phenobarbital

出典: meddic

フェノバルビタール

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「フェノバルビタール(鎮静・催眠に用いる薬品)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/05 03:30:09」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Constitutive androstane receptor transactivates the hepatic expression of mouse Dhcr24 and human DHCR24 encoding a cholesterogenic enzyme 24-dehydrocholesterol reductase.
  • Yoshinari K, Ohno H, Benoki S, Yamazoe Y.SourceDivision of Drug Metabolism and Molecular Toxicology, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University, 6-3 Aramaki-aoba, Aoba-ku, Sendai, Miyagi 980-8578, Japan.
  • Toxicology letters.Toxicol Lett.2012 Jan 25;208(2):185-91. Epub 2011 Nov 11.
  • Phenobarbital treatment has long been known to influence serum and hepatic cholesterol levels in rodents and humans. Constitutive androstane receptor (CAR), a member of the nuclear receptor superfamily, mediates various biological actions of phenobarbital. We have thus investigated whether CAR trans
  • PMID 22101211
  • N-vinylpyrrolidone dimer, a novel formulation excipient, causes hepatic and thyroid hypertrophy through the induction of hepatic microsomal enzymes in rats.
  • Yang Y, Ciurlionis R, Kowalkowski K, Marsh KC, Bracken WM, Blomme EA.SourceGlobal Pharmaceutical Research and Development, Abbott Laboratories, Abbott Park, IL, USA. yi.yang@abbott.com
  • Toxicology letters.Toxicol Lett.2012 Jan 5;208(1):82-91. Epub 2011 Oct 20.
  • N-vinylpyrrolidone dimer (VPD) is a novel experimental formulation excipient intended for preclinical toxicology studies. In a previous 4-week toxicity study, VPD induced dose-dependent hepatocellular and thyroid gland hypertrophy in Sprague-Dawley (SD) rats. The objectives of the current investigat
  • PMID 22037397
  • ED50 and Recovery Times After Propofol in Rats with Graded Cirrhosis.
  • Li Z, Chen X, Meng J, Deng L, Ma H, Csete M, Xiong L.SourceDepartment of Anesthesiology, General Hospital of Ning Xia Medical University, Yin Chuan, China 750004. chenxuexin666@sohu.co.
  • Anesthesia and analgesia.Anesth Analg.2012 Jan;114(1):117-21. Epub 2011 Oct 14.
  • BACKGROUND: Patients with end-stage liver disease have increased sensitivity to general anesthetics. In this study, we sought to quantify sensitivity to propofol as a function of the degree of liver disease, in a rat model of cirrhosis.METHODS: Liver disease was induced by carbon tetrachloride (CCl(
  • PMID 22003221

和文文献

  • 抗てんかん薬長期投与中に急性めまい・眼球運動異常をきたした1症例
  • 小山 京子,矢部 多加夫,井上 雄太
  • Equilibrium research 71(4), 231-236, 2012-08-01
  • … She was under treatment with 4 antiepileptic drugs (phenytoin, phenobarbital, valproate, and carbamazepine). … However, the concentration of phenytoin and phenobarbital blood concentrations were slightly high. … Phenobarbital occasionally induces an increase in phenytoin's toxicity. …
  • NAID 10031026728
  • 小児てんかん重積状態および発作群発に対する静注用 phenobarbital 維持療法の有用性と薬物動態についての検討
  • 菊池 健二郎,浜野 晋一郎,松浦 隆樹,鈴木 ことこ,田中 学,南谷 幹之,井田 博幸
  • てんかん研究 = Journal of the Japan Epilepsy Society 30(1), 19-26, 2012-06-30
  • … 小児てんかん重積状態および発作群発状態に対してphenobarbital(PB)静注維持療法を施行した7症例(男:女=4例:3例、中央値年齢2.9歳)を後方視的に検討した。 …
  • NAID 10030426524

関連リンク

Phenobarbitalとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 Phenobarbitalとは - goo Wikipedia (ウィキペディア) gooトップ サイトマップ スタートページに設定 RSS ヘルプ メニューへスキップ ...
Learn about the prescription medication Phenobarbital (Phenobarbital), drug uses, dosage, side effects, drug interactions, warnings, reviews and patient labeling. ... Scientists Fish for New Epilepsy Model » "According to new ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元薬理学」「薬剤性過敏症症候群」「フェノバルビタール」「luminal」「PB
拡張検索phenobarbital sodium」「2-desoxyphenobarbital」「methylphenobarbital」「phenobarbitalum

薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


薬剤性過敏症症候群」

  [★]

drug-induced hypersensitivity syndrome DIHS
drug rash with eosinophilia and systemic symptoms DRESSdrug-induced delayed multiorgan hypersensitivity syndrome DIDMOS
薬疹


概念

  • 高熱と臓器障害を伴う薬疹で、医薬品中止後も遷延化する。多くの場合、発症後2-3週間後にHHV-6の再活性化を生じる。(参考1)

病因

  • 薬剤アレルギーとHHV-6の再活性化で起こる。

原因薬物

原因薬物としては芳香族抗てんかん薬とスルホンアミド系抗菌薬が最も多い (参考2)
参考3

病態

  • 特定の薬剤を服用した2-6週間後に突然の発熱と紅斑を来たし、ついには紅皮症を呈する。
  • リンパ節腫脹、血液学的異常、肝機能障害を伴う。
  • 肺炎、腎不全、心筋炎、甲状腺炎、神経学的症状を呈することがある。(参考2)

症状

  • 全身症状:発熱、関節痛
  • 皮膚症状:紅斑・紅皮症

身体所見

  • 顔面浮腫
  • リンパ節腫脹

検査

  • 血算:白血球増多、異型リンパ球有り、好酸球増多
  • 血清学的検査:IgM-抗HHV-6抗体陽性

検査異常の出現頻度

参考2
  • 肝炎:51%
  • 間質性腎炎:11%
  • 血液学的異常(好酸球増多、異型単核球):30%


診断基準

参考1
  • 1. 限られた薬剤投与後に遅発性に生じ、急速に拡大する紅斑。多くの場合、紅皮症に移行する
  • 2. 原因薬剤中止後も2週間以上遷延する
  • 3. 38 ℃以上の発熱
  • 4. 肝機能障害
  • 5. 血液学的異常:a、b、c のうち1 つ以上
  • a. 白血球増多(11,000/mm3 以上)
  • b. 異型リンパ球の出現(5%以上)
  • c. 好酸球増多(1,500/mm3 以上)
  • 6. リンパ節腫脹
  • 7. HHV-6 の再活性化
典型DIHS:1 - 7 すべて
非典型DIHS:1 - 5 すべて。ただし4 に関しては、その他の重篤な臓器障害をもって代えることができる。

治療

  • 薬剤の中止、全身ステロイド療法(要するに静注ということか)。(参考1)

予後

  • 完全に治癒する。重症例では生命予後不良。(参考1)

参考

  • 1. 重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤性過敏症症候群
[display]http://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1a09.pdf
  • 2. [charged] Drug eruptions - uptodate [1]
CLASSIC DRUG REACTION PATTERNSの1項目として記載。
  • 3.
[display]www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1012_01.pdf


国試


フェノバルビタール」

  [★]

phenobarbital PB
フェノバルビトン phenobarbitoneフェニルバルビトン phenyl barbitoneエチルフェニルバルビツール酸 ethylphenylbarbituric acidルミナール luminal
phenobarbitalum
フェノバルビタールナトリウム
ルミナール Luminalノーベルバールフェノバールルピアールワコビタールアストモリジン(プロキシフィリンエフェドリンフェノバルビタール)。複合アレビアチンヒダントール(フェニトインフェノバルビタール)。ベゲタミン(クロルプロマジンプロメタジンフェノバルビタール)。トランコロン(フェノバルビタールメペンゾラート)
抗てんかん薬バルビタール


作用機序

  • Na+チャネルの不活性化

添付文書

  • ノーベルバール静注用250mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1139400F1023_1_03/1139400F1023_1_03?view=body


luminal」

  [★]

  • adj.
  • 管腔の
lumenlumenalluminaphenobarbitalphenobarbital sodium


PB」

  [★] フェノバルビタール phenobarbital


phenobarbital sodium」

  [★]

luminalphenobarbital

2-desoxyphenobarbital」

  [★] プリミドン2-デスオキシフェノバルビタール


methylphenobarbital」

  [★]

メチルフェノバルビタール

mephobarbital

phenobarbitalum」

  [★] フェノバルビタール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡