pain

出典: meddic

  • n.


http://dictionary.reference.com/browse/pain
  • n.
  • physical suffering or distress, as due to injury, illness, etc.
  • a distressing sensation in a particular part of the body
  • mental or emotional suffering or torment
  • pains,
  • laborious or careful efforts; assiduous care
  • the suffering of childbirth.


WordNet   license wordnet

「cause emotional anguish or make miserable; "It pains me to see my children not being taught well in school"」
anguish, hurt

WordNet   license wordnet

「a symptom of some physical hurt or disorder; "the patient developed severe pain and distension"」
hurting

WordNet   license wordnet

「a bothersome annoying person; "that kid is a terrible pain"」
pain in the neck, nuisance

WordNet   license wordnet

「a somatic sensation of acute discomfort; "as the intensity increased the sensation changed from tickle to pain"」
pain sensation, painful sensation

WordNet   license wordnet

「emotional distress; a fundamental feeling that people try to avoid; "the pain of loneliness"」
painfulness

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』 / 〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛 / 《複数形で》骨折り,苦労,努力 / 〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者 / (肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/03 09:35:32」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/09/11 05:30:07」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2018/03/26 11:31:40」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2018/09/01 17:07:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Explicit finite element modelling of heel pad mechanics in running: inclusion of body dynamics and application of physiological impact loads.
  • Chen WM1, Lee PV.
  • Computer methods in biomechanics and biomedical engineering.Comput Methods Biomech Biomed Engin.2015 Nov;18(14):1582-95. doi: 10.1080/10255842.2014.930447. Epub 2014 Jul 1.
  • Many heel pathologies including plantar heel pain may result from micro tears/trauma in the subcutaneous tissues, in which internal tissue deformation/stresses within the heel pad play an important role. Previously, many finite element models have been proposed to evaluate stresses inside the heel p
  • PMID 24980181
  • Biomechanical behaviour of cancellous bone on patellofemoral arthroplasty with Journey prosthesis: a finite element study.
  • Castro AP1, Completo A, Simões JA, Flores P.
  • Computer methods in biomechanics and biomedical engineering.Comput Methods Biomech Biomed Engin.2015 Aug;18(10):1090-1098. Epub 2014 Jan 27.
  • Isolated patellofemoral (PF) arthritis of the knee is a common cause of anterior knee pain and disability. Patellofemoral arthroplasty (PFA) is a bone conserving solution for patients with PF degeneration. Failure mechanisms of PFA include growing tibiofemoral arthritis and loosening of components.
  • PMID 24460149
  • Self-powered microneedle-based biosensors for pain-free high-accuracy measurement of glycaemia in interstitial fluid.
  • Strambini LM1, Longo A1, Scarano S2, Prescimone T3, Palchetti I2, Minunni M2, Giannessi D3, Barillaro G4.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2015 Apr 15;66:162-8. doi: 10.1016/j.bios.2014.11.010. Epub 2014 Nov 10.
  • In this work a novel self-powered microneedle-based transdermal biosensor for pain-free high-accuracy real-time measurement of glycaemia in interstitial fluid (ISF) is reported. The proposed transdermal biosensor makes use of an array of silicon-dioxide hollow microneedles that are about one order o
  • PMID 25601169
  • Beyond risky alcohol use: Screening non-medical use of prescription drugs at National Alcohol Screening Day.
  • Silvestri MM1, Knight H1, Britt J1, Correia CJ2.
  • Addictive behaviors.Addict Behav.2015 Apr;43:25-7. doi: 10.1016/j.addbeh.2014.10.027. Epub 2014 Nov 1.
  • INTRODCUTION: Recent epidemiological data has indicated an increasing trend in the non-medical use of prescription drugs (NMUPD) among college students. NMUPD has shown a strong relationship with heavy alcohol use and associated negative consequences. Despite the trends and association with other ri
  • PMID 25541290

和文文献

  • Farmers' Cohort for Agricultural Work-Related Musculoskeletal Disorders (FARM) Study: Study Design, Methods, and Baseline Characteristics of Enrolled Subjects
  • 慢性疼痛におけるエピジェネティクス研究の最前線 (第1土曜特集 クリニカルエピゲノミクス) -- (各種疾患)
  • ナノテクノロジーから生まれる未来の注射針の開発 (特集 痛み治療に関わるドラッグデリバリーシステム)
  • 経皮吸収型オピオイド製剤 (特集 痛み治療に関わるドラッグデリバリーシステム)

関連リンク

pain 【自動】痛む 【他動】~に苦痛[痛み]を与える、~を苦しめる 【名】 〔... - アルクがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書データベース。一般的な単語や連語から、イディオム、専門用語、スラングまで幅広く収録。
プログレッシブ英和中辞典(第4版) - /péin/[名]1 [U][C](肉体的な)苦痛, 苦しみ;[C](身体の局部的な)痛みa stab of pain|刺すような痛みawake in pain|痛みで目がさめるhave [feel] back pains [=have pains in the ...
PAIN is the official journal of the International Association for the Study of Pain and publishes original research on the nature, mechanisms and treatment of pain. The journal provides a forum for the dissemination of research in the ...

関連画像

VMK Naturopath Veronika KimmichBack PainAbout Me - January 22, 2011 - 0 CommentsNeck Pain.Imagens - PainAnterior Knee Pain and Runner’s kneeBack PainBack Pain


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 10」「100Cases」「炎症」「区画症候群」「ache
拡張検索painful」「chronic low back pain
関連記事pained」「pa」「pai

100Cases 10」

  [★]

☆case10 背痛
症例
27歳 女性
主訴背中に突き抜ける?痛み(pain across her back)
現病歴背中に広がる痛みを訴えて、27歳の女性救急部に運ばれてきた。2日前に熱が出て背部痛が始まり、以降調子が悪い。痛みは増強している。6時間前に2度嘔吐した。
既往歴:3ヶ月前に合併症のない胆嚢炎
・身体診断
調子が悪そうであり、紅潮している。体温:39.2℃。脈拍:120/分。血圧:104/68 mmHg心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部全体的圧痛両側腰部著明圧痛
検査
(血液生化学)
白血球↑、血清尿素↑、CRP
(尿検査)
タンパク:++、鮮血:+++、亜硝酸塩:++
尿の顕微鏡検査:(おそらく400倍の一視野に)赤血球>50、白血球>50
腹部X線:正常
glossary
loin n. (pl)腰、腰部(→(adj.)lumbar)。(獣の)腰肉、ロイン。(pl)陰部生殖器性器
腸雑音、腸音、intestinal murmurintestinal soundbowel sound
urine microscopy 尿の顕微鏡検査
dysuria 排尿障害
urgency n. 切迫、急迫、危急。緊急、火急、焦眉の急。[pl]しつこい要求、懇願。せき立てる力、刺激
hydronephrosis 水腎症
-nephros 腎臓
-stomy 開口術
nephrostomy n. 腎瘻造設術、腎造瘻術、腎瘻術
obstructive urophathy 閉鎖性尿路疾患
intravenous fluid 静脈内輸液
commence vt. 始める、開始する。 vi. ~から始める、始まる(with)
urgently
eradication n. 根絶、撲滅
mimic vt. ~の物まねをする、まねて馬鹿にする。そっくりに[卑屈に]まねる。~によく似る
renal ultrasound 腎臓超音波検査
obstructive uropathy 閉塞性尿路疾患
polycystic kidney disease 多発性嚢胞腎
medullary sponge kidney 海綿腎
loin-pain hematuria syndrome 腰痛血尿症候群
解説
(第1パラグラフ)疫学
 急性腎盂腎炎男性より女性more common尿路からの細菌の上行感染リスク妊娠糖尿病、免疫低下者、尿路奇形(尿の腎臓への逆流。そして多分狭窄していたりして結石閉塞されやすいこともあると思う)
(第2パラグラフ)病態
 食欲不振悪心嘔吐と共に40℃の発熱が出ることがある。
 腎盂腎炎患者の中には膀胱炎先行症状(排尿障害頻尿、尿意切迫血尿)がある人がいるけど、こういう下部尿路症状がいつも出現するわけではない。
 多くの腎盂腎炎患者は、先行する6ヶ月以内の膀胱炎既往がある。
 老人場合、非典型的な症状を示し、そして混乱した状態でやってくる。
 腎盂腎炎は他の病態によく似ている:急性虫垂炎、急性胆嚢炎急性膵炎下葉肺炎
 普通体表から見て腎臓の直上に前からも後ろからも圧痛を感じる。
 未治療腎盂腎炎では敗血症になるかもしれない。
(第3パラグラフ)本ケースについて
 ・CRP上昇急性感染症示唆
 ・顕微鏡的血尿タンパク尿、白血球増多は尿路炎症を示す。
 ・硝酸塩(nitrate, HNO3と何かの塩)から亜硝酸塩(nitrite, HNO2と何かの塩)への還元により細菌存在確認される。
  覚え方:亜硝酸は(Oが一つ)足らないi(愛)
  でも複雑です。
   HNO2 亜硝酸 nitrous acid, nitrite 。亜硝酸塩 nitrite
   HNO3 硝酸 nitric acid, nitrate   。硝酸塩 nitrate
(第4パラグラフ)管理
 ・女性入院すべき。
 ・血液と尿の採取
 ・静脈内輸液抗生物質治療開始微生物同定されたら、感受性のある抗菌薬を使用する。初期治療ではゲンタマイシンアンピシリンシプロフロキサシンを用いる
 ・腎臓エコー検査尿路閉塞除外するため。閉塞性尿路疾患では、激しい痛み、発熱敗血症ショック腎不全を伴う脳腎症を起こしうる。
 ・尿路敗血症経過水腎症が疑われたら、合併症を防ぐために緊急に腎瘻を造設すべき
(第5パラグラフ)薬物治療
 ・(腎結石など合併していない)腎感染症(ucomplicated renal infection)患者抗生物質2週間のコース治療すべき。
 ・感染根絶確実にする治療が終わった後10-14日間は、反復して細菌培養をする。<
 ・尿路結石を有する感染症や腎瘢痕を有する患者では抗生物質6週間のコースが用いられる。
鑑別診断ポイント
 腎盂腎炎片側性、あるいは両側性の腰痛を引き起こす。
 腰部痛の鑑別診断
  閉塞性尿路疾患
  腎梗塞心疾患などで生じた血栓腎動脈またはその分枝閉塞し、その血管の支配領域が虚血性壊死に陥った状態
  腎細胞癌:腎尿細管上皮細胞より発生する悪性腫瘍
  腎乳頭壊死腎乳頭より腎髄質にかけて、その支配動脈の虚血により壊死を来したもの。 主として基礎疾患糖尿病を有する人にみられ、しばしば急性腎盂腎炎などの尿路感染に伴って発症する。
  腎結石
  糸球体腎炎
  多発性嚢胞腎先天性かつ両側性に腎実質内に大小無数の嚢胞発生する。 ほとんどが両側性で、貧血、顕微鏡的血尿蛋白尿、高血圧といった症状を呈しながら腎機能が低下し、最終的には腎不全となる疾患
  海綿腎腎錐体における集合管先天性嚢状拡張症。症状としては拡張した集合管に尿の停滞 → 感染・細かな結石ができる。
  腰痛血尿症候群:若年女性に好発し、反復して出現する腰部から側腹部の強い疼痛血尿主徴とする病因不明の疾患。肉眼的血尿軽度蛋白尿がみられることもあるが、特異的検査所見はなく、診断は他疾患除外診断による
■KEYPOINT
急性腎盂腎炎は下部尿路症状があったり無かったりする。
腎臓超音波検査尿路閉塞否定するために入院24時間後に行うべき。
抗菌薬は、再発リスク最小限するために、少なくとも2週間継続すべき。
閉塞性尿路疾患(http://merckmanual.jp/mmpej/sec17/ch229/ch229a.htmlより引用)
KUB陰影から尿路結石成分の推定
 リンカルシウム(22.0)
 シュウ酸カルシウム(10.8):シュウ酸カルシウム結石は,尿路結石のうちで最も頻度が高く(70~80%),シュウ酸カルシウム結石の約半数はリンカルシウムとの混合結石である。
 リン酸マグネシウムアンモニウム(4.1):ストラバイト結石:尿素分解菌(Proteus 、Klebsiella 、Pseudomonas )による尿路感染原因で、尿素分解されアンモニアとなると尿がアルカリ性となり、リン酸マグネシウムアンモニウム結石形成される。
 シスチン(3.7):ホモシスチン尿症
 尿酸(1.4):痛風
 キサンチン(1.4):プリン
□多嚢胞
 常染色体劣性多発性嚢胞腎ARPKD
  旧名:幼児型嚢胞
 常染色体優性多発性嚢胞腎ADPKD
  旧名:成人型嚢胞


100Cases」

  [★]


炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

区画症候群」

  [★]

compartment syndrome
コンパートメント症候群 コンパートメントシンドローム筋区画症候群

好発部位

  • 前腕:掌側区画(フォルクマン拘縮)
  • 下腿:前方区画(前脛骨区画)>外側区画>後方深部区画>後方浅部区画

分類

経過

  • 急性区画症候群
  • 慢性区画症候群

部位

  • 前腕区画症候群
  • 下腿区画症候群

区画症候群の6P

  • pain:灼熱感を伴った激しい疼痛
  • pain with stretch:指を他動的に伸展すると筋腹から指先に放散する激痛
  • pallor:蒼白
  • paresthesia:錯感覚
  • paralysis:麻痺
  • pulselessness:脈拍消失

診断

  • 出血や浮腫が見られている部位に腫脹、筋肉の緊張があれば区画症候群を疑う。
  • 確定診断には筋区画内圧の測定を行い、30-40mmHg以上の場合は異常と考える。(正常圧:10mmHg以下)

治療

  • 神経症状が発現した場合直ちに筋膜切開を施行。


ache」

  [★]

  • n.
  • 疼痛, (うずくような)痛み
http://dictionary.reference.com/browse/ache
  • vi.
  • .to have or suffer a continuous, dull pain
  • .to feel great sympathy, pity, or the like
  • .to feel eager; yearn; long
  • n.
  • .a continuous, dull pain (in contrast to a sharp, sudden, or sporadic pain).


burning painpainradiating pain

WordNet   license wordnet

「a dull persistent (usually moderately intense) pain」
aching

WordNet   license wordnet

「have a desire for something or someone who is not present; "She ached for a cigarette"; "I am pining for my lover"」
yearn, yen, pine, languish

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(継続的に鈍く)〈人が〉『痛みを感じる』,〈身体が〉痛む,うずく / 《話》切望する,心から願う / 《しばしば複合語を作って》(継続的な鈍い)『痛み』,うずき」

WordNet   license wordnet

「be the source of pain」
smart, hurt

painful」

  [★]

dolorous

WordNet   license wordnet

「causing physical or psychological pain; "worked with painful slowness"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の / 人を苦しめる,やっかいな」


chronic low back pain」

  [★]


pained」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《補語にのみ用いて》腹を立てて / 《補語にのみ用いて》(心が)鐘ついて / 不愉快な,気まずい」

pa」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「とうちゃん(papa)」


pai」

  [★]

  • n.


"http://meddic.jp/pain" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:


■広告募集2■

■広告募集3■
表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡