phenytoin

出典: meddic

フェニトイン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/14 11:45:49」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Biological roles of KGF, CTGF and TGF-β in cyclosporine-A- and phenytoin- induced gingival overgrowth: A comparative experimental animal study.
  • Al-Hamilly NS1, Radwan LR2, Abdul-Rahman M2, Mourad MI3, Grawish ME4.
  • Archives of oral biology.Arch Oral Biol.2016 Jun;66:38-43. doi: 10.1016/j.archoralbio.2016.02.006. Epub 2016 Feb 11.
  • OBJECTIVE: To identify the possible biological roles of keratinocyte growth factor (KGF), connective tissue growth factor (CTGF) and transforming growth factor-β (TGF-β) in cyclosporine-A (CsA) and phenytoin (PNT)-induced gingival overgrowth (GO) and to correlate them with each other.METHODS: Sixt
  • PMID 26894526
  • Phenytoin speciation with potentiometric and chronopotentiometric ion-selective membrane electrodes.
  • Jansod S1, Afshar MG1, Crespo GA2, Bakker E3.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2016 May 15;79:114-20. doi: 10.1016/j.bios.2015.12.011. Epub 2015 Dec 8.
  • We report on an electrochemical protocol based on perm-selective membranes to provide valuable information about the speciation of ionizable drugs, with phenytoin as a model example. Membranes containing varying amounts of tetradodecylammonium chloride (TDDA) were read out at zero current (potentiom
  • PMID 26703989
  • Myoclonus: Pathophysiology and Treatment Options.
  • Levy A1,2, Chen R3,4.
  • Current treatment options in neurology.Curr Treat Options Neurol.2016 May;18(5):21. doi: 10.1007/s11940-016-0404-7.
  • OPINION STATEMENT: Treatment of myoclonus requires an understanding of the physiopathology of the condition. The first step in treatment is to determine if there is an epileptic component to the myoclonus and treat accordingly. Secondly, a review of medications (e.g., opiates) and comorbidities (e.g
  • PMID 27039330

和文文献

  • Association analysis of CYP2C9*3 and phenytoin-induced severe cutaneous adverse reactions (SCARs) in Thai epilepsy children
  • Suvichapanich Supharat,Jittikoon Jiraphun,Wichukchinda Nuanjun [他]
  • Journal of human genetics 60(8), 413-417, 2015-08
  • NAID 40020561679
  • 臨床研究・症例報告 バルプロ酸追加により高アンモニア脳症を発症した1例
  • 藤田 光江,仁井 純子,牧 たか子 [他]
  • 小児科臨床 68(3), 355-359, 2015-03
  • NAID 40020367835
  • 症例報告 乳癌に対する化学療法中に生じたフェニトイン中毒の1例
  • 田口 芳治,高嶋 修太郎,田中 耕太郎
  • Brain and nerve : 神経研究の進歩 67(2), 213-217, 2015-02
  • NAID 40020351739

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元薬剤性過敏症症候群」「フェニトイン」「リンパ節増殖症」「PHT」「phenytoin sodium
拡張検索fosphenytoin」「phenytoin poisoning

薬剤性過敏症症候群」

  [★]

drug-induced hypersensitivity syndrome DIHS
drug rash with eosinophilia and systemic symptoms DRESSdrug-induced delayed multiorgan hypersensitivity syndrome DIDMOS
薬疹


概念

  • 高熱と臓器障害を伴う薬疹で、医薬品中止後も遷延化する。多くの場合、発症後2-3週間後にHHV-6の再活性化を生じる。(参考1)

病因

  • 薬剤アレルギーとHHV-6の再活性化で起こる。

原因薬物

原因薬物としては芳香族抗てんかん薬とスルホンアミド系抗菌薬が最も多い (参考2)
参考3

病態

  • 特定の薬剤を服用した2-6週間後に突然の発熱と紅斑を来たし、ついには紅皮症を呈する。
  • リンパ節腫脹、血液学的異常、肝機能障害を伴う。
  • 肺炎、腎不全、心筋炎、甲状腺炎、神経学的症状を呈することがある。(参考2)

症状

  • 全身症状:発熱、関節痛
  • 皮膚症状:紅斑・紅皮症

身体所見

  • 顔面浮腫
  • リンパ節腫脹

検査

  • 血算:白血球増多、異型リンパ球有り、好酸球増多
  • 血清学的検査:IgM-抗HHV-6抗体陽性

検査異常の出現頻度

参考2
  • 肝炎:51%
  • 間質性腎炎:11%
  • 血液学的異常(好酸球増多、異型単核球):30%


診断基準

参考1
  • 1. 限られた薬剤投与後に遅発性に生じ、急速に拡大する紅斑。多くの場合、紅皮症に移行する
  • 2. 原因薬剤中止後も2週間以上遷延する
  • 3. 38 ℃以上の発熱
  • 4. 肝機能障害
  • 5. 血液学的異常:a、b、c のうち1 つ以上
  • a. 白血球増多(11,000/mm3 以上)
  • b. 異型リンパ球の出現(5%以上)
  • c. 好酸球増多(1,500/mm3 以上)
  • 6. リンパ節腫脹
  • 7. HHV-6 の再活性化
典型DIHS:1 - 7 すべて
非典型DIHS:1 - 5 すべて。ただし4 に関しては、その他の重篤な臓器障害をもって代えることができる。

治療

  • 薬剤の中止、全身ステロイド療法(要するに静注ということか)。(参考1)

予後

  • 完全に治癒する。重症例では生命予後不良。(参考1)

参考

  • 1. 重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤性過敏症症候群
[display]http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1a09.pdf
  • 2. [charged] Drug eruptions - uptodate [1]
CLASSIC DRUG REACTION PATTERNSの1項目として記載。
  • 3.
[display]www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1012_01.pdf


国試



フェニトイン」

  [★]

phenytoin PHT
phenytoinum
ジフェニルヒダントイン diphenylhydantoin DPH
アレビアチンフェニトインNヒダントールホストインDilantin複合アレビアチン配合
抗痙攣薬不整脈治療薬
  • Ib群

構造

作用機序

  • 不活性化状態のNaチャネルに結合 (SPC.186)

薬理作用

抗てんかん薬

  • てんかん発作波の出現は抑制しない(けいれん閾値は変化しない)
  • 異常発射の焦点から周辺への伝播を押さえる

抗不整脈薬

作用はリドカインに似るが、作用は弱い。

動態

  • 肝臓

適応

欠神発作では増悪
  • QT延長に伴う心室性不整脈、ジギタリス不整脈

注意

  • 血中濃度に注意する
血中濃度を幻覚にコントロールすべき薬物:テオフィリンフェニトインジゴキシン

禁忌

副作用

  • 歯肉増殖症、緩急振戦、運動失調、複視、多毛症、皮疹、大球性貧血

相互作用

リンパ節増殖症」

  [★]

lymph node hyperplasia
リンパ節過形成
  • 傍皮質の過形成:paracortical lymphoid hyperplasia
  • hyperplasia of the interfollicular zones, which are predominantly populated by T-cells. This change is seen in response to phenytoin, viral infections, and antiviral vaccinations.

PHT」

  [★]

phenytoin sodium」

  [★]

phenytoin

fosphenytoin」

  [★] フォスフェニトイン

Cerebyx


phenytoin poisoning」

  [★] フェニトイン中毒




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡