nausea and vomiting

出典: meddic

vomiting


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Effect of an Echinacea-Based Hot Drink Versus Oseltamivir in Influenza Treatment: A Randomized, Double-Blind, Double-Dummy, Multicenter, Noninferiority Clinical Trial.
  • Rauš K1, Pleschka S2, Klein P3, Schoop R4, Fisher P5.
  • Current therapeutic research, clinical and experimental.Curr Ther Res Clin Exp.2015 Apr 20;77:66-72. doi: 10.1016/j.curtheres.2015.04.001. eCollection 2015.
  • BACKGROUND: Echinacea has antiviral activity against influenza viruses in vitro and has traditionally been used for treatment of colds and flu.OBJECTIVES: This randomized, double-blind, double-dummy, multicenter, controlled clinical trial compared a new echinacea formulation with the neuraminidase i
  • PMID 26265958
  • Case-control study of ADARB1 and ADARB2 gene variants in migraine.
  • Gasparini CF1, Sutherland HG, Maher B, Rodriguez-Acevedo AJ, Khlifi E, Haupt LM, Griffiths LR.
  • The journal of headache and pain.J Headache Pain.2015 Dec;16:511. doi: 10.1186/s10194-015-0511-y. Epub 2015 Apr 3.
  • BACKGROUND: Migraine causes crippling attacks of severe head pain along with associated nausea, vomiting, photophobia and/or phonophobia. The aim of this study was to investigate single nucleotide polymorphisms (SNPs) in the adenosine deaminase, RNA-specific, B1 (ADARB1) and adenosine deaminase, RNA
  • PMID 25916332
  • Effectiveness and safety of oseltamivir for treating influenza: an updated meta-analysis of clinical trials.
  • Qiu S1, Shen Y, Pan H, Wang J, Zhang Q.
  • Infectious diseases (London, England).Infect Dis (Lond).2015 Nov;47(11):812-23. doi: 10.3109/23744235.2015.1067369. Epub 2015 Jul 15.
  • BACKGROUND: Oseltamivir has been widely used to treat patients with influenza; however, its effects have been debated. Recently, a new meta-analysis on the controversial topic of oseltamivir's effectiveness found that the drug reduces the duration of influenza symptoms and the risk of hospitalizatio
  • PMID 26173991

和文文献

  • オキシコドン誘発悪心・嘔吐に対する予防的制吐薬の使用状況とその効果
  • 婦人科領域腹腔鏡下手術と麻酔管理 (特集 内視鏡下手術と麻酔管理)
  • 麻酔 = The Japanese journa of anesthesiology : 日本麻酔科学会準機関誌 65(9), 918-923, 2016-09
  • NAID 40020952914
  • 臨床経験 ドロペリドールを添加した持続硬膜外麻酔による術後悪心・嘔吐の予防効果 : アドレナリン添加の持続硬膜外麻酔との比較研究

関連リンク

WebMD explains the causes of nausea and vomiting -- and when to call the doctor. ... Nausea is an uneasiness of the stomach that often comes before vomiting. Vomiting is the forcible voluntary or involuntary emptying ("throwing ...
Nausea is an uneasy or unsettled feeling in the stomach together with an urge to vomit. Nausea and vomiting, or throwing up, are not diseases. They can be symptoms of many different conditions. These include morning ...

関連画像

 and related photos for nausea and vomitingNausea and vomiting differencesDownload Nausea and Vomiting Powerpoint nausea and vomiting 300x269 Top 10 Side nausea and vomiting and related photos for nausea and vomiting


★リンクテーブル★
リンク元嘔吐」「悪心
拡張検索postoperative nausea and vomiting
関連記事and」「nausea」「an」「vomiting

嘔吐」

  [★]

vomiting, emesis
vomitus
悪心嘔気 nausea悪心・嘔吐 nausea and vomiting

概念

  • 胃の内容物をはき出す現象。
  • 胃または腸内容が食道を経て口腔より吐出される現象。

嘔吐中枢

嘔吐中枢の近傍に存在するもの

  • 呼吸中枢、血管運動中枢、消化管運動中枢、唾液分泌中枢、前庭神経核

随伴症状

  • 発汗、唾液分泌、顔面蒼白、脈拍微弱、徐脈、頻脈、血圧の動揺、めまいなど

症状の出現形式と原因の所在

  • 突然の嘔吐:中枢性
  • 消化器症状を伴う:末梢性

嘔吐に関わる経路

IMD.351
  • 1. 嘔吐中枢(延髄網様体背側神経背側核近傍)への直接刺激(脳圧亢進、循環障害)
  • 2. 化学受容体誘発帯(CTZ; 第四脳室底)への刺激(代謝異常や中毒による化学物質の作用) → 1.
  • 3. 大脳皮質(中枢神経など高位中枢)からの入力 → 1.
  • 4. 求心性迷走神経や交感神経を介する入力 → 1.

原因

中枢性刺激 化学受容器引金帯刺激 薬物 アポモルヒネモルヒネジギタリス抗菌薬抗癌薬降圧薬アミノフイリンコルヒチンアルコール
毒物 重金属ガス
放射線 各種癌治療後
感染症 細菌毒素
内分泌疾患 肝性脳症糖尿病性ケトアシドーシス/ 高血糖高浸透圧症候群尿毒症妊娠悪阻妊娠高血圧症候群
代謝疾患 甲状腺クリーゼ副腎不全Addison病
直接刺激 脳圧亢進 頭部外傷脳腫瘍脳出血くも膜下出血髄膜炎、脳への放射線療法後
脳循環障害 ショック低酸素脳症脳梗塞片頭痛脳炎髄膜炎
上位中枢刺激 神経性食思不振症不快感てんかんヒステリー抑うつ状態うつ病、過度の嫌悪感、不快感拘禁反応による恐怖ストレス視覚嗅覚味覚的刺激
末梢性刺激 消化管疾患 舌咽頭疾患 アデノイド咽頭炎
食道疾患 胃食道逆流症食道裂孔ヘルニア食道癌
胃腸疾患 急性胃炎、急性胃十二指腸粘膜病変、急性腸炎急性虫垂炎消化性潰瘍食中毒、消化管腫瘍、寄生虫食中毒Mallory-Weiss症候群
消化管通過障害 腸閉塞、胃幽門部狭窄、輸入脚症候群
腹膜疾患 腹膜炎
胆膵疾患 急性胆嚢炎急性胆管炎急性膵炎膵癌胆管癌
肝疾患 急性肝炎
循環器疾患   うっ血性心不全狭心症急性心筋梗塞
泌尿器科疾患 尿路結石腎結石急性腎炎腎盂腎炎腎不全
耳鼻咽喉科疾患 中耳炎Meniere病乗り物酔い
眼科疾患 緑内障
呼吸器科疾患 肺結核胸膜炎肺癌、咳嗽発作
婦人科疾患 子宮付属器炎月経前症候群更年期障害
脊髄疾患 脊髄癆多発性硬化症
膠原病 結節性多発動脈炎強皮症側頭動脈炎

小児科で遭遇する嘔吐の原因

  新生児 乳児 幼児~学童
消化器疾患以外で見・落とさないよう注意する疾患 敗血症髄膜炎水頭症脳奇形尿路感染症 髄膜炎脳炎脳症虐待児尿路感染症呼吸器感染症心疾患薬物中毒誤嚥 脳炎脳症脳腫瘍肺炎中耳炎頭部外傷薬物中毒心筋炎不整脈
よくある消化器疾患 溢乳空気嚥下・哺乳過誤・初期嘔吐胃食道逆流現象・胃腸軸捻転・腸管感染症壊死性腸炎 食事過誤・空気嚥下便秘腸管感染症幽門狭窄症腸重積症胃食道逆流現象・胃長軸捻転・食事アレルギー 腸管感染症急性虫垂炎腹部外傷肝炎胆嚢炎膵炎腹部外傷・食事アレルギー・好酸球性胃腸症
主な代謝性疾患 先天性副腎過形成・ガラク卜ース血症 先天性副腎過形成Reye症候群 アセトン血性嘔吐症ケトン性低血糖症糖尿病性ケトアシドーシスReye症候群
その他     起立性調節障害神経性食思不振症
外科的疾患 食道閉鎖狭窄症胃軸捻転十二指腸閉鎖狭窄症腸回転異常捻転小腸閉鎖症Hirschsprung病胎便性イレウス・稀に腸重積肥厚性幽門狭窄・特発性腸管偽性閉鎖症 肥厚性幽門狭窄症腸重積腸回転異常捻転Hirschsprung病虫垂炎 虫垂炎腸重積腸回転異常捻転上腸間膜動脈症候群腫瘍嚢胞




悪心」

  [★]

nausea
はきけむかつき レッチング retching吐き気 嘔気 vomiturition心窩部不快感 epigastric discomfort
嘔吐悪心・嘔吐 nausea and vomiting


  • 嘔吐に先立って現れる不快な感じ。


postoperative nausea and vomiting」

  [★]

postoperative nauseapostoperative vomiting
PONV


and」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《語・句・節を対等に結んで》…『と』…,…や…,および / 《数詞を結合して》…『足す』…,…に加えて / …『しかも』…,…して,同時に… / 《時間的に》『そして』,それから,すると(and then) / 《当然の帰結として》…『ので』,…だから(and so) / 《おもに話》《命令文などの後で》『そうすれば』,そうしたら / 《追加・強調して》それに,しかも / 《対照的な内容を導いて》ところが,しかし(but) / 《譲歩的に》それなのに,それでいながら / 《A and Bで一体の関係を表して》《単数扱い》 / 《同一語を反復して多数・継続などを表して》 / 《同一の複数名詞を結合して変化・種類などを表して》 / 《話》《「形容詞+and+形容詞」の形で前の形容詞が後に副詞的に働く》 / 《話》《「動詞come, goなど+and+動詞」の形でandとその後の動詞が不定詞の働きをして》 / 《「動詞+and+動詞」の形で後の動詞が現在分詞の意を表して》 / 《話》《文頭において前の質問・意見などに同意を示して》そうとも,そして(Yes!and) / 《話》《文頭に置いて驚き・疑念・非難などを表して》ほんとうに;…なのに」

nausea」

  [★] 悪心

WordNet   license wordnet

「the state that precedes vomiting」
sickness

WordNet   license wordnet

「disgust so strong it makes you feel sick」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「吐き気 / 強いけんお(loathing)」


an」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(次にくる語の発音が母音で始まるときに用いる) / (子音[h]で始まり第1音節に強勢のない語の場合はanを用いることがある.ただし,この場合は[h]を発音しない)」


vomiting」

  [★] 嘔吐

nausea




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡