influenza virus

出典: meddic



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/18 21:12:30」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Chemical-free inactivated whole influenza virus vaccine prepared by ultrashort pulsed laser treatment.
  • Tsen SW1, Donthi N2, La V2, Hsieh WH2, Li YD3, Knoff J2, Chen A2, Wu TC4, Hung CF5, Achilefu S6, Tsen KT7.
  • Journal of biomedical optics.J Biomed Opt.2015 May 1;20(5):51008. doi: 10.1117/1.JBO.20.5.051008.
  • PMID 25423046
  • Ultrasensitive electrochemical detection of avian influenza A (H7N9) virus DNA based on isothermal exponential amplification coupled with hybridization chain reaction of DNAzyme nanowires.
  • Yu Y1, Chen Z2, Jian W1, Sun D1, Zhang B1, Li X3, Yao M4.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2015 Feb 15;64:566-71. doi: 10.1016/j.bios.2014.09.080. Epub 2014 Oct 2.
  • In this work, a simple and label-free electrochemical biosensor with duel amplification strategy was developed for DNA detection based on isothermal exponential amplification (EXPAR) coupled with hybridization chain reaction (HCR) of DNAzymes nanowires. Through rational design, neither the primer no
  • PMID 25310490
  • A plasmon-assisted fluoro-immunoassay using gold nanoparticle-decorated carbon nanotubes for monitoring the influenza virus.
  • Lee J1, Ahmed SR2, Oh S3, Kim J3, Suzuki T4, Parmar K5, Park SS5, Lee J6, Park EY7.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2015 Feb 15;64:311-7. doi: 10.1016/j.bios.2014.09.021. Epub 2014 Sep 16.
  • A plasmon-assisted fluoro-immunoassay (PAFI) was developed for the detection of the influenza virus by using Au nanoparticle (Au NP)-decorated carbon nanotubes (AuCNTs) that were synthesized using phytochemical composites at room temperature in deionized water. Specific antibodies (Abs) against the
  • PMID 25240957

和文文献

  • 迅速診断法 : ウイルス感染症 (特集 呼吸器感染症の診断・評価法の進歩)
  • 画像による診断 : 市中肺炎を中心に (特集 呼吸器感染症の診断・評価法の進歩)
  • 原 眞咲,小澤 良之
  • 日本胸部臨床 73(1), 2-11, 2014-01
  • NAID 40019935224
  • Influenza A virus survival in water is influenced by the origin species of the host cell
  • Shigematsu Sayuri,Dublineau Amélie,Sawoo Olivier,Batéjat Christophe,Matsuyama Toshifumi,Leclercq India,Manuguerra Jean-Claude
  • Influenza
  • … Background: Influenza A viruses have an envelope made of a lipid bilayer and two surface glycoproteins, the hemagglutinin and the neuraminidase. … The structure of the virus is directly dependent on the genetic makeup of the viral genome except the glycosylation moieties and the composition of the lipid bilayer. … Virus survival is important for virus transmission from contaminated waters in the case of wild aquatic birds or from contaminated surface or air for humans. …
  • NAID 120005367568

関連リンク

There are two main types of influenza (flu) virus: Types A and B. The influenza A and B viruses that routinely spread in people (human influenza viruses) are responsible for seasonal flu epidemics each year. Influenza A viruses can be ...
Information About Avian Influenza (bird flu) in the United States The #VaxWithMe selfie campaign encourages individuals to share photos and videos during or after getting vaccinated. Flu vaccination prevents illness, doctor’s visits and ...

関連画像

flu virus | Pill Box Pharmacies | Pembroke Influenza virusClose up of flu virusThe Influenza VirusThe 2009 H1N1 influenza virus strain Influenza Photos, Flu Pictures -- National


★リンクテーブル★
リンク元インフルエンザウイルス」「ワクチン」「myxovirus
拡張検索human parainfluenza virus 3」「human parainfluenza virus 4」「parainfluenza virus type 2」「parainfluenza virus
関連記事virus」「influenza

インフルエンザウイルス」

  [★]

influenza virus Flu
インフルエンザ急性呼吸器感染症感染症法


ウイルス学

  • A型インフルエンザウイルス属
  • B型インフルエンザウイルス属
  • C型インフルエンザウイルス属

A型とB型の比較

  A型インフルエンザ B型インフルエンザ
自然宿主 水鳥(カモなど) ヒト
感染 トリ、ブタとの人獣共通感染 ヒト
変異 変異しやすい 変異しにくい
 自然宿主がヒトだけなので
 不連続変異がない
流行 世界的大流行を起こす 地域的な流行が多い

ゲノム

  • 分節構造を有する。A,B型は8分節。C型は7分節。
  • 遺伝子再集合を起こす

亜型

  • A型とB型はウイルス表面に赤血球凝集素(HA)とノイラミニダーゼ(NA)を有している。
  • HAは16亜型。NAは9亜型。
  • A型インフルエンザウイルスでは、HAは16種類、NAは9種類知られており、この組み合わせで亜型が決定される。
同一のHAであっても抗原決定基が5箇所存在するために、変異により獲得抗体の中和を逃れる。
H1N1(ソ連A型)、H3N2(香港A型)がヒトに感染する。H2N2(アジアA型)もヒトに感染するが、流行が見られていない。
  • B型インフルエンザウイルスはHAは1種類のみしか存在しない。

感染症

まとめ

インフルエンザの特徴について

  • インフルエンザはオルソミクソウイルス科に分類され、エンベロープを有し、一本鎖かつマイナス鎖のRNAをゲノムにもつ。インフルエンザはA型インフルエンザウイルス属、B型インフルエンザウイルス属、C型インフルエンザウイルス属の三つに分類されている。A型及びB型インフルエンザウイルス属に属するウイルスはインフルエンザ粒子の外面にヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)を有しており、これらはそれぞれ16種類、9種類あり、これらの組み合わせで一つのウイルスの亜型をなす。ヘマグルチニンは宿主細胞のシアル酸をレセプターとして結合し、またエンドソーム内でエンベロープとエンドソームの脂質二重膜を融合して宿主内への侵入に関わっている。ノイラミニダーゼはシアル酸を切断する酵素であり、この酵素がヘマグルチニンに結合したシアル酸を分解することで宿主細胞から出芽できる。なお、C型インフルエンザウイルス属はHAとNAの代わりにhemaglutinin-esterase(HE)タンパク質がこの機能を担っており亜系はない。

抗原変異:shift(抗原不連続変異)とdrift(抗原連続変異)

  • shiftは遺伝子再集合により亜型が変化する変異であり、16種類あるHAと9種類あるNAの組み合わせが異なった新な亜型のウイルスが生まれることである。この変異により生じたインフルエンザウイルスに対する抗体は誰も有していないことが考えられ、世界的な流行が起こりうる。driftは同一亜型内の変異であって、HAあるいはNAにアミノ酸置換変異が生じるなどにより起こる。この変化により抗原性が変化するため、ワクチンが効かなかったりあるいは抗体抗原反応が生じなかったりして流行が起こりうる。しかしながら抗原性が全く変わるわけではないためワクチンや抗インフルエンザウイルス抗体が無効になるわけではない。

高病原性鳥インフルエンザ

  • カモは16種類あるHAのどの亜型のインフルエンザウイルスに感染しても不顕性であるのに対し、ニワトリに感染しうるH5とH7は高病原性であり致死率は100%である。この型のインフルエンザウイルスのHAはニワトリで全身に感染しうる。H5のHAは全ての細胞のゴルジ装置中に存在するFurinというプロテアーゼでHA1とHA2に切断される。つまり、全身の細胞で増殖しうるウイルスである。これゆえにH5あるいはH7を持つ鳥インフルエンザウイルスは高病原性鳥インフルエンザと呼ばれている。

高病原性鳥インフルエンザの流行の可能性

  • カモは16種類あるHAのどの亜型のインフルエンザウイルスにも不顕性感染する。また、カモは渡り鳥であり、季節性に地球の半球の南北を往来する。このため、カモが停留する池の周辺からニワトリなどの家禽に高病原性鳥インフルエンザがもたらされ家禽類の間で流行しうる。さらに家禽類の飼育者も高病原性鳥インフルエンザに感染しうる。この時点ではH5N1はヒトに対する効率よく感染できないが、2つの変化によって感染の効率が上昇しうる。一つはHAがトリ型レセプターからヒト型レセプターを認識するように変異することであり、もう一つはRNA依存性RNAポリメラーゼの至適温度が42℃から36℃に変わるよう変異することである。これらの変化が起こればトリ型のH5N1はヒト型に変化し、ヒトに対して全身性そしてより高い感染伝播性を獲得しヒトで大流行を起こしうる。

インフルエンザの予防と治療

  • インフルエンザの予防はうがいと手洗いである。そして、人混みを避け人混みに出る必要に迫られれば、花粉症用のマスクを着用する。また、毎年年末から流行し、免疫系が立ち上がるのに数週間はかかることを考え、11月上旬に1回目、11月下旬に2回目を接種してもらうのがよい。治療には日本ではアマンタジン、ザナミビル、オセルタミビルが使われてる。アマンタジンはA型ウイルスのみの適用であることに注意すべきである。ザナミビルは12歳以上が適用であり、吸入で用いる。A,B型の両方に適用できる。オセルタミビルは服用剤であり、A,B型の両方に適用できる。

参考

  • 国立感染症研究所 感染症情報センター
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/index.html
  • 東京都 - 感染症情報センター
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/index-j.html
  • 東京都 - 感染症情報センター 季節性インフルエンザ
図あり
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/flu/index.html
  • 鳥インフルエンザウイルスのヒトへの感染に重要なアミノ酸変異を発見
図あり
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20061116/index.html
  • 新型インフルエンザに対応するためのタンパク質立体構造データベースを全世界に公開- 抗インフルエンザウイルス薬剤開発促進へ -
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2006/060120/detail.html


ワクチン」

  [★]

vaccine
予防接種 immunization感染症感染症予防法シードロット・システムimmunization

種類

  • 遺伝子組換えワクチン

副反応

風疹ワクチン

  • 発熱、発疹、関節痛、リンパ節腫脹

おたふくかぜワクチン

  • 2-3週間後、まれに、発熱、耳下腺腫脹、咳、鼻水
  • MMRの際に無菌性髄膜炎が数千人に一人
  • 髄膜炎の症状:発熱、頭痛、嘔吐

学校伝染病、予防接種、ワクチン (学校伝染病、予防接種、ワクチン.xls)

病原体 感染症 ワクチン 学校伝染病 ワクチンの形状 潜伏期間 季節性 年齢 出席停止解除条件
ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア ジフテリア,破傷風,百目咳混合ワクチン    トキソイド        
百日咳菌 Bordetella pertussis 百日咳 不活化 6~14     咳の消失
結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 BCG 不活化       伝染のおそれが無くなるまで
ポリオウイルス poliovirus ポリオ ポリオワクチン(経口)          
麻疹ウイルス measles virus 麻疹 麻疹・風疹混合ワクチン 10~12   0~2 解熱後3日
風疹ウイルス rubella virus 風疹 18 春~初夏 4~9 発疹消失
日本脳炎ウイルス Japanese encephalitis virus 日本脳炎 日本脳炎ワクチン   不活化        
インフルエンザウイルス influenza virus インフルエンザ インフルエンザワクチン 不活化 1~5 冬期   解熱後2日
インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae  化膿性髄膜炎など Hibワクチン            
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae                
水痘・帯状疱疹ウイルス varicella zoster virus 水痘   11~21 冬(12, 1) 5~9 発疹の痂皮化
ムンプスウイルス mumps virus 流行性耳下腺炎   18~21     耳下腺腫脹消失
B型肝炎ウイルス hepatitis B virus B型肝炎     成分 60~160      
A型肝炎ウイルス hepatitis A virus A型肝炎     不活化 15~40      
狂犬病ウイルス rabies virus 狂犬病     不活化        
アデノウイルス adenovirus 咽頭結膜熱            
黄熱病ウイルス yellow fever virus 黄熱病            

日本で使われているワクチン

その他マイナーなワクチン

  • 1ヶ月に1回、6ヶ月続けて。
  • 適応は低体重児と免疫不全児だった気がする

接種間隔


参考

  • 1. 国立感染症研究所 感染症情報センター:予防接種のページ
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/vaccine-j.html
  • 2. 日本で接種可能なワクチンの種類 - 国立感染症研究所
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/atopics/atpcs003.html




myxovirus」

  [★]

influenza virusOrthomyxoviridaeorthomyxovirus

WordNet   license wordnet

「any of a group of RNA viruses including those that cause influenza and mumps」


human parainfluenza virus 3」

  [★]

parainfluenza virus type 3

human parainfluenza virus 4」

  [★]


parainfluenza virus type 2」

  [★]

human parainfluenza virus 2


parainfluenza virus」

  [★] パラインフルエンザウイルス


virus」

  [★] ウイルス

WordNet   license wordnet

「a harmful or corrupting agency; "bigotry is a virus that must not be allowed to spread"; "the virus of jealousy is latent in everyone"」

WordNet   license wordnet

「(virology) ultramicroscopic infectious agent that replicates itself only within cells of living hosts; many are pathogenic; a piece of nucleic acid (DNA or RNA) wrapped in a thin coat of protein」

WordNet   license wordnet

「a software program capable of reproducing itself and usually capable of causing great harm to files or other programs on the same computer; "a true virus cannot spread to another computer without human assistance"」
computer virus

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ビールス,ろ過性病原体」


influenza」

  [★] インフルエンザ

WordNet   license wordnet

「an acute febrile highly contagious viral disease」
flu, grippe

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「インフルエンザ,流行性感冒」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡