morphine

出典: meddic

モルヒネ

WordNet   license wordnet

「an alkaloid narcotic drug extracted from opium; a powerful, habit-forming narcotic used to relieve pain」
morphia

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「モルヒネ(鎮痛・麻酔剤)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/29 20:14:37」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/08/09 22:42:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/10/07 15:16:57」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Beneficial properties of maraviroc on neuropathic pain development and opioid effectiveness in rats.
  • Kwiatkowski K1, Piotrowska A1, Rojewska E1, Makuch W1, Jurga A1, Slusarczyk J2, Trojan E2, Basta-Kaim A2, Mika J3.
  • Progress in neuro-psychopharmacology & biological psychiatry.Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry.2016 Jan 4;64:68-78. doi: 10.1016/j.pnpbp.2015.07.005. Epub 2015 Jul 16.
  • Targeting chemokine signaling pathways is crucial in neuropathy development. In this study, we investigated the influence of chronic administration of maraviroc (CCR5 antagonist) on nociception and opioid effectiveness during neuropathy, which develops as a result of chronic constriction injury (CCI
  • PMID 26190414
  • Development of an Experimental Animal Model for Lower Back Pain by Percutaneous Injury-Induced Lumbar Facet Joint Osteoarthritis.
  • Kim JS1,2, Ahmadinia K2,3, Li X2, Hamilton JL2, Andrews S4, Haralampus CA2, Xiao G2,5, Sohn HM6, You JW6, Seo YS7, Stein GS8, Van Wijnen AJ9, Kim SG10, Im HJ2,3,11,12,13.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2015 Nov;230(11):2837-47. doi: 10.1002/jcp.25015.
  • We report generation and characterization of pain-related behavior in a minimally invasive facet joint degeneration (FJD) animal model in rats. FJD was produced by a non-open percutaneous puncture-induced injury on the right lumbar FJs at three consecutive levels. Pressure hyperalgesia in the lower
  • PMID 25858171
  • Species-specific lipophilicity of morphine antagonists.
  • Mazák K1, Hosztafi S2, Noszál B2.
  • European journal of pharmaceutical sciences : official journal of the European Federation for Pharmaceutical Sciences.Eur J Pharm Sci.2015 Oct 12;78:1-7. doi: 10.1016/j.ejps.2015.06.026. Epub 2015 Jun 26.
  • Complete sets of microscopic acid-base and partition equilibrium constants were experimentally determined for therapeutically important morphine derivatives, including the widely used antagonists naloxone and naltrexone. The acid-base microequilibria were characterized by combining pH-potentiometry
  • PMID 26122463

和文文献

  • Total biosynthesis of opiates by stepwise fermentation using engineered Escherichia coli.
  • モルヒネ誘発性便秘に対する大建中湯の改善効果 (特集 便秘と漢方)
  • Predictors of postoperative pain and analgesic requirements following abdominal hysterectomy : an observational study

関連リンク

rip van winkle(リップヴァンウィンクル)、ATTACHMENT(アタッチメント)、VOTIVO(ヴォティヴォ)、THEE OLD CIRCUS、オールドサ等の公式通販、正規取扱店。豊橋市のMORPHINE(モーフィン) ripvanwinkle、リップヴァンウインクル ...
rip van winkle(リップヴァンウィンクル)、ATTACHMENT(アタッチメント)、VOTIVO(ヴォティヴォ)、THEE OLD CIRCUS、オールドサ等の公式通販、正規取扱店。豊橋市のMORPHINE(モーフィン) DECADE、ディケイド公式通販、正規 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元モルヒネ」「薬物濫用」「オピオイド」「麻薬性鎮痛薬」「化学受容器引金帯
拡張検索methylmorphine」「ethylmorphine hydrochloride

モルヒネ」

  [★]

morphine
morphinum
モルフィン
塩酸モルヒネ morphine hydrochloride
MSコンチンMSツワイスロンアヘンチンキアヘンチンキアヘン散アポカインアンペックエチルモルヒネ塩酸塩水和物オプソカディアンドーフル散パシーフピーガードプレペノンモヒアトモルペス
アヘンアルカロイドオピオイドモルヒネ中毒
アヘンアルカロイド系麻薬

薬理作用

・鎮痛作用:経口投与では効果小(肝初回通過効果)

  • 精神作用:痔痛患者に陶酔感euphoria,健常人に不快感dysphoria
  • 鎮静作用:ヒト,サル,イヌ,ウサギ,ラット
  • Straub tail反応: morphineの脊髄興奮作用によりマウスの尾が立ちあがる。
  • 呼吸抑制作用:呼吸中枢のC02に対する反応性低下 う急性中毒死
  • 催吐作用:延髄chemoreceptor trigger zone (CTZ)に作用--吐き気,噛吐
  • 心血管作用:動静脈の緊張低下-心臓負荷減少-→肺うっ血,浮腫を軽減  ←  肺静脈各調査用により肺うっ血を改善させるからこういう症例に良いらしい(105C031)
  • 消化管作用:腸管神経叢のACh遊離抑制 →蠕動運動抑制 

       腸管壁から5-HT遊離   →腸管平滑筋の緊張亢進

  • 胆管内圧上昇: Oddi括約筋の収縮(だから胆石症の時には注意)
  • 縮瞳作用:動眼神経核の刺激
  • 反復投与-耐性,身体的・精神的依存が形成
  • 突然の休薬・オピオイド括抗薬投与-禁断症状withdrawal symptoms
  • (振戦,不安,不眠,疫撃,発汗,鼻汁,流涙,発熱,血圧上昇,頻脈,
  • 下痢,腹痛,堰吐など)
SPC.206
  • 中枢作用
  • 鎮痛
  • 快感、鎮静、眠気、知的鈍麻
  • 呼吸抑制
  • 鎮咳
  • 悪心・嘔吐
  • 瞳孔縮小
  • 末梢作用
  • 循環器系:ほとんど影響ない
  • 消化器系:消化管運動低下(平滑筋の緊張亢進によるらしいい)、胆管攣縮
  • 泌尿器:平滑筋の緊張により尿管スパズム、膀胱排尿筋収縮、利尿ホルモン分泌増加、尿閉。
  • その他:肥満細胞からのヒスタミン遊離により発赤、熱覚、発汗、気管支収縮。

適応

  • 術後痛(硬膜外投与,副作用に拝み,呼吸抑制)。末期癌疼痛
  • 心筋梗塞の疼痛
  • 手術後の腸管揺動運動抑制
  • 激しい下痢(ロペラミドの開発により使用は減少)、激しい咳

循環器

  • 末梢血管を拡張し静脈還流量を減少させる。ファロー四徴症における無酸素発作の予防につかわれる(YN.C-123)、らしい

注意

禁忌

モヒアト注射液
  • 1. 重篤な心疾患のある患者〔症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 2. 重篤な呼吸抑制のある患者〔呼吸抑制を増強する。〕
  • 3. 気管支喘息発作中の患者〔気道分泌を妨げる。〕
  • 4. 重篤な肝障害のある患者〔昏睡に陥ることがある。〕
  • 5. 慢性肺疾患に続発する心不全の患者〔呼吸抑制や循環不全を増強する。〕
  • 6. 痙攣状態(てんかん重積症、破傷風、ストリキニーネ中毒)にある患者〔脊髄の刺激効果があらわれる。〕
  • 7. 急性アルコール中毒の患者〔呼吸抑制を増強する。〕
  • 8. アヘンアルカロイド及びアトロピンに対し過敏症の既往歴のある患者
  • 9. 緑内障の患者〔アトロピンの抗コリン作用により房水通路が狭くなり眼圧が上昇し、緑内障を悪化させるおそれがある。〕
  • 10. 前立腺肥大による排尿障害、尿道狭窄、尿路手術術後の患者〔排尿障害を増悪することがある。〕
  • 11. 器質的幽門狭窄、麻痺性イレウス又は最近消化管手術を行った患者〔消化管運動を抑制する。〕
  • 12. 出血性大腸炎の患者〔腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢のある患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。〕

副作用

添付文書

  • モヒアト注射液
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/8119505A1050_2_01/8119505A1050_2_01?view=body



薬物濫用」

  [★]

drug abuse, substance abuse
薬物乱用
薬物依存、薬物嗜癖、物質乱用物質依存症薬物使用接着剤吸引


薬物使用が身体に及ぼす効果

  • 濫用 substance abuse:a pattern of abnormal substance use that leads to impairment of occupational, physical, or social functioning(BBS.73)
  • 依存 substance dependence:ub stance abuse puls withdrawal symptoms, tolerance, or a pattern of repetitive use(BBS.73)
  • 離脱 withdrawal:the development of physical or pschological symptoms after the reduction or cessation of intake of a substance(BBS.73)
  • 耐性 tolerance:the need for increased amounts of the substance to achieve the same positive psychological effect(BBS.73)
  • 交差耐性 cross-tolerance:the development of tolerance to one substance as the result of using another substance(BBS.73)

薬物

  • コカイン cocaine crack freebase 精神依存有り。身体依存無し 精神依存生じやすい。耐性発現殆ど無し コカ

精神依存、身体依存

  精神依存 身体依存
コカイン、アンフェタミン類(アンフェタミン、メチルフェタミン)、大麻  
麻薬(モルヒネヘロインコデイン)、バルビツール酸系(フェノバルビタールチオペンタール)、アルコール




オピオイド」

  [★]

opioid
類麻薬
オピオイド受容体


作用

縮瞳

  • モルフィンと多くのμ,κアゴニストは瞳孔の縮小を引き起こす。これは瞳孔を支配する副交感神経の興奮による。μアゴニストを中毒量投与すると縮瞳し、pinpoints pupupilsはpathognomonicである。(GOO.559)

オピオイドとオピオイド類似物質の作用

GOO.552
Drugs  RECEPTOR TYPES
μ受容体 δ受容体 κ受容体
morphine +++  
methadone +++    
etorphine +++ +++ +++
levorphanol +++    
fentanyl +++    
sufentanil +++
DAMGO +++    
butorphanol P   +++
buprenorphine P   ーー
naloxone ーーー ーー
naltrexone ーーー ーーー
CTOP ーーー    
diprenorphine ーーー ーー ーーー
β-funaltrexamine ーーー ++
naloxonazine ーーー
nalorphine ーーー  
pentazocine P   ++
nalbuphine ーー   ++
naloxone benzoylhydrazone ーーー
bremazocine +++ ++ +++
ethylketocyclazocine P +++
U50,488     +++
U69,593     +++
spiradoline   +++
nor-Binaltorphimine ーーー
naltrindole ーーー
DPDPE   ++  
[[[[D-Ala2,Glu4]deltorphin]]   ++  
       
DSLET ++  
endogenous Peptides       
met-enkephalin ++ +++  
leu-enkephalin ++ +++  
β-endorphin +++ +++  
dynorphin A ++   +++
dynorphin B +++
α-neoendorphin +++
+アゴニスト ーアンタゴニスト P partial agonist

各鎮痛薬のオピオイド受容体への作用

         μ受容体 κ受容体
レミフェンタニル +++  ー
フェンタニル   +++  -
モルヒネ     +++  +
ペチジン     ++   +
トラマドール   +    -
ペンタゾシン   ー    ++
ブプレノルフィン P    ー
ナロキソン    ー    -




麻薬性鎮痛薬」

  [★]

narcotic analgesic, narcotic analgesics
オピオイド鎮痛薬モルフィン鎮痛薬???
オピオイド

モルフィン鎮痛薬

内因性オピオイド

外因性オピオイド

合成

  • phenylheptylamines
  • phenylpiperadines

オピオイド受容体拮抗薬

麻酔薬として

  • 心臓手術やハイリスク患者の麻酔に用いる。
  • 使用される薬にはクエン酸ファンタネルやモルヒネがある。
  • 脳神経に存在する麻酔特有の受容体(オピオイド受容体)をしげきする
  • 鎮痛作用は協力
  • 麻酔薬なので常習性がある。
  • 副作用:呼吸抑制、精神神経作用、消化器症状がある。
  • 注意:患者さんの状態に合わせて、睡眠作用のある薬を使用。すなわち、これ単独では眠らない(記憶を失わない)
  • ○強力な鎮痛・鎮静。血圧安定
  • ×術中覚醒。呼吸抑制。筋硬直。徐脈。術中高血圧
  • パンクロニウム(長時間使用で頻脈になる)を併せて使うことがある。

依存性

副作用



化学受容器引金帯」

  [★]

chemoreceptor trigger zone, CTZ
嘔吐嘔吐中枢催吐薬鎮吐薬
[show details]



概念

  • 化学物質による刺激の入力を受け、延髄外側網様体に存在する嘔吐中枢を興奮させる
  • 血液脳関門が存在しないので、血液中の化学物質(薬物、重金属、代謝産物)をモニターして化学受容器引金帯が興奮する。
  • ドパミン受容体を持ち、受容体刺激により嘔吐が引き起こされる。
apomorphine, ergotalkaloide, morphine
中枢性鎮吐薬はドパミン受容体を遮断する。

解剖



methylmorphine」

  [★] コデイン codeineメチルモルヒネ


ethylmorphine hydrochloride」

  [★]

ethylmorphine




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡