hypokalemia

出典: meddic

低カリウム血症

WordNet   license wordnet

「abnormally low level of potassium in the circulating blood leading to weakness and heart abnormalities; associated with adrenal tumors or starvation or taking diuretics」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/26 07:14:48」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • [Simultaneous presentation of Brugada syndrome and primary aldosteronism].
  • Tomcsányi J, Sármán B.SourceBudai Irgalmasrendi Kórház Kardiológia Budapest Frankel Leó út 54. 1023.
  • Orvosi hetilap.Orv Hetil.2012 Nov 11;153(45):1797-9. doi: 10.1556/OH.2012.29485.
  • The authors present a case of a 42-year-old male patient, who was referred for evaluation for tachycardia. Detailed studies revealed Brugada syndrome and hypokalaemia due to primary aldosteronism. With this case report the authors draw attention to the risk of malignant ventricular tachycardia in a
  • PMID 23123328
  • A Multicenter Phase II Study of Adjuvant Chemotherapy With Oral Fluoropyrimidine S-1 for Non-Small-Cell Lung Cancer: High Completion and Survival Rates.
  • Tsuchiya T, Nagayasu T, Yamasaki N, Matsumoto K, Miyazaki T, Tagawa T, Nakamura A, Minami H, Taniguchi H, Akamine S, Hisano H, Taniguchi Y.SourceDivision of Surgical Oncology, Department of Translational Medical Sciences, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki City, Japan.
  • Clinical lung cancer.Clin Lung Cancer.2012 Nov;13(6):464-9. doi: 10.1016/j.cllc.2012.01.005. Epub 2012 Mar 14.
  • BACKGROUND: Oral adjuvant chemotherapy without hospitalization might reduce the physiological and psychological burden on patients if effectiveness could be guaranteed. We conducted a multicenter feasibility study using S-1, an oral derivative of 5-fluorouracil, as postoperative adjuvant chemotherap
  • PMID 22424872

和文文献

  • 慢性腎不全で低カリウム血症をきたし, 大腸絨毛腫瘍からのカリウム喪失が疑われた3例
  • 江口 智子,岡田 麻衣子,津田 安都子,松浦 基夫,塚口 眞知子,大成 功一,金万 和志
  • 日本内科学会雑誌 101(1), 154-156, 2012-01-10
  • NAID 10030391399
  • A 6-year-old boy with secondary long QT syndrome
  • Kojo Kanami,Yoshinaga Masao,Kucho Yu,Hazeki Daisuke,Tanaka Yuji,Mizota Michiyo
  • Journal of Arrhythmia 28(1), 61-64, 2012
  • … One of the main metabolic causes is hypokalemia. …
  • NAID 130002129816
  • Eplerenone Improved Hypokalemia in a Patient with Gitelman's Syndrome
  • Ito Yukiko,Yoshida Masanori,Nakayama Mikihiro,Tsutaya Shoji,Ogawa Koichiro,Maeda Harumi,Miyata Misaki,Oiso Yutaka
  • Internal Medicine 51(1), 83-86, 2012
  • … A 47-year-old woman presented with hypokalemia (2.4 mmol/L). …
  • NAID 130002062414

関連リンク

Hypokalemia occurs when the blood’s potassium levels are too low. A normal level of potassium is 3.6-5.2 millimoles per liter. ... Hypokalemia is a symptom or side effect of other conditions and some medications. Hypokalemia ...
Hypokalemia. Hypokalemia is generally defined as a serum potassium level of less than 3. ... Hypokalemia is generally defined as a serum potassium level of less than 3.5 mEq/L (3.5 mmol/L). Moderate hypokalemia is ...
Hypokalemia Definition Hypokalemia is a condition of below normal levels of potassium in the blood serum. Potassium, a necessary electrolyte, facilitates nerve impulse conduction and the contraction of skeletal and smooth muscles ...

関連画像

 of hypokalemia: a clinical perspectivePosted by Hypokalemia at 5/10/2010 No Hypokalemia | CKD Patient PageHypokalemiaHypokalemia (Hypopotassemia)powerpoint presentations720


★リンクテーブル★
リンク元低カリウム血症」「高カリウム血症」「慢性間質性腎炎」「水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群」「5H5T
拡張検索watery diarrhea hypokalemia-achlorhydria syndrome」「watery diarrhea, hypokalemia and achlorhydria症候群」「watery diarrhea-hypokalemia-acidosis syndrome

低カリウム血症」

  [★]

hypokalemia, hypopotassemia
低K血症
カリウム高カリウム血症電解質異常

定義

  • 血清カリウム <3.5mEq/l ⇔ 基準範囲:3.4-4.5 mEq/l (臨床検査法提要第32版)

原因

  • カリウム分布の異常
  • 周期性四肢麻痺発作時、インスリン・グルコースの投与(細胞のNa-K ATPaseを活性化するため)
  • 体内カリウム量の低下
  • 摂取低下
  • 高齢者、神経性食欲不振症
  • 喪失亢進

病因

ぽけめ
  • 細胞間シフト
  • アルカレミア、インスリン使用、カテコラミン使用、低下リウム性周期性四肢麻痺、急激な造血(VB12で治療中の巨赤芽球性貧血、AMLの急性転化)、低体温
  • 消化管からのK喪失:(Uk<25mEq/日または15mEq/L、またはTTKG<3)
  • 消化管からの喪失+代謝性アシドーシス:下痢、緩下薬乱用、絨毛腺腫
  • 嘔吐とNGTドレナージによるカリウム喪失
  • 腎性K喪失:(Uk>30mEq/日または15mEq/L、またはTTKG>7)
  • 低血圧または正常血圧
アシドーシス:DKA、RTA(近位RTA(2型)と多くの遠位RTA(1型))
アルカローシス
利尿薬、嘔吐、NGTドレナージ(続発性高アルドステロン症)
Bartter症候群(HHenleのループ機能異常:フロセミド様効果)
Gitelmann症候群(遠位曲尿細管の機能異常:サイアザイド様効果)
Mg欠乏:遠位でのK分泌亢進が原因の可能性
  • 高血圧性:ミネラルコルチコイドの過剰
原発性高アルドステロン症:Conn症候群など
続発性高アルドステロン症:腎血管性疾患、レニン分泌性腫瘍
非アルドステロン性ミネラルコルチコイド(Cushing症候群、Liddle症候群、外因性ミネラルコルチコイド、肝臓)


病態生理

検査

鑑別診断のために

  • 検査としては尿検査(Uk,UCl,Uosm),血液検査(Bosm,Mg,K),血ガス

心電図

ECGの変化は心室の再分極が遅延し、心筋細胞内のK+濃度をうまく補正できないことによる。
  • QT延長:細胞外K濃度が低い→静止膜電位が低下→再分極に時間がかかる?
  • QRS幅延長
  • T波の平低化U波出現
  • ST低下
  • 期外収縮
  • (最初に)T平坦,U出現,ST低下,QT延長 → (重度になれば)PR延長, QRS減高, QRS幅拡大 → VFリスク↑

症状

<3mEq/Lでなければ症状が出現することはほとんどない。(HIM.282)
  • 神経系:感覚鈍麻、傾眠傾向、無関心
  • 心血管系:心筋壊死、心筋線維症、、末梢血管収縮
  • 消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、イレウス
  • 筋骨格:筋力低下、呼吸筋麻痺
impaired muscle metabolism and the blunted hyperemic response to exercise associated with profound K+ depletion increase the risk of rhabdomyolysis.(HIM.282)
  • 泌尿器:多尿、腎濃縮力低下、糸球体濾過量・腎血漿流量低下、尿細管間質性腎炎、慢性腎盂腎炎
  • 内分泌:糖忍容力低下(インスリンと共にカリウムが細胞に入っていかない、インスリン分泌能↓+インスリン抵抗性↑(HIM.282))、その他の代謝異常(負の窒素バランス、代謝性アルカローシス)

低カリウム血症による腎機能不全

uptodateより
  • 尿濃縮能の低下:impaired urinary concentrating ability:≦3.0mEq/Lの低カリウム血症が慢性的に持続すると中等度の腎機能低下が起こる。集合管におけるADHに対する反応性低下と関連づけられている(The concentrating defect is associated with decreased collecting tubule responsiveness to antidiuretic hormone)が、完全によく分かっていない。2つのことは少なくとも寄与している;アクアポリン2の発現の減少、Na-K-2Cl共輸送対の活性の低下。
  • increased ammonia production
  • increased bicarbonate reabsorption
  • altered sodium reabsorption
  • hypokalemic nephropathy

合併症

治療

  • カリウム製剤内服

国試



高カリウム血症」

  [★]

hyperkalemia
高K血症
低カリウム血症 hypokalemiaカリウム電解質異常

定義

  • 血清カリウム ≧5.5mEq/l ⇔ 基準範囲:3.4-4.5 mEq/l (臨床検査法提要第32版)
資料によっては血漿カリウム≧5.0mEq/l

原因

  • K排泄低下、細胞内のカリウム放出、過剰摂取による。

病態生理

  • 高カリウム血症→濃度勾配に従ってカリウムが細胞内に移動→膜電位上昇脱分極

症状

  • 筋の脱分極障害
  • 筋緊張低下
  • 意識障害のほか、筋力低下、脱力
  • 心機能異常
  • 不整脈、伝導障害、心停止

検査

心電図

EAB.110
  • 何が起こるか?
  • 膜電位上昇→活性型のNaチャネル減少→伝導障害(0相の立ち上がりの遅延による)&活動電位の振幅減少
  • テント状T(T波の増高):細胞外K濃度が高い→活性化状態にあるNaチャネルが少なく活動電位の振幅が小さい→再分極が早い
  • QT短縮:細胞外K濃度が高い→静止膜電位が上昇→活性化状態にあるNaチャネルが少なく活動電位の振幅が小さい→すぐに再分極する。
  • QRS波延長:(伝導速度の低下)細胞外K濃度が高い→活性化状態にあるNaチャネルが少なく、心筋細胞の脱分極第0相におけるNaの流入速度が低下→活動電位発生の時間が遷延
  • QRS波振幅低下:細胞外K濃度が高い→活性化状態にあるNaチャネルが少なく、活動電位の振幅が小さくなる
  • PR間隔延長:QRS波延長と同じ理由で、刺激伝導系の伝導速度が低下
ECGP.195
  • 初期:テント状T、QT短縮
  • 高度:P波減高/消失、洞室調律、PR時間延長、房室内伝導障害(QRS時間延長)

血液検査

  • ??????多くの場合、アシドーシスをきたす。↓pH。代償的に腎臓でのHCO3-の再吸収が亢進し↑HCO3-

治療

  • グルコース・インスリンの点滴静注
  • カルシウム製剤(グルコン酸カルシウム):高カリウム血症での細胞膜で起こる作用に対してカルシウムは拮抗する(低カルシウム血症では高カリウム血症における心毒性が増す)。
  • 重炭酸ナトリウム
  • イオン交換樹脂の内服・注腸
  • 透析療法

参考

  • 1. [charged]Treatment and prevention of hyperkalemia - uptodate [1]

国試



慢性間質性腎炎」

  [★]

chronic interstitial nephritis, CIN
慢性尿細管間質性腎炎 chronic tubulointerstitial nephritis
間質性腎炎
  • 腎・泌尿器 081208I

原因

  • hereditary renal diseases
  • exogenous toxins
  • metabolic toxins
  • autoimmune disorders
  • neoplastic disorders
  • miscellaneous disorders



水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群」

  [★]

watery diarrhea-hypokalemia-achlorhydria syndrome, watery diarrhea with hypokalemic alkalosis, watery diarrhea, hypokalemia and achlorhydria WDHA
WDHA症候群 WDHA症候群 WDHA syndromeヴェルナー-モリソン症候群 Verner-Morrison syndrome膵性コレラ pancreatic choleraVIP産生腫瘍症候群 VIPoma syndromeVIP産生腫瘍??? VIPoma???
膵島細胞腫瘍VIP産生腫瘍 VIPomaVIP

概念


-WDHA症候群


5H5T」

  [★]

無脈性電気活動
hypovolemia 循環血液量減少
hypoxia 低酸素血症
hypothermia 低体温
hyperkalemia/hypokalemia 高K血症/低K血症
hydrogen ion アシドーシス
tamponade 心タンポナーデ
tension pneumothorax 緊張性気胸
tablet 薬物中毒
thrombosis, pulmonary 肺塞栓
thrombosis, coronary 急性心筋梗塞


watery diarrhea hypokalemia-achlorhydria syndrome」

  [★] 水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群


watery diarrhea, hypokalemia and achlorhydria症候群」

  [★] 水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群


watery diarrhea-hypokalemia-acidosis syndrome」

  [★] 水様下痢低カリウム血症無胃酸症候群




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡