hypertension

出典: meddic

高血圧, 高血圧症, HT

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「高血圧[症] / 過度の緊張」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/09 11:47:49」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/08/04 00:08:32」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/12/16 17:54:37」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/12/25 15:02:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Inflammation and the pathogenesis of diabetic nephropathy.
  • Wada J, Makino H.SourceDepartment of Medicine and Clinical Science, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Okayama 700-8558, Japan.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2013 Feb 1;124(3):139-52. doi: 10.1042/CS20120198.
  • The most problematic issue in clinical nephrology is the relentless and progressive increase in patients with ESRD (end-stage renal disease) worldwide. The impact of diabetic nephropathy on the increasing population with CKD (chronic kidney disease) and ESRD is enormous. Three major pathways showing
  • PMID 23075333
  • Does uric acid qualify as an independent risk factor for cardiovascular mortality?
  • Jeemon P, Prabhakaran D.AbstractUA (uric acid) is the final product of purine metabolism in humans and is implicated in many disease conditions. Sustained hyperuricaemia has putative adverse roles in cardiovascular diseases. Despite strong evidence emerging from large epidemiological studies supporting the hypothesis that UA independently influences cardiovascular disease outcomes and mortality, a causal role is yet to be established. Serum UA is also considered as a useful biomarker for mortality in high-risk patients with acute coronary syndromes, heart failure and hypertension and in patients with Type 2 diabetes mellitus. Post-hoc analyses of clinical trial data suggest beneficial effects of reducing serum UA. However, these findings are inconclusive and are only hypothesis-generating. In the present issue of Clinical Science, Ndrepepa and co-workers have investigated the prognostic role of UA in high-risk Type 2 diabetic patients with established coronary artery disease in predicting 1-year survival and cardiovascular mortality. These results support the independent role of serum UA in predicting survival in Type 2 diabetic patients. However, long-term follow-up studies are required with serial UA measurement to establish the time-dependent association of UA with mortality outcomes.
  • Clinical science (London, England : 1979).Clin Sci (Lond).2013 Feb 1;124(4):255-7. doi: 10.1042/CS20120524.
  • UA (uric acid) is the final product of purine metabolism in humans and is implicated in many disease conditions. Sustained hyperuricaemia has putative adverse roles in cardiovascular diseases. Despite strong evidence emerging from large epidemiological studies supporting the hypothesis that UA indep
  • PMID 23043434

和文文献

  • 悪性腎硬化症の病態生理と進展機序-腎生検組織定量解析からの検討
  • 星 佐弥子
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E2), E353-E356, 2012-07-31
  • 悪性腎硬化症は著明な血圧の上昇により腎組織の虚血性障害を生じる病態である。著者は悪性腎硬化症の腎生検組織について定量的組織解析を施行したところ、臨床所見と併せて比較検討を行った結果から小動脈開存率と間質線維化度には負の相関関係が、間質線維化度と腎機能低下とは正の相関関係があることが判明した。この定量解析の結果によって悪性高血圧の腎障害進展は小動脈の狭窄を起点とする間質障害を介したものであることを裏 …
  • NAID 110009435912
  • 耐糖能異常患者におけるアンジオテンシン受容体拮抗薬のアディポネクチン増加を介したインスリン抵抗性改善効果
  • 西村 英樹/佐中 孜
  • 東京女子医科大学雑誌 82(E2), E342-E347, 2012-07-31
  • アディポネクチンは、脂肪細胞から産生される蛋白質で、糖尿病のようなインスリン抵抗性を有する病態において低下している。我が国において、糖尿病の罹患率は年々爆発的に増加し、その合併症を予防するためには糖尿病の新規発症を抑制することが重要と考えられる。耐糖能異常患者(IGT)は糖尿病の前段階とされており、将来的に糖尿病に発展する可能性が高い。アンジオテンシンII拮抗薬 (ARB) はIGTから糖尿病への …
  • NAID 110009435910

関連リンク

Maintaining Balance Under Pressure: Integrated Regulation of Renal Transporters During Hypertension. Full Text | PDF Use of Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drugs and Risk of Chronic Kidney Disease in Subjects With Hypertension ...
Welcome to Hypertension Canada: CHEP Recommendations, patient resources and continuing education. ... What do I need to know? Know my number What is high blood pressure? How to measure my blood pressure? What are ...

関連画像

Hypertension | Blogs MonitorWhat are blood pressure and hypertension?Health Care Spending and Hypertension: The Hypertension | Nurseonlineph | November The causes for hypertension are  Remedies for Hypertension - IdealBite


★リンクテーブル★
リンク元高血圧」「100Cases 59」「心拡大」「hypertensive」「血圧上昇
拡張検索intraoperative hypertension」「accelerated hypertension」「refractory hypertension」「renovascular hypertension

高血圧」

  [★]

hypertension, HT, high blood pressure
(国試)高血圧症
低血圧

定義

  • 収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上 (1999年改正)

原因による分類

高血圧の病因

PHD.319

exogenous cause

  • 1. エストロゲン(避妊薬などに含まれる):肝臓でのアンジオテンシノゲンの産生量を増加させる。)
  • 2. 糖質コルチコイド:鉱質コルチコイド作用
  • 3. シクロスポリン
  • 4. エリスロポエチン:赤血球を増加させることで、血液の粘稠度が上昇したり、末梢の虚血性の血管拡張が解除される事による。
  • 5. 交換刺激刺激薬:例えば、普通感冒薬
  • 6. コカイン・慢性のアルコール過剰摂取:どちらも交感神経の活動性をあげる。

renal cause

mechanical cause

endocrine cause

高血圧のリスクファクター

  • 年齢、ナトリウム過剰摂取、飲酒、肥満、運動不足、妊娠中の高血圧、家族歴

高血圧による病変

PHD.323

  • 通常は無症候であるが、多くの臓器(血管、心臓、網膜、腎臓)に多大な影響を及ぼす

高血圧による細動脈変化 BPT.356

  • 急激な血圧上昇をきたす病態に特徴的(例えば、悪性高血圧(拡張期血圧120mmHg以上))
  • 組織的には細動脈のonion-skinningが特徴的。血管平滑筋の増生、基底膜の肥厚による(血管の構造→血管)
  • 悪性高血圧ではこれらの過形成的な変化に加えて、フィブリノイドの沈着と血管壁の壊死(necrotizing arteriolitis)が特に腎臓で顕著に見られる。

症候

身体所見

  • 胸部:II音の亢進(IIA音)、心基部の収縮期雑音

検査

心電図

  • 左室肥大 ← 求心性左室肥大 ← 後負荷に打ち勝って左室が収縮できるように。
097D017
[show details]

重症度と治療(QB.C-324)

重症度 血圧 治療
I度高血圧 140/90mmHg ライフスタイルの改善、半年-1年で改善しなければ降圧薬投与
II度高血圧 160/100mmHg 降圧薬投与(経口)
III度高血圧 180/110mmHg 降圧薬投与(経口)
高血圧緊急症 臓器障害(脳、心臓、腎臓など) 降圧薬投与(経静脈)

治療

  • まず生活指導を行った上で、薬物治療の必要がある場合にこれを開始する。ただし、高リスク群に関しては直ちに薬物治療を開始する。
  • 生活習慣の修正(参考1より)
1. 減塩(→ナトリウム) 6g/日未満
2. 食塩以外の栄養素 ・野菜・果物の積極的摂取*
・コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える
・魚(魚油)の積極的摂取
3. 減量 ・BMI<25未満
4. 運動 ・心血管病のない高血圧患者が対象で、中等度の強度の有酸素運動を中心に定期的に(毎日30分以上を目標に)行う
5. 節酒 ・エタノールで男性は20-30ml/日以下、女性は10-20ml/以下
6. 禁煙  
 生活習慣の複合的な修正はより効果的である
*重篤な腎障害を伴う患者では高K血症をきたすリスクがあるので、野菜・果物の積極的摂取は推奨しない。糖分の多い果物の過剰な摂取は、特に肥満者や糖尿病などのカロリー制限が必要な患者では勧められない。

降圧目標

参考4 JSH2014
患者背景 年齢 診察室 家庭血圧
血圧
若年、中年、 <75 140/90mmHg未満 5 ポ イ ン ト 低 く
前期高齢者
後期高齢者 ≧75 150/90mmHg未満
(忍容性があれば収縮期血圧140mmHgで)
糖尿病 130/80mmHg未満
蛋白尿陽性の慢性腎臓病
脳血管障害 140/90mmHg未満
冠動脈疾患
参考1
  診察室血圧 家庭血圧
若年者・中年者 135/85mmHg未満 125/80mmHg未満
高齢者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満
糖尿病患者
腎臓病患者
心筋梗塞後患者
130/80mmHg未満 125/75mmHg未満
脳血管障害患者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満

注:診察室血圧と家庭血圧の目標値の差は、診察室血圧140/90mmHg、家庭血圧135/85mmHgが、高血圧の診断基準であることから、この二者の差を単純にあてはめたものである。

JNC-7

  • 一般的:140/90mmHg未満
  • DM,CKD:130/80mmHg未満

幼児・小児の高血圧

参考2 参考3
健診用の高血圧基準
  収縮期血圧
(mmHg)
拡張期血圧
(mmHg)
乳児(注) ≧110 ≧70
幼児 ≧120 ≧70
小学校 低学年 ≧130 ≧80
高学年 ≧135 ≧80
中学校 男子 ≧140 ≧85
女子 ≧135 ≧80
高等学校 ≧140 ≧85
  • 注:乳児の値は検診用の基準かは不明

女性と高血圧

妊娠期間と降圧薬

参考

  • 1. 高血圧治療ガイドライン
[display]http://www.jhf.or.jp/a&s_info/guideline/kouketuatu.html
  • 2. 高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)
http://www.jpnsh.org/manuscript080920.html リンク切