migraine

出典: meddic

片頭痛

WordNet   license wordnet

「a severe recurring vascular headache; occurs more frequently in women than men」
megrim, sick headache, hemicrania

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「偏頭痛」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/05/17 00:15:33」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/22 21:23:21」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Purinergic trophic signalling in glial cells: functional effects and modulation of cell proliferation, differentiation, and death.
  • Lecca D, Ceruti S, Fumagalli M, Abbracchio MP.SourceLaboratory of Molecular and Cellular Pharmacology of Purinergic Transmission, Department of Pharmacological Sciences, Università degli Studi di Milano, via Balzaretti, 9-Milan, 20133, Italy.
  • Purinergic signalling.Purinergic Signal.2012 Sep;8(3):539-57. Epub 2012 Apr 12.
  • In the last decades, the discovery that glial cells do not only fill in the empty space among neurons or furnish them with trophic support but are rather essential participants to the various activities of the central and peripheral nervous system has fostered the search for the signalling pathways
  • PMID 22528683
  • Familial hemiplegic migraine type 1 mutations W1684R and V1696I alter G protein-mediated regulation of Ca(V)2.1 voltage-gated calcium channels.
  • Garza-López E, Sandoval A, González-Ramírez R, Gandini MA, Van den Maagdenberg A, De Waard M, Felix R.SourceDepartment of Cell Biology, Center for Research and Advanced Studies of the National Polytechnic Institute (Cinvestav-IPN), Mexico City, Mexico.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2012 Aug;1822(8):1238-46. Epub 2012 Apr 20.
  • Familial hemiplegic migraine type 1 (FHM-1) is a monogenic form of migraine with aura that is characterized by recurrent attacks of a typical migraine headache with transient hemiparesis during the aura phase. In a subset of patients, additional symptoms such as epilepsy and cerebellar ataxia are pa
  • PMID 22549042

和文文献

  • バイオフィードバック療法の原理と適用(<特集>心身医療に活かすバイオフィードバック療法)
  • 廣田 昭久
  • 心身医学 52(2), 113-117, 2012-02-01
  • バイオフィードバック療法は,バイオフィードバックという方法論を用いた治療方法である.バイオフィードバックの本質は,生体の生理学的状態に関する情報を生体自らに返すことにある.血圧,さまざまな部位の筋活動,末梢皮膚温,呼吸抵抗,心拍変動,脳波のバイオフィードバック(ニューロフィードバック)などが,それぞれの生理反応が関連したさまざまな疾患に対して適用され,多くの成果を上げている.リラクセイションを目的 …
  • NAID 110009327651
  • A QUANTITATIVE EVALUATION OF STRIPE AND GRID PATTERNS BY MIGRAINE PATIENTS AND NORMAL CONTROLS
  • IMAIZUMI Shu,KOYAMA Shinichi,HIBINO Haruo
  • デザイン学研究 58(3), 69-74, 2011-09-30
  • … Although these patterns can induce discomfort, especially in migraine patients, they can also be used for art and design to induce good feelings. …
  • NAID 110008798978

関連リンク

Migraine is a chronic disorder characterized by moderate to severe headaches, and nausea. It is believed to be a neurovascular disorder. Migraines are about three times more common in women than in men. The word derives from the Greek ...
30 Apr 2009 ... A migraine is a severe, painful headache that is often preceded or accompanied by sensory warning signs such as flashes of light, blind spots, tingling in the arms and legs, nausea, vomitin.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 76」「片頭痛」「unilateral headache」「migraine disorder

100Cases 76」

  [★]

☆case76 頭痛
glossary
傾眠 drowsiness 正常病的の区別なく眠り込む場合に用いられる
意識不鮮明 confusion 周囲に対する認識や理解は低下し、思考清明さや記憶正確さが失われる
錯乱 confusion 夢幻様状態より見当識障害思考滅裂が見られる状態(PSY.40)
MA = Master of Arts 文学修士
 The Master of Arts (BrE: MA, UsE: M.A.) is awarded in Arts, Humanities, Theology and Social Sciences (Wikipedia)
graduate student 大学院生
rousable adj. 覚醒できる、目を覚ますことができる
rouse vt. ~の目を覚まさせる、呼び起こす。喚起する、鼓舞する、奮起させる。(感情を)起こさせる、かき立てる
lateralize vt. (生理)(大脳が)(左右半球に心的機能差がある、左右差がある。(器官機能活動などが)大脳の(左右いずれかの)片側優位下にある。(医学)(障害などが)大脳の片半球にあると診断される
乳頭浮腫 papilledema 原因を問わず視神経乳頭腫脹している状態
うっ血乳頭 choked disc 脳圧亢進による乳頭浮腫
症例
24歳、男性 精神学の修士過程を専攻している大学院生
主訴:激しい頭痛
現病歴頭部全体に痛みがある。2回嘔吐傾眠錯乱が認められるようになった。明るい光を嫌う()he finds bright lights uncomfortable
既往歴病気既往はない。アレルギーはない。タバコ1日10本。アルコール24 unit/week(缶ビール(350ml)13.7本/週)。薬は服用してない。
家族歴:彼女と同居。3歳と4歳の子供がいる。
診察 examination
 見た感じ紅潮しており、調子が悪そう。体温:39.2℃。項部硬直あり(he has stiffness on passice flexion of his neck)。皮疹なし。副鼻腔圧痛なし。鼓膜所見は正常脈拍:120/分。血圧:98/74 mmHg心血管系胸部腹部に異常所見なし(normal)。意識レベル低下。命令に応じて覚醒する(JCS10?)。局所神経症状認めない。眼底所見正常
検査 investigation
 血液検査
  白血球上昇血清Na:低下。血清尿素:上昇血清クレアチニン上昇血液培養検査
 画像検査
  胸部X線:異常所見なし。頭部CT正常
 心電図洞性頻脈
 腰椎穿刺
  髄液所見:混濁白血球:増多。蛋白:増多。糖:低下(普通の人の血糖100mg/dLと考える。→ 1g/L → 1/180 mol/L → 5.56 mmol/L。グラム染色結果待ち
■Q
 診断鑑別診断管理
■A
 細菌性髄膜炎髄膜炎クモ膜下出血、経験的抗菌薬投与
解説
(第1パラグラフ)細菌性髄膜炎
・(症状)突然発症。激しい頭痛嘔吐錯乱羞明項部硬直
・低血圧白血球増多、腎機能低下 → ウイルス性よりむしろ細菌性感染示唆する。 ← 重症敗血症敗血症ショックかな?(私見)
・(髄膜炎菌の種類)
テーブル挿入 髄膜炎
・(疫学)HIM. 2621 (多分、全患者中(←私見))
 Streptococcus pneumoniae ~50%
 Neisseria meningitidis ~25%、
 group B streptococci ~15%
 Listeria monocytogenes ~10%
 Haemophilus influenzae type B <10%
Neisseria meningitidis全身性脈管皮疹(点状出血紫斑)が特徴的(generalized vasculitic rash)
(第2パラグラフ)鑑別診断
・激しい頭痛
 ・the most severe headaches are experienced in meningitis, subarachnoid hemorrhage and classic migraine.
  ・meningitis単回発作(single episode)。症状は時間単位で出現
  ・subarachnoid hemorrhage単回発作(single episode)。突然発症(突発完成?)。硝子体出血を認めることがある。
  ・classic migraine:繰り返す(数回/年~1回/週。平均月2回。発作は4-72時間継続)
髄膜刺激急性発熱をきたした多くの病態でみられる(acute febrile conditions)。特に子供。 ← そうなの?
頚部硬直頚部脊椎の局所感染症でも起こる。 ← パーキンソン病などによる筋トーヌスの異常亢進も除外しよう
・他の髄膜炎:脳脊髄液所見で鑑別する
(第3パラグラフ)経験的治療
・(細菌性)髄膜炎が疑われたら、確定診断する前に適切抗菌薬投与(empirical treatment)。 → 数時間の経過死亡することがある。
・ペニシリンアレルギーがなければ、ceftriaxoneかceftaximeの静脈内投与一般的治療法
(第4パラグラフ)腰椎穿刺
乳頭浮腫がない、あるいは占拠性病変示唆する片側性の神経徴候(lateralized neurological signs)がある患者では(CT結果を待たずに)腰椎穿刺をすぐにやるべき(CASES) ← どういう事?
局在性の神経徴候(localized neurological sign)がある場合はまずCTを撮るべき(CASES)。 → the dangers of coning ← 鉤ヘルニアの事?
(第5パラグラフ)細菌性髄膜炎管理
診断CSF検査(グラム染色、髄液培養(確定診断感受性試験)
管理
 ・意識が低下しているのでそれなりの看護(must be nursed)。アヘン剤による鎮痛生理食塩水による低ナトリウム血症の補正。低血圧補正するためにinotrope(a drug with positive inotropic effects, e.g. dobutamine, digitalis, milrinone )も必要かもしれない。(100CASES)
 ・感受性のある抗菌薬投与(大量静注、髄液移行性の高いもの)、髄液所見の正常化・CRP 陰転後、1週間抗菌薬投与して治療終了対症療法として脳圧亢進には高張脳圧降下薬(マンニトールなど)を投与。(IMD.1042)
(第6パラグラフ)家族構成を考えた治療
・(意訳)誰が3-4歳の世話をしていたのか分からないけど、子供検査すべき。髄膜炎菌か原因菌が不明だったら、リファンピシンによる予防的治療髄膜炎球菌に対する予防接種をすべき。 ← 日本ではどうなんでしょうか。
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
莢膜を有し、髄膜炎を起こす細菌 → 莢膜を有することで血液中補体などを介した貪食を免れ、血行性クモ膜下腔まで到達しうる。
Streptococcus pneumoniae
Haemophilus influenzae type b
Neisseria meningitidis
敗血症
定義
 感染症による全身性炎症反応症候群(SIRS)をセプシス(sepsis, 広義の敗血症?)とする
 感染症の病原体は、一般細菌(グラム陽性菌・陰性菌)、真菌寄生虫ウイルスなど
 皮膚粘膜の傷とか、種々の臓器にある感染巣から、細菌リンパ流から血中に入り、全身播種されて、新たに転移性感染巣をつくり、重篤全身症状を引き起こす。
全身性炎症反応症候群の診断基準
 下記項目のうち2項目以上が当てはまる
  1. 体温>38℃ or 体温<36℃
  2. 心拍数>90bpm
  3. 呼吸数>20回/min or PaCO2<32mmHg
  4. (白血球数>12,000/ul or 白血球数<4,000/ul) or ( 幼若好中球>10% ) ← ここでいう幼若好中球とは桿状好中球のことである。
敗血症の周辺疾患概念
 1. 全身性炎症反応症候群 systemic inflammatory response syndrome SIRS
  発熱白血球増加などの全身炎症徴候によって特徴づけられる病態(SIRS診断基準に合致する病態)
 2. 敗血症 sepsis
  SIRS感染結果である場合
 3. 重症敗血症 severe sepsis
  主要臓器障害を伴う敗血症
 4. 敗血症ショック septic shock
  輸液投与不応性の低血圧を伴う重症敗血症
 5. 多臓器機能障害症候群 multiorgan dysfunction syndrome MODS
  2つ以上の主要臓器機能異常
 6. 多臓器不全 multiorgan failure MOF
  2つ以上の主要臓器の不全状態
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
PSY = 標準精神医学 第3版
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


片頭痛」

  [★]

へんずつう
migraine
hemicrania
片頭痛型血管性頭痛 vascular headache of migraine type
頭痛機能性頭痛
[show details]

概念

  • 機能性頭痛の一種であり、拍動性頭痛が特徴的で、前兆(閃輝暗点)を伴うことがある。頭痛の持続時間は72時間以上持続することはない。片側性であることが多く、日常生活に支障をきたす中等度~重度の頭痛である。
  • 家族歴がありうる → 緊張型頭痛に家族歴があることは少ない
日常生活が妨げられ、悪心、嘔吐、光過敏を伴う頭痛 (感度81%, 特異度75%)(めざせ外来診療の達人 第3版 p.6)

疫学

  • 頻度:8.4  ←  何に対しての頻度なのか不明。
  • 頭痛に対して片頭痛が占める割合は16% (Goadsby PJ:Diagnosis and management of migraine, BMJ 312:1279, 1996)
  • 男女比=1:3.6
  • 家族歴がある場合があり、遺伝性が示唆される。片親が片頭痛の場合、50%。

誘因

  • 月経、肩こり、ストレス、睡眠不足、過眠、光、騒音など
HBN.219
  • 身体精神的因子(疲労・ストレス、およびその解放後、激しい運動、性交、睡眠不足、睡眠過多、空腹など)  →  ストレスが最も多い
  • 食事因子(チラミンや亜硫酸塩などを含むチョコレート、コーヒー、紅茶、熟成チーズ、乳製品、香辛料、グルタミン酸ナトリウム、ナッツ、ホットドック、ソーセージ、柑橘類、海藻、飲酒など)
  • 薬剤(経口避妊薬、エストロゲン療法およびその離脱、硝酸薬や降圧薬などの血管拡張薬など)
  • 環境因子(入浴・冷暖房による温度差、騒音、炎天、飛行機の離着陸時の気温差、騒音、臭気など)、アレルギー性因子(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、気管支喘息)

症状

  • 周期性 月経と関連
  • 頻度 数回/年~1回/週。平均月2回
  • 持続時間 4-72時間
  • 偏在性 60%が一側
  • 部位 前頭部・側頭部の一側
  • 頭痛の正常 拍動性(ないことも)
  • 頭痛の程度 中程度~重度

随伴症状

  • 悪心・嘔吐、光過敏、音過敏、前兆(閃輝暗点)

増悪因子

  • 日常動作

治療

  • 薬物療法:これらの薬剤は妊娠時には禁忌となるものが多い。

予防

  • 薬物療法
  • カルシウム拮抗薬  →  妊婦には禁忌
  • β遮断薬  →  妊婦にも使用可能
  • 抗うつ薬
uptodate.4
  • βブロッカー、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、及びARB
  • RCTによる研究結果より、βブロッカー、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、及びARBが片頭痛の予防に有効であることが示されており、このうちβブロッカーが片頭痛の予防に有効であるという最も強いエビデンスがある。一方、チアジド系利尿薬が有効であるという臨床研究のデータはない。
  • 一般的に降圧治療は頭痛の予防に有効であるようである。これはβブロッカー、ACE阻害薬、ARB、チアジド系利尿薬という4種類の降圧薬を対象とした95のRCT(頭痛の有病率を含む)のメタアナリシスで示されている。

ガイドライン

  • 1. 頭痛ガイドライン - 日本頭痛学会
[display]http://www.jhsnet.org/guideline.html

参考

uptodate

  • 1. [charged] 頭痛、片頭痛、および脳卒中 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 成人における片頭痛の病態生理、臨床症状、および診断 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人における片頭痛の急性期治療 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 成人における片頭痛の予防的治療 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 小児における片頭痛の病態生理、臨床的特徴、および診断 - uptodate [5]
  • 6. [charged] 小児における片頭痛の分類 - uptodate [6]
  • 7. [charged] 小児における片頭痛の管理 - uptodate [7]
  • 8. [charged] 脳底型片頭痛 - uptodate [8]
  • 9. [charged] 慢性片頭痛 - uptodate [9]
  • 10. [charged] エストロゲン関連片頭痛 - uptodate [10]

国試




unilateral headache」

  [★]

cephalalgiacephalgiacranial paingeneralized headachehead painheadachehemicraniamigrainemigraine disordermigraine headacheorthostatic headachethrobbing headache

migraine disorder」

  [★]

migrainemigraine headachestatus migrainosusunilateral headache




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡