leucovorin

出典: meddic

ロイコボリン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/03 14:03:11」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

和文文献

  • Fatal interstitial pneumonia caused by panitumumab-containing chemotherapy: a case report
  • Yamane Hiromichi,Kamei Haruhito,Yamagishi Tomoko,Ochi Nobuaki,Takigawa Nagio
  • 川崎医学会誌 39(1), 49-53, 2013-00-00
  • … Although he achieved partial remission with combination chemotherapy consisting of 5-fluorouracil, leucovorin, and oxaliplatin plus bevacizumab, this regimen failed after 46 courses. … A salvage chemotherapy consisting of 5-fluorouracil, leucovorin, and irinotecan plus panitumumab was initiated. …
  • NAID 110009559346
  • メソトレキセート大量療法における排泄遅延による有害事象の後方視的調査
  • 大里 洋一,横山 智央,六谷 紀与 [他]
  • 東京医科大学雑誌 70(4), 430-439, 2012-10-00
  • NAID 40019539073
  • 5'-DFUR+放射線化学療法を含む集学的治療により7年間CR継続中の非切除T4直腸癌の1例
  • 佐藤 勉,藤井 正一,稲垣 大輔,五代 天偉,大島 貴,國崎 主税,湯川 寛夫,利野 靖,益田 宗孝,今田 敏夫
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 65(3), 130-135, 2012-03-01
  • 症例は66歳,女性.2003年9月から下痢・便秘を繰り返していた.2004年1月排便時血便を認め,2月中旬当院消化器病センター受診し,精査の結果Rabに全周性の2型病変を認め,生検で低分化型腺癌であった.骨盤部CT,MRIにて腟後壁への浸潤が疑われ,膣細胞診でclassVであった.cSI(膣後壁),cN1,cH0,cM0の診断で3月手術施行したが,開腹所見で原発巣の可動性は不良で骨盤神経叢や骨盤側 …
  • NAID 10030359885

関連リンク

Other Names: Calcium Leucovorin, Citrovorum Factor, Folinic Acid Drug Type: Leucovorin is a reduced folic acid. Leucovorin is used in combination with other chemotherapy drugs to either enhance effectiveness, or ...
Leucovorin comes as a tablet to take by mouth. It is usually taken every 6 hours until laboratory tests show it is no longer needed. Sometimes leucovorin is taken on a different schedule, depending on the reason it is ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元絨毛癌」「ロイコボリン」「活性葉酸補酵素
拡張検索methotrexate-leucovorin rescue

絨毛癌」

  [★]

chorio
choriocarcinoma
絨毛上皮腫 chorioepithelioma
悪性合胞体腫、絨毛疾患

疫学

  • 日本、東南アジア、中東、ラテンアメリカに多い
  • 人口10万人にたいして年間0.05人
  • 正常妊娠からは5-10万例に1例、全胞状奇胎の1-2%に発症、部分胞状奇胎では稀とされる(G9M.184)

病理

NGY.242
  • 組織構造:絨毛構造無し。破壊的増殖。出血、壊死。
  • 細胞形態:細胞性、合胞体、中間型栄養膜細胞に類似した細胞。破壊的な増殖像。細胞異型あり


転移

  • 血行性転移

治療

  • 化学療法:(参考1)
  • EMA/CO regimen
  • EMA regimen
  • MAC regimen
  • 手術療法:子宮、肺の病変に関しては適応となることがある。
  • 放射線療法:脳、肝臓に対して行われる。

参考

  • 1. [charged]Malignant gestational trophoblastic disease: Staging and treatment - uptodate

[1]

国試


ロイコボリン」

  [★]

leucovorin
ロイコボリン LeucovorinWellcovorin
活性葉酸補酵素ホルミルテトラヒドロ葉酸



活性葉酸補酵素」

  [★]

leucovorin
N5-ホルミルテトラヒドロ葉酸 N5-formyltetrahydrofolic acidロイコボリン


methotrexate-leucovorin rescue」

  [★] メトトレキサート・ロイコボリン救援療法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡