pentose phosphate pathway

出典: meddic

ペントースリン酸経路

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/19 16:53:53」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Disruption of PHO13 improves ethanol production via the xylose isomerase pathway.
  • Bamba T1, Hasunuma T2, Kondo A3,4.
  • AMB Express.AMB Express.2016 Dec;6(1):4. doi: 10.1186/s13568-015-0175-7. Epub 2016 Jan 14.
  • Xylose is the second most abundant sugar in lignocellulosic materials and can be converted to ethanol by recombinant Saccharomyces cerevisiae yeast strains expressing heterologous genes involved in xylose assimilation pathways. Recent research demonstrated that disruption of the alkaline phosphatase
  • PMID 26769491
  • Mechanical insights of oxythiamine compound as potent inhibitor for human transketolase-like protein 1 (TKTL1 protein).
  • Mariadasse R1, Biswal J1, Jayaprakash P1, Rao GR1, Choubey SK1, Rajendran S1, Jeyakanthan J1.
  • Journal of receptor and signal transduction research.J Recept Signal Transduct Res.2016 Jun;36(3):233-42. doi: 10.3109/10799893.2015.1080272. Epub 2015 Oct 19.
  • Transketolase is a connecting link between glycolytic and pentose phosphate pathway, which is considered as the rate-limiting step due to synthesis of large number of ATP molecule and it can be proposed as a plausible target facilitating the growth of cancerous cells suggesting its potential role in
  • PMID 26481897
  • Flaxseed Protects Against Diabetes-Induced Glucotoxicity by Modulating Pentose Phosphate Pathway and Glutathione-Dependent Enzyme Activities in Rats.
  • Gök M1, Ulusu NN2, Tarhan N3, Tufan C3, Ozansoy G3, Arı N3, Karasu Ç4.
  • Journal of dietary supplements.J Diet Suppl.2016 May 3;13(3):339-51. doi: 10.3109/19390211.2015.1036188. Epub 2015 Aug 28.
  • This study investigated the effects of flaxseed (Linum usitatissimum L.) intake on general metabolism, pentose phosphate pathway (PPP) and glutathione-dependent enzymes in diabetic rats. Diabetes was induced by streptozotocin injection (40 mg/kg, i.p.) and the enzyme activities were determined spec
  • PMID 26317558

和文文献

  • アストロサイトとニューロンの代謝コンパートメントからみたパーキンソン病の病態と治療
  • 髙橋 愼一,関 守信,鈴木 則宏
  • Brain and nerve : 神経研究の進歩 65(12), 1497-1508, 2013-12
  • NAID 40019901598
  • 酵素電極触媒型NADPH酸化反応を共役したペントースリン酸経路の再構成
  • 酒井 秀樹,戸木田 裕一,辻村 清也 [他]
  • 電気化学および工業物理化学 81(12), 981-984, 2013-12
  • NAID 40019896206
  • Xylitol production by NAD⁺-dependent xylitol dehydrogenase (xdhA)- and L-arabitol-4-dehydrogenase (ladA)-disrupted mutants of Aspergillus oryzae
  • Mahmud Asif,Hattori Koji,Chen Hongwen [他],Kitamoto Noriyuki,Suzuki Tohru,Nakamura Kohei,Takamizawa Kazuhiro
  • Journal of bioscience and bioengineering 115(4), 353-359, 2013-04
  • … However, accumulation of xylitol is controlled by dehydrogenases, such as xylitol dehydrogenase (XDH) and L-arabitol-4-dehydrogenase (LAD), and fluxed into the pentose phosphate pathway. …
  • NAID 110009603679

関連リンク

Pentose Phosphate Pathway Generation of NADPH and Pentoses Overview Function NADPH production Reducing power carrier Synthetic pathways Role as cellular antioxidants Ribose synthesis Nucleic acids and nucleotides ...
The pentose phosphate pathway is a process of glucose turnover that produces NADPH as reducing equivalents and pentoses as essential parts of nucleotides. There are two different phases in the pathway. One is irreversible ...
Regulation: Glucose-6-phosphate Dehydrogenase is the committed step of the Pentose Phosphate Pathway. This enzyme is regulated by availability of the substrate NADP +. As NADPH is utilized in reductive synthetic pathways ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元グルタチオン」「ペントースリン酸経路」「PPP」「pentose shunt」「五炭糖リン酸経路
関連記事phosphate」「pathway」「pentose

グルタチオン」

  [★]

glutathione, GSH
γ-グルタミルシステイニルグリシン γ-glutamylcysteinylglycine5-L-グルタミルL-システイニルグリシン
オペガードネオキットタチオンビーエスエスプラスランデールチオン


概念

  • 細菌からヒトに至るまで広く存在するチオール含有ペプチドである。
  • グルタチオンは細胞内の主要な抗酸化成分であり、また、毒物などを細胞外に排出することで、細胞を内的・外的な環境の変化から守る役割を果たしている。
  • グルタチオンは、細胞内に 0.5-10 mMという比較的高濃度で存在する。一方細胞外の濃度はその1/100から1/1000程度である。グルタチオンには還元型 (GSH) と酸化型 (glutathione disulfide, GSSG)が存在する。酸化型は、二分子の還元型グルタチオンがジスルフィド結合によってつながった分子である。細胞内のグルタチオンは、通常、ほとんど(98%以上)が還元型であり、この状態はグルタチオン還元酵素によって維持されている。

構造

  • グルタチオンは'グルタミン酸、システイン、グリシンが、この順番でペプチド結合したトリペプチドである (L-γ-glutamyl-L-cysteinyl-glycine)。ただし、グルタミン酸とシステインの結合は通常のペプチド結合とは異なり、グルタミン酸側鎖のγ-カルボキシ基とシステイン主鎖のα-アミノ基からなる(γ-グルタミル結合)。このためグルタチオンは、ペプチドでありながら、ほとんどのプロテアーゼに対して耐性であり、分解されない。グルタチオンを直接分解できる酵素はγ-グルタミルトランスペプチターゼや、その近縁のごく限られた酵素のみである。


参考

  • タチオン注射用100mg/*タチオン注射用200mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3922400D1060_1_01/3922400D1060_1_01?view=body



ペントースリン酸経路」

  [★]

pentose phosphate pathway, PPP, pentose phosphate cycle
五炭糖リン酸回路ヘキソース一リン酸回路 hexose monophosphate pathwayhexose monophosphate shunt HMP shunt、ワールブルグ・ディケンズ経路 ワーブルグ・ディッケンズ経路 Warburg-Dickens pathwayホスホグルコン酸経路?? phosphogluconate oxidative pathway??
解糖系


臨床関連



PPP」

  [★]


pentose shunt」

  [★]

hexose monophosphate shuntpentose phosphate pathway


五炭糖リン酸経路」

  [★]

pentose phosphate pathway
ペントースリン酸経路


phosphate」

  [★]

  • n.
inorganic phosphateorthophosphateorthophosphoric acidphosphophosphoesterphosphoricphosphoric acidphosphoric acid esterphosphorus

WordNet   license wordnet

「a salt of phosphoric acid」
orthophosphate, inorganic phosphate

WordNet   license wordnet

「carbonated drink with fruit syrup and a little phosphoric acid」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉リン酸塩 / 《複数形で》リン酸肥料」


pathway」

  [★]

route

WordNet   license wordnet

「a trodden path」
footpath

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「道,小道(path)」


pentose」

  [★]

WordNet   license wordnet

「any monosaccharide sugar containing five atoms of carbon per molecule」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3