homocysteine

出典: meddic




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/09 19:53:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

英文文献

  • A label-free method for detecting biological thiols based on blocking of Hg(2+)-quenching of fluorescent gold nanoclusters.
  • Park KS, Kim MI, Woo MA, Park HG.SourceDepartment of Chemical and Biomolecular Engineering (BK21 Program), KAIST, 291 Daehak-ro, Yuseong-gu, Daejeon 305-701, Republic of Korea.
  • Biosensors & bioelectronics.Biosens Bioelectron.2013 Jul 15;45:65-9. doi: 10.1016/j.bios.2013.01.047. Epub 2013 Feb 4.
  • A novel, label-free, fluorescent, turn-on sensor for biological thiol detection that uses highly fluorescent gold nanoclusters (AuNCs), prepared by a bovine serum albumin (BSA)-templated green synthetic route, has been developed. The assay relies on blocking Hg(2+)-induced quenching of the fluoresce
  • PMID 23454739
  • Hepatocyte-specific Dyrk1a gene transfer rescues plasma apolipoprotein A-I levels and aortic Akt/GSK3 pathways in hyperhomocysteinemic mice.
  • Tlili A, Jacobs F, de Koning L, Mohamed S, Bui LC, Dairou J, Belin N, Ducros V, Dubois T, Paul JL, Delabar JM, De Geest B, Janel N.SourceUniv Paris Diderot, Sorbonne Paris Cité, Unit of Functional and Adaptative Biology (BFA), EAC-CNRS 4413, 75013 Paris, France.
  • Biochimica et biophysica acta.Biochim Biophys Acta.2013 Jun;1832(6):718-28. doi: 10.1016/j.bbadis.2013.02.008. Epub 2013 Feb 18.
  • Hyperhomocysteinemia, characterized by high plasma homocysteine levels, is recognized as an independent risk factor for cardiovascular diseases. The increased synthesis of homocysteine, a product of methionine metabolism involving B vitamins, and its slower intracellular utilization cause increased
  • PMID 23429073
  • Simultaneous determination of homocysteine, methionine and cysteine in maternal plasma after delivery by HPLC-fluorescence detection with DBD-F as a label.
  • Wada M, Hirose M, Kuroki M, Ikeda R, Sekitani Y, Takamura N, Kuroda N, Nakashima K.SourceGraduate School of Biomedical Sciences, Nagasaki University, 1-14 Bunkyo-machi, Nagasaki, 852-8521, Japan.
  • Biomedical chromatography : BMC.Biomed Chromatogr.2013 Jun;27(6):708-13. doi: 10.1002/bmc.2848. Epub 2012 Dec 6.
  • An HPLC-fluorescence (FL) method for determination of sulfur-containing amino acids such as homocysteine (Hcy), methionine (Met) and cysteine (Cys) in human plasma was developed. The sulfur-containing amino acids were labeled with 4-(N,N-dimethylaminosulfonyl)-7-fluoro-2,1,3-benzoxadiazole (DBD-F).
  • PMID 23225528

和文文献

  • 血液生化学検査と血中ホモシステイン (認知症学(上)その解明と治療の最新知見) -- (臨床編 認知症診断に用いられる検査診断学とバイオマーカー)
  • 松井 敏史,松下 幸生,樋口 進
  • 日本臨床 69(-) (1008), 484-488, 2011-10
  • NAID 40019021483
  • 血漿ホモシステイン高値,関連ビタミン群と動脈硬化性疾患の関連 (特集 動脈硬化症--一次予防から二次予防まで) -- (動脈硬化症の危険因子)
  • 久保田 芳美,吉野 佳織,岡村 智教
  • 綜合臨床 60(10), 2047-2052, 2011-10
  • NAID 40019020700

関連リンク

homocysteine 【名】《生化学》ホモシステイン - アルクがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書データベース。一般的な単語や連語から、イディオム、専門用語、スラングまで幅広く収録。
Read about the test for homocysteine levels in the blood and who should be tested for this genetic disorder called homocystinuria with symptoms like blood clots, visual problems, developmental delays, osteoporosis, and ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ビタミンB12」「ホモシステイン
拡張検索betaine-homocysteine S-methyltransferase」「homocysteine S-methyltransferase」「S-adenosylhomocysteine

ビタミンB12」

  [★]

vitamin B12
コバラミン cobalamin
アリチア配合
シアノコバラミン悪性貧血ビタミンメチルコバラミン
  • 構造:FB.387

吸収

  • 食物(コバラミン+蛋白質)→胃(コバラミン)+壁細胞が分泌する糖タンパク;内因子→コバラミン-内因子複合体→回腸 (SP.742)
回腸上皮細胞の刷子縁膜にコバラミン-内因子複合体に特異的なレセプターが存在 (SP.742)
細胞内ではβグロブリン(トランスコバラミン II)と結合して血中に入り組織に運ばれる (SPC.280, SPC.742)
部位: ビタミンB12は回腸。 葉酸空腸。 空腸、ついでに十二指腸でも。

機能

  • コバラミン依存の酵素は全部で十数種ある。コバラミン依存の酵素は分子内転移メチル転移を触媒 (FB.387)
  • 正常ミエリンの維持 (SPC.280)
  • 葉酸の代謝(葉酸は核酸代謝に関わっている) (SPC.280)
  • 奇数脂肪酸の酸化 (FB.386)
メチルマロニルCoAムターゼの補酵素(奇数脂肪酸の酸化)

補酵素

必要量

  • 一日の消費量(排泄):1-3ug (体の貯蔵量の-0.1%) (HIM.643)
  • 体に貯蔵されてる量:2-3mg → 摂取しなくとも3-4年は欠乏しない

基準値

  • 260-1,050pg/ml(192-775pmol/ml)

判定

低値

  • 悪性貧血(内因子抗体、壁細胞抗体?)
  • 胃切除後
  • 萎縮性胃炎
  • 吸収不良をきたす病態:クローン病、セリアック病、吸収不良症候群

高値

  • 血液疾患:顆粒球増加を示す疾患   ←  顆粒球由来のビタミンB12輸送蛋白(トランスコバラミン?)が増加するため(QB.G-257)、崩壊した白血球から放出するため(YN.G-53)

臨床関連

  • 白血球の破壊により末梢へのビタミンB12の漏出



ホモシステイン」

  [★]

homocysteine
ホモシスチン、2-アミノ-4-メルカプト酪酸
ホモシステイン-S-メチルトランスフェラーゼ



betaine-homocysteine S-methyltransferase」

  [★]

ベタイン・ホモシステイン-S-メチル基転移酵素、ベタイン・ホモシステイン-S-メチルトランスフェラーゼ

betaine-homocysteine methyltransferase

homocysteine S-methyltransferase」

  [★]

ホモシステイン-S-メチル基転移酵素ホモシステイン-S-メチルトランスフェラーゼ

S-adenosylhomocysteine」

  [★]

S-アデノシルホモシステイン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡