lymphadenopathy

出典: meddic

  • n.



WordNet   license wordnet

「chronic abnormal enlargement of the lymph nodes (usually associated with disease)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/26 17:46:31」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

和文文献

  • 多発病変を認めた両側副腎原発非ホジキンリンパ腫(MALT型)の1例
  • 榎本 有希,兒玉 聖子,浅野 千尋,増田 道彦
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E2), E612-E616, 2013-03-31
  • 【現病歴】2010年2月、関節リウマチにてかかりつけの他院外来定期受診時に鼠径リンパ節腫大を複数認めた。4月に同院精査入院したところ両側副腎腫瘍を認めた。しかし、ACTH、sIL-2R 軽度上昇以外、下垂体MRI、胸部CT、骨髄検査、上部内視鏡、腫瘍マーカーなどに異常所見は認めず、右鼠径リンパ節生検施行するも反応性変化として確定診断には至らなかった。4月30日にPET-CT検査を施行し、右鼠径、傍 …
  • NAID 110009575074
  • 外科的肺生検を施行せず剥離性間質性肺炎と考えられた1例
  • 石井 寛,串間 尚子,小宮 幸作,門田 淳一
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 35(2), 166-171, 2013-03-25
  • 症例. 58歳の喫煙男性.健診にて初めて胸部異常陰影を指摘され当科に紹介となった.胸部CTでは,両側下葉末梢優位のスリガラス状陰影,軽度の縦隔リンパ節腫脹を認めた.血液検査では血清KL-6などが高値を示していたが,3カ月間禁煙を徹底したところ,検査値異常に改善がみられた.気管支肺胞洗浄液所見では好酸球および好中球比率の増加を認め,経気管支肺生検ではII型肺胞上皮細胞が増生し,好酸性細胞質をもつマク …
  • NAID 110009597489
  • 腎生検を契機に診断に至ったサルコイドーシスの一例
  • 南 香名[他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 88(1), 81-88, 2013-03-25
  • 症例は69歳男性。これまで検尿異常の指摘はなかった。2009年12月より胆道系酵素上昇、翌年2月より汎血球減少、10月の腹部CTで腹腔内リンパ節腫大及び肝脾腫を認め、消化器疾患や血液疾患が疑われ精査されたが診断に至らなかった。2011年より月単位で進行する腎機能障害を認めたため精査目的で同年11月、当科入院となった。蛋白尿と血尿は陰性であったが尿中2- microglobulin高 …
  • NAID 110009577975

関連リンク

Lymphadenopathy From Wikipedia, the free encyclopedia Jump to: navigation, search Lymphadenopathy Neck lymphadenopathy associated with infectious mononucleosis ICD-10 I88, L04, R59.1 ICD-9 289.1-289.3, 683, 785.6
lymphadenopathy lym·phad·e·nop·a·thy (lĭm-fād'n-ŏp'ə-thē, lĭm'fə-dn-) n. A chronic, abnormal enlargement of the lymph nodes, usually associated with disease. The American Heritage® Stedman's Medical Dictionary Cite This ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元マクログロブリン血症」「リンパ節腫大」「リンパ節症」「lymphatic disease
拡張検索lymphadenopathy syndrome」「bilateral hilar lymphadenopathy」「epitrochlear lymphadenopathy

マクログロブリン血症」

  [★]

macroglobulinemia
ワルデンシュトレーム・マクログロブリン血症 Waldenström macroglobulinemia Waldenstrom macroglobulinemia WM原発性マクログロブリン血症 primary macroglobulinemiaマクログロブリネミア
単クローン性免疫グロブリン血症高γグロブリン血症
  • first aid step1 2006 p.304
  ALL ALL(バーキット型) 悪性リンパ腫CLL マクログロブリン血症 骨髄腫
分化段階 前駆B細胞 未熟B細胞 成熟B細胞   形質細胞
細胞表面免疫グロブリン ±
免疫グロブリン分泌

WCH.2669

pathologic feature MCL B-cell CLL FL MZL WM MM
paraprotein None Small IgG or IgM Usually none Small IgM IgM (large) IgA, IgG
morphology Centrocyte-like; small-to-medium-sized lymphocytes Small lymphocyte with clumped chromatin Follicle center cells (follicular pattern) Monocytoid B cells, heterogeneous Plasmacytoid lymphocytes and plasma cells Plasma cells
surface Ig
cytoplasmic Ig ++ +++
CD19
CD20 ++ ++ 15% CD20+
CD23 ±
CD22
CD38 ± ++
CD138 ++
CD5 Usually CD5-
CDlO ±
cytogenetic aberrations t(11;14)(q13;q32), cyclin Dl+ 13q-, 6q-, +12, 11q23- t(14;18)(q32; q21), bcl-2+ t(11;18)(q21; q21), +3 6q- t(4;14)(p16.3;q32),t(11;14)(q13;q32),t(14;16)(q32;q23), other +14q32,13q-, aneuploidy
somatic hypermutation +, 50%; -, 50% ++ ++ +++ +++
bone marrow involvement (%) 25 ~100 85 50 >90 100
bone lytic lesions No No No No 5% 70%

概念

病因

疫学

  • 60-70歳

症状

also see WCH.2671
  • 血管粘稠度上昇 + 病的蛋白質による血管内皮損傷:[眼症状] ソーセージ様の網膜血管のうっ滞・拡張、網膜出血、綿花様白斑、網膜静脈閉塞症、滲出性網膜剥離
  • リンパ球の浸潤による症状:weakness, 体重減少、骨痛、肝脾腫、リンパ節腫

診断

鑑別診断

  • 慢性リンパ性白血球、骨髄腫(IgM myeloma: bone lesion, CD138+ plamac cell infiltration)、kymphocytic lymphoma

myelomaとの共通点と異差

HIM.706

  • 共通点:
  • 症状:weakness、疲労、反復感染
  • WMに特徴的:
  • lymphadenopathyhepatosplenomegalyがあること。bone lesionや高カルシウム血症は起こさない。(大きさの違いから?)IgMは殆ど人から排泄されないし、-20%の人しかBJPを排泄しないから、腎病変は一般的でない。
  • WMでより一般的:
  • 鼻出血、視力障害(visual disturbance)、神経症状(めまい、頭痛、一時的な麻痺)

QB.G-269 WCH.2671

  多発性骨髄腫 マクログロブリン血症  
ワルデンシュトレーム・マクログロブリン血症  
MM WM  
病変のfocus 主に骨髄 主にリンパ組織 集積することで出現する症状が異なる
腫瘍細胞 形質細胞 やや幼弱なB細胞  
赤血球連戦形成 +++ IgMのせい
出血傾向 IgMのせい
肝脾腫、リンパ節腫脹  
骨破壊 70% 5%  
過粘稠度症候群 IgMのせい
M蛋白 IgG,IgA,IgD,IgE,BJP IgM  
腎障害 IgMは糸球体濾過されにくい
眼底変化 IgMのせい
年齢 40-60歳代 40-70歳代  

検査

血算

  • 赤沈:高度促進
  • 貧血
  • 白血球:増多(リンパ球様細胞の増多)
  • 血小板:減少  ←  MMより頻度は低い、はず。一般的でなく、病気の末期まで出現しない(WCH.2671)。患者のほとんどが正常範囲内で、10万/ul以下であるのはほんの9%の患者であり、本疾患における血小板減少症の有病率は22%と報告されている(WCH.2671)。

血液生化学

尿検査

  • 尿タンパク:陽性(10%でBJPが見られる。)

治療

予後

USMLE

  • Q book p.246 41




リンパ節腫大」

  [★]

lymphadenopathy?, adenopathy?
リンパ節腫脹(どういう使い分けか?同義語か?)


リンパ節症」

  [★]

lymphadenopathy
リンパ節リンパ節腫脹リンパ節炎



lymphatic disease」

  [★]

lymphadenopathy

lymphadenopathy syndrome」

  [★]

リンパ節腫大症候群

AIDS-related complexarc

bilateral hilar lymphadenopathy」

  [★] 両側肺門リンパ節腫脹, BHL


epitrochlear lymphadenopathy」

  [★] 滑車上リンパ節腫脹



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡