orthostatic intolerance

出典: meddic

起立性調節障害起立耐性失調起立不耐性

orthostatic dysregulation

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/21 12:18:47」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • Increasing orthostatic stress impairs neurocognitive functioning in chronic fatigue syndrome with postural tachycardia syndrome.
  • Ocon AJ, Messer ZR, Medow MS, Stewart JM.SourceDepartment of Physiology, New York Medical College, Valhalla, NY, USA. anthony_ocon@nymc.edu
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Mar 1;122(5):227-38.
  • CFS (chronic fatigue syndrome) is commonly co-morbid with POTS (postural tachycardia syndrome). Individuals with CFS/POTS experience unrelenting fatigue, tachycardia during orthostatic stress and ill-defined neurocognitive impairment, often described as 'mental fog'. We hypothesized that orthostatic
  • PMID 21919887
  • Neurohumoral and haemodynamic profile in postural tachycardia and chronic fatigue syndromes.
  • Okamoto LE, Raj SR, Peltier A, Gamboa A, Shibao C, Diedrich A, Black BK, Robertson D, Biaggioni I.SourceVanderbilt Autonomic Dysfunction Center, Vanderbilt University School of Medicine, Nashville, TN, U.S.A.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2012 Feb;122(4):183-92. doi: 10.1042/CS20110200.
  • Several studies recognized an overlap between CFS (chronic fatigue syndrome) and POTS (postural tachycardia syndrome). We compared the autonomic and neurohormonal phenotype of POTS patients with CFS (CFS-POTS) to those without CFS (non-CFS-POTS), to determine whether CFS-POTS represents a unique cli
  • PMID 21906029

和文文献

  • 宇宙環境が循環調節に及ぼす影響とその要因解明へのアプローチ : 衛生学における実験的研究の観点から
  • 青木 健,小川 洋二郎,岩崎 賢一,向井 千秋
  • 日本衞生學雜誌 66(3), 568-572, 2011-05-15
  • … Many physiological changes associated with spaceflight, including decreases in orthostatic tolerance, exercise capacity, and blood volume have been reported. … Orthostatic intolerance is a problem affecting many astronauts immediately postspaceflight. … In particular, the relationship between orthostatic intolerance and cerebral autoregulation has been the focus of study in our research group. …
  • NAID 10029364318
  • 起立性調節障害は起立時の下大静脈径の変化から2タイプに分類される
  • 藤井 由里,ISHIZAKI Yuko,KINO Minoru,TANIUCHI Shoichiro,KOBAYASHI Yohnosuke,KANEKO Kazunari
  • Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society 53(2), 162-167, 2011-04-01
  • NAID 10029557575

関連リンク

Orthostatic intolerance is a confusing topic. Some of the confusion originates from recent appreciation of the condition's clinical variants, some originates from the emerging understanding of its diverse underlying ...
Prognosis The majority of individuals affected with Orthostatic Intolerance Syndromes see an improvement in their condition, and only experience mild symptoms. However, for some, the disorder can be a debilitating condition, that ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元起立性調節障害」「起立不耐性」「起立耐性失調
関連記事intolerance」「orthostatic

起立性調節障害」

  [★]

orthostatic dysregulation OD, orthostatic intolerance
起立性低血圧

概念

  • 立ちくらみ、めまい、頭痛、朝起きが悪いなどの起立性低血圧症状に、動悸、頭痛、腹痛などを伴った全身性の自律神経反射の不安定な状態。
  • 朝起きられず、学校に行きづらいために登校拒否と間違われている例が少なくない(PED.967)

疫学

  • 思春期(10歳以降、12-14歳で最多)に多く、性差なし(若干、女児多い) (PED.968)
  • 学童の3-10%に認められる (PED.968)
  • 4月から7月に症状が悪化。成績が低下しうる。
  • 家族、特に母親にも同様の症状をみることが多い。

病因

  • 自律神経の失調:起立という動作に対する心臓、血管を主体とする循環器系の反応、調節が十分でないために種々の症状を呈する(PED.967)。
  • 心理的ストレスの影響を受ける:小学生では母親からの分離不安や転換性障害。中学生では学業や友人関係のトラブルから生じる適応障害、不安障害、転換性障害など。

病態

  • 本来起立時に起こる血管反射の失調 → 下半身への血液の貯留 → 循環血液量減少 → 心拍出量低下 → 脈圧↓(収縮期血圧↓、拡張期血圧↑)、脳血流低下

症状

  • 立ちくらみ、眩暈
  • 易疲労感、食欲不振、頭痛、腹痛

診断

  • 症状 + 起立試験

鑑別診断

  • 貧血、脳腫瘍、てんかん、神経症など

診断基準

PED.967 参考3
  • 大基準
  • A. 立ちくらみ、あるいはめまいを起こしやすい
  • B. 立っていると気持ちが悪くなる、ひどくなると倒れる
  • C. 入浴時あるいは嫌なことが目開すると気持ちが悪くなる
  • D. 少しでも動くと動悸あるいは息切れがする
  • E. 朝なかなか起きられず、午前中調子が悪い
  • 小基準
  • 顔色が青白い。
  • b. 食欲不振。
  • c. 臍仙痛をときどき訴える。
  • d. 倦怠あるいは疲れやすい。
  • e. 頭痛をしばしば訴える。
  • f. 乗り物に酔いやすい。
  • g. 起立試験で脈圧狭少16mmHg以上。
  • h. 起立試験で収縮期血圧低下21mmHg以上。
  • i. 起立試験で脈拍数増加1分間21以上。
  • j. 起立試験で立位心電図T1, T2 の0.5 mV以上の減高、その他の、変化。  ← I誘導、II誘導のT波のことらしい

判定

以上の症状のうち、次のいずれかに当てはまり、かつ器質性疾患を除外して、起立性調節障害と診断する。
  • (1)大症状1と小症状3以上
  • (2)大症状2と小症状1以上
  • (3)大症状3以上

検査

  • 起立試験
  • 1. 脈圧低下が16mmHg以上
  • 2. 収縮期血圧低下が21mmHg以上
  • 3. 脈拍数増加が1分間に21以上
  • 4. ECG上、I,II誘導においてT波が0.2mV以上減高

治療

  • 薬物療法:昇圧薬(アメジウム、ミドドリンジヒドロエルゴタミンなど)、末梢血管収縮薬、抗不安薬を選択し
  • 生活療法:睡眠リズムを正常に戻す生活指導、運動療法、乾布摩擦などの鍛練療法、 → 血管反射を促す
  • 心理療法:自律訓練法など

参考

  • 1. 起立性調節障害Support Group
企画・監修:田中 英高 (大阪医科大学小児科准教授) 、企画協力:松島 礼子 (済生会吹田病院小児科)
http://www.inphs-od.com/
  • 2. 日本小児心身医学会
http://www.jisinsin.jp/detail/01-tanaka.htm
  • 3.
http://www.uraoka.com/sonota/od.html


起立不耐性」

  [★]

orthostatic intolerance
起立耐性失調起立性調節障害


起立耐性失調」

  [★]

orthostatic intolerance
起立性調節障害起立不耐性


intolerance」

  [★]

WordNet   license wordnet

「impatience with annoyances; "his intolerance of interruptions"」

WordNet   license wordnet

「unwillingness to recognize and respect differences in opinions or beliefs」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉(宗教・意見・習慣の相違について)偏狭で認めないこと / 〈U〉(寒暑・痛みなどに)耐えられないこと;〈C〉過敏症」

orthostatic」

  [★]

ortho+static
  • adj.
  • 起立性の
  • ex.

WordNet   license wordnet

「pertaining to an upright standing posture; "orthostatic hypotension"」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡