influenza

出典: meddic

インフルエンザ

WordNet   license wordnet

「an acute febrile highly contagious viral disease」
flu, grippe

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「インフルエンザ,流行性感冒」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/29 17:32:59」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Influenza immunisation program at three tertiary paediatric hospitals in NSW in 2010.
  • Wood NJ, Cashman PM.SourceNational Centre for Immunisation Research and Surveillance of Vaccine-Preventable Diseases.
  • New South Wales public health bulletin.N S W Public Health Bull.2012 Nov;22(11-12):230-2.
  • This is a report of an innovative influenza immunisation program in three tertiary paediatric hospitals in NSW. A targeted once-off program of influenza immunisation funded by NSW Health was offered during 2010 at the Children's Hospital at Westmead, Sydney Children's Hospital and the John Hunter Ch
  • PMID 22243640
  • The invasion of tobacco mosaic virus RNA induces endoplasmic reticulum stress-related autophagy in HeLa cells.
  • Li L, Wang L, Xiao R, Zhu G, Li Y, Liu C, Yang R, Tang Z, Li J, Huang W, Chen L, Zheng X, He Y, Tan J.SourceLaboratory of Allergy and Clinical Immunology, Department of Immunology, Institute of Allergy and Immune-related Diseases, Centre for Medical Research, Wuhan University School of Medicine, Wuhan, People's Republic of China.
  • Bioscience reports.Biosci Rep.2012 Apr 1;32(2):171-86.
  • The ability of human cells to defend against viruses originating from distant species has long been ignored. Owing to the pressure of natural evolution and human exploration, some of these viruses may be able to invade human beings. If their 'fresh' host had no defences, the viruses could cause a se
  • PMID 21729006
  • Risk factors for avian influenza and Newcastle disease in smallholder farming systems, Madagascar highlands.
  • Rasamoelina Andriamanivo H, Lancelot R, Maminiaina OF, Rakotondrafara TF, Jourdan M, Renard JF, Gil P, Servan de Almeida R, Albina E, Martinez D, Tillard E, Rakotondravao R, Chevalier V.SourceFOFIFA-DRZV, BP 04, Antananarivo, Madagascar.
  • Preventive veterinary medicine.Prev Vet Med.2012 Apr 1;104(1-2):114-24. Epub 2011 Nov 29.
  • Newcastle disease (ND) and avian influenza (AI) are issues of interest to avian producers in Madagascar. Newcastle disease virus (NDV) is the major constraint for village aviculture, and avian influenza viruses type A (AIAV) are known to circulate in bird flocks. This study aims at classifying small
  • PMID 22130311

和文文献

  • Virus Vector-Mediated Rapid Protein Production in Nicotiana benthamiana : Effects of Temperature and Photosynthetic Photon Flux Density on Hemagglutinin Accumulation
  • MATSUDA Ryo,TAHARA Aki,MATOBA Nobuyuki [他]
  • Environment control in biology 50(4), 375-381, 2012-12
  • NAID 40019505892
  • Cross-reactive antibody response to the pandemic A (H1N1) 2009 influenza virus induced by vaccination with a seasonal trivalent influenza vaccine : a longitudinal study of three influenza seasons in Japan
  • Uno Shingo,Kimachi Kazuhiko,Matsuo Fujio [他]
  • Microbiology and immunology 56(12), 810-816, 2012-12
  • NAID 40019504318
  • パンデミックでこう変わったインフルエンザ診療 (特集 感染症 : 診断と治療の進歩) -- (アウトブレイクとその対応)
  • 新庄 正宜
  • 日本内科学会雑誌 101(11), 3114-3122, 2012-11-10
  • NAID 40019493064

関連リンク

インフルエンザと風邪の違い、新型インフルエンザの解説、パンデミック対策。
GlaxoSmithKline Official Website, グラソ・スミスクライン株式会社公式ウェブサイト ... ホーム 季節性インフルエンザ 監修:新潟青陵大学 看護福祉心理学部 学部長・教授 鈴木 宏 先生 インフルエンザの特徴・感染方式・対処法などを ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元インフルエンザ」「grippe」「flu」「human influenza
拡張検索Haemophilus parainfluenzae」「influenza B」「parainfluenza vaccine」「avian influenza

インフルエンザ」

  [★]

influenza, Flu, flu
流行性感冒epidemic catarrh
インフルエンザウイルス


概念

病原体

潜伏期間

  • 1-5日

感染経路

疫学

  • 冬期に流行

症状

合併症

  • 細菌性肺炎
気道粘膜の抵抗性低下、貪食細胞の機能低下による。
起炎菌:黄色ブドウ球菌、肺炎連鎖菌、インフルエンザ桿菌。
  • ライ症侯群
中枢神経合併症で小児に見られる。インフルエンザ及び水痘感染に際してみられる重篤な合併症。新形態射精疾患(急性非炎症性脳炎、脂肪肝から肝機能障害も起こす)。解熱剤として使われたアスピリンとの因果関係がある、らしい。このため、インフルエンザの解熱、とりわけ小児についてはアセトアミノフェンを使うこととなっている。
  • 中枢神経症状
A型インフルエンザウイルスによる上気道炎回復後2-3週間に発症。脳炎タイプは一過性で予後はよい。脳症タイプは予後が悪い。

経過

  • 全身症状(発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛)→局所症状(咳、咽頭痛)→鼻汁、結膜充血、流涙→局所症状の始まりから2-3日で回復

治療

治療薬

検査

  • ウイルス分離:MDCK細胞に接種しCPEの観察。発育鶏卵を利用した羊膜amniotic cavity内接種。尿膜allantoic cavity内培養
  • ウイルス粒子検出:PCR
  • 血清診断:ペア血清を用いて、赤血球凝集抑制試験補体結合反応中和試験で診断

予防

香港A型、ソ連A型、およびB型のウイルスが含まれる
精製ウイルスからエーテル処理により脂質を除去したもの
→表面抗原に対する抗体は誘導されない→感染時に症状を軽減する効果

法令



grippe」

  [★]

インフルエンザ

fluhuman influenzainfluenza

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「インフルエンザ(influenza)」


flu」

  [★]

grippeinfluenza

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「インフルエンザ,流感」


human influenza」

  [★]

ヒトインフルエンザ

grippeinfluenza

Haemophilus parainfluenzae」

  [★]

ヘモフィルス・パラインフルエンザパラインフルエンザ菌
ヘモフィルス属


influenza B」

  [★]

B型インフルエンザインフルエンザB型


parainfluenza vaccine」

  [★]

パラインフルエンザワクチン


avian influenza」

  [★] 鳥インフルエンザ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡