imipramine

出典: meddic

イミプラミン

Tofranil

WordNet   license wordnet

「a tricyclic antidepressant (trade names Imavate and Tofranil) used to treat clinical depression」
impramine hydrochloride, Imavate, Tofranil

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/17 08:46:56」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/22 10:55:01」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/12 14:12:43」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A pharmacological approach to panic disorder during pregnancy.
  • Uguz F1.
  • The journal of maternal-fetal & neonatal medicine : the official journal of the European Association of Perinatal Medicine, the Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies, the International Society of Perinatal Obstetricians.J Matern Fetal Neonatal Med.2016 May;29(9):1468-75. doi: 10.3109/14767058.2015.1051025. Epub 2015 Jun 5.
  • Anxiety disorders and pregnancy may occur concurrently in some women. Although, several epidemiological or clinical studies about anxiety disorders in pregnancy exist, data on their treatment are very limited. Similar to other anxiety disorders, specific pharmacological treatment approaches in pregn
  • PMID 26043642
  • Tolerance to repeated stress in rats with lesions of the serotoninergic neurons of the Median Raphe Nucleus and chronically treated with imipramine.
  • Silva K1, Carvalho MC2, Padovan CM3.
  • Behavioural brain research.Behav Brain Res.2016 Apr 1;302:220-7. doi: 10.1016/j.bbr.2016.01.025. Epub 2016 Jan 12.
  • Repeated exposure to aversive events leads to the development of tolerance to stress, which involves the serotonergic pathway originated in the Median Raphe Nucleus (MnRN) to the Dorsal Hippocampus (DH). However, it is not clear whether these lesion-induced deficits can be attenuated by treatment wi
  • PMID 26795093
  • Minocycline does not evoke anxiolytic and antidepressant-like effects in C57BL/6 mice.
  • Vogt MA1, Mallien AS2, Pfeiffer N2, Inta I3, Gass P2, Inta D2.
  • Behavioural brain research.Behav Brain Res.2016 Mar 15;301:96-101. doi: 10.1016/j.bbr.2015.12.015. Epub 2015 Dec 14.
  • Minocycline is a broad-spectrum tetracycline antibiotic with multiple actions, including anti-inflammatory and neuroprotective effects, that was proposed as novel treatment for several psychiatric disorders including schizophrenia and depression. However, there are contradictory results regarding an
  • PMID 26698398

和文文献

  • Imipramine Induces Brain-Derived Neurotrophic Factor mRNA Expression in Cultured Astrocytes
  • Takano Katsura,Yamasaki Hiroshi,Kawabe Kenji [他]
  • Journal of pharmacological sciences 120(3), 176-186, 2012-11
  • NAID 40019490448
  • ラベンダー熱水抽出物のマウスにおける抗うつ,抗ストレス潰瘍作用
  • 植野 壽夫,増田 秀樹,武藤 亜矢,横越 英彦
  • 日本食品科学工学会誌 59(9), 435-441, 2012
  • 本研究では,ストレス性疾患として代表的なうつ病と胃潰瘍に対するラベンダー熱水抽出物(Lavender aqueous extract, LAE)の効果を,それぞれの疾患モデルマウスを用いて検討した.抗うつ試験では,うつ病の動物モデルとして汎用さている強制水泳試験(FST)を用いてLAEの長期投与による効果を検証した.1日当たり500-2500mg/kgのLAEを15日間マウスへ反復経口投与すること …
  • NAID 130002079608
  • Pramipexole Upregulates Dopamine Receptor D<SUB>2</SUB> and D<SUB>3</SUB> Expression in Rat Striatum
  • Tokunaga Naohito,Choudhury Mohammed Emamussalehin,Nishikawa Noriko,Nagai Masahiro,Tujii Tomoaki,Iwaki Hirotaka,Kaneta Mika,Nomoto Masahiro
  • Journal of Pharmacological Sciences 120(2), 133-137, 2012
  • … Groups of rats were treated subacutely with pramipexole (1 mg/kg), imipramine (10 mg/kg), or bromocriptine (5 mg/kg), with appropriate controls. … expression was up-regulated in the striatum following pramipexole treatment, while imipramine and bromocriptine had no significant effects. …
  • NAID 130001889160

関連リンク

Imipramine
Imipramine definition, a tricyclic antidepressant, C 19 H 24 N 2 , used for the symptomatic relief of depression. See more. Thesaurus Translate Puzzles & Games Reference Word of the Day Blog Slideshows Apps by Dictionary ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元イミプラミン」「抗うつ薬」「三環系抗うつ薬」「Tofranil
拡張検索trimipramine」「trimipramine maleate」「imipramine hydrochloride」「imipramine oxide

イミプラミン」

  [★]

imipramine
塩酸イミプラミン imipramine hydrochloride
イミドールトフラニール Tofranil

分類

作用機序

重大な副作用

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
  • 1. 悪性症候群(Syndrome malin)(頻度不明)
  • 無動緘黙,強度の筋強剛,嚥下困難,頻脈,血圧の変動,発汗等が発現し,それに引き続き発熱がみられる場合は,投与を中止し,体冷却,水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行う.

本症発症時には,白血球の増加や血清CK(CPK)の上昇がみられることが多く,またミオグロビン尿を伴う腎機能の低下がみられることがある.なお,高熱が持続し,意識障害,呼吸困難,循環虚脱,脱水症状,急性腎不全へと移行し,死亡した例が報告されている.

  • 2. セロトニン症候群(頻度不明)
  • 不安,焦燥,せん妄,興奮,発熱,発汗,頻脈,振戦,ミオクロヌス,反射亢進,下痢等を主症状とするセロトニン症候群があらわれることがあるので,これらの症状が出現した場合には投与を中止し,水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと.
  • 3. てんかん発作(頻度不明)
  • てんかん発作があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 4. 無顆粒球症(頻度不明)
  • 無顆粒球症(前駆症状として,発熱,咽頭痛,インフルエンザ様症状等)があらわれることがあるので,定期的に血液検査を実施するなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 5. 麻痺性イレウス(頻度不明)
  • 腸管麻痺(食欲不振,悪心・嘔吐,著しい便秘,腹部の膨満あるいは弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)を来し,麻痺性イレウスに移行することがあるので,腸管麻痺があらわれた場合には投与を中止すること.なお,この悪心・嘔吐は,本剤の制吐作用により不顕性化することもあるので注意すること.
  • 6. 間質性肺炎,好酸球性肺炎(頻度不明)
  • 発熱,咳嗽,呼吸困難,肺音の異常(捻髪音)等が認められた場合には投与を中止し,速やかに胸部X線等の検査を実施し,副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと.
  • 7. 心不全(頻度不明)
  • 心不全があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 8. QT延長,心室頻拍(Torsades de pointesを含む)(頻度不明)
  • 定期的に心電図検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.
  • 9. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明)
  • 症状として低ナトリウム血症,低浸透圧血症,尿中ナトリウム排泄量の増加,高張尿,痙攣,意識障害等があらわれることがあるので,このような場合には投与を中止し,水分摂取の制限等適切な処置を行うこと1).
  • 10. 肝機能障害,黄疸(頻度不明)
  • AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

禁忌

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
  • 1. 緑内障の患者〔抗コリン作用により眼圧を上昇させるおそれがある.〕
  • 2. 本剤の成分又は三環系抗うつ剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 3. 心筋梗塞の回復初期の患者〔症状を悪化させるおそれがある.〕
  • 4. 尿閉(前立腺疾患等)のある患者〔抗コリン作用により症状が悪化することがある.〕
  • 5. モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン)を投与中あるいは投与中止後2週間以内の患者〔発汗,不穏,全身痙攣,異常高熱,昏睡等があらわれるおそれがある.〕(「相互作用」の項参照)
  • 6. QT延長症候群のある患者〔心室性不整脈を起こすおそれがある.〕

効能又は効果

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
  • 精神科領域におけるうつ病・うつ状態
  • 遺尿症(昼,夜)

薬効薬理

イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
動物での作用
  • (1) ラットを用いたin vivo の実験で,脳内ノルアドレナリン及びセロトニンの再取り込みを抑制する4).
  • (2) ラットを用いた実験で,レセルピンによる眼瞼下垂及び下痢に対して拮抗作用が認められている5).またラットのテトラベナジンによるカタレプシーに対しても拮抗作用が認められている5).
  • (3) マウスを用いた実験で,メタンフェタミン投与による運動亢進作用を有意に増強する6).
  • (4) ラットの脳を用いたin vitro の実験で,脳内のイミプラミン特異的結合部位に対して親和性を示す6).

添付文書

  • イミドール糖衣錠(10)/イミドール糖衣錠(25)
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1174006F1027_4_10/1174006F1027_4_10?view=body




抗うつ薬」

  [★]

antidepressant, antidepressants
薬理学、そううつ病、精神疾患

作用機序

三環系抗うつ薬 tricyclic antidepressant

  • 2つの説がある。
  • 1. (急性作用)シナプス前膜におけるノルアドレナリン、セロトニンの再取り込み↓→シナプス間隙における薬剤濃度↑
  • 2. (慢性作用)(2週間後)シナプス後膜における受容体の数↓
  • 慢性作用はシナプス間隙のノルアドレナリン、セロトニン濃度が上昇した結果、シナプス後膜の受容体が減少したために出現すると考えられる。

抗うつ薬

  • 三環系
  • 四環系
ミルナシプラン milnacipran
  • 非定型抗うつ薬 atypical agent




三環系抗うつ薬」

  [★]

tricyclic antidepressant, tricyclic anti-depressant agent
抗うつ薬四環系抗うつ薬
イミプラミン

概念

  • 環状の構造を三つ持つ抗うつ薬
  • 治療効果発現には2-3週間必要

種類

作用機序

副作用

  • 抗コリン作用
視力障害、口渇、便秘、尿閉
頻脈
  • α1ブロック作用
起立性低血圧
血中ノルアドレナリンの上昇
  • 抗ヒスタミン作用
鎮静、眠気



Tofranil」

  [★]

トフラニール

imipramineimipramine hydrochloride

trimipramine」

  [★] トリミプラミン

WordNet   license wordnet

「tricyclic antidepressant drug (trade name Surmontil) used to treat depression and anxiety and (sometimes) insomnia」
Surmontil

trimipramine maleate」

  [★]

Surmontiltrimipramine


imipramine hydrochloride」

  [★]

imipramineTofranil

imipramine oxide」

  [★]

酸化イミプラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡