fructose

出典: meddic

フルクトース果糖fruit sugarlevulose

WordNet   license wordnet

「a simple sugar found in honey and in many ripe fruits」
fruit sugar, levulose, laevulose

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈U〉果糖」

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/13 04:33:17」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/03 20:21:42」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/19 19:35:04」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/21 02:19:50」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/02/01 12:26:30」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

英文文献

  • Nitrogen split dose fertilization, plant age and frost effects on phytochemical content and sensory properties of curly kale (Brassica oleracea L. var. sabellica).
  • Groenbaek M1, Jensen S2, Neugart S3, Schreiner M4, Kidmose U5, Kristensen HL6.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Apr 15;197(Pt A):530-8. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.10.108. Epub 2015 Oct 23.
  • We investigated how concentrations of sensory relevant compounds: glucosinolates (GLSs), flavonoid glycosides, hydroxycinnamic acid derivatives and sugars in kale responded to split dose and reduced nitrogen (N) fertilization, plant age and controlled frost exposure. In addition, frost effects on se
  • PMID 26616985
  • In situ formation of the amino sugars 1-amino-1-deoxy-fructose and 2-amino-2-deoxy-glucose under Maillard reaction conditions in the absence of ammonia.
  • Nashalian O1, Yaylayan VA2.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Apr 15;197(Pt A):489-95. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.10.140. Epub 2015 Oct 30.
  • Replacing amino acids with their binary metal complexes during the Maillard reaction can initiate various processes, including the oxidative degradation of their glucose conjugates, generating 1-amino-1-deoxy-fructose and its derivatives. These reactive amino sugars are not easily accessible under M
  • PMID 26616979
  • Quantitative determination of carboxylic acids, amino acids, carbohydrates, ethanol and hydroxymethylfurfural in honey by (1)H NMR.
  • Del Campo G1, Zuriarrain J1, Zuriarrain A1, Berregi I2.
  • Food chemistry.Food Chem.2016 Apr 1;196:1031-9. doi: 10.1016/j.foodchem.2015.10.036. Epub 2015 Oct 22.
  • A method using (1)H NMR spectroscopy has been developed to quantify simultaneously thirteen analytes in honeys without previous separation or pre-concentration steps. The method has been successfully applied to determine carboxylic acids (acetic, formic, lactic, malic and succinic acids), amino acid
  • PMID 26593586

和文文献

  • The Effect of Fruit Bearing on Low-molecular-weight Metabolites in Stems of Satsuma Mandarin (Citrus unshiu Marc.)
  • A novel mice model of metabolic syndrome : the high-fat-high-fructose diet-fed ICR mice
  • Structure and mechanism of the mammalian fructose transporter GLUT5.

関連リンク

Fructose, or fruit sugar, is a simple monosaccharide found in many plants. It is one of the three dietary monosaccharides, along with glucose and galactose, that are absorbed directly into the bloodstream during digestion. Fructose was ...
フルクトース (fructose)、または果糖(かとう、fruit sugar)は、糖の一種であり、単糖の 一つである。水溶性の白色の結晶であり、全ての糖の中で最も多く水に溶ける。 フルクトースは、ハチミツ、木に成る果実、ベリー類、メロン、ある種の根菜に多量に含ま れている ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み果糖
リンク元フルクトース」「fruit sugar」「Fru」「levulose
拡張検索fructose-1,6-bisphosphate」「fructose-6-phosphate」「fructose metabolism

果糖」

  [★] フルクトース

フルクトンアミノトリパ1号グリセオールグリセノングリセリンFグリセレブグリポーゼグリマッケン、テルモ果糖、トリパレントリフリードヒシセオールフルクトラクト果糖


フルクトース」

  [★]

fructose, Fru
果糖, fruit sugarレブロース levulose
果糖注フルクトン。(果糖グリセリン)グリセレブグリセオールグリセノングリセリンFヒシセオールグリポーゼグリマッケン。(アミノ酸輸液製剤)アミノトリパ1号輸液トリパレン1号トリフリード輸液フルクトラクト
単糖


薬効

5%, 20%フルクトースとして

20%フルクトン注
  • 1. エネルギー補給:果糖はブドウ糖に比べてグリコーゲン生成能が大で、容易に乳酸に分解されるため、速やかにエネルギー源となり、糖尿病状態時や肝障害時でも利用される。
  • 2. インスリン非依存性:果糖は主として肝に存在するfructokinase(ketohexokinase)により代謝され、インスリンの影響を受けず、糖尿病状態時にも使用できる。
  • 3. 蛋白節約作用:果糖は体内窒素平衡に関与し、ブドウ糖に比べて強い蛋白節約作用があり、糖尿病状態時でもその作用を示す。
  • 4. 解毒作用:果糖はアルコール及び種々有毒物質の解毒を促進する

グリセリン、フルクトースの混合輸液として

グリポーゼ
  • 脳圧降下作用のあるグリセリン(グリセロール)に,溶血防止作用のある果糖(フルクトース)が配合されており、脳圧降下作用及び眼圧降下作用がある。

アミノ酸輸液との配合輸液として

アミノトリパ
  • 1. 糖質とアミノ酸の配合比率:本剤を構成する糖質・電解質液とアミノ酸液との配合比率を検討するため、一定の非蛋白熱量下にアミノ酸配合量を変えた液を用いて、絶食ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、蛋白栄養指標(窒素出納や血漿アルブミン濃度等)を良好に維持するための非蛋白熱量/窒素(NPC/N)は約150前後であることが確認された。
  • 2. 栄養学的効果:本剤の栄養学的効果を市販製剤の混合液と比較するため、開腹術施行ラットに7日間の高カロリー輸液を施行した。その結果、本剤は窒素出納や肝グリコーゲン量等において、良好な栄養効果が認められた。



fruit sugar」

  [★] フルクトース fructose果糖

Fru」

  [★] フルクトース fructose

levulose」

  [★]

fructose

fructose-1,6-bisphosphate」

  [★] フルクトース1,6-ビスリン酸


fructose-6-phosphate」

  [★] フルクトース6-リン酸

fructose metabolism」

  [★] フルクトース代謝




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡