hypersomnia

出典: meddic

  • n.
disorder of excessive somnolencehypersomnolencenarcolepsynarcoleptic

WordNet   license wordnet

「an inability to stay awake」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/10 11:51:31」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Sleep disorders in myotonic dystrophy type 2: a controlled polysomnographic study and self-reported questionnaires.
  • Romigi A1, Albanese M, Placidi F, Izzi F, Liguori C, Marciani MG, Mercuri NB, Terracciano C, Vitrani G, Petrucci A, Di Gioia B, Massa R.
  • European journal of neurology : the official journal of the European Federation of Neurological Societies.Eur J Neurol.2014 Jun;21(6):929-34. doi: 10.1111/ene.12226. Epub 2013 Jul 10.
  • BACKGROUND AND PURPOSE: There is a paucity of data available regarding the occurrence of sleep disorders in myotonic dystrophy type 2 (DM2). In this study the sleep-wake cycle and daytime sleepiness were investigated in DM2 patients and compared with results from healthy subjects and myotonic dystro
  • PMID 23837695
  • The effects of sleep on the relationship between brain injury severity and recovery of cognitive function: a prospective study.
  • Chiu HY1, Lo WC2, Chiang YH2, Tsai PS3.
  • International journal of nursing studies.Int J Nurs Stud.2014 Jun;51(6):892-9. doi: 10.1016/j.ijnurstu.2013.10.020. Epub 2013 Oct 28.
  • BACKGROUND: Disturbed sleep pattern is a common symptom after head trauma and its prevalence in acute traumatic brain injury (TBI) is less discussed. Sleep has a profound impact on cognitive function recovery and the mediating effect of disturbed sleep on cognitive function recovery has not been exa
  • PMID 24246095
  • Effects of pitolisant, a histamine H3 inverse agonist, in drug-resistant idiopathic and symptomatic hypersomnia: a chart review.
  • Leu-Semenescu S1, Nittur N2, Golmard JL3, Arnulf I4.
  • Sleep medicine.Sleep Med.2014 Jun;15(6):681-7. doi: 10.1016/j.sleep.2014.01.021. Epub 2014 Mar 18.
  • OBJECTIVE: To evaluate the benefits and risks of pitolisant (a wake-enhancing drug that increases the histamine release in the brain by blocking presynaptic H3 histamine reuptake) in patients with idiopathic (IH) and symptomatic (SH) hypersomnia plus sleepiness refractory to available stimulants (mo
  • PMID 24854887

和文文献

  • 過眠を主症状とし,脳幹,視床下部のposterior reversible encephalopathy syndromeを呈したuremic encephalopathyの1例
  • 〔報 文〕大学生における抑うつ症状および非定型うつ特徴とその関連要因の検討
  • 〔報 文〕大学生における抑うつ症状および非定型うつ特徴とその関連要因の検討

関連リンク

hypersomnia 【名】《医》睡眠過剰 - アルクがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書データベース。一般的な単語や連語から、イディオム、専門用語、スラングまで幅広く収録。
hypersomniaさんも「はてなブックマーク」を使っています。 はてなブックマークって? ...

関連画像

Fatigue is a daily lack of energy; an NarcolepsyHypersomnia — If you sleep too much and Tired? 7 Ways To Cure Fatigue InstantlyDeconstructing Diablo 3: The Irony of Effects of Hypersomnia.jpg


★リンクテーブル★
先読みnarcolepsy
リンク元筋強直性ジストロフィー」「意識混濁」「narcoleptic」「過眠症」「disorder of excessive somnolence
拡張検索idiopathic hypersomnia

narcolepsy」

  [★] ナルコレプシー

WordNet   license wordnet

「a sleep disorder characterized by sudden and uncontrollable episodes of deep sleep; "he believes that narcolepsy is attributable to an inability to suppress REM sleep during waking"」


筋強直性ジストロフィー」

  [★]

myotonic dystrophy MD
dystrophia myotonica DM
筋緊張性ジストロフィー筋強直型ジストロフィーシュタイネルト病 スタイナート病 Steinert's disease Steinert disease、萎縮性筋強直症 myotonia atrophica
筋ジストロフィー先天性筋強直性ジストロフィー congenital myotonic dystrophy(HIM.2685)
[show details]

概念

病型

病因

myotonic dystrophy type 1, DM1

  • 第19番染色体長腕(19q13)
  • プロテインキナーゼ(myotonin-protein kinase)をコードする遺伝子の上流域に延長した三塩基(CTG)繰り返し配列の挿入
  • CTGリピート数:(正常人)5-35回、(患者)50-2,000回
  • 非コード領域にスリップ複製が起こることによりリピート数が増加する
  • 一般にリピート数が多いほど発症は早く、症状も重い。

myotonic dystrophy type 2, DM2

  • 3q13.3-q24に座乗するZNF9遺伝子の第一イントロンにおけるCCTG反復配列の増加

疫学

  • 有病率:5/10万人 (YN.J-153)
  • 15-40歳に多い。 (YN.J-153)
  • (DM1)発症は幼児、あるいは成人。(DM2)40歳頃に発生。

遺伝形式

症候

HIM.2685 参考5 IMD
  • 骨格筋
  • 顔貌:眼瞼下垂、尖った顔貌(hatchet-faced appearance) ← 側頭筋、咬筋、表情筋の萎縮。前頭部の禿
  • 筋力低下:頚部の筋、胸鎖乳突筋、四肢遠位の筋が初期に障害される。手首、指、手掌の筋も障害される。前脛骨筋の障害により下垂足となる。近位筋は保たれるが大腿四頭筋は多くの患者で萎縮している。口蓋、喉頭、舌の筋の障害により、構音障害による構音、鼻声、また嚥下困難が生じる。横隔膜筋や内肋間筋の筋力低下により呼吸不全をきたす症例もある。
  • 筋硬直:(myotonia):5歳までに出現。母指球、舌、手掌伸展筋を叩くと出現する。随意的に物をつかんだ後にそれを離すまでの時間が長くなる。
  • 骨格筋以外
  • 心血管(DM1で一般的):心ブロック、(たまに)うっ血性心不全(肺性心から呼吸不全をきたしうる)、僧帽弁逸脱症  ← 心筋障害、弁膜障害
  • 神経:知能低下、過剰傾眠傾向(hypersomnia)
  • 眼:後嚢下白内障
  • 消化器:食道・大腸運動能低下
  • 生殖器:性腺萎縮。(DM2では稀)
  • 内分泌:インスリン抵抗性


検査

  • 針電極を刺入した後に、高振幅放電が見られ、その後に放電が持続しており、percussion myotoniaの所見に一致する(QB.J-159)
  • 血液生化学検査
  • CK:軽度上昇
  • 免疫血清学検査
  • IgG, IgM:IgG and IgM hypogammaglobulinemia (参考5) → 易感染性

診断

治療

参考

  • 1.
[display]http://www.hosp.go.jp/~esaitama/shinkei/myotonic.htm
  • 2. Myotonic dystrophy - wikipedia en
http://en.wikipedia.org/wiki/Myotonic_dystrophy
  • 3. 顔面の写真
http://www.duke.edu/~ema5/Golian/Slides/8/musculoskeletal5.html
  • 4. シェーマ
http://www.netterimages.com/image/1197.htm
  • 5. [charged]Myotonic dystrophy: Etiology, clinical features, and diagnosis - uptodate [1]

国試



意識混濁」

  [★]

clouding of consciousness, consciousness clouding
意識意識障害明識困難状態


意識混濁

BET 130改変
軽度な
意識混濁
意識不鮮明
錯乱
confusion 周囲に対する認識や理解は低下し、思考の清明さや、記憶の正確さが失われる
昏蒙 benumbness 軽い意識障害で、注意力低下、無関心、自発力低下の状態
 
中程度・高度の
意識混濁
昏睡 coma 外界からの強い刺激にも運動反応はない
半昏睡 semicoma 外界からの強い刺激に対する反応は残っている
昏迷 stupor 強い刺激に短時間は覚醒し運動反応がある
傾眠 somnolence 病的に名場合に用いられ、放置すれば意識が低下し、眠ったようになるが、刺激で覚醒する
 
昏眠 sopor comaより軽く、stuporに近い状態で用いられる。
嗜眠 lethargy somnolenceより意識低下傾向が強い場合に用いられる
傾眠 drowsiness 正常、病的の区別なく眠り込む場合に用いられる
過眠 hypersomnia 不眠症の対義語として用いられる


narcoleptic」

  [★]

  • adj.
  • ナルコレプシーの、過眠症の、睡眠発作の
hypersomnianarcolepsysleep attack

WordNet   license wordnet

「of or relating to narcolepsy」

WordNet   license wordnet

「a soporific drug that produces an uncontrollable desire to sleep」

WordNet   license wordnet

「a person who has narcolepsy」

過眠症」

  [★]

narcolepsyhypersomnianarcoleptic
睡眠過剰症
睡眠発作ナルコレプシー睡眠過剰過眠傾眠過剰症



disorder of excessive somnolence」

  [★]

傾眠症傾眠過剰症昼間過眠症

hypersomniahypersomnolence


idiopathic hypersomnia」

  [★]

特発性過眠症

idiopathic hypersomnolence




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡