neurinoma

出典: meddic

神経鞘腫

WordNet   license wordnet

「tumor (usually benign) of the sheath surrounding a nerve」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/11 12:16:57」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Large foot schwannoma with bone invasion - A case report.
  • Flores Santos F1, Pinheiro M2, Felicíssimo P3.
  • Foot and ankle surgery : official journal of the European Society of Foot and Ankle Surgeons.Foot Ankle Surg.2014 Jun;20(2):e23-6. doi: 10.1016/j.fas.2014.01.003. Epub 2014 Jan 30.
  • A rare case of a large foot schwannoma with an intraosseous component is presented. Due to suspicion of malignancy, an amputation had previously been proposed. When the patient presented to us, the prolonged clinical course as well as some elements of the imaging exams suggested benignancy and we de
  • PMID 24796841
  • Neurofibromatosis type 2 and its head and neck manifestations: Literature review and population study in the Community of Cantabria and the province of Las Palmas.
  • Guerra-Jiménez G1, Camargo Camacho P2, Ramos-Macías A3, Morales Angulo C4.
  • Acta otorrinolaringologica espanola.Acta Otorrinolaringol Esp.2014 May - June;65(3):148-156. doi: 10.1016/j.otorri.2013.12.001. Epub 2014 Feb 28.
  • INTRODUCTION AND OBJECTIVES: Neurofibromatosis type 2 (NF2) is an infrequent autosomal dominant disease characterised by the appearance of viii nerve schwannomas, meningiomas and ocular abnormalities. Incidence of 1:25,000 and prevalence above 1:80,000 are estimated in general. The objectives of our
  • PMID 24582430
  • Giant schwannoma of the first metatarsal: a rare entity.
  • Ansari MT1, Rastogi S2, Khan SA3, Yadav C3, Rijal L4.
  • The Journal of foot and ankle surgery : official publication of the American College of Foot and Ankle Surgeons.J Foot Ankle Surg.2014 May-Jun;53(3):335-9. doi: 10.1053/j.jfas.2014.01.014. Epub 2014 Mar 20.
  • Schwannomas of osseous origin are rare, and schwannomas of the short tubular bones are even rarer. These benign-looking tumors are difficult to diagnose using imaging alone. However, histopathologic evaluation of a biopsy specimen can establish the diagnosis by identifying Antoni type A and B zones.
  • PMID 24656765

和文文献

  • 胸髄硬膜内髄外に発生した嚢腫性神経鞘腫の1例
  • 棚平 健,藤本 徹,谷脇 琢也,岡田 龍哉,田畑 聖吾,杉本 一樹,寺本 周平,水田 博志
  • 整形外科と災害外科 64(2), 281-283, 2015
  • 胸髄硬膜内髄外に発生した嚢腫性神経鞘腫の1例を経験したので報告する.症例は45歳,女性で,主訴は右背部,右側胸部痛であった.2年ほど前から右背部,右側胸部痛があり,疼痛が持続するためMRIを撮像したところ,第5から第6胸椎レベルに腫瘍性病変を認めた.造影MRI検査で強いring enhancementを呈する点が他の腫瘍性病変との鑑別に有用であった.病理所見で,嚢腫壁はシュワン細胞性の紡錘形細胞が …
  • NAID 130005071274
  • 臨床経験 嚢胞形成を伴った迷走神経肺枝由来葉間部神経鞘腫
  • 松岡 隆久,今西 直子,長井 信二郎
  • 胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 67(12), 1085-1088, 2014-11
  • NAID 40020244245
  • 機器 上頸部神経鞘腫手術におけるNerve Integrity Monitoring (NIM)の有用性
  • 馬場 優,西山 崇経,吉浜 圭祐
  • 耳鼻咽喉科臨床 107(2), 153-158, 2014-02
  • NAID 40019962683

関連リンク

neurilemoma [noor″ĭ-lĕ-mo´mah] a tumor of a neurilemma (peripheral nerve sheath); called also schwannoma and neurinoma. neu·ri·no·ma (nū'ri-nō'mă), Obsolete term for schwannoma. neurinoma /neu·ri·no·ma/ (-no´mah) neurilemoma.
neurinoma.htmlTEXTMW2J 4 $ lッ留cッ留c=ン; Brain Tumor/脳腫瘍 神経鞘腫・neurinoma (C)T.Fujimaki : all the copyrights of this page belong to Fujimaki T 脳からは12対の脳神経と呼ばれる神経が出ています。視神経(ものを ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元脳腫瘍」「神経鞘腫」「nerve sheath tumor」「neurilemmoma

脳腫瘍」

  [★]

brain tumor, cerebral tumor
脳新生物 brain neoplasm
頭蓋内腫瘍

概念

分類

疫学

腫瘍別発生頻度

腫瘍別発生頻度 小児 成人
神経膠腫 33% 星状細胞腫 髄膜腫
髄膜腫 22% 髄芽腫 膠芽腫
下垂体腺腫 15% 頭蓋咽頭腫 下垂体腺腫
神経鞘腫 9% 胚細胞腫 神経鞘腫
頭蓋咽頭腫 5% 上衣腫 転移性脳腫瘍

YN.J.188

部位 種類 小児 成人
頭蓋骨 頭蓋骨腫瘍
大脳半球 神経膠腫  
髄膜腫  
松果体 胚細胞腫  
小脳半球 星細胞腫  
血管芽腫  
小脳虫部 髄芽腫  
第四脳室 上衣腫  
鞍上部・
視交叉部・
下垂体部
頭蓋咽頭腫  
視神経膠腫  
胚細胞腫  
下垂体腺腫  
髄膜腫  
小脳橋角部 聴神経鞘腫  
脳幹部 神経膠腫

小児の脳腫瘍

SCN.173
  • 腫瘍:星細胞腫、髄芽腫、頭蓋咽頭腫、胚細胞腫、上衣腫の順に多い。
  • 部位:1歳まではテント上、2-7歳まではテント下、8-15歳まではテント上に多い。

放射線感受性

SCN.173
  • (高い)髄芽腫、胚細胞腫 > (低い)神経膠腫

転移性脳腫瘍

  • 肺癌(約半数)、乳癌、消化器癌、腎癌
  • 頻度:肺癌>乳癌>胃・腸癌 (SCN.173)

石灰化が見られる脳腫瘍

  • 乏突起膠腫:CT上、低吸収領域の中に石灰化がみられる。(SCN.173)
  • 上衣腫:CT:(単純CT)等~低吸収、(造影CT)中~強度の増強。小嚢胞や壊死、石灰化を認める
  • 髄膜腫:腫瘍の一部石灰化が少なからず見られる
  • 頭蓋咽頭腫:小児において石灰沈着が高頻度にみられる。

嚢胞性腫瘍

参考

  • 1. がんサポートセンター 脳腫瘍
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/02.html
  • 1-1. がんサポートセンター 脳腫瘍 フローチャート
[display]http://www.gsic.jp/cancer/cc_19/hc/cc_19_021.html
  • 2. 脳腫瘍 治療法ガイドライン [総論]
[display]http://www.ebm.jp/disease/brain/07noshuyo1/guide.html
  • 3. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_adult.html
  • 4. 資料
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/brain_child.html
  • 5. 小児脳腫瘍
[display]http://www.geocities.jp/ululu_o_ululu/report-11.html

国試



神経鞘腫」

  [★]

neurinoma, neurilemoma
シュワン細胞腫 Schwannomaシュワン腫
脳腫瘍

概念

  • 良性腫瘍
  • 原発性脳腫瘍全体の10%
  • 神経鞘腫の約90%はCN VIII原発(聴神経鞘腫)。その中でも前庭神経に由来するものが多い。

疫学

  • 30-60歳に好発
  • 男女比=1:1.3-1.5
  • 前庭神経(神経鞘腫の90%を占める)>三叉神経>舌咽・迷走・副神経、顔面神経、舌下神経、滑車神経

遺伝性

病理

  • 薄い皮膜
  • 柔らかい
  • 黄白色、赤褐色で易出血性。
  • Antoni A型とAntoni B型が混在

症状

  • 1. 初発症状:難聴(言語識別能の低下、高音域での聴力低下)、耳鳴り。15%の症例で突発性難聴で初発。5%の症例でめまいで初発。
  • 2. 進展して三叉神経を障害:角膜反射の消失。顔面神経は障害されにくい。
  • 3. 進展して小脳、脳幹を障害:四肢の運動失調、歩行障害
  • 4. 進展して第4脳室の閉塞、テント切痕部での髄液の通過障害:水頭症による頭蓋内圧亢進症状。
  • 5. 下方に進展した場合:舌咽神経、迷走神経などの下位脳神経障害:嚥下障害

検査

  • 温度眼振検査
  • 聴力検査
  • 純音聴力検査、語音明瞭土建鎖
  • 聴性誘発脳幹反応(ABR)

画像検査

  • MRI
  • T1:低信号
  • T2:高信号
  • Gd造影:均一に強く造影


nerve sheath tumor」

  [★]

malignant peripheral nerve sheath tumorMPNSTnerve sheath neoplasmneurilemmomaneurilemomaneurinomaperipheral nerve sheath tumor


neurilemmoma」

  [★] 神経線維鞘腫 neurinoma




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡