hemicrania

出典: meddic

  • n.

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/28 11:39:11」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • A clinical manifestation-based prediction of haemodynamic patterns of orthostatic intolerance in children: a multi-centre study.
  • Chen L1, Li X2, Todd O3, Wang C4, Jin H1, Du J1.
  • Cardiology in the young.Cardiol Young.2014 Aug;24(4):649-53. doi: 10.1017/S1047951113000929. Epub 2013 Jul 18.
  • Objective: At present, the haemodynamic diagnosis of orthostatic intolerance is based mainly on the head-up tilt table test, which is sometimes risky for patients. Thus, it is important to find objective and safe methods to differentiate haemodynamic patterns of orthostatic intolerance cases. Method
  • PMID 23866994
  • Clinical relevance of fascial tissue and dysfunctions.
  • Klingler W1, Velders M, Hoppe K, Pedro M, Schleip R.
  • Current pain and headache reports.Curr Pain Headache Rep.2014 Aug;18(8):439. doi: 10.1007/s11916-014-0439-y.
  • Fascia is composed of collagenous connective tissue surrounding and interpenetrating skeletal muscle, joints, organs, nerves, and vascular beds. Fascial tissue forms a whole-body, continuous three-dimensional viscoelastic matrix of structural support. The classical concept of its mere passive role i
  • PMID 24962403
  • The risk of suicide mortality in chronic pain patients.
  • Hassett AL1, Aquino JK, Ilgen MA.
  • Current pain and headache reports.Curr Pain Headache Rep.2014 Aug;18(8):436. doi: 10.1007/s11916-014-0436-1.
  • Chronic pain has long been considered an important risk factor for suicidal behavior. Less well understood are the factors associated with the increased risk for suicide death within chronic pain populations. The purpose of this review is to examine recent research with regard to rates of and risk f
  • PMID 24952608

和文文献

  • 持続性片側頭痛の長期治療~pregabalinやtopiramate併用によるindomethacin減量の試み~
  • 片頭痛とてんかん
  • 低用量インドメタシンとプレガバリンの併用が有用であった持続性片側頭痛の1例

関連リンク

Hemicrania continua is a primary chronic daily headache disorder. Hemicrania continua is characterised by a continuous, fluctuating, unilateral pain without shifting sides of the head. ... Migraine Fact Sheets Hemicrania Continua ...
WebMD discusses the symptoms and treatments of hemicranias continua, a continuous headache on one side of the head. ... Hemicrania continua, or continuous headache, is a rare type of headache that doesn't stop. The pain is ...

関連画像

Hemicrania Continua (HC): Definition How Do We Define Hemicrania Continua (HC)?raised uric acid level. Hemicrania Day 219 - Hemicrania ContinuaParoxysmal HemicraniaHemicrania Contínua – dor de cabeça


★リンクテーブル★
リンク元片頭痛」「拍動性頭痛」「起立性頭痛」「unilateral headache」「cranial pain
拡張検索chronic paroxysmal hemicrania

片頭痛」

  [★]

へんずつう
migraine
hemicrania
片頭痛型血管性頭痛 vascular headache of migraine type
頭痛機能性頭痛。片頭痛治療薬
[show details]

概念

  • 機能性頭痛の一種であり、拍動性頭痛が特徴的で、前兆(閃輝暗点)を伴うことがある。頭痛の持続時間は72時間以上持続することはない。片側性であることが多く、日常生活に支障をきたす中等度~重度の頭痛である。
  • 家族歴がありうる → 緊張型頭痛に家族歴があることは少ない
日常生活が妨げられ、悪心、嘔吐、光過敏を伴う頭痛 (感度81%, 特異度75%)(めざせ外来診療の達人 第3版 p.6)

疫学

  • 頻度:8.4  ←  何に対しての頻度なのか不明。
  • 頭痛に対して片頭痛が占める割合は16% (Goadsby PJ:Diagnosis and management of migraine, BMJ 312:1279, 1996)
  • 男女比=1:3.6
  • 家族歴がある場合があり、遺伝性が示唆される。片親が片頭痛の場合、50%。

誘因

  • 月経、肩こり、ストレス、睡眠不足、過眠、光、騒音など
HBN.219
  • 身体精神的因子(疲労・ストレス、およびその解放後、激しい運動、性交、睡眠不足、睡眠過多、空腹など)  →  ストレスが最も多い
  • 食事因子(チラミンや亜硫酸塩などを含むチョコレート、コーヒー、紅茶、熟成チーズ、乳製品、香辛料、グルタミン酸ナトリウム、ナッツ、ホットドック、ソーセージ、柑橘類、海藻、飲酒など)
  • 薬剤(経口避妊薬、エストロゲン療法およびその離脱、硝酸薬や降圧薬などの血管拡張薬など)
  • 環境因子(入浴・冷暖房による温度差、騒音、炎天、飛行機の離着陸時の気温差、騒音、臭気など)、アレルギー性因子(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、気管支喘息)

症状

  • 周期性 月経と関連
  • 頻度 数回/年~1回/週。平均月2回
  • 持続時間 4-72時間
  • 偏在性 60%が一側
  • 部位 前頭部・側頭部の一側
  • 頭痛の正常 拍動性(ないことも)
  • 頭痛の程度 中程度~重度

随伴症状

  • 悪心・嘔吐、光過敏、音過敏、前兆(閃輝暗点)

増悪因子

  • 日常動作

治療

片頭痛治療薬
  • 薬物療法:これらの薬剤は妊娠時には禁忌となるものが多い。

予防

  • 薬物療法
  • カルシウム拮抗薬  →  妊婦には禁忌
  • β遮断薬  →  妊婦にも使用可能
  • 抗うつ薬
uptodate.4
  • βブロッカー、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、及びARB
  • RCTによる研究結果より、βブロッカー、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、及びARBが片頭痛の予防に有効であることが示されており、このうちβブロッカーが片頭痛の予防に有効であるという最も強いエビデンスがある。一方、チアジド系利尿薬が有効であるという臨床研究のデータはない。
  • 一般的に降圧治療は頭痛の予防に有効であるようである。これはβブロッカー、ACE阻害薬、ARB、チアジド系利尿薬という4種類の降圧薬を対象とした95のRCT(頭痛の有病率を含む)のメタアナリシスで示されている。

ガイドライン

  • 1. 頭痛ガイドライン - 日本頭痛学会
[display]http://www.jhsnet.org/guideline.html

参考

uptodate

  • 1. [charged] 頭痛、片頭痛、および脳卒中 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 成人における片頭痛の病態生理、臨床症状、および診断 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 成人における片頭痛の急性期治療 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 成人における片頭痛の予防的治療 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 小児における片頭痛の病態生理、臨床的特徴、および診断 - uptodate [5]
  • 6. [charged] 小児における片頭痛の分類 - uptodate [6]
  • 7. [charged] 小児における片頭痛の管理 - uptodate [7]
  • 8. [charged] 脳底型片頭痛 - uptodate [8]
  • 9. [charged] 慢性片頭痛 - uptodate [9]
  • 10. [charged] エストロゲン関連片頭痛 - uptodate [10]

国試




拍動性頭痛」

  [★]

throbbing headachepulsating headache
頭痛片頭痛片側頭痛全般性頭痛頭部痛起立性頭痛
cephalalgiacephalgiacranial paingeneralized headachehead painheadachehemicraniaorthostatic headacheunilateral headache

概念

ずきずきと痛む頭痛

病因

  • 血管の収縮:クモ膜下出血後、寒冷刺激、片頭痛の前駆期 → 拍動性要素は小さい。
  • 血管の拡張:偏頭痛、発熱、低酸素、二酸化炭素中毒、化学物質
  • 血管炎  :側頭動脈炎
  • 血圧の上昇:高血圧症
  • 血流の増減:貧血・脱水



起立性頭痛」

  [★]

orthostatic headache
頭痛片頭痛片側頭痛拍動性頭痛全般性頭痛頭部痛
cephalalgiacephalgiacranial paingeneralized headachehead painheadachehemicraniathrobbing headacheunilateral headache

概念


unilateral headache」

  [★]

cephalalgiacephalgiacranial paingeneralized headachehead painheadachehemicraniamigrainemigraine disordermigraine headacheorthostatic headachethrobbing headache


cranial pain」

  [★]

cephalalgiacephalgiageneralized headachehead painheadachehemicraniaorthostatic headachethrobbing headacheunilateral headache


chronic paroxysmal hemicrania」

  [★]

paroxysmal hemicrania




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡