oseltamivir

出典: meddic

オセルタミビル

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/13 23:01:44」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Neu1 sialidase and matrix metalloproteinase-9 cross-talk regulates nucleic acid-induced endosomal TOLL-like receptor-7 and -9 activation, cellular signaling and pro-inflammatory responses.
  • Abdulkhalek S, Szewczuk MR.SourceDepartment of Biomedical & Molecular Sciences, Queen's University, Kingston, Ontario K7L3N6, Canada. Electronic address: samarma@hotmail.com.
  • Cellular signalling.Cell Signal.2013 Nov;25(11):2093-105. doi: 10.1016/j.cellsig.2013.06.010. Epub 2013 Jul 1.
  • The precise mechanism(s) by which intracellular TOLL-like receptors (TLRs) become activated by their ligands remains unclear. Here, we report a molecular organizational G-protein coupled receptor (GPCR) signaling platform to potentiate a novel mammalian neuraminidase-1 (Neu1) and matrix metalloprote
  • PMID 23827939
  • Virological self-sampling to monitor influenza antiviral susceptibility in a community cohort.
  • Lackenby A, Elliot AJ, Powers C, Andrews N, Ellis J, Bermingham A, Thompson C, Galiano M, Large S, Durnall H, Fleming D, Smith G, Zambon M.SourceMicrobiology Services Colindale, Public Health England, London, UK.
  • The Journal of antimicrobial chemotherapy.J Antimicrob Chemother.2013 Oct;68(10):2324-31. doi: 10.1093/jac/dkt203. Epub 2013 Jun 12.
  • OBJECTIVE: To perform antiviral susceptibility monitoring of treated individuals in the community during the 2009 influenza A(H1N1) pandemic in England.PATIENTS AND METHODS: Between 200 and 400 patients were enrolled daily through the National Pandemic Flu Service (NPFS) and issued with a self-sampl
  • PMID 23759670
  • Reduced susceptibility to all neuraminidase inhibitors of influenza H1N1 viruses with haemagglutinin mutations and mutations in non-conserved residues of the neuraminidase.
  • McKimm-Breschkin JL, Williams J, Barrett S, Jachno K, McDonald M, Mohr PG, Saito T, Tashiro M.SourceCSIRO Materials Science and Engineering, 343 Royal Parade Parkville, 3052 Australia.
  • The Journal of antimicrobial chemotherapy.J Antimicrob Chemother.2013 Oct;68(10):2210-21. doi: 10.1093/jac/dkt205. Epub 2013 Jun 11.
  • OBJECTIVES: We characterized human H1N1 influenza isolate A/Hokkaido/15/02, which has haemagglutinin and neuraminidase mutations that reduce drug susceptibility to oseltamivir, zanamivir and peramivir.METHODS: One wild-type and three mutant viruses were isolated by plaque purification. Viruses were
  • PMID 23759505

和文文献

  • 症例報告 オセルタミビルとクラリスロマイシンによる急性腎障害が疑われ,緊急透析を施行した1例
  • 渡邉 廉也,高橋 宏治,多田 和弘 [他]
  • 日本透析医学会雑誌 47(12), 755-759, 2014-12
  • NAID 40020308603
  • Oseltamivir-Resistant Seasonal A(H1N1) and A(H1N1)pdm09 Influenza Viruses from the 2007/2008 to 2012/2013 Season in Nara Prefecture, Japan
  • Yoneda Masaki,Okayama Akiko,Kitahori Yoshiteru
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 67(5), 385-388, 2014-09
  • NAID 40020207266
  • インフルエンザ感染症に合併した急性虫垂炎の2小児例
  • 加藤 正也,今高 城治,岡本 健太郎,谷 有希子,山口 岳史,荻野 恵,土岡 丘,加藤 広行,有阪 治
  • Dokkyo journal of medical sciences 41(2), 173-176, 2014-07-25
  • 症例1は6歳女児.インフルエンザ感染症初日に発熱しオセルタミビルを開始.第3病日,右下腹部に限局した圧痛が出現.腹部造影CTで糞石を認め急性虫垂炎と診断.保存的に加療し炎症反応と腹痛は改善した.症例2は5歳女児.第1病日に発熱と腹痛を認め,第3病日に鼻咽腔迅速検査でインフルエンザB型と診断しザナミビル吸入を開始.触診で右下腹部に反跳痛を認め,腹部単純CTで虫垂壁の肥厚と糞石を確認.急性虫垂炎の併発 …
  • NAID 110009815884

関連リンク

関連画像

The Oseltamivir Molecule bound to Oseltamivir total synthesisOseltamivir does not suppress H7N9 virus Oseltamivir Phosphate Chemical Structurehingga menimbulkan gejala. Oseltamivir Oseltamivir Structure


★リンクテーブル★
リンク元インフルエンザ」「オセルタミビル
拡張検索oseltamivir phosphate

インフルエンザ」

  [★]

influenza, Flu, flu
流行性感冒epidemic catarrh
インフルエンザウイルス


概念

病原体

潜伏期間

  • 1-5日

感染経路

疫学

  • 冬期に流行

症状

合併症

  • 細菌性肺炎
気道粘膜の抵抗性低下、貪食細胞の機能低下による。
起炎菌:黄色ブドウ球菌、肺炎連鎖菌、インフルエンザ桿菌。
  • ライ症侯群
中枢神経合併症で小児に見られる。インフルエンザ及び水痘感染に際してみられる重篤な合併症。新形態射精疾患(急性非炎症性脳炎、脂肪肝から肝機能障害も起こす)。解熱剤として使われたアスピリンとの因果関係がある、らしい。このため、インフルエンザの解熱、とりわけ小児についてはアセトアミノフェンを使うこととなっている。
  • 中枢神経症状
A型インフルエンザウイルスによる上気道炎回復後2-3週間に発症。脳炎タイプは一過性で予後はよい。脳症タイプは予後が悪い。

経過

  • 全身症状(発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛)→局所症状(咳、咽頭痛)→鼻汁、結膜充血、流涙→局所症状の始まりから2-3日で回復

治療

治療薬

検査

  • ウイルス分離:MDCK細胞に接種しCPEの観察。発育鶏卵を利用した羊膜amniotic cavity内接種。尿膜allantoic cavity内培養
  • ウイルス粒子検出:PCR
  • 血清診断:ペア血清を用いて、赤血球凝集抑制試験補体結合反応中和試験で診断

予防

香港A型、ソ連A型、およびB型のウイルスが含まれる
精製ウイルスからエーテル処理により脂質を除去したもの
→表面抗原に対する抗体は誘導されない→感染時に症状を軽減する効果

法令


オセルタミビル」

  [★]

oseltamivir
リン酸オセルタミビル oseltamivir phosphate
タミフル Tamiflu
抗ウイルス薬ウイルスインフルエンザウイルスザナミビル


作用機序

適応

処方

  • インフルエンザ感染症の症状が出現したのち24-36時間以内に投与で、インフルエンザ感染症の症状を軽減できる。



oseltamivir phosphate」

  [★]

oseltamivirTamiflu




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡