meningitis

出典: meddic

髄膜炎

WordNet   license wordnet

「infectious disease characterized by inflammation of the meninges (the tissues that surround the brain or spinal cord) usually caused by a bacterial infection; symptoms include headache and stiff neck and fever and nausea」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「脳膜炎」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/12 08:12:54」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/05/09 00:20:37」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Long-term complications after cochlear implantation.
  • Ikeya J, Kawano A, Nishiyama N, Kawaguchi S, Hagiwara A, Suzuki M.SourceDepartment of Otorhinolaryngology, Tokyo Medical University Hospital, 6-7-1 Nishi-Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan. Electronic address: ikeyatmc@gmail.com.
  • Auris, nasus, larynx.Auris Nasus Larynx.2013 Dec;40(6):525-9. doi: 10.1016/j.anl.2013.04.012. Epub 2013 Jul 2.
  • OBJECTIVE: Cochlear implantation has become an effective treatment for many profoundly deaf patients. As with any surgical procedure, a proportion of patients suffer postoperative complications. The aim of this study was to analyze long-term postoperative complications in patients with cochlear impl
  • PMID 23827755
  • Molecular characterization of enteroviruses associated with neurological infections in Spain, 2008.
  • Cabrerizo M, Trallero G, Echevarría JE, Moreno-Docón A, Pena MJ, Pérez-Ruiz M, Avellón A, de Ory F; Meningitis, Encephalitis Spanish Study Group.SourceNational Center for Microbiology, Health Institute "Carlos III", Madrid, Spain.
  • Journal of medical virology.J Med Virol.2013 Nov;85(11):1975-7. doi: 10.1002/jmv.23693. Epub 2013 Jul 25.
  • In order to investigate the etiology of viral neurological infections in Spain, a national study was performed in 2008. The results obtained have been published. Enteroviruses were the most frequent cause of the aseptic meningitis and infant febrile syndromes. The present report supplements the prev
  • PMID 23893817
  • Detection of human herpesvirus 7 DNA from the CSF in association with neurosarcoidosis.
  • Martikainen MH, Grönroos JO, Vuorinen T.SourceDivision of Clinical Neurosciences, University of Turku and Turku University Hospital, Turku, Finland.
  • Journal of medical virology.J Med Virol.2013 Nov;85(11):1935-9. doi: 10.1002/jmv.23683. Epub 2013 Jul 12.
  • This study reports a previously healthy, immunocompetent adult male in whom human herpesvirus 7 (HHV-7) DNA was detected continuously from the cerebrospinal fluid (CSF). This patient developed definite sarcoidosis with primary symptomatic manifestations in the central nervous system (CNS). The initi
  • PMID 23852835
  • The diagnostic accuracy of the 'classic meningeal signs' in children with suspected bacterial meningitis.
  • Bilavsky E, Leibovitz E, Elkon-Tamir E, Fruchtman Y, Ifergan G, Greenberg D.SourceaInfectious Disease Unit, Tel Aviv Sourasky Medical Center bDepartment of Pediatric, Dana Children's Hospital, Tel Aviv Sourasky Medical Center cSackler Faculty of Medicine, Tel Aviv University, Tel Aviv dDepartment of Pediatrics eDepartment of Neurology, Soroka University Medical Center fPediatric Infectious Disease Unit, Faculty of Health Sciences, Ben-Gurion University of the Negev, Beer-Sheva, Israel.
  • European journal of emergency medicine : official journal of the European Society for Emergency Medicine.Eur J Emerg Med.2013 Oct;20(5):361-3. doi: 10.1097/MEJ.0b013e3283585f20.
  • To prospectively determine the diagnostic accuracy of nuchal rigidity, Kernig's sign, and Brudzinski's sign in children with suspected bacterial meningitis. Children 3 months to 17 years old diagnosed with bacterial meningitis and matched controls without bacterial meningitis were enrolled. The diag
  • PMID 22914116

和文文献

  • 症例 細菌性髄膜炎,化膿性脊椎炎を合併した大動脈弁位感染性心内膜炎の1例
  • 増田 憲保,小林 卓馬,山崎 琢磨 [他]
  • 胸部外科 = The Japanese journal of thoracic surgery 68(2), 121-124, 2015-02
  • NAID 40020333643
  • Meningococcal Meningitis with Meningococcemia : a Rare Sporadic Case in an Elderly Patient with No History of Contact with Infected Individuals
  • Gomi Harumi,Unuma Nahoko,Nakao Koichi [他]
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 68(1), 67-69, 2015-01
  • NAID 40020342727
  • Salmonella Meningitis : a Report from National Hue Central Hospital, Vietnam
  • Dinh Quang Tuan,Pham Hoang Hung,Phan Xuan Mai [他]
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 68(1), 30-32, 2015-01
  • NAID 40020342578
  • 過去12年間に当院で経験した外科的介入を要した小児細菌性髄膜炎症例の検討
  • 鹿間 芳明
  • 日本外科感染症学会雑誌 11(6), 617-622, 2014-12
  • NAID 40020323908

関連リンク

Meningitis and septicaemia are dangerous diseases which can kill in hours. We provide life-saving symptoms information for concerned parents and individuals, as well as funding vital medical research into the diseases. Know more ...
Meningococcal meningitis & sepsis are rare, but devastating. Learn more about meningitis, courtesy of Meningitis.com. ... Welcome to meningitis.com! Meningococcal disease is an uncommon, unpredictable, and serious disease ...
Meningitis (inflammation of the membranes that cover the brain and spinal cord) is treatable, but can be serious. So it's important to know the symptoms and get prompt diagnosis and treatment.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 76」「髄膜炎」「Streptococcus pneumoniae」「Haemophilus influenzae」「脳脊髄膜炎
拡張検索cytomegalovirus meningitis」「pachymeningitis」「Mollaret recurrent meningitis

100Cases 76」

  [★]

☆case76 頭痛
glossary
傾眠 drowsiness 正常病的の区別なく眠り込む場合に用いられる
意識不鮮明 confusion 周囲に対する認識や理解は低下し、思考清明さや記憶正確さが失われる
錯乱 confusion 夢幻様状態より見当識障害思考滅裂が見られる状態(PSY.40)
MA = Master of Arts 文学修士
 The Master of Arts (BrE: MA, UsE: M.A.) is awarded in Arts, Humanities, Theology and Social Sciences (Wikipedia)
graduate student 大学院生
rousable adj. 覚醒できる、目を覚ますことができる
rouse vt. ~の目を覚まさせる、呼び起こす。喚起する、鼓舞する、奮起させる。(感情を)起こさせる、かき立てる
lateralize vt. (生理)(大脳が)(左右半球に心的機能差がある、左右差がある。(器官機能活動などが)大脳の(左右いずれかの)片側優位下にある。(医学)(障害などが)大脳の片半球にあると診断される
乳頭浮腫 papilledema 原因を問わず視神経乳頭腫脹している状態
うっ血乳頭 choked disc 脳圧亢進による乳頭浮腫
症例
24歳、男性 精神学の修士過程を専攻している大学院生
主訴:激しい頭痛
現病歴頭部全体に痛みがある。2回嘔吐傾眠錯乱が認められるようになった。明るい光を嫌う()he finds bright lights uncomfortable
既往歴病気既往はない。アレルギーはない。タバコ1日10本。アルコール24 unit/week(缶ビール(350ml)13.7本/週)。薬は服用してない。
家族歴:彼女と同居。3歳と4歳の子供がいる。
診察 examination
 見た感じ紅潮しており、調子が悪そう。体温:39.2℃。項部硬直あり(he has stiffness on passice flexion of his neck)。皮疹なし。副鼻腔圧痛なし。鼓膜所見は正常脈拍:120/分。血圧:98/74 mmHg心血管系胸部腹部に異常所見なし(normal)。意識レベル低下。命令に応じて覚醒する(JCS10?)。局所神経症状認めない。眼底所見正常
検査 investigation
 血液検査
  白血球上昇血清Na:低下。血清尿素:上昇血清クレアチニン上昇血液培養検査
 画像検査
  胸部X線:異常所見なし。頭部CT正常
 心電図洞性頻脈
 腰椎穿刺
  髄液所見:混濁白血球:増多。蛋白:増多。糖:低下(普通の人の血糖100mg/dLと考える。→ 1g/L → 1/180 mol/L → 5.56 mmol/L。グラム染色結果待ち
■Q
 診断鑑別診断管理
■A
 細菌性髄膜炎髄膜炎クモ膜下出血、経験的抗菌薬投与
解説
(第1パラグラフ)細菌性髄膜炎
・(症状)突然発症。激しい頭痛嘔吐錯乱羞明項部硬直
・低血圧白血球増多、腎機能低下 → ウイルス性よりむしろ細菌性感染示唆する。 ← 重症敗血症敗血症ショックかな?(私見)
・(髄膜炎菌の種類)
テーブル挿入 髄膜炎
・(疫学)HIM. 2621 (多分、全患者中(←私見))
 Streptococcus pneumoniae ~50%
 Neisseria meningitidis ~25%、
 group B streptococci ~15%
 Listeria monocytogenes ~10%
 Haemophilus influenzae type B <10%
Neisseria meningitidis全身性脈管皮疹(点状出血紫斑)が特徴的(generalized vasculitic rash)
(第2パラグラフ)鑑別診断
・激しい頭痛
 ・the most severe headaches are experienced in meningitis, subarachnoid hemorrhage and classic migraine.
  ・meningitis単回発作(single episode)。症状は時間単位で出現
  ・subarachnoid hemorrhage単回発作(single episode)。突然発症(突発完成?)。硝子体出血を認めることがある。
  ・classic migraine:繰り返す(数回/年~1回/週。平均月2回。発作は4-72時間継続)
髄膜刺激急性発熱をきたした多くの病態でみられる(acute febrile conditions)。特に子供。 ← そうなの?
頚部硬直頚部脊椎の局所感染症でも起こる。 ← パーキンソン病などによる筋トーヌスの異常亢進も除外しよう
・他の髄膜炎:脳脊髄液所見で鑑別する
(第3パラグラフ)経験的治療
・(細菌性)髄膜炎が疑われたら、確定診断する前に適切抗菌薬投与(empirical treatment)。 → 数時間の経過死亡することがある。
・ペニシリンアレルギーがなければ、ceftriaxoneかceftaximeの静脈内投与一般的治療法
(第4パラグラフ)腰椎穿刺
乳頭浮腫がない、あるいは占拠性病変示唆する片側性の神経徴候(lateralized neurological signs)がある患者では(CT結果を待たずに)腰椎穿刺をすぐにやるべき(CASES) ← どういう事?
局在性の神経徴候(localized neurological sign)がある場合はまずCTを撮るべき(CASES)。 → the dangers of coning ← 鉤ヘルニアの事?
(第5パラグラフ)細菌性髄膜炎管理
診断CSF検査(グラム染色、髄液培養(確定診断感受性試験)
管理
 ・意識が低下しているのでそれなりの看護(must be nursed)。アヘン剤による鎮痛生理食塩水による低ナトリウム血症の補正。低血圧補正するためにinotrope(a drug with positive inotropic effects, e.g. dobutamine, digitalis, milrinone )も必要かもしれない。(100CASES)
 ・感受性のある抗菌薬投与(大量静注、髄液移行性の高いもの)、髄液所見の正常化・CRP 陰転後、1週間抗菌薬投与して治療終了対症療法として脳圧亢進には高張脳圧降下薬(マンニトールなど)を投与。(IMD.1042)
(第6パラグラフ)家族構成を考えた治療
・(意訳)誰が3-4歳の世話をしていたのか分からないけど、子供検査すべき。髄膜炎菌か原因菌が不明だったら、リファンピシンによる予防的治療髄膜炎球菌に対する予防接種をすべき。 ← 日本ではどうなんでしょうか。
□350ml アルコール5%
350x0.05/10=1.75 unit
莢膜を有し、髄膜炎を起こす細菌 → 莢膜を有することで血液中補体などを介した貪食を免れ、血行性クモ膜下腔まで到達しうる。
Streptococcus pneumoniae
Haemophilus influenzae type b
Neisseria meningitidis
敗血症
定義
 感染症による全身性炎症反応症候群(SIRS)をセプシス(sepsis, 広義の敗血症?)とする
 感染症の病原体は、一般細菌(グラム陽性菌・陰性菌)、真菌寄生虫ウイルスなど
 皮膚粘膜の傷とか、種々の臓器にある感染巣から、細菌リンパ流から血中に入り、全身播種されて、新たに転移性感染巣をつくり、重篤全身症状を引き起こす。
全身性炎症反応症候群の診断基準
 下記項目のうち2項目以上が当てはまる
  1. 体温>38℃ or 体温<36℃
  2. 心拍数>90bpm
  3. 呼吸数>20回/min or PaCO2<32mmHg
  4. (白血球数>12,000/ul or 白血球数<4,000/ul) or ( 幼若好中球>10% ) ← ここでいう幼若好中球とは桿状好中球のことである。
敗血症の周辺疾患概念
 1. 全身性炎症反応症候群 systemic inflammatory response syndrome SIRS
  発熱白血球増加などの全身炎症徴候によって特徴づけられる病態(SIRS診断基準に合致する病態)
 2. 敗血症 sepsis
  SIRS感染結果である場合
 3. 重症敗血症 severe sepsis
  主要臓器障害を伴う敗血症
 4. 敗血症ショック septic shock
  輸液投与不応性の低血圧を伴う重症敗血症
 5. 多臓器機能障害症候群 multiorgan dysfunction syndrome MODS
  2つ以上の主要臓器機能異常
 6. 多臓器不全 multiorgan failure MOF
  2つ以上の主要臓器の不全状態
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
PSY = 標準精神医学 第3版
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


髄膜炎」

  [★]

meningitis
脳脊髄膜炎
蛋白細胞解離


病因

  • 感染症(細菌、ウイルス、真菌など)、悪性腫瘍の浸潤 → 髄膜の炎症

分類

病原体

  • 菌血症→脳脈絡叢→髄腔
  • 菌体成分(LPSなど)→BBB, 上衣細胞、脳細胞の障害。神経膠細胞による炎症サイトカインの分泌
  • 血行性、あるいは神経軸索によりウイルスが髄腔に波及。

臨床経過

宿主要因と髄膜炎に関わる病原体

頻度・年齢階層が資料によって異なるため混乱しないように注意。

YN.J-137改変

4ヶ月未満 B群溶連菌(50%) 大腸菌(25%) インフルエンザ菌(20%) リステリア菌(1%)  
4ヶ月~6歳未満 インフルエンザ菌(70%) 肺炎球菌(25%)      
6歳~50歳未満 肺炎球菌(65%) インフルエンザ菌(10%) 髄膜炎菌  
50歳以上 肺炎球菌(80%) 黄色ブドウ球菌      
免疫不全者 クレブシエラ 連鎖球菌 緑膿菌 黄色ブドウ球菌 真菌

first aid step1 2006 p.161

Newborn (0–6 mos) Children (6 mos–6 yrs) 6–60 yrs 60 yrs +
Streptococcus agalactiae Streptococcus pneumoniae Neisseria meningitidis Streptococcus pneumoniae
Escherichia coli Neisseria meningitidis Enteroviruses Gram-negative rods
Listeria Haemophilus influenzae type B Streptococcus pneumoniae Listeria
  Enteroviruses HSV  
incidence of H. influenzae meningitis has ↓ greatly with introduction of H. influenzae vaccine in last 10–15 years.

CBT QB vol2 p.562

  1位 2位 3位
新生児 大腸菌 B群溶連菌 リステリア菌
小児期(6歳以下) インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  

IMD.1042

年齢 病原体
3ヶ月未満 B群溶連菌 大腸菌 リステリア菌
3ヶ月以上の乳小児 インフルエンザ菌 肺炎球菌  
成人 肺炎球菌 髄膜炎菌  
高齢者 肺炎球菌 グラム陰性桿菌 リステリア菌

小児細菌性髄膜炎起炎菌(PED.606)

<3か月 3か月≦
グラム陽性 球菌 Streptococcus agalactiae
Streptococcus pneumoniae
Staphylococcus
Enterococcus faecalis
Streptococcus pneumoniae(PSSP/PISP/PRSP)
桿菌 Listeria monocytogenes Listeria monocytogenes
グラム陰性 球菌 Neisseria meningitidis Neisseria meningitidis
桿菌 Escherichia coli
Enterobacter cloacae
Serratia marcescens
Haemophilus influenzae type b

新生児

  • Streptococcus agalactiaeは産道感染
  • Escherichia coliもおそらく産道感染

新生児と老人

  • Listeria monocytogenesは産道感染するので新生児に多い。新生児と老人に多いのは通性細胞内寄生菌で細胞性免疫の弱い宿主に感染やすいため?

乳児~幼児

  • Haemophilus influenzae type B

乳児~大人

  • Enteroviruses
  • Neisseria meningitidis

小児~大人

  • Herpes simplex virus

乳児~老人

  • Streptococcus pneumoniae

老人

  • グラム陰性桿菌は老人

髄膜炎の鑑別

  細菌性髄膜炎 ウイルス性髄膜炎 結核性髄膜炎 真菌性髄膜炎 癌性髄膜炎
外観 混濁 clear 水様~
キサントクロミー
日光微塵
clear~
日光微塵
clear~
キサントクロミー

70-180
(mmH2O)
↑↑
200~800以上

200~300

200~800

200~800

200~300
細胞
0-5
(/mm3)
500~数百万 10~1,000 25~1,000 25~1,000 25~500
好中球 リンパ球 リンパ球 リンパ球 好中球
タンパク
15-45
mg/dl
↑↑
50~1,500

正常~100

50~500

100~500

50~500

50-80
mg/dl
↓↓
0~40

正常
↓↓
~40
↓↓
~40

~40

予後不良因子

  • 入院時の状態に依存する:痙攣、意識レベルの変化、低血圧 (IRE.407)

国試




Streptococcus pneumoniae」

  [★]

Streptococcus pneumoniae
肺炎球菌肺炎レンサ球菌肺炎連鎖球菌肺炎双球菌、ストレプトコッカス・ニューモニエ
連鎖球菌
  • first aid step1 2006 p.134,138


細菌学

  • グラム陽性球菌
  • 西洋槍(ランセット)型の双球菌
  • α溶血性。ランスフィールド分類には分類されない
  • オプトヒン感受性
  • 自己融解 autolysis ← 培養しすぎに注意
  • 中心部の陥凹した集落
  • 莢膜多糖体を有する ← 抗食菌作用(C3bの付着に抵抗する)
  • IgA proteaseを分泌
  • 健常人の5-250%の気道に存在するが莢膜がない弱毒の株

感染症

  • 慢性気道感染症の急性増悪

易感染性宿主

  • 2歳以下の乳幼児や老人で重症化しやすい
  • 脾臓を受けた患者、急性骨髄性白血病、骨髄移植、HIV感染症で発症しやすい

most common cause of:

MOPS are Most OPtochin Sensitive


診断

  • 臨床像から疑い、胸部X線、喀痰のグラム染色、尿中抗原を行う。グラム染色と尿中抗原が陽性であれば特異的な治療を開始する。 (IRE.1010)
  • (経験的治療の前に?)診断及び感受性検査のために喀痰培養、血液培養検査を行う。

参考

  • 光顕像

USMLE

  • Q book p.192 29




Haemophilus influenzae」

  [★]

Haemophilus influenzae
インフルエンザ菌
細菌髄膜炎Haemophilus influenzae type b

生物的特徴

  • グラム陰性桿菌
  • パスツレラ科ヘモフィルス属
  • 莢膜を有し、血清型はb型である。
  • 発育因子として、X因子(プロトポルフィリンIX or プロトヘム) and/or V因子(NAD or NADP)が必要
  • 病原因子は莢膜(抗貪食作用)とIgAプロテアーゼ(IgAを分解)が特徴的である。
  • PBPの変異による耐性菌(BLNAR, β-lactamase negative ampicillin-resistant Haemophilus)が出現している

感染症

続いて敗血症や閉塞性喉頭炎も引き起こす。

血清型と疾患(SMB.191)

  • 莢膜型を有するS型菌(b型)
  • 髄膜炎菌、結膜炎、喉頭炎、関節炎
  • 非莢膜型を有しないR型菌
  • 中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎

疫学

潜伏期間

感染経路

  • 飛沫感染

症状

合併症

経過

治療

検査

培養

予防


脳脊髄膜炎」

  [★]

cerebrospinal meningitis
非細菌性髄膜炎無菌性髄膜炎髄膜炎meningitis


cytomegalovirus meningitis」

  [★] サイトメガロウイルス髄膜炎

pachymeningitis」

  [★]

硬膜炎

meningitis


Mollaret recurrent meningitis」

  [★] モラレ再発性髄膜炎




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡