infectious mononucleosis

出典: meddic

伝染性単核球症

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/18 00:45:41」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Antibody titers against EBNA1 and EBNA2 in relation to Hodgkin lymphoma and history of infectious mononucleosis.
  • Mueller NE, Lennette ET, Dupnik K, Birmann BM.SourceDepartment of Epidemiology, Harvard School of Public Health, Boston, MA.
  • International journal of cancer. Journal international du cancer.Int J Cancer.2012 Jun 15;130(12):2886-91. doi: 10.1002/ijc.26334. Epub 2011 Aug 30.
  • A role for Epstein Barr virus (EBV) in Hodgkin lymphoma (HL) pathogenesis is supported by the detection of EBV genome in about one-third of HL cases, but is not well defined. We previously reported that an elevated prediagnosis antibody titer against EBV nuclear antigens (EBNA) was the strongest ser
  • PMID 21805472
  • Characterization of Epstein-Barr virus (EBV) BZLF1 gene promoter variants and comparison of cellular gene expression profiles in Japanese patients with infectious mononucleosis, chronic active EBV infection, and EBV-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis.
  • Imajoh M, Hashida Y, Murakami M, Maeda A, Sato T, Fujieda M, Wakiguchi H, Daibata M.SourceDepartment of Microbiology and Infection, Kochi Medical School, Kochi University, Kochi, Japan.
  • Journal of medical virology.J Med Virol.2012 Jun;84(6):940-6. doi: 10.1002/jmv.23299.
  • Epstein-Barr virus (EBV) genotypes can be distinguished based on gene sequence differences in EBV nuclear antigens 2, 3A, 3B, and 3C, and the BZLF1 promoter zone (Zp). EBV subtypes and BZLF1 Zp variants were examined in Japanese patients with infectious mononucleosis, chronic active EBV infection, a
  • PMID 22511310

和文文献

  • 症例 ヒトヘルペスウイルス6の再活性化を伴ったサイトメガロウイルスによる伝染性単核症の1例
  • 症例報告 伝染性単核球症に伴って発症したバセドウ病の3例
  • 宮下 和也
  • 日本甲状腺学会雑誌 2(1), 45-47, 2011-04
  • NAID 40018857504

関連リンク

The characteristic symptomatology of infectious mononucleosis does not appear to have been reported until the late nineteenth century. [46] In 1885, the renowned Russian pediatrician Nil Filatov reported an infectious process he ...
Infectious Mononucleosis Definition Infectious mononucleosis is a contagious illness caused by the Epstein-Barr virus that can affect the liver, lymph nodes, and oral cavity. While mononucleosis is not usually a serious disease, its ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元伝染性単核球症」「伝染性単核細胞症」「IM
拡張検索infectious mononucleosis-like syndrome」「fatal infectious mononucleosis」「fulminant infectious mononucleosis
関連記事infectious」「mononucleosis

伝染性単核球症」

  [★]

infectious mononucleosis
キス病 kissing disease伝染性単核症EBウイルス感染症 Epstein-Barr virus infection腺熱 glandular fever
単核球症EBウイルス

概念

疫学

  • 多く(90%以上)は幼児期に初感染し、無症状(不顕性感染)か軽症である。
  • 学童期から青年期(14-18歳)に多い。成人になってからの初感染では症状が出る。 → 肝炎様症状
  • 日本では成人の80%が既感染者。健常者咽頭粘液:10-20%陽性

潜伏期間

  • 一ヶ月? 4-14日? 4-6週(YN.H-75)

病原体

感染経路

  • 唾液感染、経口飛沫感染

病態

  • 飛沫感染 → 咽頭粘膜上皮細胞やリンパ組織で増殖 → Bリンパ球を介して全身に散布 → 増殖能を獲得したBリンパ球によるIgの産生(ポール・バンネル反応ペニシリンアレルギーと関連)・腫瘍化したBリンパ球対して活性化した細胞障害性T細胞(異型リンパ球)の増加
  • EBウイルスがB細胞に感染して癌化させる。ガン化にはEBウイルスが産生する核内抗原(EBNA)と表面抗原(LMA)が重要な役割りを果たす。ガン化したB細胞に対する傷害性T細胞が異型リンパ球として観察される

経過

  • 1-3週間で自然治癒
その後、EBウイルスは持続感染する

症候

  • 発熱、全身性リンパ節腫脹、絶対的リンパ球増加(10%以上の異型リンパ球)
  • 発熱(1-2週間持続,90%)、扁桃炎咽頭炎(咽頭痛・嚥下困難、発赤・腫脹)、全身性リンパ節腫脹(圧痛)、肝脾腫(10-50%)、結膜の充血、麻疹様・風疹様の発疹(10-40%)
  • 扁桃炎・咽頭炎は溶連菌による扁桃炎に似て発赤が強く膿苔を伴うことが多い (SPE.340) → 扁桃白苔とも表現される(滲出性扁桃炎の所見)


検査

血算

  • 末梢血白血球↑、単核球↑?:白血球分画のリンパ球・単核球?が60%以上となる。  ←  Bリンパ球で増殖するため減少、Tリンパ球は反応性に増殖
  • 末梢血異型リンパ球(~50%)
  • まれ:溶血性貧血、血小板減少症、再生不良性貧血、TTP、HUS、DIC (QB.H-196 参考1)  ← 時に見られる造血系の異常は、EBウイルスにたいする抗体との交差反応によるもの、らしい(参考1)

免疫血清検査

  • 1. ペア血清:VCA-IgM↑、VCA-IgG↑ ← VCA-IgMは一過性上昇  ←  急性期に上昇
  • VCAとはウイルスキャプシド抗原(virus capsid antigen)
  • 2. EBNA抗体:陰性   ←  慢性期に上昇
  • 陽性→潜伏感染
  • EBNA抗原はゆっくりと上昇し3ヶ月後に陽転する。

肝臓酵素

  • 肝逸脱酵素↑:AST、ALT、ALP、γ-GTP

診断

鑑別診断

治療

  • 特異的治療法無し
  • 対症療法:解熱薬や肝庇護薬の投与、輸液など

合併症

注意

  • ペニシリン系・セフェム系薬物の投与は禁忌:発疹などのアレルギー反応が起こる

予防

  • 困難

予後

参考

  • 1. [charged] Infectious mononucleosis in adults and adolescents - uptodate [1]

国試



伝染性単核細胞症」

  [★]

monocytic anginainfectious mononucleosisglandular feverlymphocytic anginaPfeiffer's diseasekissing disease

IM」

  [★]


infectious mononucleosis-like syndrome」

  [★] 伝染性単核症様症候群

fatal infectious mononucleosis」

  [★] 致死的伝染性単核症

fulminant infectious mononucleosis」

  [★] 致死的伝染性単核症

infectious」

  [★]

  • adj.
  • 感染性の、伝染性の
communicabilitycommunicablecontagiousepidemicinfectiosityinfectiousnessinfectiveinfectivitytransmissibilitytransmissible

WordNet   license wordnet

「of or relating to infection; "infectious hospital"; "infectious disease"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(病気が)伝染する,伝染性の / (影響などが)感化しやすい,うつりやすい」

WordNet   license wordnet

「caused by infection or capable of causing infection; "viruses and other infective agents"; "a carrier remains infective without himself showing signs of the disease"」
infective

WordNet   license wordnet

「easily spread; "fear is exceedingly infectious; children catch it from their elders"- Bertrand Russell」

mononucleosis」

  [★] 単核球症

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「単核症(急性伝染病;突然に熱が上がりリンバ腺肥大を起こす)」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡