pirenzepine

出典: meddic

ピレンゼピン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/03 07:42:57」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

和文文献

関連リンク

Buy Pirenzepine Dihydrochloride (CAS 29868-97-1), an mAChR M1 selective antagonist, from Santa Cruz. Purity: ≥99%, MF: C19H21N5O2 2HCl, MW: 424.3 ... Pirenzepine Dihydrochloride is an analogue of Pirenzepine.
Synopsis: Pirenzepine 1 is a ‘selective’ tantimuscarinic agent which, unlike classic anticholinergic agents, inhibits gastric acid secretion at lower doses than are required to affect gastrointestinal motility, salivary, central nervous ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ムスカリン受容体拮抗薬」「ピレンゼピン
拡張検索pirenzepine hydrochloride hydrate」「pirenzepine hydrochloride

ムスカリン受容体拮抗薬」

  [★]

muscarinic receptor antagonist
ムスカリン受容体遮断薬抗ムスカリン様作用薬、antimuscarinic drug
ムスカリン受容体アセチルコリン受容体
  • 気道閉塞性障害
臭化ブチルスコポラミン scopolamine butylbromide
製品名:ブスコパン Buscopan
チキジウム tiquizium


ピレンゼピン」

  [★]

pirenzepine
塩酸ピレンゼピン pirenzepine hydrochloride
ガストシオンガストロゼピンガタンプルカロデリンストマゼピンピレンゼールピロデインピンランクリック
ムスカリン性受容体テレンゼピン
消化性潰瘍用剤
  • 抗潰瘍薬
  • 三環系の化学構造
→ 血液脳関門を通過しないので、中枢作用がない
  • 特徴
  • 消化管、尿路に対する作用が無く、散瞳、視力障害、循環器に対する作用もない (SPC.162)
M1受容体特異的に作用する

薬理作用

  • 胃粘膜壁細胞のムスカリン受容体に選択的に作用し胃酸分泌を抑制
  • 迷走神経の胃酸分泌機能を特異的に抑制



pirenzepine hydrochloride hydrate」

  [★]

pirenzepinepirenzepine hydrochloride


pirenzepine hydrochloride」

  [★]

pirenzepinepirenzepine hydrochloride hydrate



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡