hepatitis B

出典: meddic

B型肝炎


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/11 19:21:23」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/22 18:45:17」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/12/19 01:47:05」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/03/25 17:54:04」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/04/13 04:17:24」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Novel paradigm for immunotherapy of breast cancer by engaging prophylactic immunity against hepatitis B.
  • Malecki M1,2,3, Sabo C4, Foorohar A5, Tombokan X6.
  • Clinical and translational medicine.Clin Transl Med.2016 Dec;5(1):32. doi: 10.1186/s40169-016-0111-8. Epub 2016 Aug 18.
  • BACKGROUND: Immunotherapy of patients suffering from the human epidermal growth factor receptor 2 overexpressing (HER-2(+)) breast cancers with the anti-HER-2 antibodies results in increase of the patients' overall survival. However, no prophylactic vaccine is available against HER-2(+) breast cance
  • PMID 27539579
  • Central bisectionectomy for hepatocellular carcinoma in a patient with indocyanine green excretory defect associated with reduced expression of the liver transporter.
  • Imada S1, Kobayashi T2, Kitao A3, Matsui O3, Hashimoto M1, Ide K1, Ishiyama K1, Arihiro K4, Tashiro H1, Ohdan H1.
  • Surgical case reports.Surg Case Rep.2016 Dec;2(1):89. doi: 10.1186/s40792-016-0216-8. Epub 2016 Sep 2.
  • BACKGROUND: Indocyanine green (ICG) excretory defect is a dye excretory disorder, and it is characterized by the selective impairment of plasma ICG clearance with normal liver histology. The pathophysiology involves selective loss of active transporters for ICG in the hepatic cell membrane. Several
  • PMID 27589984
  • Living donor liver transplantation indicated for compensated liver cirrhosis with symptomatic gallstone diseases: report of two cases.
  • Bekki Y1, Ikegami T2, Yoshida Y2, Motomura T2, Itoh S2, Harada N2, Harimoto N2, Uchiyama H2, Yoshizumi T2, Maehara Y2.
  • Surgical case reports.Surg Case Rep.2016 Dec;2(1):45. doi: 10.1186/s40792-016-0172-3. Epub 2016 May 23.
  • BACKGROUND: Surgical interventions for symptomatic gallstone disease could be dangerous in patients with severe comorbid conditions including liver cirrhosis. Here, we report our experience of living donor liver transplantation (LDLT) indicated for two patients with liver cirrhosis complicated with
  • PMID 27215224

和文文献

  • 経験と考察 C型肝炎感染を合併した関節リウマチ患者に対する生物学的製剤の使用経験
  • 小林 志,宮本 誠也,櫻場 乾 [他]
  • 整形外科 = Orthopedic surgery 66(10), 1043-1047, 2015-09
  • NAID 40020565096
  • 症例報告 ペグインターフェロン,リハビリン,シメプレビル3剤併用療法にてC型肝炎ウイルスに対して著効が得られるも,HBV DNA量の増加を来したB型C型重複感染の1例
  • 木村 治紀,大川 和良,榊原 充 [他]
  • 肝臓 56(8), 422-427, 2015-08
  • NAID 40020567244
  • C型慢性肝疾患患者におけるC型肝炎ウイルス自然陰性化 : 当院での後ろ向き研究
  • 關場 一磨,赤松 雅俊,岡本 真
  • 肝臓 56(8), 414-421, 2015-08
  • NAID 40020567218

関連リンク

Hepatitis B is an infectious inflammatory illness of the liver caused by the hepatitis B virus (HBV) that affects hominoidea, including humans. Originally known as "serum hepatitis", the disease has caused epidemics in parts of Asia and Africa, ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元B型肝炎
拡張検索adsorbed hepatitis B vaccine(recombinant)」「hepatitis B virus-associated nephropathy」「hepatitis B virus P protein」「hepatitis B virus
関連記事B」「hepatitis

B型肝炎」

  [★]

hepatitis B, HB, type B hepatitis
B型肝炎ウイルス慢性肝炎


まとめ

  • DNAウイルスでありながら逆転写酵素をもつヘパドナウイルスでエンベロープをもつB型肝炎ウイルスの感染により起こる肝炎。感染経路は経皮的?、妊娠母子、性的接触があり、発症は若年者に多い。潜伏期は2-3ヶ月であり、急性・潜行性に発症する。慢性化することは1-10%程度(但し、新生児例がほとんど)あり、劇症化することは比較的多い(0.1-1.0%)。キャリアー化することは母子感染例ではみられるが、成人感染例では稀である。慢性化した場合、(ゲノムに組み込まれる性質も相まってか?)比較的若年で、また肝臓の状態が良好な段階でも肝細胞癌を発症しうる。日本人に多いC型は慢性化しにくいものの、重症感が強く、インターフェロンが奏功しにくく、また肝細胞癌を発症しやすい。治療はインターフェロン、ラミブジン、アデフォビル、エンテカビルがある。予防は免疫グロブリン注射と組換えHBsワクチン接種がある。

病原体

感染経路

  • 母子感染、性的接触

潜伏期

  • 2-3ヶ月

経過

B型ウイルス抗原・抗体

  • HBs抗原:早期(4週)に上昇。28週までに低下
  • HBs抗体:28週から上昇
  • HBc抗原:測定が非常に困難
  • HBc抗体:HBs抗原に遅れて上昇
  • HBe抗原:HBs抗原、HBc抗体に遅れて検出される
  • HBe抗体:16-20週ごろにHBe抗原より優位となる

B型肝炎ウイルスの母子感染と予防

G10M.176

B型肝炎ウイルスの母子感染

  • B型肝炎母子感染防止事業(1985年)に基づいて講じられている予防策である。妊娠初期の全妊婦に対してHBs抗原検査を行い、感染が確認されればHBe抗原検査を行いリスクに応じた感染予防対策を実施する。HBe抗原陰性のローリスク群では産道感染の起こる確率は10%であり、新生児が無症候性キャリアとなるのは稀なのに対し、ハイリスク群では産道感染する確率は90%であり、無症候性キャリアとなるのは80%である。従って、ローリスク群には児に対する感染予防対策を、ハイリスク群には強力な感染予防対策を行う。

母子感染の予防

G10M.176 B型肝炎ウイルス#母子感染の予防
  ローリスク群 ハイリスク群 意義
HBIG筋注 0ヶ月 0ヶ月 ウイルス粒子に対する防御
  2ヶ月
HBワクチン 2ヶ月
3ヶ月
5ヶ月
2ヶ月
3ヶ月
5ヶ月
防御抗体の付与
HBs抗原検査   1ヶ月 HBV感染の確認
6ヶ月 6ヶ月
HBs抗体検査 6ヶ月 6ヶ月 防御抗体獲得の確認
どうにかして覚えたい
予防は0,2 & 2,3,5
検査は1,6

B型肝炎とC型肝炎の比較

  B型肝炎 C型肝炎 ソース
感染の特徴 慢性の肝細胞障害、
integrationによる変異誘発?
慢性の肝細胞障害 根拠なし
劇症化 0.1-1% 0.1% HIM
慢性化率 1-10% 85% HIM
キャリア化 稀。通常、母子感染でおこる   医学辞書
肝細胞癌患者中 約20% 約70% QB.B-281
肝細胞癌患者年齢 若年発症   QB.B-281
肝細胞癌発症形式 突発あり 緩徐進展 QB.B-281
遺伝子型 B型肝炎ウイルス#遺伝子型    
A型、C型 1b型、2a型,、2b型  
日本ではC型多く、重症化しやすいが、慢性化しにくい。しかし、インターフェロン奏効しにくく、肝細胞癌発症しやすい。 日本では1b型多い。インターフェロン奏効しづらい(15%)。平均は2型は奏効しやすい(80%以上でウイルス排除)  
治療 インターフェロン
ラミブジン
アデフォビル
エンテカビル
テルビブジン
ペグインターフェロンリバビリン

参考

  • 1.
http://www.bkanen.net/
  • 2. IDWR:感染症の話 B型肝炎
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k04/K04_15/k04_15.html


adsorbed hepatitis B vaccine(recombinant)」

  [★] 組換え沈降B型肝炎ワクチン

hepatitis B virus-associated nephropathy」

  [★] B型肝炎ウイルス関連腎症

hepatitis B virus P protein」

  [★] B型肝炎ウイルスP蛋白質

hepatitis B virus」

  [★] B型肝炎ウイルス


B」

  [★]

  • Mg2+存在下でC3, B, Dが反応してC3bBbとなり、これがC3転換酵素(C3bBb)あるいはC5転換酵素(C3bBb3b)を形成する。これらはP(properdin)と結合して活性化し、それぞれC3、C5を活性化する

WordNet   license wordnet

「the 2nd letter of the Roman alphabet」
b

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the B antigen」
type B, group B

hepatitis」

  [★] 肝炎


WordNet   license wordnet

「inflammation of the liver caused by a virus or a toxin」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「肝[臓]炎」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡