insulin

出典: meddic

インスリン


WordNet   license wordnet

「hormone secreted by the isles of Langerhans in the pancreas; regulates storage of glycogen in the liver and accelerates oxidation of sugar in cells」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「インシュリン(膵臓(すいぞう)ホルモンで糖尿病治療剤)」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/28 10:47:38」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/11 12:29:05」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/01 09:07:12」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Insulin resistance is increased in alopecia areata patients.
  • Karadag AS, Ertugrul DT, Gunes Bilgili S, Takci Z, Tutal E, Yilmaz H.SourceFaculty of Medicine, Dermatology, Yuzuncu Yil University , Van , Turkey.
  • Cutaneous and ocular toxicology.Cutan Ocul Toxicol.2013 Jun;32(2):102-6. doi: 10.3109/15569527.2012.713418. Epub 2012 Aug 24.
  • Increased insulin resistance (IR) has been found in androgenetic alopecia in several studies. However, IR has not been investigated in alopecia areata (AA). We aimed to investigate IR in AA patients and the controls. Anthropometric and demographic data were obtained from 51 AA patients and 36 contro
  • PMID 22916967
  • Biochemical alterations and liver toxicity analysis with pioglitazone in healthy subjects.
  • Saha SK, Das SC, Abdullah-Al-Emran, Sarker M, Uddin MA, Chowdhury AK, Bachar SC.SourceClinical Pharmacy and Pharmacology, University of Dhaka , Dhaka , Bangladesh.
  • Drug and chemical toxicology.Drug Chem Toxicol.2013 Apr;39(2):149-54. doi: 10.3109/01480545.2012.658920. Epub 2012 Apr 10.
  • Pioglitazone, a member of the thiazolidinediones, is a potent, highly selective agonist for peroxisome proliferator-activated receptor gamma and is an excellent insulin sensitizer used in treating type 2 diabetes mellitus. The present study investigated the effect of pioglitazone on glucose, total c
  • PMID 22486205
  • Insulin signalling to the kidney in health and disease.
  • Hale LJ, Coward RJ.SourceAcademic and Children's Renal Unit, University of Bristol, Learning and Research, Southmead Hospital, Bristol BS10 5NB, U.K.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2013 Mar 1;124(6):351-70. doi: 10.1042/CS20120378.
  • Ninety-one years ago insulin was discovered, which was one of the most important medical discoveries in the past century, transforming the lives of millions of diabetic patients. Initially insulin was considered only important for rapid control of blood glucose by its action on a restricted number o
  • PMID 23190266

和文文献

  • 小児・思春期1型糖尿病患者における基礎および追加インスリン量を規定する因子の検討
  • Inverse correlation between serum levels of selenoprotein p and adiponectin in patients with type 2 diabetes
  • Misu Hirofumi,Ishikura Kazuhide,Kurita Seiichiro,Takeshita Yumie,Ota Tsuguhito,Saito Yoshiro,Takahashi Kazuhiko,Kaneko Shuichi,Takamura Toshinari
  • PLoS ONE 7(4), e34952, 2012-04-04
  • … Background: We recently identified selenoprotein P (SeP) as a liver-derived secretory protein that causes insulin resistance in the liver and skeletal muscle; … SeP was a predictor of both total and high-molecular adiponectin, independently of age, body weight, and quantitative insulin sensitivity index (β = -0.343, P = 0.022; …
  • NAID 120004140847
  • Severe Superimposed Preeclampsia with Obesity, Diabetes and a Mild Imbalance of Angiogenic Factors
  • Masuyama Hisashi,Nobumoto Etsuko,Segawa Tomonori,Hiramatsu Yuji
  • Acta Medica Okayama 66(2), 171-175, 2012-04
  • … After administration of insulin and hydralazine with diet therapy, her hypertension and proteinuria were ameliorated with a 15-kg weight loss. …
  • NAID 120004040532

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元意識障害」「インスリン」「type I insulin
拡張検索insulin sensitivity」「insulin-stimulated protein kinase」「homeostasis model assessment-insulin resistance」「insulinoma

意識障害」

  [★]

consciousness disturbance, disturbance of consciousness
意識


分類

時間による分類

急性/慢性, 持続性/一過性

PSY.38

  • 単純な意識障害
明識困難状態 < 昏蒙 < 傾眠 < 昏眠 < 昏睡
  • 複雑な意識障害
  • せん妄     意識混濁 + (高度)精神運動興奮
  • 意識障害に関連した特殊な病態

意識レベルの分類 覚醒度

Mayo Clinicの分類

救急 意識障害をみたら

  • AIUEOTIPS (also see DIF.96)
  症候学プリント DIF.95
A alcohol アルコール関連 accidents, arterial occlusions, arteriosclerosis, aneurysms, autoimmune disorders
I insulin インスリン関連(低血糖、糖尿病性ケトアシドーシス非ケトン性高浸透圧性昏睡) inflammatory, intoxication (encephalitis, cerebral abcess, meningitis, alcoholism, opiates, barbiturates)
U uremia 尿毒症電解質異常、内分泌異常、肝性脳症 undefined disorders (narcolepsy, conversion hysteria)
E encephalopathy, endocrinopathy, electrolyte 脳症(脳炎、脳血管障害)、てんかん後 endocrine disorders(myxedema coma, hyperparathyroidism, diabetic coma, insulin shock), epileptic coma
O opiate, other overdose of O2 & CO2 薬物中毒 organ failure(hepatic coma, respiratory failure, uremia)
T trauma, tumor, temparature 頭部外傷、脳挫傷、硬膜外血腫、硬膜下血腫  
I infection 感染症、髄膜炎
P psychogenic 精神疾患
S syncope, seizure, stroke, shock, senile 失神クモ膜下出血

意識障害を来した患者が来た場合:どのような疾患を鑑別に挙げるべきか(IMD.237)

  • 1. 脳原発の疾患(一次性)
  • a. テント上病変(脳幹の圧迫性病変ないし脳ヘルニアをきたす疾患)
  • 1) 脳血管障害:脳出血、脳梗塞
  • 2) 硬膜下血腫
  • 3) 脳腫瘍:原発性、転移性
  • 4) 脳膿瘍
  • b. テント下病変(脳幹網様体の障害)
  • 1) 脳幹出血、脳幹梗塞、小脳出血、小脳梗塞、脳腫痛、多発性硬化症など
  • c. びまん性病変
  • 1) くも膜下出血、中枢神経感染症:髄膜炎、脳炎、 播種性血管内凝固症候群など
  • 2. 全身疾患に伴う病態(二次性)
  • a. 代謝性またはびまん性病変
  • 1) ショック:心筋梗塞、大出血など
  • 2) 薬物、毒物
  • 3) 無酸素ないし低酸素血症
  • 4) DIC、全身性感染症:敗血症など
  • 5) 肝不全、腎不全、糖尿病性高血糖、重症肝炎、内分泌疾患など
  • 6) 低血糖、ビタミンB1欠乏: Wernicke脳症
  • 7) 脳振盪、てんかん大発作後
  • 8) 酸塩基平衡および電解質異常
  • 9) 栄養障害
  • b. 心因性無反応
  • 1) ヒステリー、統合失調症


意識障害をきたす電解質異常

QB.D-345
カリウムは静止膜電位にかかわるが、ニューロンの活動にはそれほど関わらないから、意識障害はきたしにくいのかもしれない。
pHの異常も局所的に干渉されるため意識障害をきたしにくいのかもしれない。

意識障害の評価法

evaluation of consciousness disturbance


インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



type I insulin」

  [★]

insulinregular insulin

insulin sensitivity」

  [★]

insulin-sensitive
SI
SI


insulin-stimulated protein kinase」

  [★] インスリン刺激プロテインキナーゼ

homeostasis model assessment-insulin resistance」

  [★] インスリン抵抗性指数


insulinoma」

  [★] インスリノーマ



"http://meddic.jp/insulin" より作成


★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡