molluscum contagiosum

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/01 23:27:26」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • 3-hydroxy-3-methyl glutaryl coenzyme A reductase: an essential actor in the biosynthesis of cantharidin in the blister beetle Epicauta chinensis Laporte.
  • Lü S1, Jiang M1, Huo T1, Li X2, Zhang Y1.
  • Insect molecular biology.Insect Mol Biol.2016 Feb;25(1):58-71. doi: 10.1111/imb.12198. Epub 2015 Nov 14.
  • Cantharidin (C10 H12 O4 ) is a monoterpene defensive toxin in insects involved in chemical defence as well as in courtship and mating behaviours. It is relatively well known in the medical literature because of its high anticancer activity and as an effective therapy for molluscum contagiosum. Howev
  • PMID 26566751
  • Bulbar Conjunctival Molluscum Contagiosum.
  • Ringeisen AL1, Raven ML1, Barney NP1.
  • Ophthalmology.Ophthalmology.2016 Feb;123(2):294. doi: 10.1016/j.ophtha.2015.11.022.
  • PMID 26802706
  • The acidic C-terminus of vaccinia virus I3 single-strand binding protein promotes proper assembly of DNA-protein complexes.
  • Harrison ML1, Desaulniers MA1, Noyce RS1, Evans DH2.
  • Virology.Virology.2016 Jan 13;489:212-222. doi: 10.1016/j.virol.2015.12.020. [Epub ahead of print]
  • The vaccinia virus I3L gene encodes a single-stranded DNA binding protein (SSB) that is essential for virus DNA replication and is conserved in all Chordopoxviruses. The I3 protein contains a negatively charged C-terminal tail that is a common feature of SSBs. Such acidic tails are critical for SSB-
  • PMID 26773382

和文文献

  • 伝染性軟属腫摘除時の疼痛緩和に対する ペンレスⓇテープ18 mg(リドカインテープ剤)の有効性と 安全性に対する検討(小児特定使用成績調査)
  • 日野 治子,馬場 直子,宇野澤 宣司 [他],徳田 祥一,中村 圭吾,可児 毅
  • 日本臨床皮膚科医会雑誌 32(2), 202-218, 2015
  • 目的:リドカイン18 mgを含有したテープ製剤であるペンレスⓇテープ18 mg(以下,本剤)の「伝染性軟属腫摘除時の疼痛緩和」に関する有効性および安全性について,小児特定使用成績調査を実施し,検討した.結果:2013年1月から2014年1月までに86施設から593例が登録され,500例で安全性について評価を行った.発症年齢は3~5歳が最も多く,4歳未満の症例は40.2%であった.痛みの程度の評価で …
  • NAID 130005095400
  • 色素性皮膚病変以外の疾患に対する ダーモスコピーの活用法
  • 福田 英嗣,向井 秀樹
  • 日本臨床皮膚科医会雑誌 32(2), 181-186, 2015
  •  ダーモスコピーは診療の様々な場面で使用され,特に悪性黒色腫や基底細胞癌,色素性母斑,脂漏性角化症などの色素性皮膚病変での有用性は確立している.今回,日常診療でしばしば遭遇する色素性皮膚病変以外の疾患(疥癬や伝染性軟属腫,尋常性疣贅)での所見や,尋常性疣贅の治療経過,皮脂欠乏症における乾燥症状の観察での活用法について報告した.疥癬は,痂皮などの直接鏡検にてヒゼンダニを確認した場合に確定診断出来るが …
  • NAID 130005095396
  • Adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL) に併発した難治性播種性の伝染性軟属腫の1例―非結核性抗酸菌性肺炎を契機に自然消退をきたした―
  • 田島 翔子,中村 維文,高井 利浩 [他],村田 洋三,熊野 公子
  • 日本皮膚科学会雑誌 125(7), 1425-1430, 2015
  • 51歳,女性の成人T細胞白血病/リンパ腫(以下ATLL)の患者に伝染性軟属腫が全身に多発した.ATLLでは細胞性免疫および自然免疫の低下があり,このため多発性の伝染性軟属腫をきたしたことは容易に推察される.各種治療に抵抗性であったが,肺の非結核性抗酸菌感染を契機に急速に自然消失した.抗酸菌感染により,Th1/2バランスがTh1へシフトすることで細胞性免疫が賦活化され,同時に自然免疫も賦活化され免疫 …
  • NAID 130005084453

関連リンク

Molluscum contagiosum is a common and often harmless skin condition that is caused by a virus. ... Molluscum contagiosum: Diagnosis and treatment How do dermatologists diagnose molluscum contagiosum? A dermatologist ...
Molluscum contagiosum is an infection caused by a poxvirus (molluscum contagiosum virus). The result of the infection is usually a benign, mild skin disease characterized by lesions (growths) that may appear anywhere on the body.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元伝染性軟属腫
拡張検索molluscum contagiosum virus
関連記事molluscum」「mollusc」「contagiosum

伝染性軟属腫」

  [★]

molluscum contagiosum
molluscum contagiosum
伝染性軟疣 molluscum pendulum、みずいぼ 水いぼ water wart
伝染性軟属腫ウイルス性感染症
  • 図:NDE.436

概念

  • いわゆる水いぼで、小児に好発するが成人にも発症する。
  • 性感染症としても分類されている。

感染経路

  • 接触感染

病原体






molluscum contagiosum virus」

  [★]

molluscipoxvirus


molluscum」

  [★]

WordNet   license wordnet

「any skin disease characterized by soft pulpy nodules」


mollusc」

  [★]

軟体動物軟体類

Molluscamolluscanmollusk


contagiosum」

  [★]


  • molluscum contagiosum




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡