lumbar

出典: meddic

  • adj.
  • 腰部の、腰椎の、腰椎部の、腰髄の
lumbar cordlumbar partlumbar regionlumbar spinal cordlumbar spinelumbar vertebralumbar vertebraepars lumbalis

WordNet   license wordnet

「of or relating to or near the part of the back between the ribs and the hipbones; "lumbar vertebrae"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「腰の,腰部の」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/10/14 20:11:28」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Thoracic and lumbar posture behaviour in sitting tasks and standing: Progressing the biomechanics from observations to measurements.
  • Claus AP1, Hides JA2, Moseley GL3, Hodges PW4.
  • Applied ergonomics.Appl Ergon.2016 Mar;53 Pt A:161-8. doi: 10.1016/j.apergo.2015.09.006. Epub 2015 Oct 21.
  • Few studies quantify spinal posture behaviour at both the thoracolumbar and lumbar spinal regions. This study compared spontaneous spinal posture in 50 asymptomatic participants (21 males) during three conditions: 10-min computer task in sitting (participants naïve to the measure), during their per
  • PMID 26476893
  • Incremental training intensities increases loads on the lower back of elite female rowers.
  • Buckeridge EM1,2,3, Bull AM2, McGregor AH1.
  • Journal of sports sciences.J Sports Sci.2016 Feb;34(4):369-78. doi: 10.1080/02640414.2015.1056821. Epub 2015 Jun 19.
  • Lumbar-pelvic kinematics change in response to increasing rowing stroke rates, but little is known about the effect of incremental stroke rates on changes in joint kinetics and their implications for injury. The purpose of this study was to quantify the effects of incremental rowing intensities on l
  • PMID 26090702
  • Caffeine stimulates locomotor activity in the mammalian spinal cord via adenosine A1 receptor-dopamine D1 receptor interaction and PKA-dependent mechanisms.
  • Acevedo J1, Santana-Almansa A1, Matos-Vergara N1, Marrero-Cordero LR1, Cabezas-Bou E1, Díaz-Ríos M2.
  • Neuropharmacology.Neuropharmacology.2016 Feb;101:490-505. doi: 10.1016/j.neuropharm.2015.10.020. Epub 2015 Oct 19.
  • Caffeine is a potent psychostimulant that can have significant and widely variable effects on the activity of multiple neuronal pathways. The most pronounced caffeine-induced behavioral effect seen in rodents is to increase locomotor activity which has been linked to a dose-dependent inhibition of A
  • PMID 26493631
  • Cerebrospinal Fluid Diversion in Endoscopic Skull Base Reconstruction: An Evidence-Based Approach to the Use of Lumbar Drains.
  • Tien DA1, Stokken JK2, Recinos PF3, Woodard TD3, Sindwani R4.
  • Otolaryngologic clinics of North America.Otolaryngol Clin North Am.2016 Feb;49(1):119-29. doi: 10.1016/j.otc.2015.09.007.
  • Before the vascularized pedicled nasoseptal flap was popularized, lumbar drains (LDs) were routinely used for cerebral spinal fluid (CSF) diversion in endoscopic skull base reconstruction. LDs are not necessary in most CSF leaks encountered during skull base surgery. In this article, the use is cons
  • PMID 26614832

和文文献

  • Farmers' Cohort for Agricultural Work-Related Musculoskeletal Disorders (FARM) Study: Study Design, Methods, and Baseline Characteristics of Enrolled Subjects
  • 矢状面バランスを失った成人脊柱変形症例の手術で目指すべきアライメント : 代償のないアライメントを目指して (シンポジウム 成人脊柱変形へのアプローチ)
  • 腰椎後弯変形患者の腰背筋評価 (シンポジウム 成人脊柱変形へのアプローチ)
  • 経験と考察 不安定性を有する腰部脊柱管狭窄症に対する多椎間制動術は多椎間除圧術の問題点を解消できるか : 2椎間での検討

関連リンク

In tetrapod anatomy, lumbar is an adjective that means of or pertaining to the abdominal segment of the torso, between the diaphragm and the sacrum (pelvis). The lumbar region is sometimes referred to as the lower spine, or as an area of the ...
In human anatomy, the lumbar vertebrae are the five vertebrae between the rib cage and the pelvis. They are the largest segments of the vertebral column and are characterized by the absence of the foramen transversarium within the ...
Of, near, or situated in the part of the back and sides between the lowest ribs and the pelvis. n. A lumbar artery, nerve, vertebra, or part. [New Latin lumb ris, from Latin lumbus, loin.] lumbar [ˈlʌmbə]. adj. (Life Sciences & Allied Applications ...

関連画像

Physiotherapy in Banff for Lower BackLUMBARlumbar-plexusLumbar Spine and LigamentsLumbar Disc HerniationLumbar Spine ProblemsLumbar Degenerative Disc Disease - DDDAnterior Lumbar Interbody Fusion


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 10」「loin」「腰部」「腰椎部」「lumbar spine
拡張検索lumbar vein」「lumbar spinal cord」「lumbar disc herniation

100Cases 10」

  [★]

☆case10 背痛
症例
27歳 女性
主訴背中に突き抜ける?痛み(pain across her back)
現病歴背中に広がる痛みを訴えて、27歳の女性救急部に運ばれてきた。2日前に熱が出て背部痛が始まり、以降調子が悪い。痛みは増強している。6時間前に2度嘔吐した。
既往歴:3ヶ月前に合併症のない胆嚢炎
・身体診断
調子が悪そうであり、紅潮している。体温:39.2℃。脈拍:120/分。血圧:104/68 mmHg心血管系呼吸器系に異常を認めず。腹部全体的圧痛両側腰部著明圧痛
検査
(血液生化学)
白血球↑、血清尿素↑、CRP
(尿検査)
タンパク:++、鮮血:+++、亜硝酸塩:++
尿の顕微鏡検査:(おそらく400倍の一視野に)赤血球>50、白血球>50
腹部X線:正常
glossary
loin n. (pl)腰、腰部(→(adj.)lumbar)。(獣の)腰肉、ロイン。(pl)陰部生殖器性器
腸雑音、腸音、intestinal murmurintestinal soundbowel sound
urine microscopy 尿の顕微鏡検査
dysuria 排尿障害
urgency n. 切迫、急迫、危急。緊急、火急、焦眉の急。[pl]しつこい要求、懇願。せき立てる力、刺激
hydronephrosis 水腎症
-nephros 腎臓
-stomy 開口術
nephrostomy n. 腎瘻造設術、腎造瘻術、腎瘻術
obstructive urophathy 閉鎖性尿路疾患
intravenous fluid 静脈内輸液
commence vt. 始める、開始する。 vi. ~から始める、始まる(with)
urgently
eradication n. 根絶、撲滅
mimic vt. ~の物まねをする、まねて馬鹿にする。そっくりに[卑屈に]まねる。~によく似る
renal ultrasound 腎臓超音波検査
obstructive uropathy 閉塞性尿路疾患
polycystic kidney disease 多発性嚢胞腎
medullary sponge kidney 海綿腎
loin-pain hematuria syndrome 腰痛血尿症候群
解説
(第1パラグラフ)疫学
 急性腎盂腎炎男性より女性more common尿路からの細菌の上行感染リスク妊娠糖尿病、免疫低下者、尿路奇形(尿の腎臓への逆流。そして多分狭窄していたりして結石閉塞されやすいこともあると思う)
(第2パラグラフ)病態
 食欲不振悪心嘔吐と共に40℃の発熱が出ることがある。
 腎盂腎炎患者の中には膀胱炎先行症状(排尿障害頻尿、尿意切迫血尿)がある人がいるけど、こういう下部尿路症状がいつも出現するわけではない。
 多くの腎盂腎炎患者は、先行する6ヶ月以内の膀胱炎既往がある。
 老人場合、非典型的な症状を示し、そして混乱した状態でやってくる。
 腎盂腎炎は他の病態によく似ている:急性虫垂炎、急性胆嚢炎急性膵炎下葉肺炎
 普通体表から見て腎臓の直上に前からも後ろからも圧痛を感じる。
 未治療腎盂腎炎では敗血症になるかもしれない。
(第3パラグラフ)本ケースについて
 ・CRP上昇急性感染症示唆
 ・顕微鏡的血尿タンパク尿、白血球増多は尿路炎症を示す。
 ・硝酸塩(nitrate, HNO3と何かの塩)から亜硝酸塩(nitrite, HNO2と何かの塩)への還元により細菌存在確認される。
  覚え方:亜硝酸は(Oが一つ)足らないi(愛)
  でも複雑です。
   HNO2 亜硝酸 nitrous acid, nitrite 。亜硝酸塩 nitrite
   HNO3 硝酸 nitric acid, nitrate   。硝酸塩 nitrate
(第4パラグラフ)管理
 ・女性入院すべき。
 ・血液と尿の採取
 ・静脈内輸液抗生物質治療開始微生物同定されたら、感受性のある抗菌薬を使用する。初期治療ではゲンタマイシンアンピシリンシプロフロキサシンを用いる
 ・腎臓エコー検査尿路閉塞除外するため。閉塞性尿路疾患では、激しい痛み、発熱敗血症ショック腎不全を伴う脳腎症を起こしうる。
 ・尿路敗血症経過水腎症が疑われたら、合併症を防ぐために緊急に腎瘻を造設すべき
(第5パラグラフ)薬物治療
 ・(腎結石など合併していない)腎感染症(ucomplicated renal infection)患者抗生物質2週間のコース治療すべき。
 ・感染根絶確実にする治療が終わった後10-14日間は、反復して細菌培養をする。<
 ・尿路結石を有する感染症や腎瘢痕を有する患者では抗生物質6週間のコースが用いられる。
鑑別診断ポイント
 腎盂腎炎片側性、あるいは両側性の腰痛を引き起こす。
 腰部痛の鑑別診断
  閉塞性尿路疾患
  腎梗塞心疾患などで生じた血栓腎動脈またはその分枝閉塞し、その血管の支配領域が虚血性壊死に陥った状態
  腎細胞癌:腎尿細管上皮細胞より発生する悪性腫瘍
  腎乳頭壊死腎乳頭より腎髄質にかけて、その支配動脈の虚血により壊死を来したもの。 主として基礎疾患糖尿病を有する人にみられ、しばしば急性腎盂腎炎などの尿路感染に伴って発症する。
  腎結石
  糸球体腎炎
  多発性嚢胞腎先天性かつ両側性に腎実質内に大小無数の嚢胞発生する。 ほとんどが両側性で、貧血、顕微鏡的血尿蛋白尿、高血圧といった症状を呈しながら腎機能が低下し、最終的には腎不全となる疾患
  海綿腎腎錐体における集合管先天性嚢状拡張症。症状としては拡張した集合管に尿の停滞 → 感染・細かな結石ができる。
  腰痛血尿症候群:若年女性に好発し、反復して出現する腰部から側腹部の強い疼痛血尿主徴とする病因不明の疾患。肉眼的血尿軽度蛋白尿がみられることもあるが、特異的検査所見はなく、診断は他疾患除外診断による
■KEYPOINT
急性腎盂腎炎は下部尿路症状があったり無かったりする。
腎臓超音波検査尿路閉塞否定するために入院24時間後に行うべき。
抗菌薬は、再発リスク最小限するために、少なくとも2週間継続すべき。
閉塞性尿路疾患(http://merckmanual.jp/mmpej/sec17/ch229/ch229a.htmlより引用)
KUB陰影から尿路結石成分の推定
 リンカルシウム(22.0)
 シュウ酸カルシウム(10.8):シュウ酸カルシウム結石は,尿路結石のうちで最も頻度が高く(70~80%),シュウ酸カルシウム結石の約半数はリンカルシウムとの混合結石である。
 リン酸マグネシウムアンモニウム(4.1):ストラバイト結石:尿素分解菌(Proteus 、Klebsiella 、Pseudomonas )による尿路感染原因で、尿素分解されアンモニアとなると尿がアルカリ性となり、リン酸マグネシウムアンモニウム結石形成される。
 シスチン(3.7):ホモシスチン尿症
 尿酸(1.4):痛風
 キサンチン(1.4):プリン
□多嚢胞
 常染色体劣性多発性嚢胞腎ARPKD
  旧名:幼児型嚢胞
 常染色体優性多発性嚢胞腎ADPKD
  旧名:成人型嚢胞


loin」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「either side of the backbone between the hipbone and the ribs in humans as well as quadrupeds」
lumbus

WordNet   license wordnet

「a cut of meat taken from the side and back of an animal between the ribs and the rump」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「《複数形で》腰,腰部 / 〈C〉〈U〉腰肉」


腰部」

  [★]

lumbar regionpars lumbalislumbar
腰髄腰仙部腰椎腰椎部


腰椎部」

  [★]

lumbar partlumbar
腰髄腰椎腰部


lumbar spine」

  [★]

腰椎

lumbarlumbar vertebralumbar vertebrae


lumbar vein」

  [★]

WordNet   license wordnet

「veins that drain the posterior body wall and the lumbar vertebral venous plexuses」
vena lumbalis


lumbar spinal cord」

  [★]

腰髄

lumbarlumbar cord


lumbar disc herniation」

  [★]

腰椎椎間板ヘルニア


"http://meddic.jp/lumbar" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3