating to or affecting the lungs; "pulmonary disease"」
pulmonary, pulmonic


staphylococcal pneumonia」

  [★]

ブドウ球菌性肺炎ブドウ球菌肺炎黄色ブドウ球菌肺炎


M. hyopneumoniae」

  [★]

Mycoplasma hyopneumoniae


Diplococcus pneumoniae」

  [★]

ディプロコッカス・ニューモニエ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡